ワチャゴナ! What Cha' Gonna Do for Me?

オーケストラ・アンサンブル金沢を中心としたクラシック音楽。あるいは歌謡曲。その他映画とか、落語とか、お酒とか…あと、ナイナイさん!!

狂言

笑福亭小つるのき楽寄席〜観能の夕べ〜高校同期呑み(2010/08/07)

金沢市民芸術村にある移築古民家「里山の家」。春先に朗読&落語会のイベントで一度訪れたことがありましたが、それとは別に、ここの板の間に座布団を敷いて、こぢんまりと行われる定例の落語会があるんだそうです。題して「き楽寄席」。この秋「笑福亭枝鶴」を襲名する笑福亭小つるさんによる高座です。炎天下の中、落語好きのKトちゃんとともに出かけました。ぼくはこの「き楽寄席」も、小つるさんも初めてなのですが、会場ではツイッター上の知り合いに次々遭遇。お初にお目にかかるは割烹勝一の若主人@kappokatsu1さん。何度目かのご対面、大学後輩あおいちゃんに(@aoaoaoi)たまきちゃん(@tamaki_okia)。そんな中、ぼくらは新参者にもかかわらず堂々と最前列中央に陣取り、絶好の位置で高座を聞かせてもらいました。
IMG_0474

一本目は「平林」。通常は前座がやるような噺なんだそうですが、枝鶴襲名を前に初心に帰ってという気持ちでと。二本目は夏らしく怪談から「ろくろっ首」。いずれも名人芸を堪能し、おおいに笑いました。

なお、この日、金沢で「小つる」を名乗るのは最後ということで、各種「小つる」グッズを大放出。抽選会でおおいに盛り上がりました。ぼくは千社札を獲得♪

特別に急遽撮影会も♪
IMG_0476


抽選会のようす。景品の手ぬぐいを紹介する小つるさん。
IMG_0482IMG_0485


その後、高校同期でいまは新潟に住むT君と合流。夕方から石川県立能楽堂で行われる「観能の夕べ」を観るのです。彼はこの能を観るために金沢へやってくるのが近年の夏の恒例。再会を祝しつつ(といってもつい2ヶ月前別件で金沢に来て呑んだのだけどw)、ぶらぶらと本多の森を通って能楽堂へ。なお、Kトちゃんはぼくらと高校は違うのですが、ぼくの高校の友人たちとはすでに友達なので、すっかり同期扱いです(笑)。

本多の森。
IMG_0486

この日の演目は、狂言が「魚説法(うおぜっぽう)」。…あ、しまった2年前と同じ演目だった。しかしまあ、わかりやすい話ですので気楽に楽しめました。

能は「弓八幡(ゆみやわた)」。帝の宣旨により臣下が石清水八幡宮に参詣に来たところ、錦袋に入った弓を帝に捧げようとする老翁と遭遇。その老翁は八幡様のことについてあれこれ語ると、実は自分は高良の神だと告げて消え失せます。やがて、再び高良の神が颯爽とした姿で登場。舞を舞って当御世を祝い、八幡宮の神徳を讃えるのでした…うーむ、これはかなり難解(汗)。しかも抽象的な会話劇が中心で、さほど物語的に動きがあるわけでもないので、正直少々退屈でした。…が! 最終盤の高良の神の舞! これが実に高貴かつ壮麗で、まったく目を瞠りました。これは素晴らしい。圧倒されました。すべてはこのための前振りと思ってもいいくらい。

その後は高校同期のN君、O君も合流し、呑み会に突入。まずはT君お気に入りの木倉町「味処 浜の」。刺身盛りやたこ料理など食し、手取川吉田蔵など飲みつつ。
IMG_0488
IMG_0489IMG_0490


