ワチャゴナ! What Cha' Gonna Do for Me?

オーケストラ・アンサンブル金沢を中心としたクラシック音楽。あるいは歌謡曲。その他映画とか、落語とか、お酒とか…あと、ナイナイさん!!

ビゼー

カレッジ・コンサート - 第8回石川県学生オーケストラ&OEK合同公演(2011/2/27@石川県立音楽堂)

石川県学生オケとOEKの合同公演です。聴きに来たのは昨年に続き2回目。指揮は山下一史さん。

1曲目は「カルメン」第1組曲。1ヶ月前の金大フィル定期公演では第2組曲がちょっと残念な感じでしたが、今回はうって変わって管楽器がキビキビと気持ちいい演奏。…と思ったら、各パートトップはOEKのみなさんでした。やっぱりね(笑)。

引き続き2曲目のレスピーギ。OEK弦楽セクションによるアンサンブルが極上…! それはそれはうっとりする演奏でした。いやあ、これはよかった。

休憩後はサン=サーンスの「オルガン付」。この曲はぜひ音楽堂で聴きたかった曲でしたがついに実現しました。学生オケとOEKによる大編成で、今回は学生がトップを務めます。合同オケの演奏は期待通り若々しく華やか。オルガンの荘厳な響きもここちよく、気分良く聴くことができました。

カレッジ・コンサート - 第8回石川県学生オーケストラ&オーケストラ・アンサンブル金沢合同公演
Colledge Concert: The 8th Ishikawa Students Orchestra & Orchestra Ensemble Kanazawa Joint Concert

日時:2011年2月27日(日)15:00開演 Sunday, 27 February 2011 at 15:00
会場:石川県立音楽堂コンサートホール Ishikawa Ongakudo Concert Hall
指揮:山下一史 Kazufumi Yamashita, Conductor
オルガン:黒瀬恵 Nozomi Kurose, Organ
演奏:金沢工業大学室内管弦楽団/金沢大学フィルハーモニー管弦楽団
    北陸大学室内管弦楽団/オーケストラ・アンサンブル金沢
コンサートマスター:松井直/鈴木達朗 Naoki Matsui/Tatsuro Suzuki, Concertmaster


《オーケストラ・アンサンブル金沢&石川県学生オーケストラ
 Orchestra Ensemble Kanazawa & Ishikawa Students Orchestra》
■G. ビゼー Georges Bizet (1838-1875)
 「カルメン」第1組曲(ホフマン編曲版)
 Carmen suite No.1 (Arranged by Fritz Hoffman)

 1. 前奏曲 Prelude
 2. アラゴネーズ Aragonaise
 3. 間奏曲 Intermezzo
 4. セギディーリャ Seguedille
 5. アルカラの竜騎兵 Les Dragons d'Alcala
 6. 終曲(闘牛士) Les Toreadors

《オーケストラ・アンサンブル金沢 Orchestra Ensemble Kanazawa》
■O. レスピーギ Ottorino Respighi (1879–1936)
 リュートのための古代舞曲とアリア 第3集
 Antiche danze ed arie per liuto, terzo serie

 1. イタリアーナ Italiana
 2. 宮廷のアリア Arie di corte
 3. シチリアーナ Siciliana
 4. パッサカリア Passacaglia

--- 休憩 Intermission ---

《石川県学生オーケストラ&オーケストラ・アンサンブル金沢
 Ishikawa Students Orchestra & Orchestra Ensemble Kanazawa》
■C. サン=サーンス Camille Saint-Saens (1835-1921)
 交響曲 第3番 ハ短調 作品78(オルガン付き)
 Symphony No.3 in C minor, op.78 "avec orgue (with organ)"

【クラシック音楽】金沢大学フィルハーモニー管弦楽団 第71回定期演奏会(2011/1/22@石川県立音楽堂コンサートホール)

