2018年06月04日

LINN AKURATE アキュレートシリーズ リニューアル

LINN AKURATE アキュレートシリーズが

リニューアルされて 最新DAC「KATALYST」化されました。

(少しまえまでKLIMAX SYSTEMSだけKATALYST」仕様だったのですが・・)


KATALYST」化された最新 DSプレーヤー
AKURATE DS/K/3 価格:¥1,100,000(税別)です。


AKURATE DSM(DS+PRE機能)から
KATALYST」化 

AKURATE DSM/3(DS+PRE機能)へのアップグレード価格

 350,000(税別)です。

AKURATE DS/K(DSプレーヤー)から
KATALYST」化 

AKURATE DSM/3(DS+PRE機能)へのアップグレード価格

 500,000(税別)です。

LINNカタログpdf


お馴染み様に
AKURATE DSM→AKURATE DSM/3(
KATALYST)

アップグレードされた方がいらっしゃるのですが

音質変化は劇的で

背景のSN感と実在感が圧倒的に上がりました。

写真は4層基盤アッセンブリー交換の場面です。

037e793a









055185e6

















LINN URIKA供New LINGOリリース!2018/2

LINN a350、Klimax dsmをNEWバージョンに2017/6
LINN KATALYST 発表 2016/9



LINNは2017年、
姉妹会社である「キャッスルプレシジョン・エンジニアリング」で行われていた
KLIMAXシリーズなどの超高精度金属切削を、
自らの管理下でフレキシブルに行える様LINN PRODUCTS工場内に導入。
動画サイトで紹介されています。

動画(youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=5BH3NqDqAoI

また、さらなる高密度表面実装を可能にするためサーフェスマウントマシンを一新しました。
https://www.youtube.com/watch?v=iEnyrDfWhWc




LINN プロダクト45周年サマープロモーション2018


LINN URIKA供New LINGOリリース!2018/2

LINN AKUDORIKにEXAKT DORIK STAND納品2017/12

LINN LP-12のグレードアップ 2017/8
LINN a350、Klimax dsmをNEWバージョンに2017/6

LINN KATALYST がついにEXAKT に!2017/4

新旧のLINNシステムず 2017/4

エントリークラス DS, DSMプロモーション2016 スタート!2016/9

LINN KATALYST 発表 2016/9

NuPrime DACpre新製品 DAC-9

KEERキールにバージョン・アップ

LINN MAJIK LP12 試聴会!

Linn 試聴会 を開催いたします- LP12 RADIKAL仕様組み上げ
LINN Hi-end オーディオ・システム 2014/3



mac_room at 13:31|Permalinkclip!LINN | LINN

2018年05月11日

アコースティック・コンディショナー人気です。

最近、
ACOUSTIC REVIVE アコースティック・コンディショナーRWL-3人気です。


先のアコーステックリバイブ製品試聴会に於いて
沢山のアコーステックリバイブ製品の効果を比較試聴で体験していただきましたが、
筆者自身が一番驚いた製品がRWL-3です。

試聴会はお陰様で大盛況だったものですから、
自身が内に入って体験したり、説明を聞いたりできなかったのです。

が、
3枚のRWL-3を試聴室に設置した音と、試聴室から無くした音の比較試聴でした。

試聴室に入れなくて、ドアの外から聴いていたのですが
それでも大きな変化が聴きとれたのがRWL-3でした。


RWL_3














その後、
お馴染み様からRWL-3をご自宅での試聴を希望されて、貸し出したりすることがあるのですが

気に入られて、お求めいただいております。

皆さまも是非お試しください。

mac_room at 10:06|Permalinkclip!ACOUSTIC REVIVE | ACOUSTIC REVIVE

2018年04月22日

JVCケンウッド  ネイティブ 4KD-ILAプロジェクター DLA-Z1納品

JVCケンウッド
ネイティブ 4KD-ILAプロジェクター DLA-Z1
を納品させて頂きました。

JVCケンウッド初の
ネイティブ 4KD-ILAパネル採用と、
レーザー光源を使用したフラグシップモデルです。

dla-z1_7












梱包も大きいDLA-Z1が入荷しました。



納品、設置後、
オーナー様からメールをいただきました。


以下原文:

きのうと今日とで、やっと一通りの画素調整を終えました。

ゾーン調整は弱った目に負担が大きく、余り長時間はできません。
根をつめてもせいぜい30分が限度です。

くたびれたー!!!


