はい、どうも。




生きてると

いろいろあるもので。




メンタルが完全にヤラれてしまって

パソコンもスマホも開けんかって。





そーゆう時って、あるよねー♡

(不謹慎か)




おかんが死んだ時でさえ
こんな長いこと記事を
上げんかったことは
無かったんやけど、

いやー

色々あるもんやわ。




ここ最近、なかなかコンスタントに
記事を上げられなくて

本当に申し訳ないです。




記事を上げてない時でも
ポチっとしてくれてる人が
ようけ 居て下さるんやけど、

ちょ ほんま

1回、一人一人に会いたいわ。



会って直接、お礼を言いたい。




ナイナイのお見合い大作戦の
お見合い回転寿司形式で、

1人1分ずつ。


(お礼レベル、薄)




ただ

1人1分ずつと言いたい
とこなんですが、

なんせ ほら
82万人(←)も居てるから

1人10秒ずつで
お願いせなあかんな。



皆さんには事前に

モタモタせんように
素早く椅子に座るレクチャーの
講習を受けて頂いて。


(皆さん→(-_-))





はい、今日は こちら。

DSC00809

ワインボックスを3段重ねて
スタッキングできる
キャスターつきの
工具専用ワゴン、

を作ります。



いいですか、

ワインボックスを3段重ねて
スタッキングできる
キャスターつきの
工具専用ワゴン、

です。



ネーミングを
最も短くした結果が、

これです。



これ以上は無理でした。



タイトルだけで5時間ほど
考えたんやけど。






そんな今日も こちらと、


にほんブログ村ランキングへ


こちらを、

手作り・DIYランキングへ


押していただけますと
大変、有り難いです。


今日も面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


*--------------------------------------*




私はアトリエを持ってないし
今はアトリエを作る予定は無いから、

2階にDIY用品をどっさり
置いてあるんやけど、

作業は たいてい
1階で やるから

そしたら いちいち色んな道具を
1階に持って下りなあかんくて。



そんなDIY生活も
もう、2年目じゃん?(←)