金大OBでありながら、学生時代も含めて金大フィルは聴いたことがありません。そもそもクラシックを聴くようになったのがここ数年のことなので、学生オケを聴く機会がなかったのです。昨年の石川県学生オケとOEKの合同公演が初めてですかねえ。単独オケとしてはたぶん初めてです。今回、チケットをいただく機会を得て、初めて金大フィルの定期演奏会に出かけます。

最初はサン=サーンス「死の舞踏」。個人的にはなじみの薄い曲で、あまりじっくり聴いたことはないかも。真夜中に骸骨が現れて不気味に踊るもようを描写。骨がぶつかり合う音がシロフォンでコミカルに奏でられるなど、なかなか面白い曲でした。コンサートマスターが変則調弦のヴァイオリンに持ち替えて独奏を披露します。かなり巧いですんですけど、ちょっとおとなしいかな。弾きかたは感情たっぷりに見えるわりに、鳴らす音はそうでもない。プログラムに掲載されている、おそらくノリで撮った写真のようなナルシストっぷりを発揮してもよかったのでは。

次のカルメン組曲は…うーん、ちょっと辛かったかなあ。管楽器は難しいですねえ。まあ仕方ないですかね。個人的には全体的に遅いテンポがちょっと居心地悪かったです。

後半はチャイコフスキーの5番。これはよかった! 迫力も充分。チャイコさんはこれくらい思い入れたっぷりに演奏するほうがいいですね。前半はいささか厳しかった管セクションも、ほぼ破綻なく奮闘してくれました。ここでプログラムのメンバー表をチェックしてみたところ、特に管楽器などは曲ごとに演奏者が入れ替わるのですね。そうか、学生オケだとそれぞれのパートに重複する人員がいますもんね。この曲はメインプログラムだから各パートでもエース級を投入したものとみえます。その上で、たぶん「カルメン」よりもずいぶん練習したのでしょう。チャイ5はCDでも久しく聴いてなかった気がしますが、あらためていい曲だなあと思いました。

余談。最近ツイッターで知り合った県外在住のMさんが、以前こすもすさんでお花を買って以来のこすもすizmiさんファン(^^)であることが判明。しかも、Mさんは金大フィルの団員のお母様で、金沢までこの日の定期演奏会を聴きに来るとのこと! おお、なんたる奇遇! もっとも、プログラムでMさんの名前を探したところ、所属するパートは前半に座っていた座席からでは姿が見えない場所だったのです。そこで後半は座席を移動したところ、お嬢さんの奮闘するお姿を確認できました。この日izmiさんは都合が悪く来れなかったのですが、Mさんとは終演後にお目にかかり、お食事にご案内したのでした。

金沢大学フィルハーモニー管弦楽団
http://kupo.sakura.ne.jp/

金沢大学フィルハーモニー管弦楽団 第71回定期演奏会
Kanazawa University Philharmonic Orchestra - The 71st Subscription Concert

日時:2011年1月22日(土)18:30開演 Saturday, 22 January 2011 at 18:30
会場:石川県立音楽堂コンサートホール Ishikawa Ongakudo Concert Hall
指揮:新田ユリ Yuri Nittae, Conductor
コンサートマスター:鈴木達朗 Tatsuro Suzuki, Concertmaster

■C.サン=サーンス Camille Saint-Saëns (1835-1921)
 交響詩「死の舞踏」 作品40
 Danse macabre op.40

■G.ビゼー Georges Bizet (1838-1875)
 「カルメン」第2組曲  Carmen Suite No.2
 1.密輸入者の行進 Marche des contrebandiers
 2.ハバネラ Habanera
 3.夜想曲(ミカエラのアリア) Nocturne
 4.闘牛士の歌 Chanson du Toreador
 5.衛兵の交代(子どもたちの合唱) La Garde Montante
 6.ジプシーの踊り Dance Boheme


---休憩 Intermission ---


■P.I.チャイコフスキー Peter Ilyich Tchaikovsky (1840-1893)
 交響曲 第5番 ホ短調 作品64
 Symphony No.5 in E minor, op.64

