2024年6月22日町田市つくし野コミュニティーセンターホールにて開催いたしましたオーディオサークル町 田オフ会の報告です。
開催時間は午後(13:00~17:00)でした。11名の方に参加していただきました。
会場は定員180名のホールで開催しました。

今回は3名の方から以下のテーマで発表して頂きました。

1. 小高@練馬さん
 サラウンド音源の再生


資料
サラウンド音源の再生を行いました。1ポイントサラウンドマイクで収録したデータの再現に付いて説明していただきました。タイタニック、ロバート・プラント、 ナタリー・コールなどの音源比較を行いました。また会場でパワーアンプV4.3生基板の配布を行いました。

2. 岡崎@横浜さん
 イコライザの利用方法(2)

配布資料1
配布資料2
FE102ESⅡを用いたバックロードホーン(音道2.2m)をSpotEQ31で岡崎@横浜さんの好みに合わせた特性と会場でフラットになるように再調整し た特性の測定と比較試聴を行いました。
以下のグラフはバックロードホーンのイコライザ補正なしの特性です。
SP軸上30cm(黒)、SP軸上近接(青)、ホーン開口部(赤)の特性です。
以下のグラフはイコライザ調整をした特性です。
EQなし(青)、岡崎@横浜さんのお好み(黒)、フラット化(赤)の特性です。


3. 関澤@池袋さん

 iPhoneで国内契約未リリースのTIDAL再生


配布資料
最近は、CD、レコード、レコードプレーヤーを処分して、ネットプレイヤーで音楽を楽しんでいるとのことで、日本国内ではリリースされていない TIDALを契約していると紹介し、iPhoneで再生して視聴を行いました。


次回の予定
 
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
 次回は、2024年8月24日13~17時に開催予定です。
 場所は町田市つくし野コミュニティーセンターホールで開催します。
 https://www.google.co.jp/maps/@35.5270979,139.4824857,17z


文責 塩沢@町田


2024年5月25日町田市つくし野コミュニティーセンターホールにて開催いたしましたオーディオサークル町田オフ会の報告です。
開催時間は午後(13:00~17:00)でした。17名の方に参加していただきました。
会場は定員180名のホールで開催しました。

今回は6名の方から以下のテーマで発表して頂きました。

1. 高間@品川さん
 ARITO'S Audio Lab 製の新製品 水平偏向出力管用OPT を使用した25DQ6ULppアンプ


配布資料
25Vのヒーターを持つ中型のTV水平偏向出力管の中から、日本でも白黒テレビに良く使われていた 25E5 とそのピンコンパチブルで一回り規格が大きい25DQ6 を使ったアンプの視聴を行いました。 出力管のバイアス電流自動調整回路により、一度動作条件を設定した後は無調整で真空管を交換することができます。

2. 岡崎@横浜さん(オフ会初参加)
 イコライザの利用方法

配布資料
ヘッドフォンの周波数特性の改善をグラフィックイコライザを利用して行う方法について説明しました。

3. 坂@大和市さん
 SX500用Woofer+PR270WA01+TW4(Silk)33Lダブルバスレフ2.5Wayスピーカー
 真空管2A3シングルアンプ(リベンジ)、小高アンプ(比較用)、中華DAC

配布資料
SX500用ウーファーとWavecore PR270WA01パッシブラジエーターとMarkAudio TW4(Silk)ツイータを使用したダブルバスレフの2.5Wayスピーカーシステムを視聴しました。

4. 神本@町田さん
 12面体9スピーカー


配布資料
12面体のボックスに9個の通信用のモニター5cmのユニットを入れたスピーカーの視聴を行いました。

5. 浅川@渋谷さん
 CHN719 9.5ℓバスレフ、0.47mH、3Ω中音域補正+閉管ダクト


スピーカーユニットをフローティングマウントにして、3回ほど手直しだいぶ良くなったので視聴することが出来ました。

6. 塩沢@町田
 CHN719 20L ZWBR


配布資料
Markaudioの10cmフルレンジユニットを20L ZWBR でダクトチューニングしたので視聴しました。

次回の予定
  ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
 次回は、2024年6月22日13~17時に開催予定です。
 場所は町田市つくし野コミュニティーセンターホールで開催します。
 https://www.google.co.jp/maps/@35.5270979,139.4824857,17z


文責 塩沢@町田

2024年3月23日町田市つくし野コミュニティーセンターホールにて開催いたしましたオーディオサークル町田オフ会の報告です。
開催時間は午後(13:00~17:00)でした。10名の方に参加していただきました。
会場は定員180名のホールで開催しました。

今回は3名の方から以下のテーマで発表して頂きました。

1. 海老澤@品川さん
 FK13C びっくりボンの試聴と測定

パイオニアの2WayコアキシャルスピーカーFK13Cを使用して、リモコンで第2室の容積を可変できるダブルバスレフエンクロージャーの試聴と測定を行いま した。
会場で測定した結果は以下のようになりました。
スピーカユニット軸上30cmの周波数特性
黒線:容積7L、青線:容積10L、赤線:容積15L

スピーカユニット軸上50cmの周波数特性
黒線:容積7L、青線:容積10L、赤線:容積15L

スピーカユニット近接の音圧特性
黒線:容積7L、青線:容積10L、赤線:容積15L

背面ダクトの音圧特性
黒線:容積7L、青線:容積10L、赤線:容積15L

2. HILO@町田さん
 DSPでクロス周波数連続可変のクロスオーバーのアルゴリズムのデモ

配布資料
チャンネルデバイダーのクロス周波数を可変できるDSPアルゴリズムを使用して以下の構成でデモを行いました。
FreeDSP Classic SMD A/B plus ][
Linkwitz-Riley 48dB/oct HPF/LPF
(80Hz〜500Hzまたは800Hz〜5kHz周波数連続可変)
TPA3255 4chアンプ
Dayton Audio ND25TA + CF120 Vented 2way

3. 塩沢@町田
 Wavecor FR085CU03 14L ZWBR

配布資料
2023年stereo編 Wavecor の6cmフルレンジユニットFR085CU03のZWBR方式の14リットルのエンクロージャーの試聴を行いました。

4. フリータイム

今回は発表件数が少なく時間に余裕がありましたので、当日会場にあった機材を組み合わせて試聴して見ました。
HILO@町田さんのチャンネルデバイダーを使用して、FR085CU03 14L ZWBRを中高音帯域にして、海老澤さんの容積可変のエンクロージャーをウーハーにした組み合わせと、W5-2143 36L ZWBRをウーハーにした組み合わせで試聴してみました。


次回の予定

 ご参加いただきました皆様ありがとうございました。
 次回は、2024年5月25日13~17時に開催予定です。
 場所は町田市つくし野コミュニティーセンターホールで開催します。
 https://www.google.co.jp/maps/@35.5270979,139.4824857,17z

文責 塩沢@町田

↑このページのトップヘ