ご訪問いただき、ありがとうございます。
はじめまして、maca といいます。

今日初めて、このブログをご覧になられる方は、
是非、👇こちらの記事を、ご一読下さい。
http://blog.livedoor.jp/macahome/archives/1458044.html

このブログの進行が遅い理由、
私がブログをやっている理由などが書いてあります。

また、右サイドバーには、

これまでに反響が大きかった記事のリンクを貼ってありますので、
興味がある方・お時間のある方は、よかったら読んでみて下さい。

マットな茶色のモザイクタイルと野地板でトレイをDIY

はい、どうも。




今日からは
タイルDIY記事に入ります。




えーっと

GOOD TILE SHOP さんから
タイルを提供して頂きまして。


こちら。



モザイクタイルブラックテイスト
茶色を選ばせてもらったんやけど、

このタイルを使って
あんなものや こんなものを
作っていきます。



皆さん→『またモニターかよ(-_-)』



はい、モニターです。




で、

ブロガーやインスタグラマーを
使った、昨今のモニター過熱ぶり
について

私の個人的な見解を
今日の後半に書いてみたので、

良かったら最後まで
読んでみて下さい。



良くなくても、、、


皆さん→『我慢して読んで下さい
って言うんやろ?』



はい、おっしゃる通りで
ございます。

(表向きだけでも否定しとけ)






そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。


今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*



GOOD TILE SHOP さんから
タイルのモニターのお話を
戴いた時に

タイルかー、どーすっかなー、
広い範囲にタイル貼りするような
場所は、今のとこ、無いしなあ、

とか いっろいろ考えて、

結果
『せや!これやわ』と思ったのが


こちら。

DSC00620

父ちゃん(主人)の会社がね
毎年、社員の嫁の誕生日に
カタログギフトを
贈ってくれるんやわ。

【ご主人がこうやって
 仕事に専念できるのも
 奥様のお陰でございます】

みたいなメッセージカードつきで。


そのメッセージを
読みながら

『え~、そんなことないですよ~。
 私なんて、なんにもしてない
 ですってば~♡』

と思いながら。


(思ってないやろ)




去年は

棕櫚ほうきのセットと

庭木剪定用の
高枝切りばさみ を選んで。

(商品のチョイスも
 さすが四十やな)




で、今年はどれに
しよっかなー、て
カタログを見て決めたのが、

sirocaのホームベーカリー。



うちは毎朝、

6枚切りの食パン1斤を
食べるんやわ。


私は週1回か2回しか
買い物に行かんから、

パンのまとめ買いって
消費期限の関係で
あんまり できんやん。


ま、冷凍しとけば
いいんかもしれんけど

冷凍庫にパンばっかりあっても
しゃーないしなーと思って
その都度、買うように
してるんやけど、

そしたら結局

図書館帰りの
JK(女子高生の長女)とか
仕事帰りの父ちゃんに

『ごめん、食パン買ってきてー』

て頼むことになってやね。



だから

私と父ちゃんとJK、
3人がかりで
食パンを代わる代わる買ってくる
ていうシステムが数年続いた
もんやから、

3人とも その流れに

いい加減 疲れ果ててきて。



で、JKも父ちゃんも
ホームベーカリーを
買うことを、随分前から
懇願してたんやけど、

ホームベーカリーなんていう
優先順位の低い家電を
私がそう簡単に
買うわけがなくて。



そんな時に

あのカタログギフトやわ。



カタログを
パラパラっとめくって
ホームベーカリーを
見つけた時には

『もーこれしかないっしょ』←

って、年貢を納めた
というわけです。




てことで

GOOD TILE SHOP さんの
タイルを使って

ホームベーカリーで
焼いたパンが似合うような
トレイを作ろうかな、と。




はい、こちら。

DSC01033

全部、野地板です。

細い棒も、野地板から切り出した
ものなので、まー 歪んでるわ。


こういう細い角材を
家でカットして作る、ていうのは

全っ然、オススメできんな。


とっととホームセンターで
角材を買ってきたほうがいいです。




で、これを

DSC01034

まずボンドをつけて
固定します。

あ、このグレーのヤツは
だいーぶ前に作った
レンガを洋書風にリメイクしたヤツ
です。


手間をかけて作った割に

今じゃ もう、飾るとこがなくて
こんな場面で重りの任務に
就いてるわ。



栄えある者、いずれ必ず衰える。


栄枯盛衰な写真やなー。


(そうか?)