いい加減、イヤんなってきてやね。




てことで、こちら。

DSC00714

塗装済みのワインボックスが2個と
無塗装のワインボックスが1個。


これ全部、

この家に住み始めてから
3年もの間 ずっと、

くっそ どーでもいいもんを
入れて使ってたんやわ。



一つは漫画本。

ドラえもん45巻と
ちびまる子ちゃん。

昔は死ぬほど繰り返し
読んだけど、
今はもう、全然読んでなくて
ウォークインクローゼットの中で
薄っすらホコリを被ってて。



あとの二つは
JK(女子高生の長女の)の学童用品。

JS(女子小1の次女)のためにと
思って、取っておいてあるヤツ。



そんなん

ワインボックスに入れんでも
段ボールで十分なもの
ばっかりやん。



要は3年前、この家に
引っ越してきた時のままの
状態やったんやわ。



ワインボックスを
欲しがってる人が
たくさん要るというのに、

こんな しょーもない
使い方をしてしまってて。



だもんで、今回は その
ワインボックスたちを
活かそうじゃないか、と。





てことで、

DSC00733

ひとまず持ち手になる穴を
あけました。ジグソーで。


ワインボックスって
なんの木を使ってるんやろ。


あのねー

カットする時、ものすっごい
硬くて、カットした途端
ものすっごい いい匂いが
ふわ~んと したんやわ。

ヒノキとも違う
なんとも言えん、木のいい香り。




ま、なんの木かは結局
分からんねやけど。





で、カットした穴は
サンダーで やすっておいて、

DSC00746

ボックス1個につき
板を2枚用意して。






その板を、ボックスの裏に、

BlogPaint

こんな風にボンドで
くっつけます。


えーっと今回は

3個のボックスを
スタッキングさせたいわけで。

スタッキングてことは
ボックスを重ねた時に

ある程度、カチっと
ハマって欲しいわけやん。


そのために

ボックスの板の厚み+2ミリほど
の隙間をあけて

底面に板を貼り付けるんやわ。



その隙間が

黄色い矢印の部分、
てことです。





で、ボンドが乾かんうちに

DSC00754

上手くハマるかどうか
実際に重ねてみて、

この時点で、貼った板が
ギリギリ過ぎて
ハマりにくかったり

逆に

あけた隙間が広すぎて
ハマり方が緩くて
グラつくようなら、


貼った板を手でズラして
調節すればオッケーです。






そしたら

貼った板をビスでガッチリと
固定してくわけなんやけど、

DSC00756

ちょうど いい長さのビスが
こんな短いヤツしかなくて。





これ、

BlogPaint

こうやってビスを置いてみると
板よりも ちょびーっとしか
出てないやん。ビスの先っちょが。

てことは
このビスを打っても

ちょびーっとしか
ワインボックスの底面に
到達せん、てことなんやわ。


で、こんな時は

とっととホームセンターに行って
最適な長さのビスを買って
こればいいんやろうけど、

買いに行くの、面倒くさかったし、

よく見てみたら

くまちゃんの厚みよりも
パンダちゃんの厚みのほうが
薄かったから、

なら

裏からじゃなくて
ボックスの内側から
ビスを打てば、

まあまあ喰い込むやろ、
と思って。



んー、ここの説明、

苦しいな。

伝わりますか。



皆さんの心を解きほぐすために
くまちゃんとパンダちゃんを使って
可愛らしいアプローチで
説明してみたんやけど、

もし分からんかったとしたら、



別に無理して分からんで
いいです。

(なんやねん)




なんせ

裏面からじゃなくて
ボックスの内側から
ビスを打って、板を固定する
ことにしました、ていう話やわ。





で、内側から打つために

DSC00759

板からボックスにかけて
ドリルで穴を貫通させておけば、






内側からビスで固定する時に

DSC00764

ドリルであけた穴が
目印になりますよ、と。


んー、ここの説明も
苦しいな。


けど さっきと同様に、

分からんでも別にいいです。


(なんやねん、もー)



この、内側からビスを打つ時に
スペースが狭いせいで
電動工具が入らんくて
手でビスを しめたんやけど、

私、

手でしめるの


嫌いやわー。




電動工具を持ってない方で
セリアの木箱に蝶番を
つけたり、アンティーク金具を
つけたりしてる方たちは、

手でしめてますよね。



めっちゃ 力、要りませんか。



私なんて、電動工具に
慣れてしまってるせいか、
手で しめるだなんて、

時間もかかるし
手もまあまあ痛いしで、

ほんーまイラっとしたわー。



結局、24本のビスを
手でしめたんやけど、

このワインボックスの木が また
くっそ堅いせいで、

最後らへん

手にマメが出来た、じゃなくて
手の平がフツーに血だらけに
なったもん。



だから途中で

『バカ!お前なにやってんだよ!
 血、出てんじゃん。
 無理な時は
 俺に言えっつってんじゃん!』

てゆー、幻聴まで聞こえて
余計 虚しかったわ。





家で

めっちゃ、一人やし。






ほんで

DSC00765

これこれ。

フェルトを、ボックス2個の
裏面に貼っておけば

床の上でスーっと
ボックスを動かしても

傷もつかんし
重さも軽減されるし。





で、あとの1個には

DSC00767

キャスターをつけて、





はい、

DSC00769

こんな風になりました。




やっぱ、独り身には
電動工具は必須やなー。


(自分、既婚者やん)






はい、今日はここまでに
しておきます。






今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。







お帰りの際には
こちらを押していただけますと
『次の記事また頑張ろー』
とか思います。

にほんブログ村へ


ご面倒、重々承知の上
よろしければ
こちらも押していただけますと
ほんーまに有り難いです。

手作り・DIYランキングへ


面倒くさい ひと手間、
ありがとうございました。


---------------------------------------------

これ↓を登録すると

私がブログを更新した時に
『記事、上げましたよー』と
LINEに通知が届きます。

---------------------------------------------
👇ルームクリップやってます👇
ユーザー名maca
→こちら

👇インスタやってます👇
ユーザー名maca_home
→こちら

👇LIMIAやってます👇
ユーザー名maca home
→こちら
---------------------------------------------