さらに次はO君待望の「京祇園ねぎ焼 粉」。

名物!だし巻き玉子
IMG_0491

元祖!ねぎ焼!&ズッキーニ焼!
IMG_0492IMG_0493

とん平焼!&ねぎ焼ちくわ!
IMG_0494IMG_0495


最後はもちろんbar quinase。いつものようにラフロイグ10年をいただいた後、マスターから、この夏おすすめ「冷やしモルト」(「冷やしモルト」はじめましたw)。シェリー樽で熟成したラガヴーリン16年を、氷でステアして冷やしたものをいただきます。キリッと美味い!
IMG_0496

なお、最後に珉来へ行くつもりだったんですが、結構お腹いっぱいになったので今回は自重しました(笑)。

【OEK定期250PH】能とオーケストラのコラボレーション

今回のOEK定期公演は、能とオーケストラのコラボレーション。金沢は「空から謡が降ってくる」といわれるほど能楽の盛んな土地柄です。僕も「観能の夕べ」など、漫然とではありますが年に1、2度は鑑賞します。そんな金沢ならではのプログラムといえましょう。ステージも能舞台を模したものがこしらえられています。指揮は井上マエストロ。思えば井上さんのOEK音楽監督就任記念公演は、雅楽・声明とのコラボレーションでした。あいかわらず邦楽との共演も意欲的で、期待が膨らみます。

最初は能のみの上演で、舞囃子「高砂」。結婚式などで謡われる「たかさごや〜」というアレです。僕の乏しい能楽経験はいずれも石川県立能楽堂なのですが、それに比べるとこの音楽堂での残響のすごいこと!! 大鼓のコーン!という高音などは特に響きます。舞囃子というのはおいしい場面のみのいわばダイジェスト版。ワキも登場しないし、シテも能面や装束をつけません。クラシックコンサートのプログラムにたとえればなるほど序曲にあたるともいえましょう。

続いていったん能舞台が撤去され(その間短い休憩)、OEKによるステージが始まりました。まずは「十字軍の音楽」という作曲家不詳の音楽。世阿弥の能よりさらに古い音楽を!という井上マエストロのリクエストにより、OEKのライブラリアンが見つけ出した曲だとのこと。イスラムの香りのする3拍子の軽快な舞曲です。4つの小曲を、ユニクロっぽいハイネックロングTシャツ的なカラフルな衣装を着たOEKメンバーが、数人ずつピンスポットを浴びながら演奏します。最後の曲になると、井上マエストロが先導して他のメンバーも腕を組んで踊ります。水谷さんと松井さんの真面目コンビとか、大澤さんとボカニーさんの超ビッグコンビとか。

続いてはOEKメンバーの柳浦さんによるファゴット独奏で、ヴィヴァルディのファゴット協奏曲「夜」。バロックの音楽ですが、今日のラインナップでは新しい時代の作品ということになります。ファゴットの音色がやさしくとてもいい曲でした。照明や効果音を駆使した演出も。

再度の休憩を挟んで(ふたたび能舞台が設置され)、最後のブロックは狂言「見物左衛門」から。この演目は素人さんの狂言発表会か何かで見たような記憶もあります。爆笑するような演目ではありませんが、ひとり芝居で楽しげな祭りの情景を想像させ、ニヤリとさせられます。最後は「音楽堂へ能とオーケストラのコラボレーションを見物に参ろう」といったアレンジで和やかに落としました。

そしていよいよ本日のメイン演目、能とオーケストラのための「井筒」です。オーケストラは能舞台の奥上部に客席を背にして配置され、井上マエストロは客席に向かう形。今回のコラボレーション楽曲は、能「井筒」を囃子も地謡も通常通り上演し、その上にオーケストラの音色を伴奏的に重ねていくという試みでした。「井筒」の筋書きは、在原業平の妻が、業平亡き後、業平に扮して月夜に舞い、井戸に映る我が身を見て業平を偲ぶというもので、もともとはそれ自体とりたててストーリー性はありません。しかし、今回オーケストラによる伴奏効果で、切ない幽玄世界がよりドラマティックに表現されていたように思います。