そしたら

DSC01051

側面にドリルで下穴をあけて
ビスを打って、固定します。




はい

DSC01052

こんな感じになりました。


この写真でも分かるかと思いますが
タイルを貼りたい時は
目地をセキ止めするために

周囲を高めにしてあります。







DSC01053

周りのとこだけ
BRIWAXのジャコビアンを
ガーゼで擦り込んでおきます。




あとは

DSC01073

取っ手を一つだけ
つけておいてやね。




これで、ベースの部分が
出来たから

ここからタイル貼りの作業に
入ります。



で、私のタイルの貼り方は
ほぼ我流やから

あんま参考にならんかも
しれんけど、

結構 参考になるとは思います。


(なんやそれ)

DSC01074

作ったトレイは、タイルありき、の
採寸にしてないので、

ここで初めて、タイルを合わせてみて
どんな風に貼ろうか、を決めます。


だって

例えば家の洗面周りを
タイル貼りにしたくて
業者に頼んだとしたら、

『ここからここまで
 タイルを貼って下さい』

て言えば、その通りに
職人さんはタイルを貼るやん。



タイルの間隔に合わせて
洗面周りの幅やら高さやらを
作り変えてから
タイルを貼る、なんて

有り得んやん。



だからタイルを貼りたい時って

タイルの間隔なんて あとから
どうにでもなるから

タイルのことは一旦
さて置いて、

先に貼りたい場所とか
貼りたいモノを作ってしまって
オッケーです。



だから今の場合やと

BlogPaint

あ、タイルの表面には
紙が貼ってあるから、
見やすいようにと思って
タイルを裏に向けてあります。

で ひとまず、このくらいで
いこうかなと思って
タイルに貼ってある紙を
ハサミで切ったんやけど、

【この列】のとこのタイルは
ちょっと枠に乗っかって
しまってるんやわ。


かと言って

【この列】もカットしてしまうと
いくらなんでもタイルが
スカスカ過ぎるやろ、てことで

こんな場合は
どうするんかと言うと

強引に押し込む、ていう
方法を使います。




さらに

BlogPaint

トレイのあいたスペースに
タイルが あと何列入るかなー
と思って、試しに置いてみたら、

【ここ】のところ。

タイルが3分の1ほど
枠に乗っかってしまてるやん。


もー。


けど、しゃーないな。

ここはさすがに2列は
押し込めそうにないから、

DSC01077

結局1列だけ
ハサミでカットすることにして。


あ、さっき言うてた
下の列のところは

強引に手で押し込みました。




さて、これからタイルの間隔を
どうやって調整して
いくんでしょうか。




実に楽しみですね。


(皆さん→別に(-_-))





はい、今日はここまでに
しておきます。




で、冒頭で言うてた話、

【昨今のモニター過熱ぶり】な
話なんやけど、



最近やけに

『モニターです』ていうのを
見聞きするようになったと
思いませんか。



発信力のあるブロガーや
インスタでたくさんのフォロワーを
持っているような
インスタグラマーに

企業が

これを使って その使用感を
ブログやインスタ等で
発信してくれませんかと依頼する、

ていうのが

すごく多くなってきてると
思うんやわ、ここ最近。



でね

そういう社会の風潮に対して
ものすごい嫌悪感を
持ってる、ていう人も
たくさんおられると思うんです。



ブロガーとかインスタグラマーを
使って宣伝するなんて、
宣伝費、ケチってんっじゃねーよ、

とか

依頼を受けるほうも
受けるほうやわ、
なに?もしかして『私モニターの
依頼受けました!』ていう、自慢?

