トップページ » フードバンクしばたからの学び

フードバンクしばたからの学び

2016年に新発田市にも「フードバンクしばた」が立ち上がりました。

現代社会の新たな社会問題として貧困問題が話題になっています。

生活困窮者の増加や子どもの貧困問題が私たちの身近なところに存在しているのです。

新発田市にも長期休み(小学生)には1日1食も食べれない子どもがいることを担当者から聞きました。

それは、休みには学校の給食がないからとのことでした。
フードバンクしばた 寄付写真フードバンクしばたの土田事務局長とまちカフェ・りんく学生スタッフの横山さんです。


ここ1年、まちカフェでは粟島プロジェクトの一環として「粟島フェア」の開催や日頃の粟島物販を行ってきました。

売り上げの手数料すべてをフードバンクしばたに寄付することで活動を進めてきました。

この度、少ない金額ですが31,020円をお渡しすることができました。

子ども食堂の活動にも学生たちがボランティアで参加したり、まちカフェでの粟島物販の売り上げを寄付したりと実際の活動を通して改めて現代社会における貧困問題に触れることができました。
まちカフェ・りんくのランチにもいずれ子どもたちが気軽いに食事に来てほしいことを願っています。
このような貴重な活動のきっかけを頂いたフードバンクしばたの皆様に学生一同、感謝の気持ちでいっぱいです。


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星