とりあえずの結果報告。

まだ画質調整には殆ど手をつけていないのですが、いきなりいい絵が出ました。

ぎりぎりまで買い換えを迷うぐらい気に入っていたVW1000に完勝!
技術の進歩はすごいと目を見張らされております。

心配していた騒音も余り気になりません。
ただ、HDRソフトを再生するとファンモードが自動的に「高」になるらしく、
さすがにちょっとうるさい!

しかし、映画が始まったとたん忘れてしまいます。
このまま行けそうな感じですから、どうぞご安心ください。

現時点ですでに大満足です。
あれこれお骨折りありがとうございました。

 
Re:有難うございました。


mac_room at 13:37|Permalinkclip!JVCケンウッド 

2018年03月29日

LGの薄型有機ELテレビ

有機ELパネルは
自己発光なので紙のように薄く出来て、曲げたりもできる・・というのが当初の触れ込みでしたが、

SONY、Pnasonicの有機ELテレビをご紹介したり、販売させて頂くうちにいつしか私たちスタッフも特徴を忘れていました。

今回オーナー様の新築の壁にぴったり付けて、分厚くしたくない・・というご希望で
LG製品をお求めいただきました。


納品させて頂いて、壁に設置させていただいて、あらためて驚きました。

この薄さです。

LG_el_4






















 LG_el_1























LG_el_2
























 LG_el_3






















いまのところ業界最薄でしょう



いよいよ8K登場!SHARP AQUOS 8K 2017/12
4K 有機ELテレビ ブラビア A1シリーズ展示いたしました2017/6
4Kフラグシップ・モデル KJ-75Z9D 視聴会を行います。2017/2
本日は75インチ4Kテレビ、フロント・サラウンド・システムを納品いたしました 2017/1


mac_room at 15:06|Permalinkclip!LG | LG

2018年03月13日

DELA 新製品

DELA 
ミュージックライブラリー HA-N1AH20/2
OPPO 
UDP-205
中村製作所の
電源タップNXP-001 Special edition 
をお馴染み様のところへ納品させていただきました。

N1AH20_2












ミュージックライブラリー
HA-N1ZS20/2、HA-N1ZH30/2、
HA-N1AH20/2などは
MK2になってから、オリジナル・ソフトによりPCを使用しなくても
ミュージックライブラリーN1シリーズと外付けCD(BD)ドライブをダイレクトにUSBで接続することで、
CDから楽曲を自動リッピングできるようになりました。

上記のメリットと考えられる点(想像):
パソコンからの信号、電源からのノイズや
ルーター、ハブの速度の問題、LANケーブルによる音質的な影響を受けにくい・・のではないか。

デジタル信号といえど
LAN回線によりPC、ルーター、ハブ、
LANケーブル間を何度も行ったり来たりするのは影響がありそうな気がする。(USBダイレクトに対して・・)

