オーケストラ・アンサンブル金沢
井上道義音楽監督就任記念公演
「雅楽・声明との出遭い。」

日時:2007年2月25日(日)15:00
会場:石川県立音楽堂コンサートホール

指揮:井上道義
雅楽:東京楽所
声明:比叡山延暦寺法儀音律研究部
   天台聲明音律研究会
■雅楽 萬歳楽

■石井眞木
 聲明交響II(オーケストラ・アンサンブル金沢 ヴァージョン)

--- 休憩 ---

■モーツァルト
 交響曲第39番 変ホ長調 K.543

(アンコール)
■モーツァルト
 歌劇「フィガロの結婚」序曲

OEKが井上道義さんを新音楽監督に迎えてはじめての公演です!
しかも今回は「雅楽・声明との出遭い。」という名が示す通り、日本の伝統音楽との融合をめざした意欲的なプログラムです。観客も、雅楽や仏教音楽の演奏会にふさわしく、和装の奥様方の姿もかなり見受けられ、いつもよりぐっとお上品でセレブな雰囲気。前田家の現当主ご夫妻(OEK名誉アドヴァイザー)も発見。地元マスコミも数多く訪れており、井上さん就任の祝賀ムードとあいまって会場は満席札止でした。

まず前半は雅楽から。あまり馴染みがないけれど、この「萬歳楽」は何となく耳にしたことのある旋律かも。一糸乱れぬ緻密な演奏ですばらしいです。4人の舞はゆったりしていながらも運動量はハンパじゃなさそう。それでいて流麗でとても美しい。これはあなどれません。

続いて石井眞木さん作曲の聲明交響II。天台のお坊さんが唱える声明に、さきほどの雅楽隊とOEKの音楽が重なっていきます。OEKは特に打楽器隊が大活躍。やがて舞人のお2人の舞も加わり、荘厳で幻想的な世界を堪能しました。

休憩を挟んで後半はモーツァルトの交響曲第39番。粛々と厳かに進んだ前半とはうって変わってお馴染みの曲ですから、リラックスして楽しめました。井上さんはいつものようにノリノリ。全身を使った指揮によってOEKがなんとも表情豊かにのびのびと唄い出しましたよ。う〜ん、セクシー。第3楽章とか、クラリネットとフルートの掛け合いがとりわけ楽しい。井上さんらしいイキイキとした演奏でした。

アンコールは、故岩城夫人木村かをりさんに捧げる「フィガロの結婚」序曲。さきほどの39番では登場しなかったオーボエ2名とフルート1名も加わったOEKフルメンバーによる演奏です。お得意のナンバーをご機嫌に演奏し終えた井上さんは、本日の来場者全員にプレゼントされたお酒を持ち出し、それを飲むフリをしてひと笑いをとって、颯爽と舞台から去っていきました。

かっこいい〜!
今後のOEKにますます期待しちゃいます!!