【OEK定期288PH】新鋭指揮者ケン・シェ登場/吉田恭子のチャイコン

今回の定期公演はケン・シェさんという新進気鋭の若きマエストロが初登場。シューマンとビゼー、さらに吉田恭子さんによるチャイコフスキーを演奏します。なお、公演前のロビーコンサートは、現在来沢中のホーチミン交響楽団メンバーによる木管五重奏で、ハイドン(ブラームスのハイドン変奏曲の原曲)と「くるみ割り人形」。プレトークは、金沢出身の音楽ライター飯尾洋一氏によるシューマンとビゼーの演奏曲についての解説でした。

まず1曲目はシューマンの「序曲、スケルツォと終曲」。4楽章形式の交響曲のうち緩徐楽章(第2楽章)を抜いた構成の楽曲です。「序曲」は冒頭こそ暗い雰囲気で始まるものの、やがていつの間にか長調に転調、シューマンらしからぬ明るく晴れやかな曲想が楽しめました。「スケルツォ」も引き続き歯切れよく、「終曲」も躍動感たっぷりに駆け抜けます。いやあ、このシューマンの躍動感にはびっくりしましたねえ。こんな屈託の無いシューマンがあったのか(笑)。当時シューマンは新婚さんで(結婚2年目)、幸福の絶頂にあったということもあるようです(?)。また、ケン・シェさんの積極的なドライブによるところも大きいでしょう。ケン・シェさんの指揮はわりとオーソドックスだと思うのですが、メリハリがあって気持ちがいい。

続いては吉田恭子さんが登場。チャイコフスキーのヴァイオリン・コンチェルトであります…が、少々物足りなかったというのが率直な感想かな…。 この名曲には名演奏も数多く、ぼくがいままで聴いた実演も、庄司紗矢香さん神尾真由子さんという名ヴァイオリニストによるそれぞれに個性的で素晴らしいものでした。おまけに来月早々には、あの五嶋みどりさんが井上道義指揮OEKと初共演により同曲を披露する予定もあります(当然聴きに行きます♪)。また、ふだんからCDでもムターとかハーンとか優れた演奏を聴き慣れています。それだけにこの曲に対する要求水準はどうしても高くならざるを得ません。この日の吉田さんも決して悪かったわけではないのですが、そういう名演奏がデフォルトになっているため、物足りなさを感じてしまうのですね。彼女の音自体はいいのです。やわらかくて滑らかで。だから第1楽章の最初の独奏部分やカデンツァ、第2楽章といった、じっくり聴かせるような箇所は良かったと思います。でも、それ以外の場面、オケと「協奏」するところはパッとしません。全体にパワー不足で、軽い印象。オケの音に埋もれてしまうのです。また、この曲に関してはケン・シェさんが振る管弦楽のテンポがかなり速く、それについていくのが難しかった面もあるでしょうが、高速パッセージはかなり苦しかったように見受けられます。結果、自らが主体的にこの曲を表現するんだという意志が感じられず、なんとかオケの後をなぞってついて行っているという印象を受けてしまうのです。うーん、残念でした。

休憩を挟んで後半はビゼーの交響曲第1番…これはよかった!! ビゼー17歳、パリ音楽院在院中に習作として作曲した最初で最後の交響曲でしたが、長らく歴史に埋もれていたんだそうです。17歳の若さあふれる新鮮な交響曲を、新進気鋭の若き指揮者が振ると、それはそれは清々しく青春の息吹を感じるのでした。モーツァルトを感じさせるような輝かしい第1楽章、オーボエが郷愁を誘う第2楽章、牧歌的な舞曲風の第3楽章…。どの楽章もじつに表情豊かで、素直に耳に入ってきます。コンマスのヤングさんのリードする弦楽のアンサンブルもますます冴えてきました。終楽章。弦の細かい旋律から始まる第1主題は疾走感満点。ふっと優雅に演奏される第2主題とともに、ソナタ形式は軽快に走り続けてスカッと終了。じつにここちよい爽快感を味わうことができました。

