2006年04月

2006年04月30日

a1615e47.jpg下北の「心」というお店に行きました!私と同じく盛田隆二ファンの、こずちゃんがバイトしてます!おいしいですよーホント!

まちゃこmachango at 13:56コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月29日

ああ〜〜〜やばいです。

今日、チャンドンゴン主演(??の意味は後で書きます)の
「タイフーン」を見て来ました。

いやはや、、、、、

これ、青キリンさん絶対好きですから!(なんたって、シルミドや、インファナルアフェア、オールドボーイ好きのわたしたち。)


思ってた内容とちょっと違ったんですけど、かなりずしりとキマス。

熱き男の戦い&友情っていうんですか?
やっぱり好きですね〜こういう映画。

ただ人がころされまくるので、ふつーに女子にはオススメできないのが残念。。。。

でもたぶん2回くらいは泣けるし。
それに脇役がよい!!

私のオススメは「トト」という脇役の海賊。。。。。


見終わった後、一緒に行ったA氏に
「トトはまあちゃんに似てる」と言われてしまった。


「どこが?」

「しぶとそうなところが」

だそうだ。

でもまぁ、本当に海賊たちはよかったです。

そしてこの映画、ホントはチャンドンゴン主演じゃぁないですよ!(あ、バラしちゃった・・・・・)

主役の人はバンドのhiroさんに似ていました。

かっこよかったです。マジで!!



まちゃこmachango at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月28日

久しぶりの専門学校。
おもしろいことがありました。

去年、ミラシテグスタを専門学校バージョンとエキソチカスバージョンで2つやっていたのですが。

今日はその2つのパフォのビデオを見比べる時間を作ったんですね。

そして生徒の反応は


「全然違うものだ・・・・(愕然)」でした。

彼らはヒップホップみたいな動きは得意です。

が、


ラテンのムーブメントのやわらかさは、私は去年1年では教えられなかったのでした。

だからエキソチカスのパフォを食い入るようにみつめて

「なんだか胸の動きが全然違う」
「やわらけーーー」っと感嘆していたのでした。

そしてそのあとのサルサレッスン(ラテンダンスの時間)

みんなの腰使いがいくぶん変わっておりました。。。。。。

すごい影響力ですよ。エキソ!!!
(読んでル??)


今年の専門学校の生徒たちの気合いはすごいです。
発表会まで頑張れよ〜〜。

そんなこんなで新入生も多くいたのですが、2年生も結構ダンスレッスンに残ってくれていて、嬉しかったです。

ところが、私の大好きな

ゆかちんがいなかった・・・

内心

「もしかして、ゆかちん私の踊りに飽きちゃったのかな」とか「毒電波だしすぎてつらくなったかな」とか思ってたら、
周りの2年生が

「ゆかちん来るって言ってたのに・・・」とかいうので、
思わず

「私とうとう嫌われちゃったのかな??」と言うと。

「そんなことは絶対ないですよ〜〜〜」とフォロー。
とはいえ、3レッスン全部出てこなかったゆかちんを私はすごく気にしていました。


そしたら授業最後の10分で
「先生〜〜今日レッスンあるの忘れてた!!!」

って現れたゆかちん。。。。。

「とうとう嫌われたかと思ってたよ・・・」

っと正直に言うと

「え?????なんで???絶対にそんなことはないですよ〜」

とかわいいゆかちんでした。でも私、彼女を去年そうとういじめていたのでした。(いい意味でね。からかってたのさ)


すんごく面白い子なんですよ。で、踊りがうまい!!!

人は「面白くて踊りがうまい」と絶対に人気者です。
まぁなんにでも人気者には

「面白い」は当てはまるとはおもうけどね。


私が「面白くて好きな人」は、

今の所、
ゆかちん、新庄、でっきぃ、かなぁ〜〜〜〜。。。





まちゃこmachango at 14:24コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月27日

昨日のオアシス、先週はキューバンパワーだったのにも関わらず、結構生徒さんが来てくれていました!(感謝)

昨日は、一夫多妻サルサ(誰が命名したんだっけ?)とルエダの2本立て。

かなり体力使ったことでしょう。

それにしても、みんな上手になってます。

それと同時に久しぶりにレッスン後に踊って見ると、


「あれ、、、なんかもとに戻って無いか?」っていう生徒さんもいます。

本当は自由な時間(フリータイム)にはそんなことを言いたく無いため。(楽しくなくなる)言わないようにしています。

もとに戻るっていうのは、自分のクセがでちゃう踊り方に戻るっていうことなんだけど。

サルサてさ〜〜〜〜。

本当にある意味。最初の数年かな。。。。

自分を抑えないとならないときがあるんだよね。

そこがきついんだよね。

言葉にしづらいけど、私は物書き志望だし、ここから頑張って書いてみようと思う。。。。。


サルサは、楽しいダンスなんだけど、その楽しさは


「わ〜〜〜〜踊ってて楽しい〜〜」

っていう本当に音楽聴いて自由に踊れる楽しさの他にもあって、特にペアを楽しく踊るにはお互いの(ペアを組んでいるときの)息を合わせないとなら無いから、苦しいダンスでもあるんだよね。。。。。

でもそこの部分を軽くするには、やっぱり自分のことを最初抑えて、、動きや、リードのくせをとらないとならない。

そこで
「俺(私)はこういう踊りをしたいんじゃない!もっと自由に踊りたいんだ」って人も出てくるんだけど。

やっぱり最初の形をマスターしなければあとは「無い」んだよ。

無いって言うか、、ついていけなくなる。

例えば、速い曲。例えばゆっくりな曲。

そして表現においても。。。

本当に上手い人ってすごく表現しているんだよね。

それは
「俺」とか「私」とかいうことではなくって、
「サルサ」を。と言えると思う。

やっぱりね、基本なんだとおもう。

「どうしてあの人はあんなに上手くなれたんですか?」

と言われても私は

「ベーシックをきっちりやったからだよ」と答えます。

色々な技ができる人よりも、ベーシックをとにかく納得するまで体にいれた人にかなわないと思うんです。

でもそのベーシックが本当に体に入るのってそうそうたやすくはないです。

その期間がないまま。ペアのやったら難しげなリードを教えられてしまうので、男性のムーブメントががちがちだったりするのです。

女性も、そういうがちがちリードで踊らされてしまうため、
フォローがきつくなるのです。。。

そういうのを見てると。
「ああ、遠回りしているなぁ」

って思います。

レッスンの前半のムーブメント、ベーシックステップは、本人の意識でどこまでも昇華していけるものだと思うので、毎回やっているけど、同じ気持ちではなくて、今日はここをこうしてみよう。ここをチェックしていこう!と目標をもってやってほしいです。

私は本当にサルサ馬鹿?なので、厳しいけど。

そうすれば絶対に上手くなるってわかってるんだもん。。。


ただこんなことあまりレッスン中にいいたくないから言わないだけ。

これを読んだ生徒さん、もしよかったら感想を聞かせてね。



まちゃこmachango at 11:53コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月26日


なんというか、ですね。
こういう性格っていうのは、うざいとか、うるさいとか熱いとか言われるんですが、そういうのが必要な人も世の中いるものです。

私も、逆に、こんなんだから、少し落ち着いて物事を考えさせてくれるような人が必要だったりもします。


バランスですよね、、、、、、

さて、今日のダンス学院のレッスンは女子ばかりでした。
なので、大事なベーシックをたっぷりと、そして、ディレケノーをいかに軽くやるか(タメの後です!!)。
がテーマ。