N1に楽曲配信サイトの登録情報を入力することで、
PCにダウンロードすることなく、直接N1にダウンロード可能にもなりました。

USBフラッシュ・USBハードディスクドライブからの直接取り込みも可能です。

ファームウェア も「3.73B」まで新しくなっています。

9172db4f








というわけでNAS機能だけのNシリーズから、

ネットワーク・トランスポートの機能が備わった
DELA ミュージックライブラリーN1MK2シリーズは更に人気が高まっているところです。

そして
この度、オーディオ仕様にした
DELAブランドの光ディスク・ドライブも発売されました。

光ディスク・ドライブ D100、D10 の登場です。

オーディオ仕様の自社光ドライブを発売したことで
ハイレゾ高音質ROMとして一部で発売されている
BD-ROM(DSD 11.2MHz・DSF形式収録)なども

さらに高音質にダイレクトにリッピング出来、
ネイティブでDSD 11.2MHz・DSF形式を聴いたりすることが可能となりました。

ただ残念なことに
DELA 記念モデルD10 230,000円税別(30台限定)は、
すでに発売前の予約だけで予定数完売したそうです。

D100 70,000円税別 を
オーナー様からもご予約承りましたが
D100のほうも4月発売。 
3/9現在の納期予定が5月になりそうです。

e1a765e9







このように
HA-N1AH20/2をミュージックサーバーとし、
UDP-205にUSB接続しDACとしてご使用になられるようです。

オーナー様は
も既に手に入れられているので、
上記のような方法で11.2MHzデータのDSFファイルをネイティブで
楽しまれるのだと思います。

ハイレゾと言われ始めてからでも、
最上に近いデジタル・オーディオ・ソースですね。(新・録だともっと凄いかも)

デジタルもどんどん進化が進んでいます。

オーナー様が箱を自作されたというスピーカーシステム
N1AH20_3












ウーハーが縦に二つ並んでいるので
小さく見える方もいらっしゃるかも知れませんが、ALTECの515ウーハーです。
システムの大きさが想像頂けますでしょうか・・

ホーンシステムのドライバーは
TADのTD-4001
ホーンシステムの方、マルチ・システムの方にはもう定番ドライバーとなりつつあります。

そういえば、
ひとつ前のDF-65記事
オーナー様のドライバーも
TD-4001でウーハーはTL-1601aでした。

3/11()にも常得意様から TD-4001 ×2本、TL-1601b ×4本 ご注文がありました。

sp_c03_ban01











最近は自作される方が少なくなって、
TADも売れるのは、システムばかりだったので、
上記のユニットを新品でお求めいただいたのは何年かぶりだと思います。

N1AH20_5












スピーカーの裏には
オーナー様のキャリアを物語る
自作の300Bアンプ類が・・
現在では入手しにくいトランスなども・・

2Wayマルチ +
スーパー・ツイーター + スーパー・ウーハーシステムです。

N1AH20_6












大トリの写真は
皆さんご存知の!?・・
スーパー・ウーハーシステム
EV 76cm 30Wです。

このシステムによって
ぐいぐいチェロを弾くシュタルケルをネイティブで鳴らすと

・・怖   
(笑)


関連リンク:
USBリジェネレーターSOtM tX-USBultra  
ネットワーク・オーディオ記事  TAD関連記事

mac_room at 10:52|Permalinkclip!DELA | TAD

2018年02月20日

デジタル・チャンネル・デバイダーDF-65の実力

当店では昨年末から
OPPOのUDP-205をよくお求めいただきます。

OPPOさんも勢いが凄いですね、
Sonica DACに続いての大ヒットモデルになりました。


最近、お知り合いになったT様は昔からマルチアンプで
鳴らしておられるオーディオ強者の方です。

先日、
UDP-205とアキュフェーズ デジタル・チャンネル・デバイダーDF-65を同時にお求めになられました。

T様から
大変、丁重なご感想を寄せて戴きました。


以下全文:

ほぼ30年マルチアンプで鳴らしているでしょうか?
アキュフェーズのDF-65はチャンネルデバイダーとして4台目となります。

デバイダーは前機からデジタルに移行し、改造も施してかなり追い込んでいましたが、
コントロールソフトが古いOSでしか動かず、SNも今一つ、ハイレゾも無理でしたので、
思い切って更新する事としました。

df65_3












マルチアンプはかつて4ウェイまでTADで組みましたが、今は2ウェイ+ツゥイーター

(コンデンサー一発繋ぎ)でシンプルにまとめています。
2ウェイなので、DF-65はL、R 完全分離、D/Aコンバーターを並列で動作させることが出来、
単体使用では最高性能状態となります。
df65_8










