お散歩日記

2014年12月03日

久しぶりに
日本を旅してきました

1424540_993574193993390_6503144619335362084_n10520684_993574213993388_4830648212836734094_n



先月思い立って
朝早い新幹線のチケットをゲットし、紅葉を見に行くことができました!

10523283_994059720611504_7585671722568128831_n
10457935_994059777278165_8267459716263946941_n

お天気にも恵まれ
とってもあたたかい2日間でした。

10422292_993639783986831_3536313906361738819_n

10410443_994059673944842_5759832577565484008_n

ハイキングをして、滝を見たり、
ダムをみたり、
いい空気をいっぱい吸ってきましたよ!

1399312_994637577220385_1987871971481709561_o

10806285_994364083914401_8956401723874871380_n

二日めは、神戸の異人館めぐりをしました。
神戸には何度も演奏で行ったことがあるのですが
こうしてゆっくりと観光をするのは、久しぶりのことです♪

10805677_994414323909377_6445898746354282293_n
10469044_994414337242709_6967438449228593837_n

なんと
帰り際には

有馬温泉にまで足を延ばして〜〜〜〜

貸切風呂を満喫しましたっ!

1399312_994637577220385_1987871971481709561_o

仁王様からのパワーもいただきまして。

12月もパワーアップした私で歌いたいと思います。





まちゃこmachango at 02:17コメント(0)トラックバック(0) 

2013年12月17日

DSC_1043


今日はデートでした(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)とてもインスピレーションの沸き上がる素敵な時間。

ありがとう。自分の道は間違ってない。って思える言葉をいただけました。
私はわたしのファドを突き進みます(*≧∀≦*)

まちゃこmachango at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 

2013年12月06日

ライブが決まりそうです(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)

DSC_0969


日本じゃないみたい。

来年の温かい時期に
やらせていただくことに
なります

まちゃこmachango at 00:28コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月26日

海上自衛隊のお仕事。

なぜか回りには元自衛隊という男子が多い私です。

でも、海上自衛隊として大海原に船で渡り、遠くアルゼンチンまで渡ったなんてのは身近には英雄さんしかおりません。((^-^ゞ)
今や海上といえば海猿が有名なキーワードですが、今日は今まで知らなかった海上自衛隊の仕事を呉で知りました。

機雷という爆弾を知っていますか?

戦争時に海から帰ってくる船に対し敵国がこっそりと海に流す(設置しておく) 爆弾です。
それに触れたら最後、無事に帰航した船さえそこで爆破させられてしまう。。。。。。。

人間というのは世にも恐ろしいことを考え出して戦争に生かしていたのですが。。。

その機雷が、多くは一万個くらい主に日本海に戦争後に残され、海上自衛隊はその機雷を取り除き、無事に爆破させるという仕事をしていました。

悲しいことに最初のころは多くの犠牲者をだしていたそうです。だんだんと取り除く手法が編み出され、レーダーによる爆破などで死傷者を出さずに処置ができるようになったとはいえ。今の日本の海の安全をこのように戦争が終わったあとにも、命を駆けて働いてくれた人たちがいることを今日は初めて知りました。

この様子がわかるのは「てつのくじら館」(ヤマトミュージアムのすぐそば)です。

なんと\(゜ロ\)(/ロ゜)/

無料

です。

なんて意味のある無料な施設。。。。。。
移動式だったらどんなにいいかなーーと思いました。

今の私たちには知らないで過ごしていることがたくさんあるな、としみじみ思いました。

そしてその海上自衛隊一期生として海に出ていった英雄さんと今日は電話でお話もしました。

海に出るために、港に停まっている船に自ら乗り込んで、断られても夢を諦めず、海上自衛隊に入り、多くの経験を積んだことを改めて凄いな。。と感じました。

呉、是非とも一度行っていただきたい港町です(^-^)ゝ゛(^-^)ゝ゛

まちゃこmachango at 02:03コメント(3)トラックバック(0) 

2013年05月08日

15


昨年にアルファマで撮った写真です。
5月になるとこのお花が咲き乱れます!!!!!

日本の藤の色と同じ薄紫のとてもさわやかな色合いの、風に揺れるととてもとても優雅な花です。

今年は見れないけれど、リスボンに5月に行かれる方は各所で美しいジャカランダをご覧になってくださいね〜〜〜〜!!!!!!