ディレケノーにおける男性の負担はかなりです。
それのおかげで私の二の腕は、10年前より数段逞しくなっています。(単に年のせいとも言えるが)

いやいや、キューバンサルサにおいて、男性の負担は結構あります。

タメの踊りだからね。

女子はいかにそのタメを受けつつも、体を預けすぎないことが大事です。

教えていると、
「なんだか私って医者みたい?」って思うことがあります。

「ここでこういう力をいれるから痛いんですよ」
とか
「ここではっきりとした力をいれてこうひっぱると体がラクです」とかね。


でもこういうことを教えるのが「キューバンサルサのレッスン」だとおもうわけです。

何度もいうが、

「技はできてもリードができてない男子多すぎ」なんで
(あ、また敵つくっちまったよ。)

でも女子も

「フォローしてるつもりでも自分勝手な人多すぎ」なんで
(ああ、また敵が~~~~~)


そしてそれを助けていくのが体の動き。
まさにムーブメントなんですが、、、、、、

これが「技より何よりも習得が難しい」ゆえに

「キューバンサルサは流行らない」

という結果だったりもします。

でも、最近、レッスンに来てくれる生徒(♂)さんには
「キューバンって本当に難しいんですよね」って言う人が確実増えてきています。

いい傾向です♪

そういう人にはたっぷりたっぷり教えますよ。本当に。。。

サルサだけではなく、ソン、マンボ、チャチャチャ、ルンバ、サンテリア、、、そのどれもが


キューバンサルサを踊るのを助けるんですが、そのへんが伝わるにはまだまだ時間がかかるでしょうね。。。

でも、私はCUBAN★POWERでそれを21回も続けて来たんで、今こうやってルンバのチーム(MACHAKO Y SU AFRITOS)に入りたいって言ってくれる生徒さんもいます。。。

今回アフリートスはなんと9名です!(私が入れば10人なんだけど今回私は歌うので、ソロしか踊れない)


どんなアフリートスになるやら、これもおっきな挑戦なのです。






まちゃこmachango at 10:37コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月23日

花村先生
がやっていたので勝手に持ってきてやってみました。。。これ流行っていますね??

でも。。。

谷田貝雅子の64%は毒電波で出来ています
谷田貝雅子の21%は株で出来ています
谷田貝雅子の7%はミスリルで出来ています
谷田貝雅子の5%は成功の鍵で出来ています
谷田貝雅子の3%は心の壁で出来ています


毒電波ってなんですか!?

しかも

これMACHAKOでやると・・・・

MACHAKOの81%は覚悟で出来ています
MACHAKOの9%は雪の結晶で出来ています
MACHAKOの5%は気の迷いで出来ています
MACHAKOの3%は濃硫酸で出来ています
MACHAKOの2%は理論で出来ています



「覚悟と理論」ってのが本当にあたってる気が・・・・・


絶句。。。

お休みなさい。。。。。

毒電波だって・・




まちゃこmachango at 22:50コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月20日

おはようございます。もう本当。昨日でぐったりのMACHAKOです。


朝、メールを開いて驚きましたっ!

とあるひとからメールがきてましたっ!

なおやさんって言う人です。

みなさんは覚えていますか?


「ZOO」のことを。

(ああ、これマイミクのひろしんしんさん、読まないかな〜最近日記にこないからなぁ。)


CHOO CHOO トレインときめきを運ぶよチューチュートレイン〜〜〜〜♪

のZOOですわ。


私、10年よりもずうっと以上前、そのZOOのリーダTACOさんからレッスンを受けてた時期があるんですね。

で、もちろんZOOも応援はしてました。
・・・・・してましたけど。

なおやさんは、私が考えるところの

「でもさ。。。ZOOってどうしてこうなの?」

という疑問を、そのまんま感じていたらしく(これ当たり前の事だとおもうんだけどね)、脱退してしまった方です。


私は「ZOOが好きでした」けど。

「ZOOの曲は好きじゃなかった」んです。はい。

メンバーが好きでした。とっても。とっても。
個性派ぞろいでしてね〜〜。

はっきりいって、悪口と思ってほしくないが、trfなんかよりもメンバーが濃かったしね。

その中でもなおやさんってやんちゃなかんじで、すっごくよかったんですよね。私はなおやさんのファンでした。

そのなおやさんがHPをたちあげてて、これが本当に面白いんですが、NAOYAHOOっていうんですよ。

たぶん。ダンス初心者が見ても「どこが面白いの?」って思うかもだけどね。

私はなおやさんを信用しています。
人間的に。はい。

それは「質問コーナー」、つまり読者?からの色々な質問に答えているんですけれど。
それが、とっても面白いのね。

面白いだけじゃない。真実がいっぱいつまった答えをしてる。

わたしさ。一生懸命お勉強だけしてきました。っていう人の助言ってすごくつまんなくて嫌いなんです。

なおやさんは「自分で体験したこと」「自分で本気でやってきたこと」を体験から。机上で得た答えではない言葉で、読者に返してきます。

残念なことに、HPがリニューアルされてしまっていて。
昔のするどいお答えが削除されていました。

それはひきこもりの男の子に対してのお答えでした。

読みながら「本当にそうだよなそうだよ、君もわかっただろう?」っとうなづいた私。

えらそうなことを言ったり、もっともな答えなんかいらない。

なおやさんの答えには「体から聞こえる」ようなまるでダンスのリズムの答えがつまってるのですね〜〜。

気になる人はNAOYAHOO行って見てくださいね。


さて、そのなおやさんからのメール
とっても明るい文章のラストに

「イベントに遊びに来てね!!」

だって。TACOさんも来るらしい。

アフリートス〜〜〜上手くなって行かないとだぜ!(一番近い所に君たちがいる!)

MACHAKO Y MYOでコルンビアで乗り込むのも可能?

なおやさんブエナビスタに感動したらしいです。。。






まちゃこmachango at 10:50コメント(0)トラックバック(0) 
今日はキューバンパワーにご来場のたくさんの皆様ありがとうございました!

今日のエレグアは本当に思いつきで踊りました。
もう考えるのやめてみようっと思ったのです。

ビール飲んだりは普通になってきましたけど。


「いきなりこれで終わりかよっ!」

の最初のつかみにはびっくりしたことでしょう。

あとは
「君、来るのおそいね。帰っていいから」

とか。



私はやっぱエレグア好きみたいです。もうちょっとお客さんがいろいろなことをしてくれていると更に楽しめることでしょうね。

次回は倍の来客を狙います。


ところで、本当に私って、自分勝手ダと思うんだけど。

大体において「このイベントには●●人呼ぶ!」って決めるとその人数は呼べるんですよ。

5月から自分が主催のイベントが立て続けにあるため。
そこんとこよろしくです。(脅迫???)

