ワチャゴナ! What Cha' Gonna Do for Me?

オーケストラ・アンサンブル金沢を中心としたクラシック音楽。あるいは歌謡曲。その他映画とか、落語とか、お酒とか…あと、ナイナイさん!!

森麻季

【オペラ】ヴェルディ「椿姫」(2011/1/21@金沢歌劇座)

カルメン」「ラ・ボエーム」「トゥーランドット」に続く金沢歌劇座オペラ第4弾。今回は「金沢歌劇座リニューアル記念」とのこと。もっとも、エントランスや客席などには手が加えられておらず、どこをリニューアルしたの?と首をひねってしまったのですが…(汗)。どうやら舞台が高く広がり、照明設備や楽屋など、観客側ではなく出演者側のスペースがも拡充されたもよう。出演者が大人数になる場合にも対応できるようになったのだそうです。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20101127105.htm

というわけで記念のオペラ公演であります。演目はヴェルディの「椿姫」。ヴィオレッタに森麻季さん、アルフレードに佐野成宏さんという国内では第一線級のおふたりが登場します。そういえばこのコンビは、2007年9月のOEK定期でも、演奏会形式による「椿姫」にて共演していました。このときもとても素晴らしかったのですが、今回は演奏会形式ではなく、れっきとしたオペラ!なおさら楽しみなのです。しかも座席の方は「ラ・ボエーム」「トゥーランドット」と同じく1階最前列をゲット!(正確には最前列はすべて空席で2列目ですが) 出演者の表情がばっちり見えて、オーケストラピットを覗き込める絶好の特等席です。

いよいよ開演。悲劇を予感させる静謐な前奏曲のあと、一転してヴィオレッタ邸での華やかな宴の場面。第一幕がはじまります。居並んだ女性たちのドレスが想像していたのよりずっと豪華。なかでもヴィオレッタの森さんは、自身の美貌もあいまってとっても綺麗!そして歌声の方ももちろん素晴らしい。いつもながら澄んだソプラノがじつに伸びやかです。アルフレードに愛を告白され、戸惑う心境を振り払うかのように唄いあげるコロラトゥーラソプラノはとりわけ見事!

第二幕第一場は、ヴィオレッタがアルフレードともに移り住んだパリ郊外の屋敷。アルフレードの父ジョルジョが息子を連れ戻しにやってきます。このジョルジョ役の青山貴さんが素晴らしかった!バリトンの圧倒的な存在感!一気に緊迫感がみなぎります。

続いて第二場、パリに戻ってフローラ邸でのパーティ。ロマの踊り子や闘牛士に扮したバレエダンサーが華やかに宴を彩ります。大勢の前でヴィオレッタを侮辱するアルフレード。第一幕では少々控えめだった佐野さんでしたが、ここに来て声がぐんぐん出てきました。迫力が増してヴィオレッタが気の毒… この罵倒に耐えるヴィオレッタ、非礼な息子を叱責しつつも己を悔やむジョルジョ。自らの行為を恥じるアルフレード。三者の交錯する心境をそれぞれが切々と歌い上げます。

第三幕。第一幕でも演奏された悲痛な前奏曲。いよいよ悲劇の終末です。余命間もないヴィオレッタの屋敷。衰弱しきったヴィオレッタは、アルフレードをひたすらに待ちわび、絶望します。森麻季さんはベッドに横たわり、あるいは足元をふらつかせながらも迫真の絶唱。その歌声は衰えず、むしろますます悲壮感を増していきます。アルフレードと再会を果たし喜びを分かち合ったのも束の間、立ち上がったヴィオレッタはばたりと倒れこみ絶命。終幕。

いやあ、すっかり惹きこまれてしまいました。出演の歌手の皆さんがみな素晴らしく、現田マエストロの自在な指揮のもとOEKの演奏も見事でした。大満足です。

なお、1階最前列は当然S席、9000円(OEK会員割引にて8000円)でかなり高価でありますが、ふつうオペラ公演といえば万単位が常識。舞台美術がいささかシンプルとはいえ、あのキャストでこの値段はかなり安いと思います。それを可能にしたのは、5都市巡回公演による共同開催という形式。これなら比較的安価にそれなりの水準のオペラが上演可能というわけですね。また次回もこういうかたちで実現することを願っています。もちろん、そのときはぜひ観に行きたいと思います!