とか。



少なくとも私は
発信する側になって
1年半しか経ってないから

情報を受け取る側の気持ちとか
感覚みたいなもんを
まだ すごく覚えてて、

自分が読み手側やったら
今の【モニター過熱ぶり】な
風潮を どう受け取るやろうか、

て考えた時に

おそらく、多かれ少なかれ

さっき言うたような
感想を持つと思うんやわ。





私は これまでに
いくつかの企業さんの
モニターをさせて頂いて

今日からの記事も また
モニター商品を扱った記事に
なってるんやけど、


発信する側になってみて
初めて見えるようになった景色
ていうのがあるから、

今日はそれを
伝えたいな、と思って。



伝いたい、とは言っても

こちらの思いや考えを
皆さんに押し付ける、

てことじゃなくてね。




結論から言うと

この風潮は単純に

【時代の流れ】やと思うんやわ。




例えばテレビのドラマの
視聴率に関して

Yahooトピックスで

視聴率が2桁の大台に!
みたいなのが上がってたとして。


けど視聴者の我々からすれば

『は?いつまで視聴率に
 こだわってんの?
 これだけ録画機能が発達した
 今の時代に、リアルタイムで
 視聴率が取れるのなんて、
 スポーツか笑点ぐらいやろ』

て思うやん。



だから【時代の流れ】に
関係ある部分の一つとして

テレビの視聴率
ていうものに関しては

我々は理解も示しているし
受け入れることも出来ていて。



他にも【時代の流れ】ていう
社会情勢の移行については

様々なことを
おのおのの解釈において
受け入れたり拒絶したり
してると思うんやわ。誰もが。



で、モニターフィーバーに
嫌悪感がある、ていうのは

その、拒絶、の部類に
入ると思うんやけど、

それは多分

モニターフィーバー自体が まだ
歴史が浅すぎるからやと思う。


ものすごい最近やもんね、
この風潮が急速に
激化してきたのって。



あ、スマホも そうやん。

今はすごい人口率やけど
出始めの頃は
アンチスマホな人が
圧倒的に多かったはず。

けど、そんな逆風から
始まったスマホも
今では追い風が吹いてる
くらいのシェアになってやね。




で、今は、新聞を取ってる人も
少なくなってるし、

テレビのCMにしても
録画機能が充実してるから
CMを飛ばして観たり。


そしたら もう企業としては
宣伝の場が必然的に
テレビや新聞の広告じゃ
なくなってきてるってことやわな。

てことは

反応の薄いところに
多額を投資して宣伝しても
暖簾に腕押しやから、

発信力のある人を
使ったほうが、高い宣伝効果を
期待できるっていうのは
明確なわけで。



それと、

テレビや新聞の広告って
【プロ】の世界やん。

けど、ブロガーや
インスタグラマーは
【プロ】ではない。

言うたら【素人】やん。



だから尚更

モニターフィーバーに
嫌悪感のある人からしてみれば

素人を使って~、みたいに
思うんかもしれん。

プラス、

モニターを受けるほうの
人間に対しても
調子乗って~、みたいに
思うんかもしれん。



ただ

私が見た【景色】ていうのがね

そんな単純なものでは
なくてやね。



私は幾つかの企業さんと
やり取りさせて頂いたんやけど、

どの企業も

とにかく、必死やわ。



単純に

『発信力ありそうな人を
 ピックアップして
 そこに一石 投じれば
 バーっと商品、売れんかなー』

みたいな

そんな薄っぺらい戦略では
ないんやわ。



結局

モニターを依頼する、てことは、
イコール、企業としても
絶対自信のある商品、

なわけで。


企業側が
『これ、いまいちやな~』て
思ってるようなもんを
モニターで広めたい、て
思うわけがないやん。



けど、どんなに自信のある商品
やったとしても、

世に広まるか広まらんか、は

やっぱり営業戦略に
かかってくると思うんやわ。



ほら よく、ガイヤの夜明け
とかでも

営業に奮闘する人物を
クローズアップしたりしてるやん。



いいモノなのに、売れない。
いいモノやから、もっと広めたい。

企業が そう思うのって

ヤラしいことでも何でもない、
