2020年2月22日町田市つくし野コミュニティーセンター音楽室にて開催いたしましたオーディオサークル町田オフ会の報告です。

開催時間は午前(9:00~12:00)でした。12名の方に参加していただきました。

83_0_zenkei
今回は5名の方から以下のテーマで発表して頂きました。

出品された方は補足説明及び皆様の感想やご意見などありましたらこのブログにコメントをお願いします。コメントはこの記事の一番下のコメントをクリックしてご記入ください。

 

・永嶋@町田さん

 Audiopro IMAGE12コンパクトと自作サブウーハー

83_1_nagashima
説明資料

前回のオフ会で測定したAudiopro IMAGE12密閉の2Wayスピーカーに今まで検討してきたTDKのサウンドボックスに使用されていたウーハーとパッシブラジエータを流用したサブウーハーをつけて2.1Chシステムにして試聴を行いました。

 

・大橋@町田さん

 パルストランスの8個のMCカートリッジ用トランス

83_2_ohashi
パルストランス4個を1次側を並列に2次側を直列接続して昇圧を行い高価なMCカートリッジ昇圧トランスと同等の特性を狙ったもので会場でLPレコードをMCカートリッジで再生してMCカートリッジの出力をこのトランスに入れてトランスからの出力をMMカートリッジイコライザで再生することができました。

 

・小高@練馬さん

 4chアナログアンプ

83_3_odaka
説明資料

関連URL
モノリ
ックパワーアンプIC LM1875を使用した4chアンプで使用基板は自作でスピーカー保護回路を完備しています。

 

・堀@大田区さん

 再々チューニングしたトリプルバスレフスピーカーの試聴と測定

83_4_1hori
説明資料

5回目のチャレンジで今回で打ち止めにしたいとのことで会場で確認のための周波数特性を測定しました。

測定結果は以下のグラフで黒:バッフル中央部30cm、青:ウーハー近接、赤:ダクト開口部の特性です。

83_4_2hori

従来より、90~150Hzのディップが改善されておりました。

 

・HILO@町田さん

 TPA3116D2 BTL基板XH-M543() 4chアンプ

83_5_HILO
説明資料

中華製のTPA3116D2 BTL実装基板をAliExpressから安価(3$/1枚)に入手して4chアンプにしたものです。ただしオリジナルの設計に不備があり8箇所ほどの改造設計を行いなんとか使えるレベルになったとのことです。

 

次回の予定

 ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 次回は第84回3月28日(土)に開催の予定です。

 開催時間は、9:00~12:00(午前)、13:0017:00(午後)です。

 場所は町田市つくし野コミュニティーセンター音楽室で開催します。

 https://www.google.co.jp/maps/@35.5270979,139.4824857,17z

 

文責 塩沢@町田

2020年1月25日町田市つくし野コミュニティーセンター音楽室にて開催いたしましたオーディオサークル町田オフ会の報告です。開催時間は午前(9:00~12:00)でした。12名の方に参加していただきました。

82_0_zenkei
今回は4名の方から以下のテーマで発表して頂きました。

出品された方は補足説明及び皆様の感想やご意見などありましたらこのブログにコメントをお願いします。コメントはこの記事の一番下のコメントをクリックしてご記入ください。

 

・永嶋@町田さん

 Audiopro Image12コンパクトスピーカーの測定

82_1_1_nagashima
15年くらい前に購入したスエーデン製のスピーカーを処分する前にどのような特性か測定してみました。REW v5.20 betaというスピーカー測定ソフトがMACで無料で使えるので手持ちのマイクを使って測定できないか確認しました。使用したマイクはオーディオテクニカAT2020、オーディインターフェースはFocusrite Scarlett2i2-2nd-generationです。

会場でOmniMicと同じ測定位置にマイクをセットして測定した結果が以下のグラフです。

82_1_2_fchar_reff
AT2020を使用してREWで測定したテキストデーターをOmniMic読み込ませたのが黒線で

赤線がOmniMicの測定で、いずれも1/24th octaveでスムージングしています。30Hz~2KHz以下の特性はほぼ同じ結果になり2KHz以上はマイクの特性差が出ています。

 

・HILO@町田さん

 Vifa XT25SC90 + Dayton Audio ND91 + Peerless P830878 1.28L PR DSP 2way System

82_2_HILO
配布資料

口径10cmのパッシブラジエータをエンクロージャーの背面と底面に設置した小型のエンクロージャーにもかからわずDSPで低域を補正してパワーを入れてドライブすることで低域の再生領域を広げています。とてもこのサイズのスピーカーとは思えない低音の量感です。

 

・堀@大田区さん

 再チューニングしたトリプルバスレフスピーカーの試聴と測定

82_3_1_hori
先回からさらにチューニングを改善したので再度の測定と試聴を行いました。今回の測定結果は以下のグラフで、黒:バッフル中央部軸上30cmの周波数特性、青:ウーハーユニット近接の音圧特性、赤:ダクト開口部の音圧特性で、次回以降さらなる特性改善を目指すとのことです。