長年親しんだシステムですので、新規導入のデバイダーとは言え、最初からほぼ聴ける状態に
持って行けていると思っていますが、これから徐々に追い込んで行くつもりです。

また、これと同時にCDプレーヤーも更新致しました。OPPOのUDP-205 です。
ユニーバーサルプレーヤーとしての実力を見込んでのことです。

CD再生機で言えば、他に音質が優れた専用機も有るのですが、SACD、DVD、ブルーレイ、
ハイレゾ、ネットワークオーディオなどと機材をそれぞれ揃えると場所も無いので一台で兼用させることとしました。

このプレーヤーは、筐体にも音質対策が施された設計となっていますが、価格も抑えられており、
ハイエンド高級機の様な意匠にまではさすがに至りません。
使いこなしでカバーが必要と感じ、最初から電源コードは交換しました。

これの効果は絶大で、高解像の中でさらに中低域のぼやけが取れ、
すっきりとした見通しとなりました。
やはりだてに最新のD/Aコンバーターを積んでいる訳ではありません。
ただ、高解像ではあるものの、システム全体では中低域の細い、少々クリスタル調の音であった為、
UDP-205からの出力ケーブルを疑いました。
結果、当初購ったものから交換し、バランスを著しく改善させました。

そもそも当システムに於けるケーブル類による音色の変化は、かなりのものがあります。
しかし、コントロール出来れば、ホーンシステムだからこその鋭敏でダイナミックな音が聴けます。

TAD_25





















マルチアンプシステムは、下手に手を出すと大変ですが、きっちりポイントを押さえて組み、調整して行くとそれに見合う音が引き出せるのも確かです。
これまで何十年も積み上げて来た音を、いまさら出来合いのスピーカーに戻す気は有りません。
(実際はたいしたことは無く自己満足ですが)
これは、各メーカーのスピーカーを否定するのではなく、「自らで自分仕様の音が出せる」ということなのです。

今回はサウンドMACさんにお世話になり、
無事システムの中核をグレードアップして更新する事が出来ました。

今後とも宜しくお願い致します。


Re:
こちらこそ宜しくお願いいたします。

現在は入手しにくいSANO AUDIOのホーンとBOXですね・・
 
T様、有難うございました。



mac_room at 19:40|Permalinkclip!Accuphase 

2018年02月16日

4K 8K放送に向けて

昨年12月に「8Kテレビ登場」と題しまして
当店イベントでSHARP AQUOS 8Kの新製品をご紹介いたしました。

BSと110度CSによる4K・8Kの実用放送は、2018年の12月から始まります。
➡総務省4K 8K紹介動画 というのも知られて参りました。


最近直の話題としては
平昌ピョンチャン2018オリンピック パラリンピックも盛り上がってきました。

NHKの2018オリンピック中継でも視聴率の高さが皆さんの関心の高さも表してきています。

今日時点ではハーフパイプやノルディック複合、スピードスケート中距離などが終わって
これから男子、女子フィギアなどが始まります。

今回ご紹介したいのは
NHK Hybridcast(えぬえいちけい はいぶりっどきゃすと)です。

NHK の説明によりますと・・
「NHK Hybridcastは放送と通信が連携した新しいテレビサービスです。
ニュースや気象などさまざまな情報や番組に関する情報など、より便利にテレビをお楽しみいただけます。」
とあります。

実は現在NHK Hybridcastハイブリッドキャストで
4K、8Kカメラによる平昌2018オリンピック の4K Live放送(4Kはウルトラ・ハイビジョンというタイトルで)8K Live(8Kはスーパー・ハイビジョンというタイトルで出てきます。)放送も行なわれています。

8K 放送をそのまま8Kで観るにはおそらく8KテレビとNHKで観るしかないのだと思いますが・・

4Kテレビで観てみましたが4K放送の画像はまあ普通で・・
普段4K動画など見慣れているので驚かなかったのですが
4Kテレビで観る8K放送はやはりフィギア会場など観ると実に綺麗で、会場に行って応援しているかのような圧倒的な臨場感です。