そういえば、ラ・フォル・ジュルネ金沢2008のプレイベント「能舞とベートーヴェン」で、藪俊彦師がピアノ・ソナタ「月光」に合わせて舞っていた能が「井筒」でした。この演目は意外にクラシックと融和的なのかもしれません。

アンコールはOEKではなく金沢能楽会の囃子方による素囃子「獅子」。激しい曲調で聴き応え満点。能楽師さんたちによるカーテンコールは滅多に見られないので新鮮でした。

趣向を凝らしたプログラムの連続。大いに満喫しました。

オーケストラ・アンサンブル金沢
第250回定期公演フィルハーモニー・シリーズ
「能とオーケストラのコラボレーション」

日時:2008年10月31日(金)19:00開演
会場:石川県立音楽堂コンサートホール
指揮:井上道義 Michiyoshi Inoue
能楽:金沢能楽会 Kanazawa Nougakukai
コンサート・マスター:松井直 Naoki Matsui

《能の舞台》

■舞囃子「高砂」

 シテ:佐野由於
 笛 :吉野晴夫
 小鼓:住駒俊介
 大鼓:飯嶋六之佐
 太鼓:麦谷暁夫
 地謡:高橋右近 島村明宏 高橋憲正


---休憩---


《OEKのステージ》

■作曲家不詳
 「十字軍の音楽」から
 ・王の舞曲
   〜水谷元(Ob)/渡邉昭夫(打楽器)
 ・王のエスタンピI
   〜松井直(Vn)/黒瀬恵(手回しオルガン)
 ・王のエスタンピII
   〜大澤明(Vc)/フェレンツ・ボカニー(Cb)/渡邉昭夫(打楽器)
 ・王のエスタンピIII
   〜藤井幹人(Tp)/谷津謙一(Tp)/石黒靖典(Va)/??(打楽器)

■ヴィヴァルディ A. Vivaldi
 ファゴット協奏曲 変ロ長調 「夜」 RV.501 P.401 F.VII-I
 Concerto in B-flat major for basson "La Notte" RV.501 P.401 F.VII-I

  〜独奏:柳浦慎史 basson: Shinji Yagiura


---休憩---


《能とオーケストラのステージ》

■狂言「見物左衛門」

 シテ:野村祐丞

■高橋裕 Y. Takahashi
 能とオーケストラのための「井筒」(委嘱作品・世界初演)
 "Izutsu" for Noh and Orchestra (Commissioned by O.E.K. in 2008, World Premiere)
 シテ:広島克栄
 ワキ:苗加登久治
 後見:佐野由於 島村明宏
 笛 :吉野晴夫
 小鼓:住駒俊介
 大鼓:飯嶋六之佐
 地謡:渡邊容之助 高橋右近 松本博 高橋憲正

(アンコール)
■素囃子「獅子」

 笛 :吉野晴夫
 小鼓:住駒俊介
 大鼓:飯嶋六之佐
 太鼓:麦谷暁夫

【観能の夕べ】狂言「魚説法」能「三輪」

昨年に引き続き、この夏も高校の同窓生2人とともに「観能の夕べ」に行きました。気軽に能を楽しみ、その後は友と飲んで暑気払い。夏の恒例行事になりつつあります。

狂言「魚説法(うおぜっぽう)」。仏門に入ったばかりの新発意(しんぼち=新弟子)はお布施欲しさに法談の依頼を引き受けましたが、まだお経を知りません。そこで浜育ちの新発意は、魚の名前を織り込んで法談らしく仕立てて語ります。・・・こっちのほうがよっぽど難しいでしょう(笑)。魚の名前だということを分からせつつ、談義らしく語らなければならないので、演じるのは相当の技術を要するのではないでしょうか。これを演じたのは少年でしたが、立派だったと思います。