金沢歌劇座リニューアル記念 ヴェルディ:オペラ「椿姫」
全3幕/原語(イタリア語)上演/日本語字幕
Verdi "La Traviata"

日時:2011年1月21日(金)18:30開演 Friday, 21 January 2011 at 18:30
会場:金沢歌劇座 The Kanazawa Theatre

作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Fortunino Francesco Verdi (1813-1901)
台本:フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ Francesco Maria Piave (1810-1876)
原作:アレクサンドル・デュマ・フィス Alexandre Dumas fils (1824-1895)

指揮:現田茂夫 Shigeo Genda, Conductor
演出:十川稔 Minoru Togawa, Stage director

ヴィオレッタ:森麻季(ソプラノ) Maki Mori (Sop), Violetta Valery
アルフレード・ジェルモン:佐野成宏(テノール) Shigehiro Sano (Ten), Alfredo Germont
ジョルジョ・ジェルモン:青山貴(バリトン) Takashi Aoyama (Bar), Girgio Germont
フローラ:佐藤路子(ソプラノ) Michiko Sato (Sop), Flora Bervoix
ガストン子爵:直野良平(テノール) Ryohei Naono (Ten), Gastone, Visconte di Letorieres
ドゥフォール男爵:木村孝夫(バリトン) Takao Kimura (Bar), Barone Douphol
ドビニー公爵:藤山仁志(バリトン) Hitoshi Fujiyama (Bar), Marchese D'obigny
医師グランヴィル:大畑理博(バリトン) Mihihiro Ohata (Bar), Dottor Grenvil
アンニーナ:浪川佳代(ソプラノ) Kayo Namikawa (Sop), Annina
ジュゼッペ:大木太郎(テノール) Taro Ooki (Ten), Giuseppe, servo di Violetta
使者:塩入功司(バリトン) Kouji Shioiri (Bar), Commissario
フローラの召使:水野洋助(バリトン) Yousuke Mizuno (Bar), Domestico di Flora

合唱:新国立劇場合唱団 New National Theatre Chorus
バレエ:貞松・浜田バレエ団/横倉明子クラシックバレエ団
Sadamatsu-Hamada Ballet/Akiko Yokokura Classic Ballet
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢 Orchestra Ensemble Kanazawa
コンサートマスター:松井直 Naoki Matsui, Concertmaster

【OEK定期272PH】金聖響の第九〜ベートーヴェン・チクルス完結!

金聖響さんがOEKとのコンビでCD録音を進めてきたベートーヴェンの交響曲シリーズ。今回の公演で、ついに全9曲の録音が完了します。最後を飾るのは大曲・第9番交響曲。滅多に第九を演奏しないOEKにとっても、年末の第九というのは貴重な機会なのです。

その前にまずは「レオノーレ」第3番。緊張感もあり会心の演奏でした。中間部でステージ裏から聴こえるトランペット(藤井さん)もバッチり。

休憩を挟んでいよいよ第九です。ピリオドアプローチを採る聖響さんらしく、第1楽章は予想通り快速テンポ。8-7-6-5-4の弦楽部は、ノンヴィブラートの響きでスッキリキビキビした感じを指向しています。ただし若干ふぞろい気味だったような気が…。第2楽章のスケルツォはバロック・ティンパニの硬質な打撃が印象的。ところが第3楽章も含めて、ホルンにミスが目立ち、ここまでは残念ながら少々不安定な出来。

しかし第4楽章は一転、見事な演奏でした。ソリスト4名が登壇し、合唱団が立ち上がって始まった最終楽章。序盤ではいままでの楽章の主題を再現しつつ、増強された低弦がそれらを次々と力強く否定していきます。ここで一気に空気が変わった感じ。第1楽章から第3楽章の不調も、この第4楽章までの壮大なフリであったとでもいうような(強引?)。曲調も聖響さんらしさ全開で、これみよがしの巨匠風ではなく、小気味いいジャブを打ち続けるボクサーのような切れ味鋭い第九。森麻季さんをはじめとするソリスト陣は美声を響かせ、大阪フィルハーモニー合唱団はまとまった歌声を響かせます。迫力よりも楽曲との調和を優先したバランスの良い合唱と言えましょう。それでもやはり最終盤は興奮気味。観客からはフライング・ブラボーが。この感じではフライングも別に構わない気はしましたが、今回はCD録音がおこなわれていたので話は別です。このブラボーの声、編集してなかったことにするのか、それともあえて残すのか。

ともあれ聖響さんによるOEKとのベートーヴェン・チクルスは無事完結。なお、聖響さんは今般、OEKの「アーティスティック・パートナー」というポジションに就任し、定期公演の指揮はもちろん、公演企画へも積極的に参加してくれることになりました。これまで以上にOEKとの関わりが深まっていきそうです。次はシューマンかシューベルトか…おおいに楽しみです!