まちゃこmachango at 10:03コメント(0)トラックバック(0) 

2013年05月04日

朝の奥ノ院にいきました。
杉の木がこんなに立派に!!!ところどころには、記念樹として歴史ある木々として立っています。

1609bf70.jpg




杉の木と如来像の2ショットもなぜか目を引きました・・・・

b042f45e.jpg




いよいよ、一ノ橋、中ノ橋を越えて、最終地点。
今も弘法大師がお経を唱えているといわれている、御廟に着きました。最後の橋を渡る前に、水向け地蔵さんに
お水をかけていきます。

eeea1e58.jpg



ここから先は写真撮影は禁止、脱帽、飲食禁止です。
御堂のさらに奥に、今も弘法大師がお経を唱えているという場所があります。
そこには、熱心にお経を唱えている方々がいました。
また逆にツアーで来て、6,7人でがやがやと話し声が止まらない方々もいました。
人生の縮図ですね・・・・・・

実は地下にも部屋があって、そこには、大きな数珠が奉られています。これは必見だと思います。。。。

94f6e229.jpg



御廟を出てから道の一番左側に、「無縁塚」と呼ばれるこのようなピラミッド型のお墓があります。
誰のものかわからない五輪塔や、お地蔵様がたくさん積み上げられているのです。。。。

e2ffa4d2.jpg



明智光秀の供養塔です。
明智光秀は織田信長への恨みがいまも晴れず、、、この供養塔は作り直してもなんども割れてしまうそうです。
そして確かに、水の石が割れていました!!!!

850eac54.jpg



UCCコーヒーのお墓。(コーヒーカップの中にはコーヒーが入っているという噂)
このような大きな、人目を引くお墓は、中ノ橋からツアーバスでやってきた方々が御廟に向かう最短距離の道にたくさんあります。私は間違ってそっちの道に帰りに入ってしまいましたが、一ノ橋から向かうののとどれだけ違うのだろうと、、、、いろいろ考えてしまいました。

17a6027d.jpg



おみくじを引きました。
「人生の岐路にあります。決断せよ。叶う」

信じたいと思います。

132e3417.jpg




一人で過ごした高野山はいろいろなことを考えさせてくれました。
また奥ノ院には行きたいと思います。
紅葉の時期なんて、またいいのではないかな、、とか冬の寒いときも身が引き締まるんじゃないかなとか・・・・

今回は東京で起きたいろいろなことを、自分なりに解決させたくて行きましたが、本当に心が洗われる時間でした。



まちゃこmachango at 15:35コメント(0)トラックバック(0) 
恵光院さんでは「夜の奥の院ツアー」が人気です。
外国の方には英語が話せる担当者(お坊さん)が付きます。
片道は約2キロ!往復で1時間半のコースです。夕食後に19時半からスタート!!

我々は日本人担当のお坊さんが案内してくれました。

このお坊さんが「本当に素敵な方」で個人的にもとても嬉しかったです!!?

懐中電灯一つで、10名以上の参加者を危険なく案内してくださいました。しかも後ろ歩きでさっそうと歩く姿は
とっても素敵です♪♪

夜なので、その時の写真はありません。写真は昼間に行ったときのものです。

私がなぜ夜のこのツアーがいいなぁと思ったかというと、私のように
「無知」な人間は、聖域に入るときに何か大きな間違いのようなものを知らず知らずのうちに一人ではしてしまうのではないか?と
思ったからなんですね。

行ったからには「詳しい方の話を聞いて、いろいろ勉強してから翌日には一人でゆっくりと行こう」というじっくり計画です。
それほどに並々ならぬ、「高野山」への憧れ?奥の院への深い気持ちが数年間のうちに
自分には育っていたようには、思います。

いや〜〜。ここ数年でホント、なんだかちょっと変わりました。。。

夜のツアーで得た知識を持って翌朝一人で行くのはとても安心でした。
そして夜のツアーは、本当におすすめですよ。
決してインターネットには載っていない。(ここ重要) 奥ノ院の話をたっぷりとお坊さんから聞けるんです

その話一つ一つがとても興味深く、心に残ります。


03c7ec01.jpg



奥の院への入り口
「一ノ橋」です。 ここからは「この世のものではない世界」が始まるので、入る前に手を合わせて一礼して
入るのだそうです。
まず、この時点から 普通は一礼しないで入ってしまうことでしょう!!!!

