image


「ホーキング、宇宙を語る」で有名な車椅子の天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士。若くしてALSを発症した彼を献身的に支える妻ジェーンと歩んだ半生が描かれます。

スティーヴンが、抗えない現実に苦悩し、やがて受け容れる過程とか、ああ、なるほどと思わせる説得力がありました。反面、ジョークで切り返したがるスティーヴンのしなやかさもいいですね。随所の映像処理も素敵。

あとやっぱり主演のエディ・レッドメインが素晴らしかったです。いい映画でした。

★★★★