それから、5月20日の土曜、赤レンガ倉庫のイベントで
なんとわたくし

「ペア」を踊る事になりましたっ!

これをみんなに言ったら

「相手の人大丈夫?」とか、もしくはその相手に向かって
「大丈夫ですかっ!」と言った人がいましたが、彼はそのうちチャンゴーに呪われ、地獄におちることでしょう。(ないない)


とにかく、5月20日はちょっとめずらしいもんを見に来てほしいです。

わたし今回男についていく女で踊りますから♪




まちゃこmachango at 00:50コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月19日

8ef1f522.jpgやったよー

まちゃこmachango at 21:52コメント(0)トラックバック(0) 
http://chouga.blog63.fc2.com/

こちらに始動しました!!
そのうち写真がUPされるのでお楽しみにね〜〜♪♪

メンバーがオトナで、とっても雰囲気あるバンドです。
鳥雅は(とりまさ)ではなく(ちょうが)と呼びます。

いいだしっぺのレオさんが「鳥好き」
私の名前が「雅子」だからという説や。

単に「ストリートチルドレン(盛田隆二作)」の鳥雅という歌舞伎役者のファン(私が)という説など、いろいろありますが。


よろしくお願いします!!




まちゃこmachango at 10:00コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月18日

先週末からほぼ働きづめであります・・・・・

働くと言うよりも、声を出しすぎ警報がわんわんわん・・・

金曜リハ3時間。土曜はレッスンライブ。日曜は2リハにミーティング、昨日は4レッスンです。

(さすがにバンビーナスの所属する、小学生レッスンをお休みして、しおりんに任せはしましたが・・・・)

さすがに朝3レッスンリトミックのあと、声ががらがらになったのです。


そのあと、私はいいのかわるいのかしらんけど、たぶん水分を2リットルくらい飲んだ気がします。

麦茶、アイスコーヒー、水、アイスティー、スポドリ、今も、散々麺のつゆとか、つめたいもん。。。。。

でもまだ飲みたい。

これからまた飲みます。

たぶん軽く、3リットル以上はは飲んでいるのでしょう。

声にいいのは、はちみつとか言うので、昨日の飲みでははちみつゆずサワーというのや、蜂蜜梅酒などを飲みました。

本当は「ビール!!」って言いたかったのですが。。。。


鳥雅の飲みは「本当に」楽しかったのです。。。
また飲みたい。今度は土曜にしようという感じでした。

そしてへべれけくらいになってみんなでわいわいわいっと色々な話をしたいです。(注意:音楽以外の)


鳥雅には「日本人離れしたメンバー」が多いんだそうです。

私は本当に自分をラテン人化しているサルサイントラと思えませんが、(本当に日本の心意気あるサルサイントラです)

昨日レオさんがあまりにも
「MACHAKOさんが一番日本人離れしている」と言いはじめたので。

私は反撃に、

「日本人だよ!!!思いっきり、だって昨日のライブで日本って大きく書かれた、扇子を持って歌ったもん!!!!」

っと自信満々に返したんですが。

数名のメンバーから

「そういうのって日本にきた外人がやる行動じゃないの?」

ともれなくするどくつっこみ返されました。。。


墓穴ってこう掘るものだったのね。






まちゃこmachango at 09:31コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月16日

e68c9305.jpg本日初公開でした!

まちゃこmachango at 01:42コメント(0)トラックバック(0) 
久しぶりの横浜でのライブ。

LAFU&STINGは、音響がよくて、とっても安心して演奏できます。

今日のイベントはとってもとっても忙しかったです。

でもジュニアチームのダンスも可愛くできたし、
エキソチカスの新曲も、13人であの狭い中、踊り終えることができました。

グアラポのライブではお客さんいっぱい踊ってくれて、本当に盛り上がり、、、みなさん、ありがとうございました。

途中、踊るスペースの真ん中に敷いてある、板がずれてしまって、それをお客さん自ら直して下さったり、アットホームな雰囲気で楽しく演奏できたと思います。


今日でバンドを去るメンバーも、いままでありがとう。

みんながいなくなるのは本当にさみしい。

でも、また生まれ変わったグアラポに遊びに来て欲しい。


今日は感無量のため。これにて。。。。。。。




まちゃこmachango at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月14日

昨夜本当に久しぶりにテレビを見たのです。

ミクシィって本当に凄いなぁ。。たまたま新庄コミュをのぞいたら色々な情報が、、、、、

新しいマイミクMさんありがとうね〜。ホント。

久しぶりに見る彼は、やっぱり素敵。誰が何と言おうと素敵だ。

私の友人にはアンチ新庄も結構いるらしいので、ここではっきりさせとかないといけない。


「彼はカッコイイ!可愛い!素敵だ!! 」

っと言う事を。。。


たぶん私は無人島に誰を連れて行くかとなったらこの世で3人の男性を選ぶと思う。(あくまで例えばなしですが・・・)

その中で誰かを最終的に1人だけ選ばないとならないとなったらすっごく大変だけど。。。。。。


一人 ジャックスパロウ船長
二人め 新庄
三人目 内緒

である。


マイミクのこれまたMちゃん(女子)とはどうやら男の趣味が合うらしい。

私のジャックスパロウコミュを発見して彼女も入った。
私の知らないところで「新庄選手を眺める会」にも入っていた。

「取りあい〜〜〜っ」とかありもしない事を2人でほざいています。

そこで無人島でどっちを連れていってもいいならどっちにするか?

二人とも答えは同じだった。

「ジャックスパロウ」なのである。

私の答えは、ちょっと複雑なんだけど、あの人物を「引っ剥がして見たい」気がするからである。。。。
絶対に「まいった!!」っと言わせたい。。。そして仲よく暮らしたい。
そこに飽きたらなんとか脱出していい海賊になる。(どんなだ?)


正直いうと、目立ちたがりや同士で、新庄と相性がいいとは私は思わない。。。。。(もちろん彼の趣味も知ってるし私は当てはまっていない・・・)
私だけじゃなくって、男女の相性って絶対そうだって〜〜〜。

っと思う。目立ちたがりやさんには、控えめな人。
おとなしい人には元気な人。これって結構あたってないですか?


Mちゃんの理由はわかりやすい

「新庄を楽しませる自信が無いから」だそうだ。。。

かわいいね〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)。だからMちゃんは面白い。。。


大体無人島に行ったら、「楽しめる」のだろうか?

楽しむことまでこの時点で考えること自体が、「新庄は私を楽しませてくれるに違いない」と言うことだと思うんですが。。。。
魚を取ったり、家をつくったりする能力が一番大事ではないのか??

と思ったけど、どんな状況でも楽しむことのできる新庄は無人島でもするだろう。
パフォーマンス的なことを!!


昨日のテレビで新庄が
「新庄選手って言われるの好きじゃないんですよね〜」と言っていた。

りゆうが
「野球選手みたいじゃないですか?」

であった。

司会者はずっこけていた。

そして
「北海道じゃ、プリンスっていわれてますからね〜〜」とのたまったあとで
「でもやっぱり、つー君って言われたい」

んだそうです!!


やっぱり

「キューバじゃプリンセサっていわれてる(一度きり)」を生かせて置かないとだめかしら?