恥ずかしいことでも何でもない、

純粋な【熱意】や【信念】が
あってこそやと思うんやわ。



私が そう思うようになったのは

企業とやり取りする中で
その必死さや熱意が
すごい伝わってきたからやわ、

どの企業にしても。





私なんかより発信力のある
人なんて、このご時世、

掃いて捨てるほど おるわ。



そんな、山ほどおるにも
かかわらず、
わざわざ私を選んで
下さった以上は やっぱり

『この人に依頼して良かった』
と思ってもらいたいし

ここに来て下さってる皆さんに
対しては
少しでも商品の良さを
伝えられたらと思って、


無いセンスを絞って

私も私で、必死やわ。



じゃあ、私が発信した商品を
皆さんが いちいち買うか、
いうたら、そんなわけが無くて。


私に限らず

ほうぼうで発信される
モニター情報をキャッチしつつ

自分の中でヒットしたものが
あれば、買うなり、調べるなり
すればいいだけのことで。




そんなわけで

モニターフィーバーな
社会風潮に関して
私の個人的な意見を
書かせてもらったんやけど、

人それぞれに
考え方は違って当たり前やから

『いや、誰がなんと言おうが
 モニターは嫌いやわ』
て思う人も、それはそれで
なんにも おかしく無いし。



ただ

モニターを依頼してくる企業は
どこもみんな、
生き残りや さらなる躍進のために
日夜、必死で奮闘してるんや

ていうことを

私は発信する側になって
初めて知ったので、



今日は それを伝えたくて
書いてみました。





さてー、

今回のGOOD TILE SHOPさんの
タイルは、果たして、

皆さんに『わあ~!』て
思わせることが出来るほどの
結果を出すことが
できるのでしょうか。



期待値、是非とも
低めで お願いします。



だって そのほうが

もし素敵な仕上がりに
なったとしたら
振れ幅 デカいし、

もし下手こいたとしても
『こんなもんか…』で終わるやろうから

私としては気負わずに
記事にすることが
できますので。


(ヤラしい保険をかけるな)






はい、

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。







お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------




吹き抜けのデッカイ窓もシェードカーテン手作り出来るんです*うちのカーテン事情

はい、どうも。



本日も
カーテンネタでございます。





こちら。

BlogPaint

うちのリビングには
でっかい窓が2つあって。

下の窓は、ウッドデッキに出る窓で
上の窓は、吹き抜けにある窓。


あ、この写真では
分かりづらいかもしれんけど

吹き抜けの窓は
シェードのカーテンが
下りている状態です。



下の窓も、上の窓も、

リネンの生地で
格安で手作りしました。




今日は その秘話や秘策を
お届けします。





そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。


今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*


あの窓2つは
どっちも同じリネンの布で
作ったヤツで、

下のカーテンも閉めると

こんな感じ。

DSC01496

家を建てる時にね

カーテンは絶対、麻がいい、
ていう強い こだわりがあって。


理由は

子供に優しい自然素材が
良かったから、とかじゃなくて

カーテンから明かりが透ける
この感じが すごい好きやから。



けど、今のカーテン情勢って
圧倒的に、遮光ばっかやん。


カーテンを閉めた時に
いかに暗くなるか、に
焦点を当てたカーテンばっかり
出回ってるから、

リネンのカーテンなんて

ほんま

くっそ高いんやわ。



プラス

吹き抜けのでっかい窓に
シェードのカーテンをつけたい、

なんていう願望を全て
満たそうと思ったら、

それこそ

車1台買えるんちゃう、みたいな
アホみたいな金額になるんやわ。

(そんなには高くないやろ)