68cd42fc.jpg



供養塔といいます。このようなものが道の両側を埋め尽くすように立ち並んでいます。
20万基というお墓、供養塔があると言われている奥ノ院ですが、実際はそれ以上さらにたくさんのものを
奉っているそうです。
堀りおこせばまだまだ出てくるということですから・・・

供養塔は5つの石を重ねて作られているものがほとんどです。
奥の院は「お墓」だという説明もありますが、
人間の骨が葬られているだけではないそうです。

供養塔の石には意味があります。

一番下から「土」「水」「火」「風」「空」

宇宙に通じています。

b949b605.jpg



メインストリートを歩くのみの夜のツアーを終えた後ですので、翌日は思いつくまま横の道にそれて入って行きました。メインストリートから横道に入る場所は「たくさん、実はあります。」

でももちろんそこに入っていくような人は、「見受けられ」ません。
そして昼間は、夜とは雰囲気が違います。
ツアーでバスでやってくる方々も多くいて、正直、まったく静かではない。。。
どうなんでしょう。
こういう場所に来て、「普段の話をしたくなる精神」がわからない・・・・・・・・・・
言葉なんていらないのに。と私は思います。
言葉に出すとすべて出て行ってしまう感覚になるのに。と。

自ら望んでやってこないと、(つれられてくるのでは)
意味がないと思うのだけど・・・・・・・
まぁそれは高野山だけでもないですよね。人生において旅と称するものすべてにおいて
ツアーと個人ではまったく違うものですから。。


私は、思いつくまま。
「こっちに引き寄せられる」と思えば入っていく人間です・・・・
なので人ごみを避ける意味もあって、横道に入って行ったのです。

そして
そこで見つけたこの大きな古い供養塔に私はとても心惹かれました。。。

とても歴史を感じます。
まるでここまでくると、「人生の遺跡」のように感じたのです。
このように「横道にそれること」が、なんというか人生にも大切なことのように感じられます。

横道に入ると、そこには、違う光があります。
杉の大木から洩れる光の度合いもメインストリートのものとはまたちょっと違います。
そして、とても静かで心が休まるような空気が深く流れて自分の体に入ってきます。

いらっしゃいというような感じです。

f489dcfe.jpg



歴史上の人物、また、名前もわからない方々を奉った石像などが多くあるだけではなく
この江崎グリコのような企業のお墓も多数存在します。
「UCCコーヒー」「クボタ」「日産」などなどたくさんのものを見つけました。
大きなお墓です。
でもね、それにも意味があって、「大きな企業が反映するのには裏側には無くなっていったり、苦しみを受けた
方々などがいるのであるからそのすべてのことを供養しよう」ということなのだそうですよ。

2854c627.jpg



夜に歩くとこの灯篭が光ります。それはそれはとっても幻想的です・・・・・
昼間には光らないので、これは是非夜に見てほしい部分です。

0f12664e.jpg




わかりますか?満月、そしてその裏側は三日月形に欠けているのです。そこから光が漏れているのです。

この意味合いには私は深く感動しました。

「人間は生まれ出たときは誰もが、真ん丸に満ち足りた、決して失うもののない精神を持っている。
けれど生きていくにしたがって、その精神が欠けていくものなのだ」という意味なのだそうです。

胸が痛い。。。。。。

(つづく)


まちゃこmachango at 14:41コメント(0)トラックバック(0) 
みなさまこんにちは、大阪の旅から帰ってきました。
今回はとても学ぶことの多い旅でしたが、やはりメインの高野山への旅から書き綴りたいと思います。

私は決して、歴女なわけでも、弘法大師空海様にものすごい思い入れがあるわけでも、
聖地に入りたいというわけでもなく

高野山には、実はむしろ興味がない人間でした。
でも、数年前とある人から言われたひとこと

「高野山に行ったほうがいいと思う」という一言。

それだって最初は
「人間がなっとらん!だから君のような人間は修行でもしてきなさい!!」とかいう意味なのではないか、、、と
(いや〜〜〜そういう意味だったのかも本当に知れません・・・・・・・・)勘ぐり