と、まーちゃんは思ったのでした。






まちゃこmachango at 14:48コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月13日

日記のUPが激しいですが、心配無用です。

私書くのめちゃ早いですから!!書きながら洗濯したり、掃除したりしててもこの早さですから〜〜。

(日記とエッセイに限ります。小説はまだまだ1週間で6原稿用紙60枚。。。。。。だめだめです。)


さてその5まで来ましたが、どこまで書いたっけ?


あ、そうか、キャバレーダンスまで書いたんだね。

今日は
「今後」じゃない「コンゴ」というダンスのお話です。

みなさん、今日の日記はとってもためになるのでメモ帳に取って置きましょうね。


「コンゴ」=アフリカからキューバに伝わった踊りです。

このダンスのムーブメントが基本になって

「ポピュラーダンス」

が生まれたんです!!!!

つまり今みんなの踊ってる

サルサ、チャチャチャ、ソン、マンボ
はコンゴから来ているのですね。これって踊ってみて納得でした。ティンバの激しい腰使い。コンゴです。。。


何度も書いてますが、サルサっていうのはキューバでは新しいダンスの1つです。

決して昔からあったんではない踊りです。

昔にはサンテリア、コンゴ、アララ、アバクアといったアフリカから伝わった踊りがあり、スペイン音楽文化と混じりあっていろんな音楽が生まれて、、、、、、、

サルサに行きつくわけですね。

深い、深いです。

で、コンゴっておどりには三種類あって

「パロ」「マクータ」「ユカ」とあります。

ここでは激しい順に並べて見ました!

.僖蹇

こいつは1分踊り続けただけでひーひーもんです。体全体を地に打ち付けるようなダンスです。
(ヨルバアンダボがたまに踊るのはこれです。)

▲泪ータ 

こいつはちょっとヒップホップの要素が入っているかもしれませんが「一番、サルサ、ティンバに近い動き」があります。腰の動きはこれが一番激しい。肩も。。。。。(ちなみにエキソチカスの振りにこのマクータから生まれた動きが入ってます。100分の1くらいしか疲れませんけど。。。)

ユカ 

私はこれが一番好きです。にわとりの求愛ダンス

そ、つまり、ワワンコの元になっている踊りです。


ここまで書いたけど、ルンバ好き、サルサ好きには
「え???そうなの??」という部分がいっぱいでしょ?
これら3つをすべて習ってきました。

しかも結構年配の先生たちにです。

この3つのダンスのスペシャリストである「ミゲル」さん。

私の大好きなダンサーです・・・・・・

好きと言うよりも「尊敬」に値します。

彼ほど、人間性が高く、教養があって、人あたりがよく、熱心で、やさしくて、厳しくて、あったかい、遅刻は0のイントラが他にいるのかよ〜〜〜〜!!っと叫びたいくらい素敵なおじいちゃん。

もう60をだいぶすぎています。

でもこれらの踊りを

熱く激しくおどったら・・・・ヨルバンダボもあららびっくり。
です。

私はつらかったよ。正直。

「体力もうないです、、、もうだめです」。。。っと顔で言って見たりもした。

けど、先生は
「はい、深呼吸して〜〜〜〜、もっかいして〜〜〜ほ〜〜ら大丈夫!」(大丈夫じゃないよ〜〜〜泣)

という繰り返しでございました。

結果、相当の種類のステップをマスターいたしました。ぱちぱちです。

文字にするとこんだけですが、実際は涙涙の体力限界レッスンでした。

しかしこのダンス、意外と踊れ無いダンサーもいるようです。
というか

「教える人があまりいない」らしい。。。。。

曲もあまり残って無いらしい。(テープとか)


やばいです。キューバ、こんな素敵な体力限界のダンスを残さねば!!!って思いました。

私は日本でも残すぞ〜〜。
アフリートス、6月の本番(ワワンコ)が終わったらコンゴやります!!





まちゃこmachango at 11:37コメント(0)トラックバック(0) 
朝起きて見たら、やっぱり、右足のほうが左足より腫れている部分があった〜〜〜。

やっぱり、疲れがでたらしい。

きっとキューバのなんかが今頃でてきたのだな。

もちろん2人リードの疲れもあるけど、それは腕のほうがいたいもんね。。。。

今日はお休みなので、大丈夫、冷やしてゆっくりします。治れよ〜〜。

そうそう、、、、、


昨日オアシス私のクラスにはじめて参加した女子。

「私、さそわれないんです・・・・」

って私に言いました。

私は

「はじっこに座ってたらだめだよ〜〜端よりは真ん中、真ん中に座るよりは、たっている、たっているだけよりはちょっと体をくねらせて踊る・・・」

っと徐々に
「誘われる女」の要素を並べた。

「ええ〜〜〜〜〜でもそこまでやっても誘われなかったら、どうしたらいいんですか!」

「・・・・その場合は違う要素があるのかも」

「わたし、性格の悪さがでてるんでしょうか?」

・・・性格の悪さなんて口に出す人にそうそう性格の悪い人なんていないっていうのが私の持論です。。。。
こういう子は全然大丈夫だったりします。

「大丈夫だよ〜〜〜楽しそうにしてるし〜笑顔だし、大丈夫、ほら?あそこに座って暇そうにしている男の人、誘って見たら?」

「じ、じぶんからですか?」

「絶対に大丈夫だって!!!」

「先生、、、、誘うのやめます。あそこまでいってちょっとムーブメントしてみます。それで、どうなるか、、見ててください!!!」

彼女は果敢にその男性のところにいき、目の前でムーブメントを

くねくね・・・くらいしただけで誘われましたとさ。

えっと。彼女だけではなく、こうして教えていると

「俺、誘えないんです」

とか

「私いつも誘われないんです」

とか言われます。

でも、私そうそう無理に相手を探すことしたくないんです。

もちろん、たまにはしてあげますよ。
したほうがいい場合は。最初のうちとか・・・

でも、

そのうち絶対に誘えるようになるし、誘われるようになるし、あと、、、誘っても断られてダメだったり(これはオアシスではそうそう無いことだと思うんだけど・・・・・)することもあると思うんだけど。

理由は何かな?

なんで誘えるようになったのかな。とか
なんで誘われるようになったのかな。とか
なんで誘っても断られてしまったのか?とか

そういうところに結構、自分の踊りの答えもあったりするし。


昨日レッスン終了して、女性生徒が私に言いました。

「先生〜〜〜ムーブメントのある男子と踊るとどうしてあんなに気持ちがいいのでしょう。技じゃないですよね。。。。」

これって大正解。自分が少し男性役をやったりもする女子からの提言です。

わざわざわざわざって来るよりも

1つの体のムーブメントの確立で、女子は1曲気持ちよかったって踊り終えるんです。。。。。。。


私も、ムーブメント派の人間です。

もちろんリズム感がいいだけで、ある程度気持ちよくは踊れるし、リードが上手いだけでも楽しいですが。。。。

本人にやわらかさがないと、やっぱり基本的に女性を気持ちよくはできないと思います。

で、それはレッスンだけでは培えなくって、、、、、
ホント、「その人の要素」が大きい。

いらいらしてるとき。
気持ちに余裕が無い時。
でも相手を気持ちよく躍らせられますかね〜〜〜??