能は「三輪」。大和国三輪山の庵に住む玄賓僧都(げんぴんそうず)のもとに、樒(しきみ)と閼伽(あか)の水を持って毎日訪れる女がいます。ある夜、その女が罪をお助けくださいと玄賓に頼みに来ました。玄賓は女に衣を与え、住まいはどこかとを尋ねると、女は「わが庵は三輪の山もと恋しくば訪らひ来ませ杉立てる門」と言い残して去りました。(中入)里の男がやってきて、三輪明神にある杉の枝に玄賓の衣がかかっていると知らせてきました。そこで玄賓は三輪明神を訪ね、杉の木に女に与えた衣を見つけました。その衣には「三つの輪は清く浄きぞ唐衣 くると思ふな取ると思はじ」と記してあります。やがてその杉の木陰から、女体のご神体が男装で現れました。そして玄賓に罪を助けてほしいと乞い、三輪の妻問いの神話を語り、天照大神の岩戸隠れを真似た神楽を舞います。すると玄賓は伊勢と三輪の神が一体分身であると思い至り、夢のような夜が明けていきます。

・・・とあらすじを書いてみましたが、実はあまりよくわかっていません。特に終盤。神様についての基礎知識がないときちんと理解できませんなあ。。。

もっとも、神楽を舞うさまはとても幻想的な美しさでした。また、お囃子方がとてもすばらしく音楽的にも充実していました。なので舞台自体はたいそう堪能できました。


平成20年夏「観能の夕べ」

日時:2008年8月9日(土)19:00〜
会場:石川県立能楽堂
狂言「魚説法」木谷亮介/小正信
能「三輪」盒怯ηぁ針姪膰之

野村萬・万蔵狂言会

ミュージアムウィーク特別公演
「野村萬(人間国宝)・野村万蔵 狂言会」

日時:2007年10月1日(月)19:00〜
会場:石川県立能楽堂

■萩大名

■清水

■舟渡聟

観能の夕べ

平成19年夏「観能の夕べ」
日時:2007年8月4日(土)19:00〜
会場:石川県立能楽堂
狂言「伯母ヶ酒(おばがさけ)」炭哲男
能「岩船(いわふね)」高橋右任
遠方より友来たりて。

能なんぞを見にいきました。
そういえば昨年も同じことしたなあ〜。
毎年恒例の観能の夕べは1000円なのでお手軽なのです。

狂言は気楽です。何も考えなくても楽しめますし。炭哲男さんと野村祐丞さんの両ベテランにすっかり笑わされました。

ただ、能のほうはそういうわけにはいきません。やはり言葉が聞き取れないので(台詞も地謡も)、相変わらず流れがよくわからないからだと思います。
そこで、最近は言葉を聞き取ろうとする努力を捨てました(苦笑)。あらすじはあらかじめ確認しておきますが、上演中は、衣装と舞と音楽を目と耳で楽しむことに徹しようと。理ではなく情というか。まあ、オペラを鑑賞するときの感覚ですね。
そうしたら、今回の「岩船」というのはかなり楽しめました。単純なお祝いの曲ですし、衣装が特にゴージャスで目でも楽しめました。

その後は木倉町の居酒屋で一献。
「にごり梅酒 梅太夫」は濃厚な味わい。
炭酸で割りたいと言ったら店の人に失笑されました。
そういうものか…。
Archives
Categories
記事検索
Recent Comments
Profile

quackey

♪体は40(以上)〜
♪でもハートは中2さ〜
quackeyは、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)と中日ドラゴンズとナインティナインさんを応援しています!
いちおう金沢検定中級保持者です。

「ワチャゴナ!」
ブログ名「ワチャゴナ!」の由来は、ナイナイさんも大好きな知念里奈さんの「DO-DO FOR ME」です!
♪ワチャゴナドゥーフォーミー!

Passage〜Best Collection〜
Passage〜Best Collection〜
知念里奈
twitter




あわせて読みたい
  • ライブドアブログ