「絶対にそんなとこに行くもんか〜〜〜〜〜〜〜!?」とかたくなに

「行かない」と思ったりしていたのですが、なぜ行こうと思い直したのかというと
去年からうっかり一人で始めた山入り。(宮島、そして鞍馬山)で

「山って一人でくるとなんていいんだろう」と体が喜び、新しい感覚を身に着けることができることを知ったからなのでした。

行こうと決めたら早い私です。2月の大阪への旅行のあとにすぐに行き方を調べて、宿坊にとまり、修行体験も
自らしてしまうと決意。

13dffcc2.jpg



そんなわけで5月1日、初めての高野山に一人入りました。
お世話になった宿坊は上の写真の「恵光院」さんです。

d796ec96.jpg



お部屋は1人では十分すぎるくらいの8畳と、お庭も見えて、またテーブルもあり、こたつ、ストーブ、テレビ(一回もつけませんでしたけど)などなどが完備してある旅館風のきれいなお部屋です。
でも鍵はついておりません。(貴重品は自己管理です)

このお寺は英語のできるお坊さんがいらして、そのために外国人にとても人気らしいです。
でも私がこのお寺を選んだわけは、もちろん別にあり、
それは

「夜の奥の院ツアー」というものに参加したかったからなのでした。

奥の院は「この世のものではない場所」とされています。


a0724184.jpg




夕食は精進料理を頂きます♪
種類も豊富で、高野豆腐、ごま豆腐がとてもおいしくて、
身体に本当によい感じ!

なんと17時半にいただきます!!(早い!!)



まちゃこmachango at 14:15コメント(0)トラックバック(0) 

2013年05月02日

ddc718e5.jpg
昨日の夜、そして今日の昼に2度行きました。夜はお坊さんに色々な深いお話を聞きながら回ったのでとても良かったです。今日は1人でゆっくりと回りました。

色々書きたいけれど、また後でまとめます。
高野山奥の院には、やはり1人で、もしくは人生の行路を一緒に歩きたい人と静かに言葉なく感じて回るのがいいでしょう。

私はまた1人で来たいです。


まちゃこmachango at 13:25コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月07日

acf0e58b.jpg
ヒグママニアな私。
今日は間近でヒグマを見ました。

感動です。

できうれば北海道の大自然の中で遭遇(危なくなく)してみたいと思っています。
日本における動物の中でも一番大きく強いのがヒグマなんですよ。

走れば時速70キロ
泳げて
登れて
更に爪は15センチ
頭がよく
筋肉質!!!

惚れ惚れします。


まちゃこmachango at 23:10コメント(0)トラックバック(0) 

2013年02月09日

358381b1.jpg
無事、鞍馬山から貴船まで2時間半ハイキングしました!修行ですね。
毎年この時期に山を登っているのはなぜでしょうっ

帰り道に入った可愛いカフェです。


まちゃこmachango at 15:05コメント(0)トラックバック(0) 
5612b90f.jpg
今年も!雪道ハイキングにGOーっっ。非常に美しい景色です。


まちゃこmachango at 12:11コメント(0)トラックバック(0) 
44b9d480.jpg
行ってきます!


まちゃこmachango at 10:15コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月30日

329bb274.jpg
マカオの象徴!というべき
豪華絢爛なホテル。
中に入ったら動物園みたいな感じですよ(我ながらこの表記は正しい)

私は別のホテルでしたが。
別のホテルでよかった気が(^_^)/~~

それにしたって物凄く存在感あるホテルグランドリスボア!

他にない、という点では素晴らしいのです。


まちゃこmachango at 01:36コメント(0)トラックバック(0) 
f4a84709.jpg
静かな
時が止まったような島。

私が今回一番心惹かれた場所がマカオのコロアン島です。

ポルトガルの風情が残っていて
心が洗われました。


まちゃこmachango at 01:16コメント(0)トラックバック(0) 
f288b2d7.jpg
東京にいくつも展開している。ポルトガルレストラン、マヌエルの本店に行ってきました!オーナーマヌエルさんもとても気さくで料理も美味しくって、しかもアットホームで居心地も最高の最終日でした!


