初音ミクが好きです。

ていうか、ミクのオリジナル曲には好きなものが多いんですけど、
その中でもかなり好きな『ハジメテノオト』の作者様の騙りが出たとかなんとか…。

とりあえず、↓『ハジメテノオト』を聞いてみてください。
めちゃくちゃ歌詞がキレイなんです。




自分こそがこの歌の作者であると騙って、mixiやはつねぎで活動している人がいると知った時は腹が立った。
そんで何だか悲しくなった。良い曲を利用して負の行動をとる人がいるという事が…。
(でも、調べれば調べるほど『実際は、どうなんだろう?』という気持ちもあり…)


そうこうしていたらヒロ本人と名乗る人が、はつねぎで『自分はニセモノだ』と発表したそうな。



謝罪文によると、ハジメテノオトに出会った事で自分は命を救われたから
この曲を広めようとし、それに一番効果的なのは作者を名乗る事だと思ったので
作者として活動していたとかなんとか……
作者様が死ねというなら死にますが、それでは何の解決にもならないので
罪を背負ったまま1ファンとしてハジメテノオトを伝えて行きたい…だそうで。



正直、「ハァ…?」って気分。



書かれてる事が真実かもしれなくても、どうも心に届かない。
この謝罪文書いた人がヒロさん本人とは限らないけれども、とりあえず
この謝罪文においては、自分は納得できなかったなーという感じ。



まぁ、結論としては作者が誰であれ『ハジメテノオト』が良い曲には違いないから良いやって気もしますけど…。