意外と踊りってそういうところが難しいと思います。



でもキューバではコツがあります。

それはわかってて、しかも

やばい相手に誘わせない術、とか
素敵な相手ともう一曲。とか。。。。。

特に
「やばい相手に誘わせない」のが重要だったりもするのがキューバ。。。。。。

日本でもキューバでもどこでも

「むっとしてつまんなそう」にしてればやな相手はどこかへいってくれるのですが、やりすぎると

「やな女」と日本ではすぐにいわれそう。

でもキューバの場合
「なんでそんな顔してるの?」

とおせっかいです(笑)。

ああ〜〜〜あのおせっかいさ加減はちょっとだけ日本男性にも必要なのかもしれません。。。。


おもしろいんですよ。サルサってそういうところも含めて。


これがルンバになると更に面白い事になります。

ああ、他のダンスにはないよなぁ。

幸せモノなんですよ。私たち。。





まちゃこmachango at 10:56コメント(0)トラックバック(0) 
今日のオアシスでの踊ってるみんなの顔よかったなぁ。。。

キューバに行って、もちろんすっげーうまい人と踊ったりしてきてかなり自分的には満足な私なんだけど。。。。

キューバより勝ってるところは「オアシスの雰囲気」だなぁ。

こんな健全で、素敵な場所はキューバにはないよ。。。。
(あるとしたら家でのフィエスタかな・・・・)大体、不健全な下心いっぱいの場所がおおい、これは悪気があっていってるんじゃない。真実。。。


う〜〜〜〜〜ん。ルエダ間違えようが、なんだろうが、許したくなってしまいますよ。

だってみんな本当に楽しそうなんだもん・・・・・・

まいった。

これってある意味、とっても貴重なことだとおもうよ。。。。

大事にしていかないと、、、ね。

これからも私のクラスはヘンな雰囲気禁止だよ。
以下のような人たち。。。。。

(例)

べたべたカップル(本当に仲がよいのではなく見せつけたいだけのような人たち・・・)

ぐじぐじ男(女誘えないよ〜〜っとぐじぐじしているんだったら自由な時間も1人で練習しようぜ〜努力あるのみだ)

だってだって私って、、女(誘ってくれないんだったら自分で誘え〜〜〜!!!私だって断られまくった時期がたんまりある!!)


逆にこのような人たち大歓迎

(例)

誰とでもの人(男でも女でも捕まえて踊ってくれるようなアナタ!)

男女とものサルサ役に挑戦したい人(本当に両方できるといいんだって〜〜)

ルエダで失敗しても許してくれる人(なんかの本番じゃないんだからさ、、、自由な時間は間違える事こそ、おもしろいんだよね)

なんでもお手伝いいたしますんで、ほんと雰囲気いいから遊びにきてね。

来週は、普通にはレッスンできない内容満載でお送りするCUBAN★POWERだよ〜〜。


まちゃこmachango at 02:04コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月12日

キューバに前編を持っていったのだけど、後編が読みたくてたまらなくて実は日本に帰って最初の買い物はこの本だった。。。
それが私の大好きな作家「花村萬月」さんの「ぢん・ぢん・ぢん」です。。。。

詳しい内容は控えますが、ヒモ修行中の男のこが、見たもの、感じたもの、経験したものをつらつらつら、、、と激しく書いてあります。

登場人物のすべてがなぜだかいとおしく、一生懸命生きています。

世の中のいやなところ、つまりは裏といいますか。

私はそういうものにとっても興味があります。

自分では経験できない、ダークサイド。

そんなものに興味がある人。それから、いろんな愛の形。

ここには破壊される愛の形が現れてますが。愛の形にもいろいろあるのだなと思います。

ハッピーエンドではありませんが、絶対に救われる何かがある、花村さんの小説のなかでも、今回、トップあたりに踊り出てきた作品です。
それにしても凄いものに出会った後は、何をやってもちょっとしらけるものです。

普通はね。

でも私には日々、ダンスがある。
刺激を受ける何かが、身近にあるので、大丈夫。


PS,整形手術に興味がある人も読んでみてください。。。(いないか)



まちゃこmachango at 11:03コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月11日

今週末ですよ!皆様、是非是非誘い合わせていらしてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★cuban salsa band「GUARAPO DE LA BOMBA」

サルサ、マンボ、チャチャチャ、ソンなどを演奏します。メンバー一丸になって
サルサステップを踊りながら演奏するというなかなかお目にかかれないパワフルな「見た目」そしてメンバーの「濃さ」も楽しんで!!

2006年 4月15日(土曜)「PACHANGA★CUBANA」 長者町LAFU&STING

OPEN 18:00 〜 LESSON 19:00〜 1ST 20:00〜
2ND 21:30〜

前売り)2300円 当日)2500円 キューバ帰国後MACHAKOまでお買いもとめください!レッスン時いつも持ち歩いています!
また当日の朝10時までにPCメール、15時までに携帯メール(携帯からしか受けないことがあるので注意)に連絡くだされば、前売りを取っておくこともできます。

ダンスパフォ)
EXOTICAS*MACHAKOの率いる女子13名のダンスチームが激しいヒップホップサルサを踊ります。
BAMBINAS:MACHAKOの教える子どものダンスチームはボバンバを可愛く踊りますよ!!



まちゃこmachango at 11:13コメント(0)トラックバック(0) 
さて今回のレッスンも佳境に入ってまいりました。

今回、私は

「ルンバコルンビア」
「キャバレーダンス」の2つはどうしても絶対に今までよりも成長したかったので、毎日やってました。

マイケル君のイケてるぶりは前回の日記に書きましたけど。
ムーブメントの新しいダイアナ先生もかなりイケてるねえちゃんでした。

彼女はスタイリッシュでしたね〜〜。
足も手も長いし、顔もキュート、あとファッションセンスが最高でした・・・・どこで手に入れるのやら、、、素敵な洋服たち。。。。

でもレッスンはとにかく厳しかった。。。。。。

しかし笑顔が可愛いのと、とにかく私の「好み」だったので
私は嬉しかった。最後はとても仲良くなってしまいました。
何度も言うけど、いい女ってこういうヒトをいうのです。めずらしく気があったなぁ・・・・

注意*可愛いだけじゃダメ。スタイルがいいだけじゃだめ。センスがいいのです!!!全身から出るオーラというか、それがめちゃめちゃアクティブな上、発光しておりました。彼女。。。。。。。

