『爆発寸前ナイト』の為に西九条へ出かけていたので、試合は録画で見よう…。
と、思っていたんですが、イベント後に行った居酒屋が試合を放送していました。
ちょうど、4セット目。
セットカウント1-2で、日本が負けているときでした。

セルビアは、これまで不敗だったというので「これは、今日の試合は負けるかなぁ…」なんて不吉な事を考えていたんですが……


結果は、大逆転で日本の勝利!!!!


お店で、試合を見ていた見知らぬおじさまと一緒に喜びましたww


そして、帰宅して試合の前半を観賞。
…ホンマによく勝てたなぁ…。最後まで諦めないって大切だよ。



諦めたら


ホントにまったくそうですね。安西先生。






バレーがしたい

ちょっと、こんな事を思った昨日あの頃。












++++++++++++++++++++++++++++++++++++



第一セット 18-25
第二セット 22-25
第三セット 25-18
第四セット 25-21
第五セット 15-11
(セットカウント3-2で日本の勝利)


第一セットも第二セットも、日本はかなり頑張っているのは見て取れるんですが、どうも点数に繋がらない様子でした。
どうして、ここまで点数に繋がらないのかとイライラするくらい。
多分、強いチームというのは、こういう風に勝っていくんだろうな…という事を痛感。

だけど、全ての流れを変えたのは、竹下選手のブロック!!!!!!!!!!

あの長身軍団を相手にブロック決めたんですよ!?
すげぇすげぇ!
竹下のブロックが決まってから、全ての流れが日本へと向く。

続いてのミラクルプレーは、やはり高橋選手のこぼれ玉を追いかけたレシーブ
客席に突っ込むんじゃないかって程の追いかけっぷり(『エース』ってマンガを思い出すw)
今思えば、勝ちを諦めてなかったからこそあそこまで追いかけたんだろうな。

小山が、ブロックというかダイレクトを2回も決めたりして、確実に得点の要の選手となっているのも感じました。

最終セットは、セルビアのツーアタックを、竹下が拾って高橋がツーアタック返しをした瞬間なんかは、もうホントに感激した。
(WaTの二人が、立ち上がって喜んでる姿に萌えて二度オイシかったw)

第一セットで、日本がお見合いした時は『大切な試合でお見合いなんかしてたらあかんやん!』って思ったけど、後半でセルビアもお見合い…。
お見合いって、戸惑ってる時に現れる凡ミスなんだな…と思った。


とにもかくにも、凄い良い試合だった。
前述したように、後半を居酒屋で観賞していたにも関わらず、録画した試合を見て感動の涙が出た。

次のイタリア戦も、ガンバレ!ニッポン!!!


+++++++++++++++++++++++++++++++++


さてさて、本日のWaTですが、
白熱した試合っぷりに、試合前や試合後、セット間のコメントは放送されてませんでした。
でも、合間合間に映される応援席での二人は、カメラそっちのけで試合にのめりこんでる感じがして
「一生懸命応援してるんだな」というのを改めて感じた。

バレー、WaT両方のファンとしては、それが一番嬉しい。


一番いいのは、日本がストレートでサクサク勝利して放送時間を余らせてくれたら
二人のコメントのシーンがもっと映って、一挙両得☆なんだけどな(笑)