反論でもないですが、まず事の順番から申します。
世間でもそうです。もしどんなに正当な『言葉』真実を語ったとしても、その言葉がいくら正しかろうが反対勢力の謀略により、その者はテレビなどに二度と再び出れないようになる例があります。

しかし!ネットではどうか!真実を伝えられるんです。
確かに色んな意味で弾圧はあります。私もわずか一年数ヶ月でアメブロを、何者かの策略によって削除されました。


そして、相手によって直接抗議に抑止効果がない事は、どの分野においても共通です。

メディアを使っての間接的に真実を伝える事。真実を伝える者、その真実そのものというのは、その真実を知られると困る者にとっては直接抗議よりも厄介です。

誰の仕業かは証拠がないので言えません。


話は変わり‥‥‥
今回の北のノドンは、恐らく落下地点から見て、その延長線上に位置する三沢基地を意識して撃たれたものに間違いない。随分と技術力を上げたものです。 
今度はぜひ誰かジョンウン君にお願いをして、埼玉県寿能町一帯に広がりつつある、怪しげな宗教団体施設に命中させてほしいと思う今日この頃です。



下らない内容も多いですが、我々は裏工作など一切せずに正々堂々と『言葉』を武器に戦うしかないと思っております。

しかし不安があります。
顕正会時代に、預かっていた後輩二人が話してるのを小耳に挟んで、吹き出したこんな記憶があります。

A副長‥「アメリカと日本が戦争したじゃん?」

D班長‥「まじかよ?」

こんな会話が飛び交う顕正会。浅井会長の語る世界情勢 を理解出来ているとは思えないし、況や、私のブログ記事も理解出来ないと思う。