まちゃこmachango at 01:10コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月29日

032ce53b.jpg



マカオで一番感じたこと。

実はパウロさん(ポルトガルギタリスト)に出会ったことなのですが、彼は素晴らしいポルトガルギタリストでありますが、アズレージョアーティストでもあり、
職人であり、建築家でもあり、修復の仕事に燃えていたり、

ようこさんいわく、お料理もとても上手で、さらに作詞もなさるという。

ようは
「タレント」をたくさん持っている方でした。

とても笑顔が素敵で、何より「人生楽しく生きてるよなぁ」という雰囲気をむんむん(!)に感じる男性でした。

大変に魅力的なパウロさんから「ファド歌い以外に何か仕事を持ってるの?」と言われ「ダンスを教えたりしてるんです」って言った私に、納得したようにうなづいていましたが、

いろいろできるその「どれも」が仕事になっているんだから、これは素晴らしいことだなぁとしみじみ私も思った次第です。

趣味とは「そこ」が違います。


自分の楽しみのためだけではなくやることが「好きで、仕事になる」ということは
「こんな笑顔の素敵な楽しい男を作る」ということを感じたマカオだったのでした。

私と同行した家族も彼のファンになったのはその部分。


もちろん「一つのことをただひたすらにできる人」というのも素晴らしいのですけれど、そんなのは
「どっちでもいいんだ」と思うような大きな木みたいに見えるお見本がパウロさん。


ようは、会う人に「人生楽しく生きてるよパワー」を与えられることが、彼の一番すばらしいタレントだと感じました。

私も自分の持っているものの中で一番いいタレントは何かと問われたら

「人を元気にすることができる何か(笑顔でもいいし、声でもいいし、レッスンでもいい)があることです!!」

って思えるように生きたいなと思った。

ホントに、大きな「コラサウン(心)」を彼には感じた。

大きなものを持ってる人は何も言わずとも相手に知らせるものをもっているものです。





まちゃこmachango at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月28日

df143a67.jpg
ただいま!
マカオ楽しかったです。

初めてのカジノ(やりませんが!)
ポルトガルと中華が混在し、凄いホテル群や、素晴らしいショーに涙したり。

写真はワイン博物館でのパウロ氏とのファド!
コインブラを歌わせていただきました。

マカオの様子は少しずつアップいたします!
お楽しみに。


まちゃこmachango at 16:22コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月18日

今日は雨の合間をぬって、世田谷公園まで自転車で行きました。

噴水は出てなくて残念だったけど、風に吹かれてとても気持ちが良いお散歩でした。

昔は、わいわいがやがやとするのが好きだったけど、今は私はどっちかといえばこういう時間がとてもとても大事に思えています。

嫌なことを忘れたいときは、こうして公園にこよう。。。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雲がすごい勢いで風に吹かれて
黒雲や白い雲もいっぱい流れていきました。

そうか、

強い風(パワー)があれば

黒い雲なんてどっかに吹き飛ばしてしまえるんだなって思えました。


世の中には白い雲や青い空ばかりがあるんじゃない。

いっぱいいっぱい黒い雲を抱えた人たちがいる。と思う。


パワーさえあれば、
そんなもの吹き飛ばしてしまえる。


空を見ながら
やっぱり!やっぱり!生きてくのに一番大事なことは

パワーーーーー!!!!!!!


私にとってはパワー。

もうそれだけあったら何でも来い!!って気持ちになりました。

元気なこと
強い精神力

この2つ。

あと度胸とか。

そんなものだけあったら、たいていのことは乗り越えられる!!!!!!!

大阪にいって。みなさんから

「パワーあるね」「すごいね」「力強いね」と言われたけど、実はまだまだなんです。

足りてないっっていつも思う。

もっともっと。強くなりたい。





まちゃこmachango at 01:01コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月14日

08891094.jpg
横須賀のアメリカンなストリート!なかなか楽しく散策しました。


まちゃこmachango at 00:25コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月13日

281d6451.jpg



まちゃこmachango at 14:23コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月10日

5a9df9dc.jpg

長年サルサ、キューバつながりの友人、原田君が自身の店をオープンしました。
永福町から徒歩10分、まるでカフェに入るような気軽さで受けられます。
 
井の頭沿線の方々、是非一度、お越しくださいね!
 