オーケストラ・アンサンブル金沢 Orchestra Ensemble Kanazawa
第272回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
The 272th Subscription Concert / Philharmonie-serie

日時:2009年12月12日(土)15:00開演 Saturday, 12 Deccember 2009 at 15:00
会場:石川県立音楽堂コンサートホール Ishikawa Ongakudo Concert Hall
指揮:金聖響 Conductor: Seikyo Kim
コンサートマスター:マイケル・ダウス Concertmaster: Micheal Dauth

■ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン L. v. Beethoven (1770-1827)
 序曲「レオノーレ」第3番 作品72b
 'Leonore' Overture No. 3, Op. 72b


---休憩---


■ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン L. v. Beethoven (1770-1827)
 交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」
 Symphony No. 9 in D minor, Op. 125 'Choral'

 〜ソプラノ:森麻季 Soprano: Maki Mori
  アルト:押見朋子 Alto: Tomoko Oshimi
  テノール:吉田浩之 Tenor: Hiroyuki Yoshida
  バリトン:黒田博 Hiroshi Kuroda

  合唱:大阪フィルハーモニー合唱団 Choir: Osaka Philharmonic Chorus
  合唱指揮:三浦宣明 Chorusmaster: Noriaki Miura

【OEK定期234PH】井上道義×森麻季のニューイヤーコンサート!

OEKは今年設立20周年を迎えますが、入場者数の累計が本日200万人を突破しました。
200万人目のご夫婦には、井上マエストロじきじきに3月の東京公演(サントリーホール)招待券を贈呈!交通費&宿泊費と、マッサージ代(笑←井上さん談)付きだそうです!うらやましい!わたしは200万人のカウントダウン中に入場。70人ほど早かった…。

今年のニューイヤーコンサートはいきなり「美しく青きドナウ」で幕開け!初っ端だったためか、拍手でいったん中断という例のパターンはナシ。

2曲目は予定では「メロディ・カドリーユ」(作品112)でしたが、「芸術家のカドリーユ」(作品201)に変更。メンデルスゾーンの結婚行進曲からはじまり、ラ・カンパネラとか魔弾の射手とか引用の嵐。めっちゃ楽しい。井上さんの指揮も実にオモロイ。踊るように指揮しています。いや、むしろ指揮しながら踊ってます(笑)。こういう華やかな場は井上さんは似合うなあ! でもこのカドリーユ、聴いたことがあるなあと思ったら昨年のニューイヤーでも演奏していたのでした。あと、マリス・ヤンソンスの2006年ウィーンフィルニューイヤーでも。あちゃー。

で、お待ちかね、森麻季さんの登場です。ブルー&グリーンのドレスがゴージャス。ラ・ボエームからムゼッタのワルツは、「ワタシ、どうよ!」っつう(森さんのキャラとは正反対の)挑発的女王様的な表情がナイス。続く宗教曲のフランク「天使の糧」は透明感溢れる森さんの真骨頂。

本日はミッキーらしく(?)シュトラウスファミリーだけでなく、弦セレのワルツとか、ハンガリー舞曲第6番とか、ニューイヤーっぽい絶妙な選曲であります。武満のワルツって一瞬警戒しましたけど、映画音楽なので意外に聴きやすかったです。

一柳さんの新曲。上石さんのフルートは尺八の味わい。たぶんすごい技巧。イワブチさんのヴァイオリンソロにカンタさんのチェロソロ。岩城さんの追悼らしく打楽器も大活躍で、充実の演奏でした。

森麻季さんが再登場。今度は艶やかな白いドレスです。思わず会場からため息。「からたちの花」は伸びやかに、「春の声」は絶品コロラトゥーラ。フライング拍手&ブラボーも納得であります。

アンコールはやはりミッキーらしくショスタコさんのポルカ。そしてラデツキー。

なお、今年一発目のビッグニュースは、何と言ってもラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2008の開催ですね。さっそく音楽堂のあちこちにポスターやパネルが掲示されていました。井上さん&OEKはホスト的な立場で大活躍されることでしょう。ゴールデンウィークは東京のラ・フォル・ジュルネに行こうと思っていましたが、とりやめです。せっかく地元でこんな世界的イベントが開催されるのですから、しっかり堪能したいと思います。
オーケストラ・アンサンブル金沢
第234回定期公演フィルハーモニー・シリーズ

日時:2008年1月8日(火)19:00〜
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:井上道義
ソプラノ:森麻季(★)
コンサートマスター:マヤ・イワブチ