けどガチで

リネンで あのでっかさで
シェードやったら

5万は するはず。




5万て。



やっぱ、最低レベルの軽四が
買える値段やん。




さて、どーしよか、

と思った時に、こちら。


※画像お借りしてます。


アイボックスさん ていうショップで
シェードの手作りキットが売ってて。

これ、

大手カーテンメーカーの大半が使ってる
TOSOていうメーカーの部材やから、
布だけ用意すれば、既製品同等の
ものが自作できてしまう、ていうもので。


この手のキットは色々売ってるんやけど、

その中でも1番安かったとこが
ここやってん。


3年前やけど。



ほんで、かなり細かい数値まで
オーダーできるから

自分んちの窓にピッタリの
シェードが作れてしまうんやわ。


説明書も すっごい分かりやすいから、

説明書通りに作れば
失敗するってことも まず
無いと思うわ。




あの、吹き抜けのでっかい窓は
縦200cm・横160cmほどなんやけど、

キットが確か1万くらいで
布が2,000円くらいやったかなあ。

なんせ3年前やから
記憶の薄さも甚だしいんやけど、

でも、うん、それくらいやったはず。




あのでっかい窓に
リネンのシェードカーテンが
1万2千円て、

すごいと思う。


絶対、日本最安値やと思うわ。




で、

今の家を建ててる時に
2DKみたいな
くっそ狭いアパートで
あのカーテンを作ったから、

まー 大変やわ。



布をね

四方、まっすぐ広げて作らな
あかんから、

アパートには6畳の部屋が
あったんやけど、
その部屋の家具類を全部
ダイニングに どかして

6畳間に布を広げて、作ってん。



作るのに2日は かかったから、
その間のダイニングときたら、やわ。



家族たち おのおのが
考えられん体勢で生活したもんね。





ほんで、このリネンの布。

DSC01495

なんと

145cm幅でメーター450円という
激安で。


数値、多少違ってるかも
しれんけど。




リネンの布が豊富で安い、
ていうショップを
友達から教えてもらって、

そこで買ったんやわ。



HARUていうネットショップなんやけど、

ここ、リネンがほんまに、安い。



ボーダーのリネンとか
種類もすごい豊富で

見てるだけでも楽しいもんね。




で、カーテンレールは
アイアンなんやけど、

それも、多分1番安いやろ、ていう
ショップを寝ずに探したから

ここもオススメやわ。


窓際貴族さん


ここは知ってる方も
結構おられるかもしれんなあ。




この

DSC01499

アイアンのカーテンレールが
6000円ほどやったはず。



あ、これやわ。

オーダー アイアンカーテンレール イタリアンシリーズ /●ランシア/ダブル/2mサイズ[200cmまで] 《即納可》 [激安 アイアン カーテンレール セール オシャレ/ヨーロピアン/モダン 洋風 北欧 インテリア 友安製作所] [有吉ゼミ カーテンキャップ]
オーダー アイアンカーテンレール イタリアンシリーズ /●ランシア/ダブル/2mサイズ[200cmまで] 《即納可》 [激安 アイアン カーテンレール セール オシャレ/ヨーロピアン/モダン 洋風 北欧 インテリア 友安製作所] [有吉ゼミ カーテンキャップ]





せや、吹き抜けの窓に
どうやってカーテンを取り付けたか、

なんやけど

吹き抜けの家を建てる時って
吹き抜けの部分に
足場が組んであるんやわ。

大工さんも そうやし
壁紙屋さんとか、

職人さんたちが
作業するために。



その足場を

『カーテン取り付けるまで
 足場、崩さんといて下さい』

ゆーて
現場監督さんにお願いして
足場にのぼって
取り付けたんやけど、


揺れるし、高いしで、

まー 怖いのなんの。





あとは2階の寝室のカーテンも

DSC01490

さっきのHARUさんで
激安で買った、

チェックのダブルガーゼを使って
作って。




ダブルガーゼやから
これもまた、

DSC01482

カーテンを閉じても
光が差し込む、というね。


あ、このカーテンも、

DSC01485

例の作り方で作った、
手作りシェードやわ。




あと

レースカーテンもコットンとかに
したかったんやけど、

さすがに

両隣にも後ろにも民家が
あるとなると、

ミラータイプのヤツに
しておかなあかんかなーと思って

イオンのトップバリューの
既製品を買ってきて
それを全部、サイズを変えて
縫い直したんやわ。




だって
家で一人で居る時なんて

とてもじゃないけど
人には見せられんようなことを
してるからなー。




そうです、

あんなことや こんなことを。




ご近所は皆さん
ご高齢の方ばっかやから、

昼下がりに人妻が家の中で
あんなことや こんなことを
してるのが見えた日には、


少々 刺激が強すぎるかな
と思って。


(一体、なにをしてんねん)





てことで、

うちのカーテンは全館、
手作りです。



布・キット・アイアンレール
レースカーテン、

全ー部 合わせて

確か8万ぐらいやったはず。



これ、家を建てたことが
ある方なら

『えーーー!!!』って
後転3回してくれるとこやと
思うんやけどなあ。



なんせ

根性やわ。



安くあげるために必要なのは

根性だけやわ。



カーテンなんて
裁縫が苦手な私でも
直線縫いばっかやから
どうにか縫えるもん。

けど、

全館は相当キツい。



キツいけど

衝撃的に安い。




キツさと安さの間で

揺れ動く この気持ち、やわ。






はい、以上です。


このネタは、
ブログを始めた時から
いつか書こう いつか書こうと
思ってたネタやから、

ようやく書けて


今、ホっとしてます。


(インタビューか)




多分、

どこかの誰かにとっては
ヒットする情報が入ってたんじゃ
ないかと、自分では
思ってるんですが、


自信は ないです。


(だからインタビューか)




でも

これからも頑張っていこうと
思ってます!