8Kカメラで撮った8K放送を4Kシステムで受けて4Kテレビで観ているのですが
やはりオーディオが同じシステムでもCD 44.1kHzソースを聴くのと、
ハイレゾDSD 11.2MHzソースで聴くのとは違うのと同じなのでしょうか・・全然違います。

NHKホームページを観ても
Hybridcastハイブリッドキャストに関しては目立ったところでは紹介されていません。
やはりNHKの公共性重視という観点の配慮からだと思います。

というのもNHK Hybridcastを観るには条件のハードルがあります。

先ずインターネット回線があり、
テレビがインターネット回線につなげられて
配信動画サイトがアプリなどで観られる環境でないとご覧いただけません。

NHK Hybridcastの探し方は、
まずテレビのチャンネルをNHK BSにしていただいて
その次にリモコンの“d”ボタンを押してデーター放送画面にされると
「NHK Hybridcast」というアイコンがみえます。

「NHK Hybridcast」をクリックしてそこから入れます。
ただ、まだ実験的な試みの側面もあるのだと思います。

というわけで
これからのピョンチャンで日本選手の更なる巻き返しにも期待いたしましょう。

ちなみにSONYのインターネット回線につなげられる
アンドロイド4Kテレビも2月20日頃から
さらに魅力的なお値段となります。 

スタッフまでお問い合わせください。


いよいよ8K登場!SHARP AQUOS 8K 2017/12
4Kフラグシップ・モデル KJ-75Z9D 視聴会を行います。2017/2



mac_room at 12:26|Permalinkclip!SONY | なぜかスポーツ

2017年12月04日

LINN AKUDORIKにEXAKT DORIK STAND納品

オーナー様は
これまでLINN AKUDORIKをパッシブで使っておられました。

最初は
AKURATE4200でバイアンプ、
次にKLIMAX TWINと進化し、
このたびEXAKT DORIK STAND(ドライブユニットをダイレクトに駆動する4チャンネル/ch分のパワーアンプ搭載)を導入されました。

かなりの金額なのですが、
いずれはマルチアンプ化しようと思っておられたので良いきっかけになりました。

AKUDORIK_2






















AKUDORIK_1























音出ししょっぱなから
JBL4367より低音が出る!
これまで埋もれていたバスドラムのおとがはっきりと聞こえました。

恐るべしAKUDORIK

「アナログが特に凄いです。」とこの日はついつい聴き込んでしまったということです。

AKUDORIK_4













PS:
担当スタッフと
納品を同行していただいたリンジャパンのKさんも
初めての組み合わせの音だしだったそうで
​店に帰ってきてからも当分HOTELに帰らず、
店内で二人してコーヒーを飲みながら本日の様子を語り、
想像以上の音のパフォーマンスに興奮を隠せず、感心しきりでした。



LINNは2017年、姉妹会社である「キャッスルプレシジョン・エンジニアリング」で行われていた
KLIMAXシリーズなどの超高精度金属切削を、
自らの管理下でフレキシブルに行える様LINN PRODUCTS工場内に導入。
動画サイトで紹介されています。

動画(youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=5BH3NqDqAoI

また、さらなる高密度表面実装を可能にするためサーフェスマウントマシンを一新しました。
https://www.youtube.com/watch?v=iEnyrDfWhWc




LINN AKURATE アキュレートリニューアル2018/6

LINN URIKA供New LINGOリリース!2018/2

LINN LP-12のグレードアップ 2017/8
LINN a350、Klimax dsmをNEWバージョンに2017/6

LINN KATALYST がついにEXAKT に!2017/4

新旧のLINNシステムず 2017/4

エントリークラス DS, DSMプロモーション2016 スタート!2016/9

LINN KATALYST 発表 2016/9

NuPrime DACpre新製品 DAC-9

KEERキールにバージョン・アップ

LINN MAJIK LP12 試聴会!

Linn 試聴会 を開催いたします- LP12 RADIKAL仕様組み上げ
LINN Hi-end オーディオ・システム 2014/3













最新記事(画像付)
Categories
Archives