■J.シュトラウス II
 ワルツ「美しく青きドナウ」 作品314

■J.シュトラウス II
 芸術家のカドリーユ 作品201

■プッチーニ
 歌劇「ラ・ボエーム」より
 ムゼッタのワルツ「私が街を歩けば」(★)

■フランク
 天使の糧(★)

■チャイコフスキー
 弦楽セレナーデ 作品48 より
 第2楽章 ワルツ

■ニコライ
 歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲

---休憩---

■ブラームス
 ハンガリー舞曲 第6番 ニ長調

■武満徹
 3つの映画音楽より ワルツ(他人の顔)

■一柳慧
 交響曲 第7番 ―イシカワ パラフレーズ ―岩城宏之の追憶に―

■山田耕筰
 からたちの花(★)

■J.シュトラウス II
 ワルツ「春の声」 作品410(★)

(アンコール)
■ショスタコーヴィチ
 ジャズ組曲より ポルカ

■J.シュトラウス I 
 ラデツキー行進曲 作品228

森麻季!佐野成宏!OEKコンサートオペラ「椿姫」

素晴らしい! 素晴らしい!
「椿姫」最高でした!

いよいよOEK2007-2008シーズンの開幕です。オープニングプログラムは華々しくヴェルディのコンサートオペラ「椿姫」。ヴィオレッタに森麻季さん、アルフレードに佐野成宏さんという大注目のソリストを招いて行われました。

まず会場を観ておどろいたのがステージ。今年1月の「コシ・ファン・トゥッテ」のときのようにオケより一段高く段差をつけただけの簡易な仕組みと思いきや、今回は、それっぽくセットが作り込まれていたのですよ。音楽堂にはオーケストラピットはないので、OEKのみなさんは舞台を前後で仕切った後ろ半分に陣取っています。で、舞台正面には大きいスクリーンが設けられ、各場面の背景を映し出すようになっていました。

この「椿姫」はパリ社交界の花形・ヴィオレッタのお話。気品高く、華がある彼女ですが、実は病いを患っています。華奢で可憐な森さんは、まさにこのヴィオレッタにぴったり。
あの小さい体でどうしてあんなに声が出るのでしょう。
しかもベッドに横たわりながらですよ。これはすごい。

佐野さんの伸びやかで甘い美声は健在でした。
フサフサヘアー(笑)のおかげで、よりいっそう若々しく。

フローラの家のパーティで登場した子供達もかわいかったですね。OEKエンジェルコーラスとバレエダンサー。特にマタドールのバレエを踊った男の子とか!

オーケストラ・アンサンブル金沢
第226回定期公演フィルハーモニー・シリーズ

日時:2007年9月14日(金)18:30〜
会場:石川県立音楽堂コンサートホール

ヴェルディ コンサートオペラ「椿姫」La Traviata


第一幕 パリ社交界の花形女性、ヴィオレッタの大広間
第二幕 第一場 パリ郊外の二人の住家

------ 休憩 -----

第二幕 第二場 フローラの家の豪華な客室
第三幕 パリのヴィオレッタの寝室


構成・演出:わたべさちよ

ヴィオレッタ・ヴァレリー:森麻季(ソプラノ)
アルフレード・ジェルモン:佐野成宏(テノール)
ジョルジョ・ジェルモン:直野資(バリトン)
フローラ・ベルヴォア:鳥木弥生(メゾ・ソプラノ)
アンニーナ:中西富美枝(メゾ・ソプラノ)
ガストン:諏訪部匡司(テノール)
ドゥフォール男爵:松山いくお(バリトン)
ドビニー侯爵:東平聞(バリトン)
グランヴィール医師:原田勇雅(バリトン)

合唱  :オーケストラ・アンサンブル金沢合唱団
     大阪音楽大学オペラ研究室
児童合唱:OEKエンジェルコーラス
バレエ :横倉明子バレエ教室(特別出演)

指揮:大勝秀也
副指揮・合唱指揮:奥村哲也
コレペティトゥール:西聡美
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

Archives
Categories
記事検索
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Profile

quackey

♪体は40(以上)〜
♪でもハートは中2さ〜
quackeyは、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)と中日ドラゴンズとナインティナインさんを応援しています!
いちおう金沢検定中級保持者です。

「ワチャゴナ!」
ブログ名「ワチャゴナ!」の由来は、ナイナイさんも大好きな知念里奈さんの「DO-DO FOR ME」です!
♪ワチャゴナドゥーフォーミー!

Passage〜Best Collection〜
Passage〜Best Collection〜
知念里奈
twitter




あわせて読みたい
  • ライブドアブログ