(インタビューやな)





はい、次回からは
タイルDIYのネタに入ります。






今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。







お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------


シェードカーテンを格安でハンドメイド完成!根性で記事上げちゃうよー

はい、どうも。




昨日の続きです。


気合い入れて書いてくよー!←






そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。


今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。

*--------------------------------------*



昨日で、カーテンの生地作りは
オッケーで。


それを

どうやって取り付けるか、です。




こちら。

DSC01452

窓枠の上部に

2×3cmくらいの ちっさい木片を
ビスで打って固定してあって。

あ、左右に1個ずつね。

で、その木片の上に
SPF材をBRIWAXで塗ったモノを
ビスで打って固定してあります。




正面から見ると、

DSC01449

こうなってます。

で、SPF材の下にヒートンが
4個ついてるんやけど、

これは

昨日作ったカーテン生地の
タコ糸の幅に合わせて
つけてあるんやわ。




近くで見ると、

DSC01451

こうなってます。

これ、マジックテープを
SPF材にボンドでつけてみたら
全っ然 くっつかんかったから、

タッカーで とめたんやわ。



てか、そもそも

このSPF材をつける
っていうこと自体、

無くてもいいと思います。



窓枠にそのまま
マジックテープをタッカーで
パチンパチンと
とめてしまっても
全然オッケーやと思います。



私は 窓が結露した時の
ことを やけに懸念して、
カーテンに水がついたら
イヤやなあ、と思って、

窓からカーテンを離れさせるために
木片やらSPFやらを使って
カサ増ししたってだけで、

別に、無くてもオッケーかなと。



あ、マジックテープは
こっちがグァシグァシのほうで

生地に縫い付けたほうが
ファサファサのほう。


どっちがどっちでも
いいんかもしれんけど。



けど なんとなく、

ファサファサなほう
(抱きしめたら
壊れてしまいそうな私)を

グァシグァシなほう
(斎藤工の腕)で

ガッチリ受け止める、

みたいなイメージが
あったもんで。




もう

離したくない


みたいな。


(皆さん→そんなんいいから
はよ進めてー(-_-))



はい、さーせん、
書きます。すぐ書きます。





てことで

ここに昨日の生地の
マジックテープをつけると、

DSC01453

まず、こうなって。

まだ、例のタコ糸は
なんもしてないです。



ここからタコ糸のくだりに
入ります。





えーっと

BlogPaint

これが昨日作った生地で
この①②③④を覚えておいて
いただいて。

で、これは
生地の裏面の写真やから、

次からの写真は
左右が反転するからねー!←




こちら。

BlogPaint

マジックテープのファサファサを
上のとこでガシっと とめて

生地を めくり上げてる写真です。


で、

①②③④のタコ糸を
各ヒートンに通しました。



ここから集中してくよー!←




はい、①のタコ糸を

BlogPaint

隣の②のタコ糸が通ってる
ヒートンに くぐらせて、



次は

BlogPaint

また その隣、③のタコ糸が
通ってるヒートンに くぐらせて、



ラストー、

BlogPaint

④のタコ糸が通ってるヒートンに
くぐらせます。



あー、絵描くの

しんどかったー。



どうやろか、

伝わったやろか。




で、②のタコ糸も同様に、

隣の③、そして④の順番に
ヒートンに くぐらせて。


てことは③のタコ糸も、

隣の④のヒートンに
くぐらせる、てことやな。



てことで、生地を作る時に
タコ糸の長さを、

①が一番長くて
②、③、④と順番に
短くなってく、ていう風に
しておかなあかん、てことです。


つまりタコ糸の長さは、

【生地の縦方向の長さ】

【隣のヒートンにくぐらせていく
ために必要な長さ】

ちゅーことやわ。



けど、あとで『短かったー!』
てなるのが心配やったら

最初っから4本とも
めっちゃ長くしておくっていうのも

全っ然アリです。




もー、男性読者の皆さん、

スクロール、早い早い。



出来れば じっくり
見てやって下さい。

昨日からの記事は
まあまあ粉骨砕身で
書いてるので。



『あいつ・・・、この記事書くの
 結構 大変だっただろうな。
 無理すんな、つってんのに』

的な感じで。


(なんぼほどの男性読者と
深い関係になってんねん)