この日はケン・シェさんという若き指揮者の出現がいちばんの収穫。ハツラツとした指揮ぶりに好感をもちました。いずれまたOEK公演に出演してくれることもありそうです。


オーケストラ・アンサンブル金沢 Orchestra Ensemble Kanazawa
第288回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
The 288th Subscription Concert / Philharmonie-serie

日時:2010年10月6日(水)19:00開演 Wednesday, 6 October 2010 at 19:00
会場:石川県立音楽堂コンサートホール Ishikawa Ongakudo Concert Hall
指揮:ケン・シェ Kenneth Hsieh, Conductor
コンサートマスター:アビゲイル・ヤング Abigail Young, Concertmaster

■シューマン R.Schumann (1810-1856)
 序曲、スケルツォと終曲 作品52
 Overture, Scherzo and Finale, op.52

■チャイコフスキー P.I.Tchaikovsky (1840-1893)
 ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
 Violin Concerto in D major, op.35
 〜ヴァイオリン:吉田恭子 Kyoko Yoshida, Violin

-- 休憩 Intermission ---

■ビゼー G.Bizet (1838-1875)
 交響曲 第1番 ハ長調
 Symphony No.1 in C major

クラシック・サクソフォン

先日の8月JAZZ会、テーマはサックスでした。Camillaさんのクラシックタイムはミヨーの「スカラムーシュ」2台ピアノ版。ただしこの曲には、別ヴァージョンとして「サクソフォンと管弦楽」版も存在し、そのサックス版から着想を得たからこその「スカラムーシュ」なのでした。「のだめカンタービレ」第23巻に登場するエピソードも含めて、このことはすでに先の記事でお伝えしたかと思います。

で、せっかくなので「サクソフォンと管弦楽のための『スカラムーシュ』」をご紹介…と思ったのですが、YouTubeには見当たりませんでした。サクソフォンとピアノ伴奏だと以下のような感じです。

第1曲 ヴィフ Vif


第2曲 モデレ Modere


第3曲 ブラジルの女 Brazileira


ちなみにこのサクソフォン奏者は金沢在住の筒井裕朗さん。おそらくはぼくの高校の2年先輩なのではないかと思っています。

B001DEKI0Yスカラムーシュ~ミョー:独奏楽器と管弦楽のための作品集
メイエ(ポール)
BMG JAPAN 2008-09-24

by G-Tools


***

ほかにサクソフォンを使ったクラシックでぼくが思い出すのは、まあ要するにOEKのコンサートで演奏された曲なんですが、ショスタコーヴィチのジャズ組曲第2番より「リリックワルツ」「第2ワルツ」でしょうか。いずれも井上道義指揮OEKの定期公演で聴いたことがあります。

まず、今年2010年のニューイヤーコンサートでは「リリックワルツ」。
記事:http://blog.livedoor.jp/mac02quackey/archives/51681926.html


なお、この日のニューイヤーでは、1曲目の「第1ダンス」もそういえばかっこよかった!大好きな「祝典序曲」のフレーズが含まれているので…!


2年前は、小曽根さんのラプソディ・イン・ブルーの回に「第2ワルツ」。
記事:http://blog.livedoor.jp/mac02quackey/archives/51311544.html


いずれも「ジャズ組曲」といいつつ、全然ジャズじゃないんですよね(笑)。単にサックスが前面に出てるただけで、わかりやすーいワルツ曲です。Wikipediaによると、「ソビエト・ジャズ委員会に所属していたショスタコーヴィチが、ソ連におけるジャズの普及、およびバンドの向上を目的として作曲」とのことです。最近は「ステージ・オーケストラのための組曲」と呼ばれているようですよ。

ショスタコーヴィチ:ジャズ音楽集ショスタコーヴィチ:ジャズ音楽集
シャイー(リッカルド)

曲名リスト
1. ジャズ組曲第1番
2. ピアノ協奏曲第1番ハ短調op.35
3. ジャズ組曲第2番
4. タヒチ・トロットop.16(二人でお茶を)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


***

あとはビゼーの劇音楽「アルルの女」。これも井上さん&OEKの定期公演で聴いて、とっても楽しかった印象があります。ときどきサックスの甘い旋律が現れるんですよね。ああ、これは昨年の3月、神尾真由子さんがOEK定期初登場の回でしたか。
記事:http://blog.livedoor.jp/mac02quackey/archives/51516846.html

第1組曲 第1曲「前奏曲」


第2組曲 第2曲「間奏曲」


第2組曲 第3曲「メヌエット」/第4曲「ファランドール」←有名なところ!