82_3_2_fchar
 

・塩沢@町田

 ウィーンフィルニューイヤーコンサート2020収録音源の再生

82_4_shiozawa
2020年1月1日にNHK Eテレで中継されたウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2020のテレビから収録した音源から抜粋して再生しました。

 

次回の予定

 ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 次回は第83回2月22日(土)に開催の予定です。

 開催時間は、9:00~12:00(午前)のみです。

 場所は町田市つくし野コミュニティーセンター音楽室で開催します。

 https://www.google.co.jp/maps/@35.5270979,139.4824857,17z

 

文責 塩沢@町田

2019年12月28日町田市つくし野コミュニティーセンター音楽室にて開催いたしましたオーディオサークル町田オフ会の報告です。開催時間は午前(9:00~12:00)、午後(13:00~17:00)でした。13名の方に参加していただきました。

81_0_zenkei
今回は7名の方から以下のテーマで発表して頂きました。

出品された方は補足説明及び皆様の感想やご意見などありましたらこのブログにコメントをお願いします。コメントはこの記事の一番下のコメントをクリックしてご記入ください。

・小高@練馬さん
 LM12型パワーアンプとサラウンド再生

81_1_1_odaka
81_1_2_odaka
LM12型パワーアンプとサラウンド音源を聞きました。サラウンド音源と特に明記していなくてもサラウンド録音されているCDがあるとのことで小高@練馬さんが収集された音源を紹介して頂きました。左右の音声信号のリサージュ波形を見るとサラウンド録音されているかの検討がつくとのことです。


・大橋@町田さん

 製作中のTDA2030+B541/D388アンプ

81_2_ohashi
配布資料

久々にアンプを作ったとのことで、ギターアンプの中に入っているパワーアンプICの出力が20W前後と少ないので電流ブースターをつけて出力の増強を行ったアンプです。レファレンスで使用しているTDA3100D2アンプとの比較試聴では音に違いがありました。 


・土屋@埼玉県さん

 10㎝2wayスピーカーの試聴

81_3_tuchiya
スピーカーユニットの自作をして市販のホーンツイーターと組み合わせた密閉エンクロージャーの2Wayスピーカーシステムです。古い家屋(160年か260年前)の柱のケヤキ材でバッフルを作ったそうです。アルパインの磁気回路とボイスコイルとボビンを流用して振動版とエッジを自作されています。ツイーターとウーハーの能率が19dB位違うのでツイーターのネットワークに使用するインダクタをオートトランスにしてレベル合わせを行っています。


・堀@大田区さん

 チューニングしたトリップル・バスレフの試聴と測定

81_4_hori
今回で3度目の挑戦です。ダクトの再チューニングを行ったので試聴と会場での測定を行いました。以下のグラフは測定結果で、黒:バッフル中央部で30cmの距離の周波数特性、青:ウーハーユニット軸上近接の音圧特性、赤:ダクト開口部における音圧特性です。100~200Hzの音圧レベルを次回までに改善を目指すそうです。

81_4_hori

・永嶋@町田さん

 4次と6次のバンドパスダブルパッシブラジエーターウーファーの試聴と測定

81_5_1_nagashima
配布資料

このシステムの詳細は配布資料を参照してください。今回は4次と6次のバンドパスフィルターの比較を行いました。会場で4次と6次の比較をしたところ以下のグラフのように6次の特性(赤)の方が良い結果が得られました。この時の6次のダクト条件は18mmのダクトの長さでした。

81_5_2_4th_6th
次に6次のダクト長により特性がどのように変化するか比較してみました。

黒:ダクト長18mm、茶:ダクト長40mm、赤:ダクト長80mm、青:ダクト長120mmの特性です。

81_5_3_6th_duct

・青木@つくし野さん

 中華製フルディスクリートアンプKIT(MX50 SE)の試聴

81_6_aoki
配布資料

中華製のアンプキットを使ったアンプを製作されたので試聴を行いました。小高アンプと切り替え器を使って比較試聴を行い音の違いを確認しました。


・遠藤@みなみ野さん

 100V改造Dynavox EL-34PP アンプ

81_7_endo
堀@大田区さんが100V仕様に改造したEL-34PPアンプと小高アンプの比較試聴を行いました。音源によっては真空管アンプの方が聞きやすい音源もありました。 


次回の予定

 ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

 次回は第82回1月25日(土)に開催の予定です。

 開催時間は、9:00~12:00(午前)のみです。

 場所は町田市つくし野コミュニティーセンター音楽室で開催します。

 https://www.google.co.jp/maps/@35.5270979,139.4824857,17z


文責 塩沢@町田



↑このページのトップヘ