以前私はコンフントのプリメロバイラリンである。セルヒオの奥さんのダネクシーという女性にムーブメントを習って

「毎日泣いていました」が。

その後、奥さんが妊娠したので、
新しいキャバレーの先生は

「セルヒオ」本人
になりまして、
ここでもまた

「毎日泣いていました」


みなさん、私が厳しいって思ってる人たち。
「甘い」ですから。

セルヒオは、まず、踊る前の
「表情」のダメだしからしますし。

「お前そんな顔で踊れるのか?」ですよ。

手先、指先、たったの1本でも「違うんだよお前!」
っと思ったら

例えばですけど、

5分以上のの振り付けを1人で私は踊ったりしていたんですけど
4分30秒までうまくいっても
軽く

「はじめからやりなおせ」

と言われてました。

もう本当に本当に厳しくって、レッスンを受けると言うよりは
敵は100人、こっちは1人の喧嘩みたいな状態というのでしょうかね。

彼は「昨日どれくらい復習した?」って朝一発目にいうのが日課だしね。。。。

とにかくそういうレッスンを受けちゃってるんで(3年)
普通のキャバレーダンスレッスンじゃ物足りないんです。困った事に。。。。。。

(日本に帰ってからちょっと足を運んだところもありましたけど、モノ足りなさすぎてやめました。。。。。)



でも、今回のダイアナさんと、マイケルの彼女であるイッセルには、色々な形、動かし方を習いました。これはこれでOK

やっぱり教える先生によって重要視するところも違うので、どんな人からでも盗めますね。

日本では絶対に教えないことがありますね。。。。。
というかたぶん日本語で説明できないからちょっと無理。

ああいうふうな滑らかな動きになるには、と考えたら
「見て!私を見てやって」では日本人にはきっと通用しません。

キャバレーダンスやキューバのムーブメントに関してだけ言わせてもらうと、
他のどんなダンス

バレエであろうと、ヒップホップであろうと、ジャスダンスであろうと、、、、、、

どんなダンサーでも

「真似できないもの」がはっきりとあります。

それが何かと言うと、
「リズムのムーブメントのねばり」だったり
するとおもいます。

大体、コントラティエンポからティエンポに移る時、
ティエンポからコントラに移る時
(これをキューバではパレノパレといいます)

リズムを聞き分けるだけでも日本人には大変ダと言うのに、
そこに体重を乗せて踊るダンスが加わるわけです。

カウントで踊りきれるものではないのですだ!!!!!


あと、日本人に多いんですが

「上手いかもしれないけど顔が恐いんだよ」って人が多いですぅ〜=〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

能面ダンサーと私は呼んでます。


そーゆー人は頼むからキャバレーダンスおどらないでぇ。。。


っと

遠くスペインからセルヒオが言ってるとも思います。

さていいたい事をいいました、自分も精進しないとな。っとことで。


月曜&土曜のムーブメントレッスンではそんな手厳しいレッスンが待ってます!みなさん来てね!







まちゃこmachango at 10:25コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月08日

キューバは実は寒かった。
最初暑かったのは2日間くらいだけ。あとは長袖は必需品でした。

ところが私は出がけにGジャンを見つけられず、一枚のパーカーしかながいしっかりしたものを持っていってなかったので、毎日それを着ていて。。。洗ってなかった(きたなぁい)。

風もすごかった。吹き飛ばされる(この頑丈な私が)気がするくらいの突風でした・・・毎日毎日。。。

でも、きのもKJもすぐにキューバに慣れてしまい。とってもラク。
なんていっても今回のきの&KJは、オトナだったよ。

なんでも私はラクだった。ありがとうね。

キューバ人男性はそりゃ、私らを褒めるよ。
かわいい、ボニータ、ビューティフルレディ、チーナリンダなどなど毎日毎日ホメ言葉のオンパレードだったさ。

でも。。。。。。

でも、そういうのはこの国じゃ「日常茶飯事」「誰にでも」のことだから。

ここでああ、勘違いってことで
、毎日そういうことばっかりで男のことで頭いっぱいで。

「今日はもてなかった」とまでのたまった人が以前いましたが。。(何度言ってもわからなかったなぁその人は・・)

でも本当にモテるって気分を味わったもんね。私らは今回。

え〜〜っと。ほんと自慢じゃないんですが。私ときのが踊ってるとその後めちゃめちゃ誘われるんですよ〜。

あるとき、カサデラムシカというライブハウスで2人でペアで踊っていて、終わった途端にキューバ人女性2人から
「ルエダやりたい!やれるよね!」と誘われ4人で、相手を変えて踊るルエダに突入。
彼女たちのうまいの何の。。。。
気持ちいいリードだったよ。きっと男と踊るより私らと踊りたいって思ったんだろうな。。。。

終わってからも「ホント上手!あんたたちさいこ〜〜〜」って言って去って行きました。

そのあとも誘われまくりだったんだよね。

17歳くらいの男の子からとかも誘われたし。(びびった)
「どこの国の人?もうほんとにほんとにさいこ〜〜」ってその子からも言われた。。。。

そして怒濤のライブ中もきのはモテまくり・・・・・

う〜〜〜〜〜ん。さすがだ。
結構、ライブにはヒネテーロっていう、たかりみたいなのが多いんだけど、「一切こなかった」もんね。そういう人たち。

そしてKJとカサデラムシカに行った時もっとすごかったよね。

また2人で踊ってたら、キューバ人本物ダンサーに捕まってすばらしいリードで踊った挙句、ルンバにまで私は挑戦。
あのだだっぴろいホールをたった1組のペアで踊れるっていう贅沢まで味わった。。。。。。やっぱりダンサーのリードはちょっとそのへんのお兄ちゃんとは違うのだ。。。

その後、KJのつかまったテーブルに行くと、そこではラムを振舞われ、ラムコーク、ビールなどなど飲みまくり。おごられマクリ。。。。

そのあとも別テーブルの男性から
「飲んで!おごりたいんだよ!!」っと熱い一言。

結局、わたしらはライブ後も「おごりたいんだよ」につられてのみに行き。(そのときはさすがにもう飲めずにカフェにした)

ふらふらになったんだよね。。。

まぁ今までもそういうことは何度かあったにはあったんだけど。今回、正直言うと、本当にヒネテーロにまったくつかまらなかった。そいでもって、結構踊りの上手い人や、気のいいキューバ人におごられたってのは、本当によかったと思ってます。(きの&KJにとって・・・・)

カサデラムシカでは、私三年前に大暴れ事件があったので。(知ってる人は知ってますよね・・・)
いつもいくとちょっとどきどきするんですが今回もその当時の店員にみつかり
「ミアミーガ〜〜〜(俺の友達だ!)」と熱い抱擁で迎えられた後、その店員が他の店員に
「この女に気をつけろ」と囁いていました。
笑っちゃうよね。
ホント、三年前私もわかかったよね。
あのときは大暴れしてお客様各位には失礼しました・・・・・(でも悪いのはそちらですよね?)

出入り禁止どころか歓迎されるとこがキューバ。だわ。

話が戻り、本当に日本でもてないってお悩みの女性にはラテン諸国でそのときだけ勘違い気分を味わうのもおすすめかもしれません。ホント笑っちゃうくらい絶対にモテます。

表面上だけ。

でもその表面上だけでも日本じゃ味わえないんだもんね。

今回私が一番すごい言葉をもらったのがこれ

「ミ プリンセサ」(私のお姫様)

です。。。。

さすがにこれには参りました。笑いがこみ上げてまいりました。。。。。。

どこにこんなたくましい姫がいるのだ!!!

どなたかこんな言葉を言われたよっていうのがあったら書き込んで〜〜〜!!!!



まちゃこmachango at 07:47コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月07日

ようやく10000アクセスですだ!

まちゃこmachango at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月06日

また長いんだよなこれが・・・


さて、翌日より、きのと一緒にレッスンを開始。
今回、さみしいことに私の師匠と呼べる2人の男性ダンサーがいなかった。。。

セルヒオとエクトル。

この2人について。。。。

セルヒオは、奥さん子どもともういっちょを置いて、スペインに1年間稼ぎに出ている。
エクトルは奥さん子どもを置いてスウェーデンに2年間も休暇で出ている。

私はこれを聞いた時、セルヒオはさておき(彼はほっといてもどこにいったって大丈夫だ)エクトルは大丈夫なんだろうか?ととっても実は心配だった。。。(余計な事だけど)

というか。エクトルがキューバにいないのって、超さみしいのだ。。。。。。。


告白すると、私は3回目のキューバでヨルバンダボを見てから彼のファンだった。
単純に「踊りがかっくいい〜〜〜〜」って理由で。
(ううん、、、、違う、見た目もタイプだった。)

5度目のキューバだったか?1人でルンバを見に行った時、エクトルから話しかけられたときは、どっきりびっくり舞い上がった事を覚えている。。。

彼はキューバ人だけど本当におとなしい人だと思う。

そして日本の武道に共通するようなたたずまいがあって。

とっても真摯でとっても礼儀正しい。

日本人で日本に住んでいたら更に私は惚れていただろう。
(注意・人種差別ではなく、単純に身近な人でないといやなんで・・・)

実は彼の秘密を知っていて、それが、私は心配だった。
しかもスウェーデンだ・・・・・

この秘密のせいで一時期、ちょっと私と顔を合わせるのが恥ずかしかったようだった。
そんなの関係ないのに。
こちらは彼のすべてを応援していると言うのに。

本当に素敵な可愛い人だ。
そして教えるのが熱心で、よくレッスンの途中にトイレにいったりするお茶目な人だ。お腹の調子がすぐに悪くなるらしい。

彼に習ったことはたくさんあるけれど、一番大事な
「シンプル、ストレート」という言葉を彼からいっぱいもらった思う。

人間はシンプルにストレートに愛に突き進むのが素敵だ。
はずかしいことができることは素敵だ。
それによって傷ついてもね。

キューバのお母さんが
「MACHAKOさんがキューバに無事についたかとかメールをしてくれましたよエクトルさん」と言って来た。

それだけで涙が出そうだった私。やばいなぁ。。。
MACHAKOってメールで文字を打ってくれたんだなぁ。とか感動する。私は単純だ〜。

やっぱり師弟愛ってあるよ、大好きなのだ。

スウェーデン寒いんだろうなぁ。凍えているのが目に浮かぶからやんなっちゃう。。


さて、そういったわけで新しい先生をゲットしました!
今日紹介するのは
名前がマイケル!

なんと18歳、驚くべき若造です!だって私と何十年年が違うんだ?(むこうはわかってない)

若造だったけど。すんごい人だった。

さすがコンフントの長が勧めるわけだ。

私とは気があった。レッスンの進め方もそうだし、熱い気持ちも伝わった。

私は彼から毎朝ルンバコルンビアというダンスを教わっていました。

ルンバコルンビアとはキューバのルンバ(社交ダンスのルンバではない、とか基本的なこともかいておく)の1つで。
基本は男性だけの踊りと言うことです。

だから最初やっぱり「キューバじゃ男性だけが踊るけど、最近は女性も踊ってる」というようなお言葉をマイケルからいただく。

だから私も「日本では男性でもあんまり踊らないけど、私はこの踊りを愛してるので、頑張ってうまくなりたい」などという熱意をぶつけた。

熱意は伝わったようで、朝9時から、そうまるで短距離走と長距離走を順番にやるようなレッスンをやっていました。

私の出来ないところを見つけるのが本当に上手い人で、即座に発見して直してくれるし、またホントに何度やってもダメなところを根気強く練習につきあってくれる。

みんなにいいたいのは。

キューバ人の先生みんなこうじゃないから!ってことだ。

「ムイビエン!」とだけ言っておけばいいと思ってる人や、できないとすぐにむすくれて「どうしてできないの」と言ってくる人だってごまんといます。

あと一番私がいやなのが

「もうこれいいよ。もうわかってるから」ってことをやらせ続ける人。←これが一番最悪。

自分もイントラ稼業を18年やってきて思うけど。
申し訳ないが、キューバ人で教えるのがめちゃめちゃ上手い人になかなかどっこいあたった事がないんです。

でもそういった意味で、セルヒオ、エクトルはすごいし。
後々出てくるフリアさんにおいては驚愕に値する才覚がある人だし。。。。恵まれていると思うんですけど。

このマイケル君。
教えるのも上手いけど、人間もいいし、華のあるダンサーでした。

土曜のルンバという毎週土曜に野外で行われるショーで主役のオグンを演じていたり、翌週はそこでボレロやチャチャチャを歌ったりしてましたが。

芸達者〜〜〜。

なにより、人間「華がある」のは、とっても素敵な事。

彼は遅刻をせずに2週間ほぼ毎日レッスンに来ましたし。

きのも実は相当お気に入りだったらしいし(書いちゃった)。

とにかく彼からはコルンビアの色々、教わったので、私は6月の本番、生演奏コルンビアをやるしかないのです!




まちゃこmachango at 19:40コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月05日

私と、きの、はキューバハバナに無事到着しました、

荷物検査の時点で、チェックのねえさんや兄さんに「どっちが勝つと思う?ねえあんたはどっちだと思う?」と聞かれる。

正直私は興味がなくって、(好きな選手が出ているわけではないからか・・・・・)「キューバかな〜〜」とか愛想良くしておく。

タクシーを拾ったらメーターがついてない。
ついているけど稼動していないため、念のために「メータ動かしてください」と言って見たけど「夜はナイのだよー」とふざけた返事をするので「じゃあいくらだというの?」と聞くと
「35ドル」とこれまたとてつもなくふざけている。。。


みなさん、キューバ人に値段をたずねたら絶対に最低タクシーちょっと長距離だったら5ドルは引いた額で交渉可能です!
20といわれたら15、25と言われたら20ドルです。
(メキシコでも可能ですこの交渉)

しかしです。

35ドルって、聞いた事も払ったこともないですから。

「あのねぇ、お兄さん私は9回キューバに来ているけど昼は12ドル、夜は20ドルしか払った事ないよ!」
ととりあえず普通にむっとした顔で応戦すると

「だって日本が今野球で勝っているだろ?だからいいだろ!!!!」ととてつもなく理不尽なことを言うので

「私まったく野球に興味がないので関係ないし知りません」

と冷めた顔で言う。

ここからがすごかった。
兄さんは「じゃあいくらだったら払うっていうの」(この会話の持って行き方はキューバ通常です)

私は「20ドル」

兄さん「だめだめ!!じゃあ30ドル」(ノンノノ〜トレインタ!とかいうのだ)

私「なんども言うけど、私は20ドルしかはらったことないから!!!」


というのは嘘だけど。夜の場合、深夜は25ドルまではたぶん「普通」だけどね。。。

でもね。35ドルっていうありえない額を言ってきた手前私は絶対に折れたくなかった。

私が20、20とうるさいのでとうとう兄さんは車を止めて
「もう降りろよ!他の車を探せ」と言い出しました。

降りたところでこんなところ通るのなんて、人のっけたタクシーだけです。それに降りた途端に荷物をトランクに乗っけたまま走り去るかもしれません。

私は「降りないし20ドルしか払わない」
と言いました。すると

「じゃあ25ドルでいいよ」ととうとう敵が10ドルも値段を下げてきたのです。

けれどここでも引き下がらず
「私の友達のクバーナが私を待っているから、その人と話させるよ!彼女はなんでも知ってるんだから!」と言ってやった。
すると急に逃げ腰になりました。

「もうね、25ドルで終わりにしよう、仲良くしよう」と猫なでごえに変身した。これだから信用できないんだ。

私はあきらめずに「23ドル」と言うと。兄さんは「やれやれ」といった顔をして、あきらめた。

宿泊する家についても家族みんなで野球を見ている。
ああ、どんどん日本が勝つ。。。
イチロー点をいれまくる。うちまくる。

私はイチローに興味がないけど。心底はじめてかっこいい男だなと思った。思わざるを得なかった。

タクシーの兄さんとは引き分けだったけど。イチローにはなんだか私が「負けた」って感じだった。
。。。。。。


あれだけ大事な時にやれる人間はそうそういないだろうなぁ。

真似できない。。。


しかしちょっとかっこよすぎていやみで、私は好きではないややっぱ。なんだかかわいくないんだもん。
(イチロー好きなみなさんごめんね)

きのは最初からこの調子で怒りまくる私にはちょっとびびったかもしれない。

でもここまでは軽いウォーミングUPなんだけどね〜。

1日目はそんな感じだったのです。しかしそのあとも道で野球好きなキューバ人にあうたびに「ハポンナンバー1」とでかい声で声をかけられまくるハメになったのは言うまでもありません。


ある意味そのとき一番キューバで流行っているのは日本人だったかも。。。




まちゃこmachango at 21:02コメント(0)トラックバック(0) 
元気にかえってきましたよー!今帰りのバスの中です。手荷物はギロ3つ!あとは宅急便で送りました。ラーメンが食べたいです、、帰りのアメリカン航空の機内食はひどすぎました。人間の食べるものの範囲を超えたものでした。あー桜が窓から見えるー!


まちゃこmachango at 16:44コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月03日

MACHA COLUM

minasama!!! toutou cuba saigo no hi ni narimasita.
ima nimotu wo tumeowari masita.

asu no asa 5ji ni ie wo demasu.
7ji45hun no hikouki de cancun desu!!!

konkai ha hontouni iroiro na atarasii sensei ni dance wo naraimasita.

kaettara minasan ni CONGO toiu dance wo osie taidesu.
CONGO ha ima no popular dance tumari salsa ya mambo sosite timba!! nado no
movement no moto ni
natte iru africa no odoridesu.

CONGO ha PALO YUKA MAKUTA toiu 3syurui no dance ga aruno desuga sono
subete wo
narai masita!!!!

tottemo okubukai si rumba ni hatten sita katei mo kore wo odoru to
wakarimasu.

watasiha kono dance wo confunt folcurorico no sousisya ni ataru 2nin no
danjo no sensei ni
narai masita.

totemo kityou na taiken desita.issyoukenmei ni osiete kudasai masita.

kono odori ha MACHAKO Y SU AFRITOS no 6gatu ikou no hurituke de yarouto
kimete masu.
taiken sitai hito matte imasu!!!!

aaa=====!!! hontou ni nihon de yaritai koto ippai desu.

mazu ha kaette doyou 8niti no lesson matte imasu.
13ji kara santeria eregua
14ji 15hun kara movement .......kore hontou ni kitai site kudasai!!!!
15ji 20hun kara salsa desu.

2 lesson tudukeruto 500en biki desu
3 lesson ha 1000en biki!!!

tanosimini kitene!

sorekara getuyou tumari 10niti desuga dance gakuin no movement ha MACHAKO
desu!!!!

itumo no minasan sosite hajimete no minasan mo
atarasiku tanosii ugoki wo ippai ippai youi site imasunode
kotira zehi!! sanka site kudasai!!!!

mata kaette kara donna koto wo korekara mezasuka wo kuwasiku ML de
nagasimasu!!!!


sorenisitemo osierunoga TANOSIMIDESU!!!!!!

minna matte itene!! CHAOOOOOO!!!!

MACHAKO

まちゃこmachango at 19:44コメント(0)トラックバック(0) 

2006年04月01日

machako desu.
cuba ha itido samuku narimasita.

demo ima mata atuku narimasita.

kyou kaori ga nihon ni tatimasita. cuba no iroiro na mono wo takusan mireta to omoi masu.

watasiha korekara 3niti no aida hitori desu!!!!

demo takusan naratta dance wo matomenaito naranai node totemo isogasii.

asonderu baaija nasasou desu.
LIVE yorimo lesson no hibi ni narimasu.

kinou TROPICANA ni 6nen buri kurai ni ikimasita.

totemo gouka de kirei dattakedo.
damedasi sasete morauto,,,,,,


odori ga sorotte naiyo!!!!

hontouni cuba no show dance minna sorotte nasasuginandesu....
watasi dakara iunode nakute tabun darega mitemo wakaru tokoroga sorotte naikarana......

CASA DE LA AMISTAD toiu son wo kikeru tokoro gaaruno desuga, sokono dance no houga
sorottete suteki dattakamo.....
sorekara 2kai meno BAMBOLEO ni ikimasita.

tottemo yokatta.

kandou site nakisou desita. TANIA no suteki na paformance ga kenzai!!!

sugoi ninki desu.

yappari BAMBOLEO ga konkai mita band deha itiban.
ato LOS ANGELES DE LA HABANA toiu grupo mo taihen yokatta desu! osusume!!!!!!

sate, korekara honjitu 5lesson me desu.
kyouha columbia, cabaret, modan, congo, cabaret toiu taihen isogasii lesson nandesu!

ato sukosi sika jikan monai si, ganbari masuyo!!!

kaeri wo matte itene!

kaettara doyoubi kara lesson arimasuyo!

13ji kara no santeria eregua kara desu!!!!! omati siteimasu!!!

nandomo iukedo movementlesson zettai kitai sitene!!!!

MACHAKO

まちゃこmachango at 18:03コメント(1)トラックバック(0) 
Message
ポルトガルギター
浅井雅子
(MACHAKO)です。
ポルトガルの大衆歌
「ファド」を歌っています。
人生を謳歌したい!、
歌って踊って毎日を活動中です。
元気いっぱいな私のライブに是非、遊びに来て下さいね♪
ライブ&レッスン情報・
お問い合わせ
「ファドライブ」の予定。
(MACHAKO Fadista &Latin Vocalist
サイトにリンクしています)

banner_side
講師プロフィールと
定期レッスンのご案内。


「ご依頼やお問合せ」は
お気軽に、
以下の携帯電話までどうぞ。
 090・1444・2597
これまでの日記
livedoor プロフィール

まちゃこ

人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