ビゼー:アルルの女ビゼー:アルルの女
ビゼー ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 カラヤン(ヘルベルト・フォン)

曲名リスト
1. ≪アルルの女≫ 第1組曲 第1曲:前奏曲
2. ≪アルルの女≫ 第1組曲 第2曲:メヌエット
3. ≪アルルの女≫ 第1組曲 第3曲:アダージェット
4. ≪アルルの女≫ 第1組曲 第4曲:カリヨン(鐘)
5. ≪アルルの女≫ 第2組曲 第1曲:パストラール
6. ≪アルルの女≫ 第2組曲 第2曲:間奏曲
7. ≪アルルの女≫ 第2組曲 第3曲:メヌエット
8. ≪アルルの女≫ 第2組曲 第4曲:ファランドール
9. ≪カルメン≫ 組曲 第1曲:第1幕への前奏曲
10. ≪カルメン≫ 組曲 第2曲:第2幕への間奏曲(アルカラの龍騎兵)
11. ≪カルメン≫ 組曲 第3曲:第3幕への間奏曲
12. ≪カルメン≫ 組曲 第4曲:第4幕への間奏曲(アラゴネーズ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


***

ほかにOEKの演奏&地元奏者の共演で聞いたことがあるのは、ポール・モーリス「プロヴァンスの風景」。2008年3月「オーケストラの日」ウェルカム・スプリング・コンサートで、野々市町出身の作田聖美さんがソリストを務めました。あっこれも指揮は井上さんだ(笑)。
記事:http://blog.livedoor.jp/mac02quackey/archives/51295250.html



↑もともとはアルトサクソフォンとピアノのための曲みたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9

エキシビション・オブ・サクソフォンエキシビション・オブ・サクソフォン
須川展也

曲名リスト
1. ラプソディー・イン・ブルー(ガーシュウィン/長生淳編)
2. 展覧会の絵(ムソルグスキー/長生淳編)

1. バラード(トマジ)
2. ラプソディー(ドビュッシー)
3. スカラムーシュ(ミヨー)
4. ファンタジー(ベダール)
5. 幻想即興曲(ジョリヴェ)
6. ヴァカンス(ダマーズ)
7. セレナード・ヴァリエ(クレリス)
8. りす(デュボア)
9. プロヴァンスの風景(モーリス)
10. ワルツ形式によるカプリス(ボノー)

1. ソナタ(ハイデン)
2. バラード(マルタン)
3. ソナタ(クレストン)
4. プレリュード,カデンツァとフィナーレ(デザンクロ)
5. ソナタ(リュエフ)
6. ソナタ(デニゾフ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


というわけで、サクソフォンのクラシックも意外にたくさんあるのですが、そのうち、ぼく自身が実演を聴いたことのある曲を挙げてみました。こうしてみると、指揮はすべて井上道義さんだというのがおもしろい(笑)。
Archives
Categories
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Profile

quackey

♪体は40(以上)〜
♪でもハートは中2さ〜
quackeyは、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)と中日ドラゴンズとナインティナインさんを応援しています!
いちおう金沢検定中級保持者です。

「ワチャゴナ!」
ブログ名「ワチャゴナ!」の由来は、ナイナイさんも大好きな知念里奈さんの「DO-DO FOR ME」です!
♪ワチャゴナドゥーフォーミー!

Passage〜Best Collection〜
Passage〜Best Collection〜
知念里奈
twitter




あわせて読みたい
  • ライブドアブログ