MACHAKO



まちゃこmachango at 23:49コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月30日

8ce5e2c2.jpg

カフェムリウイさん。10月末ファドフラメンコライブさせていただきます
 
 
MACHAKO



まちゃこmachango at 12:43コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月08日

d540bb56.jpg

新江ノ島水族館はとても癒されました。
 
MACHAKO



まちゃこmachango at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 
0deb6023.jpg

本日は遠出です。
 
江ノ島にきています。
 
MACHAKO



まちゃこmachango at 13:46コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月07日

26090be8.jpg

落語を見に行きました。
 
MACHAKO

鈴本演芸場に久しぶりに行きました。
落語は本当に大阪ぶり?くらいに久しぶり。

色々な方が出てきましたが
トリをつとめたこの方が本当に良かったです。

百栄さん
http://blog.nori-king.net/?mode=comment&act=captcha


「桃太郎は、ヤナやつだった!!!」みたいな、日本昔話の裏側を描いたような内容で、
最初から最後まで大爆笑でしたね。

犬はすごい性格ゆがんでるし、サルは、サルカニ合戦のサルと同じサル(つまり蟹にカキをあげないサル)という設定だし(笑)
キジは「ケ〜〜」っとしか鳴かないし(笑)


でもね感動してしまったんです。(私も)

最後、終わったとき、満場の拍手でね・・・・
それを見て頭を本当に下にこすり付けるようにしてありがとうございましたって、お辞儀している
百栄さんを見たらね。

本当に、ヒトを楽しませるという仕事は、難しく、素晴らしいなと、改めて思い返すことができました。

そのあと、アメ横にいって、ひとりぶらぶらとたこやき&丼三昧を〜〜〜〜〜♪
久しぶりにまったりと下町の風情を味わった次第です。

上野のコンビニの店員は日本語上手な黒人さんでした♪

昼間からお酒を飲みまくっている人々もいて、
なんだかキューバの旧市街や、ポルトガルの裏通りをちょっと思い出しました。








まちゃこmachango at 17:50コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月04日

07f8f770.jpg

久しぶりにお祭りに行きました!
 
目の前で金魚をすくっていた少女がとても上手だったのだけど
 
上手だね。だけど水をお椀に入れすぎだよ。
 
 
と言ったら素直に水を減らして、更にすくいまくって10匹以上とれてたんじゃないかな。
 
終わったあと、可愛く私にお辞儀して、にこっと笑って、可愛かった。
 
更にびっくりなのが金魚すくいを切り盛りしていたのは2人の小学低学年生。
 
ここのお祭りは地域の方々の協力ですべてのお店を出しているんですね。
 
久しぶりに心が単純にわくわくしました。
 
金魚は去年の例があるので、すくいませんでした(苦笑
 
)
MACHAKO
 



まちゃこmachango at 01:27コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月27日

d4645d09.jpg

 
MACHAKO

昼過ぎから柏に向かいました。

途中の綾瀬駅でケサランパサラン(今年すでに10数回目以上)を発見。

すばやい動きでホームを横切り、空高く舞い踊っていくその美しい姿。

なんだか人間をからかっているようですが、本当に見つける瞬間の

「空気が光る色」が大スキ♪ケサランパサランを発見するときはいつも人生がきらっと光っているように感じます。

ケサランパサランをみた日は絶対いいことがあるの。

柏で「松葉ステッキ」さんのお芝居をはじめてみる、

南柏「M’sバー」のマスター村井さんが演出を務めるこの劇団。

本当に面白かった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

野球のベンチのみで繰り広げられる「青春?商店街の色恋&仲間の友情物語」

なけて笑えてなんだかもう、大変。

ななみさんていう役柄は、もう、MACHAKO?くらいぶっ飛んでいたが、

「負けた・・」と思える箇所があり・・・・「いや?まけてないな」と思ったり。

でも好きな人には、真実の自分をこっそり見せていいのだ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後、流しでよく演奏させていただいている「RICO」に向かおうとしたが

大雨で、一度あきらめ、柏駅周辺のおばちゃんばかりがウエイトレスの不思議空間のカフェに入る。

お客は

「おじちゃん」ばかり。

不思議空間だが、珈琲はう〜〜〜ま〜〜〜〜〜い。

1時間フラメンコを練習し、お金を払おうと身長が140センチくらいしかないかわい〜〜いおばあちゃんにお金を払おうとしたら

「あんた可愛いね」と逆にいわれる。

??????

?マークが飛び散ったが、そのまま出口に向かうと超美人のウエイトレスが自動ドアのようにドアを開けてくれる。

本当に超美人なので、惚れた・・・・・・・・

このカフェにはまた行く!と決める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後RICOにGO!

マスターが笑顔で迎えてくれて、今回ばかりは今まで飲めなかった

焼酎にチャレンジ!!

もともと焼酎が苦手だったけど

今日は「海」っていうのと、もうひとつ芋焼酎をロックで飲む。

その1杯たるや、350円というのにすっごい量なのだ!!!!!

見事のいよっぱらって隣のおじいちゃんやおじちゃん(みんな流しで知ってる)と食べ物を奢りあって、散々たべて

2000円・・・・・え〜〜〜!?安すぎないか????

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのあと「javin」に向かう。

雨が心配だったけどマスターに会いたいもんね♪

マスターはびっくりして。

そしてバーテン女子軍団(写真の美女もその一人)も

「フラメンコ歌手だ!!」と迎えてくれた。

どうやらこんなのユウキ氏にいったら喜んじゃうと思うけど

「ライブではフラメンコが良かった!歌!!!」といわれた。

「フラメンコ歌手といいたい」といわれる。

・・・・・・・・・・いいのか???? (不安・・・)

1970年のワインをあけてくれ、散々飲み倒し、

白ワインもたらふく飲んで、ふらふらになって、

しかもマスターが奢ってくれて、、、、

みんなに見送られて帰る・・・・・・・

なんてあったかい店なんだ・・・・・・・

柏のぐらんたすと呼ぼう!

10月20日にまたライブをするのが楽しみになった。

柏は面白い。

もっと色々探検したいと思う♪♪



まちゃこmachango at 02:20コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月26日

水曜日のエルクエントのライブのあと、

見に来てくれた一人の女性から

「低音がすごく変わったね」って。


実は歌いながら自分自身が一番驚いていたのがそこでした。

この前のクロコダイルのあたりからなのですが、今までに自分の知らない低い声、
深い声の部分が出てきたなって録音を聴いていて思っていたのですが、
お客様からも改めて言われて、はっとしました。


毎日毎日やっていると気がつかないこともあるかもですが、

サルサ・ラテン・などをやっている私は、ふいに、かなり低音を歌うことがあるのですが、そのときに気がついたのです(ファドでは出てこないキーがあります)


マニーメンデスさんが大スキでマニーの低音に憧れ続けて早4年目!!!!

いつかあんな男性なみの地を這うような野太い声でサルサをまっしぐらに歌いきってみたいなと思い続けてきました。

マニーさんは、お客様をすべて自分の声の中に飲み込んで一体化し、吐き出して宙に自由に浮遊させてしまうような声を持っている。


しょっぱなからそのノックアウトの洗礼を受けてしまった私は、
もうマニーのサルサしか、目標ではなくなってしまいました。

女の歌手ですから、かなわない夢でした。

それでも憧れて憧れて、ようやく少し低音が変化しはじめてきたというわけです。


フラメンコを歌ってまだ1年半なのですが、

それはまたそれで、最近「いいな」と思う歌手が出てきました。

4年たったら節回しも声質も変わっていくのだなと今回の出来事で思いました。


何にせよ。声というのは、自分がもつ楽器です。
パルマもそうです。

自分が出す音を自分で作り出せるという面白い楽器です。


これからの変化にご注目くださいね♪



まちゃこmachango at 01:07コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月12日

8e3c3dd7.jpg

自主トレーニングに行きました。
そのあと、こんな可愛いフクロウのライトを見つけました!!
 
初めていせやの焼き鳥を堪能したあとに、吉祥寺裏道を探索し、いくつかのライブバーからファドを演奏していくお話を頂くことができました。
 
一つ一つですが進みたいと思います。
 
秋は新しいお店への出演がたくさんです。
 
新しい出会いと、またファドを知らない方々にも知っていただくための活動を考えて行きたいと思います
 
MACHAKO



まちゃこmachango at 16:46コメント(0)トラックバック(0) 
Message
ポルトガルギター
浅井雅子
(MACHAKO)です。
ポルトガルの大衆歌
「ファド」を歌っています。
人生を謳歌したい!、
歌って踊って毎日を活動中です。
元気いっぱいな私のライブに是非、遊びに来て下さいね♪
ライブ&レッスン情報・
お問い合わせ
「ファドライブ」の予定。
(MACHAKO Fadista &Latin Vocalist
サイトにリンクしています)

banner_side
講師プロフィールと
定期レッスンのご案内。


「ご依頼やお問合せ」は
お気軽に、
以下の携帯電話までどうぞ。
 090・1444・2597
これまでの日記
livedoor プロフィール

まちゃこ

人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