(7人ほどです)

(そこそこリアリティある
人数を設定するな)





はい、ここまでの段階で
4本のタコ糸が全部

向かって右側に来てるってこと、


分かりますか。

DSC01467

こんな風に。


もし分かってくれてる方が
15%以上 居てくれてたとしたら

努力の甲斐がありました。


(パーセンテージ、低いって)




で、4本のタコ糸を揃えて
ピーンと引っ張った状態で

DSC01469

こんな玉みたいなヤツとかを
つけておくと、

普段の上げ下げの時に
やり易いです。


4本のタコ糸が全部入るような
大きさの穴があいたモノを
探して。


私は刺繍針でタコ糸を1本ずつ
通したんやけど

チラっと大変でした。


なかなかタコ糸が
通ってくれなくて。



最後の1本なんて
穴からどうにか出てきた
0.1ミリくらいの先端を

毛抜きで引っ張り出して
なんとかかんとか通したわ。





はい、これで完成したので

シェードを上げてみます。




タコ糸を引っ張っていくと、

DSC01473

やーん、ひだになって
上がってくやーん♡


嬉しい瞬間です。





で、完全にタコ糸を
引っ張りきると、

DSC01472

やーん♡

なんて美しい、飛騨♡ (漢字が)


この時、間違いなく
快感を味わえます。


保証します。




ほんで

タコ糸の固定の仕方なんやけど、
私はこんな風にしてます。

DSC01475

セリアのフックに
タコ糸を巻き付けて
固定しようと思ったら、

タコ糸が

するするするりーん、と
抜けてしまって、全然
とまってくれんかったから、

麻紐にボンドをたっぷり
つけたヤツをフックに
くるくると巻き付けて、

いわゆる

するりーん防止、にしてあります。



これがまた上手いこと、

DSC01476

タコ糸×麻紐が
いい感じで摩擦が効いて
くれてるみたいで、

完全にガッチリと
固定されてくれます。


シェードを上げた時は
こんな風に、3,4回
タコ糸を巻きつけてます。





シェード全開も
もちろん出来るし、

DSC01478

こんな風に

途中で寸止め(やだ♡)も
出来ます。



シェードの昇降加減まで
調節できるなんて、

これ ものすっごい
優秀やと思うわー。




で、このカーテンは

3年前に家を建てた時から
毎日 昇降してて、

最近、初めて

DSC01481

リングが破れてしまってん。


リングが壊れると
ひだが綺麗に出ないんやわ。


壊れたリングは2つで。


新しいリングを縫い付けるために
カーテンを外したから

それが この記事を
上げようと思った起爆剤に
なった、ちゅーことです。


リングが壊れんかったら
もっと あとになってたか、

もしくは しれっと
記事を書かんまま
フェイドアウトしてたか、やな。


(責任感、うす)




いや、

カーテン記事、書かなあかんなー
って、ずっと思ってたのは
確かなんやけど、

カーテン記事を書くとなると

カーテンを取り外して
絵満載の記事になるな、

てことが裕に予測ついた
もんやから、


逃げてた、ちゃ、逃げてたな。




長いこと待って下さった皆さん、

本当に申し訳ないです。





で、さらに もう1発、

うちのカーテン事情の記事を
上げたいと思います。




どこで生地を買ったのか とか、

カーテン代を
安く抑えられた秘策とか、

吹き抜けのデッカイ窓から
2階の寝室のカーテンまで
全館のカーテンを自作した
その秘話とか、

欲しい人には持って来いな
情報が結構あると思うので、


これもまた
写真の容量の関係で

その記事は次回にさせて下さい。






はい、

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。







お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------



楽天市場
Amazonライブリンク
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
タグ絞り込み検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード