IMG_0040今日は、マサカのアトリエ紹介をしてしたいと思います。


京都市内から 車で40分奥に来た所に

亀岡という 中途半端な田舎町がある。

中途半端と言えば 悪く聞こえるかも知れないが 田舎の風情もあり 意外と便利な側面もあり

非常に住みやすい町である。

都会でも無く田舎とも呼べない亀岡の 外れに アトリエはある。


ここは 本当に静かで  自然が豊富で 空気が澄んでいて

ここ 千歳(ちとせと読む)は、何と言っても

出雲大社が有名で 島根県にある 出雲大社が偽物だと 言い張る者までいる。

真実は分かりませんが.......

ただ この出雲大社で、有名なのが 湧き水で  かなり遠くから ポリタンクに水を大量に

持ち帰る人が多い。

しかも ここの水は聖水で どんな病気でも治る......らしい

友人の父親もここの水を飲んでいて

病気で亡くなった。  

 多分 飲んでいなかったら  3年寿命が短かったのかも知れないので

真実は分からない。

聖水の話はさておき  何が言いたいかというと

アトリエにも 井戸があり 同じ谷の水なので

聖水に近いと思われる。

そこで 私は この水を使わない手はないと考えた訳だ。

元々水槽で、獲ってきたメダカや タナゴ 鯉などを飼っていたのだが 

池を作ろうかと考えた

しかし! 池を作るなんて

誰でも考えるし 面白くないと思い

川を作る事にした。

川を自分で作るなんて   どでかいロマンでしょ❗️
 


どう言う事かというと  写真の奥を見てもらうとわかると思うが

長〜い池をを作り、 池を4層に別けて 段々畑の様に  水を下に流れるように

して  井戸の水をポンプで汲み上げ 水を流す

深い1層目で、鯉やナマズ 大きめの魚を飼い  2層目で  フナ 金魚を飼い  3層目で

メダカ ドジョウ タナゴ カマツカなどを飼い 4層目で、小さい肉食系の ドンコ ヨシノボリなどを

飼おうと 思っていた。

が   人間には効く聖水も   魚にはあまり 良くないらしく

川から飛び出たり  死んだりして

川作り 失敗した様な していない様な 微妙な

感じで これから また 色々と 水質を安定出来る様に 研究しなくてはいけないと思う

ハラダマサカです

こんにちは
_DSC1634


2月6日 象の孤児院

今日は、朝7時に起床し バスに揺られ 1時間 そこから 乗り換え 20分の

所にある  象さんの孤児院に行く


スリランカは、野生の象が沢山いるみたいで
 
親から逸れた仔象や 怪我をした象を保護し ここで 暮らし 森に帰る

手助けをしているらしい。

 


お目当のバスはすぐに見つかり 1時間後に 乗り換える所まで来た。

そこは、 本当に何もなく バス停の看板もない   ただ 比較的太い道が 右にあるので

ここを行けば 象の孤児院に辿り着くと思われる。

しかし そのバスが いつ来るか 誰にも分からない。

そこえ 獲物を待つ ハイエナの如く トゥクトゥクのが待ち構えている。

彼らは言う「1時間経ってもバスは来ないよ」

信じるか信じないか 考えたが  時間を無駄にしたく無かったので

頑張って金額交渉し そこそこ 安い料金で乗ることが出来た。

そして 10分位で 到着し 「あれ?こんなに近いんや」と思いつつ

料金を払い   施設の中に入った。

これが また 不思議な事に  本に書いてある料金より安かった。

今まで  高くなる事はよくあっても 安くなる事は無かったので

訝しく思ったが  象さんに目が奪われ、思考が停止していた。

_DSC1589


中に入り 係の人が1人付き 色々説明してくれるが

半分も理解できない。

「象に乗りたいか?」

「yes yes」 

「象をあらいたいか?」

「yes yes」

「エサをあげたいか」

「yes yes」

「象に水をかけられたいか?」

「勿論yes」と

全部したいと 伝えると    係のおじさんは ニコニコ 笑ってくれていた。

_DSC1568 

川に入り 象さんの上に乗り

意外と 毛むくじゃらで ゴワゴワの感触に戸惑いながら

上に乗ると

いきなり 泥の水を 鼻に吸い込み

一気に私めがけ かけてくれる


それを 10回くらい繰り返してくれ  パンツまでびしょびしょになり


大満足で 降りる。




その後 お礼も兼ねて ヤシの実の皮(ブラシ代わり)で 洗わせてもらい

終了。

後は 象の背中に乗り 園内を散歩 約10分

終了。

楽しかったけど なんか違うなと 感じつつ

質問した

「あの〜10時と2時にある 全ての象を集めて水浴びする みたいなー」

すると 係の人が

「ここは 違いますよ」

「それは もっと向こうの施設ですけど〜」

え〜マジ〜  マサカの勘違い〜  

私は トゥクトゥクのドライバーに騙されたのだ

多分 施設から マージンを貰うから トゥクトゥクの料金安かったんや!

予定外に お金をたくさん使ってしまった。と 後悔するも

そこそこ 高かかったが 象シャワー楽しかったし 

それは それで いいやと思い直し また トゥクトゥクに乗り

目的地に やっと 到着したのでした。
_DSC1594

 





ブログランキングに参加しています


ここをクリックしてほしいです。
↓ ↓ ↓ ↓

 
写真家 ブログランキングへ