aamall

January 19, 2019

オルガンとの共演


昨日から彩の国さいたま芸術劇場に
通っています。

初めてのような、
来た事のあるような…💦

最近「初めて」と思ってたのに、
昔に行っていた、弾いていた、
という事が多くて…😓


与野本町駅から、
きれいに富士山が見えました

FullSizeRender

明日のレクチャーコンサートの為に
2日間リハーサル漬けです。


(さいたま芸劇ツイッターの記事)


大塚直哉氏とは、
2000年頃から何度も共演させて
頂いており、
いつもたくさんの
バロックのノウハウを
教えてもらう先生のような存在!

ですが、ポジティブオルガンと
一緒に弾くのは
今回が初めての事で、
知っている曲も違う響きに包まれ、
新しい感覚が湧いて来ます。

IMG_7333

小柄だけどパワフルな響き。
なんと、この小さな箱にいっぱい、
パイプが詰まっているのです。

私も、開けてビックリしました!

IMG_7326

明日は、
エックレス:ソナタ
バッハ:アリア
クライスラー:ルイ13世の歌とパヴァーヌ
タルティーニ:悪魔のトリル

ヘンデル:ソナタニ長調、
ヴィターリ:シャコンヌ
ジャゾット:アルビノーニのアダージョ

を弾きながら、
大塚さんのレクチャーが行われます。
どんな風に曲が解明されていくか、
とても楽しみです✨



そして、公演後にすぐ
名古屋へ🚄

木曜日、1月24日は
セントラル愛知交響楽団の
定期演奏会が、
久しぶりに愛知芸術劇場の
コンサートホールで行われます✨

FullSizeRender

アルトサックス須川氏との共演は、
2曲共に異国情緒溢れ、
クラシックの枠を超える響きがします。

ドビュッシーの海などの名曲もあり、
スワロフスキー氏には珍しく
フランス🇫🇷プログラムと
なっております。


4年間、セントラル愛知響の
音楽監督を務められた
スワロフスキー氏指揮の公演も
あと残すところ2回となりました。

是非、ご来場ください🎶✨








machiko_shimada at 22:10|PermalinkComments(1) コンサート情報 

January 10, 2019

北の国から


寒い毎日です❄️

私は今、
小樽にいます!

2015年の1月以来、
久しぶりに来ましたが、
全く変わっていなくて、
ほっとしております。

FullSizeRender


澄み切った空気と、
青空と雪山と、
温泉♨️と、
音楽に囲まれる貴重な日々。

たった5日間の北海道ですが、
今井先生の笑顔と共に
いられる幸せと、
ヴァイオリンにはない
独特のヴィオラの世界に浸りたいと
思います💕

FullSizeRender
(6年前からの小樽の仲間と先生と。)


1月12日に、
初めての札幌キタラホールで、
今井信子、草冬香の両氏と共に
クラークハルトの葦の歌を
弾きます。

オーボエの曲を
ヴァイオリンで弾くので、
更に”歌”を歌えるように
弾きたいです。


そしてこの公演の後、大阪へ。
こちらも初めてですが、
天満教会で行われる
ニューイヤーコンサートに
参加します🎍

関西のステキな皆様との
共演を心待ちにしてます✨

IMG_7271


京響の杉江洋子、小峰航一、金本洋子の
各氏に城甲実子氏を加えた
メンデルスゾーン五重奏の1楽章を
弾きます。

FullSizeRender

先日、京都のカフェモンタージュにて
練習をさせて頂きました!

他にも、
チャイコフスキー弦楽セレナーデや
お歌の曲に参加します。

是非、ご来場下さい🎶


新年から室内楽三昧ですが、
この後のバロック三昧と、
フランス曲オーケストラ三昧も
控えているので、
とにかく音楽漬けの日々です。

インフルエンザなど流行っています、
どうかお気をつけ下さい❄️⛄️






machiko_shimada at 00:10|PermalinkComments(1) 出演コンサート 

January 01, 2019

新年


明けましておめでとうございます🌅

平成最期の本年、
皆さまにとって
健康で明るく楽しい
良いお年になりますことを
祈念しております。


私は、今年も
1つ1つの音、
全ての弾く機会を大切に。

作品と深く向き合い、
出逢う人々と共に
良い音楽を
創り上げて行きたいと
思います。

自然にたくさん触れ、
地球の全ての生命を
慈しみたいと思います。

本年もどうぞ宜しく
お願い申し上げます✨


FullSizeRender




machiko_shimada at 00:00|PermalinkComments(4) 音楽家の気持ち 

December 17, 2018

冬のステキな公演


12月に入り、ぐっと寒くなりました❄️
あっという間に年の瀬。

クリスマス🎄と年末年始が
待ち遠しい日々です。

12月5日に、
ドイツグラモフォンの
120周年記念公演が行われ
サイトウキネンオーケストラの
メンバーとして参加しました。

久し振りのサントリーホールは、
美しく生花で彩られ、
グラモフォンの黄色一色!

FullSizeRender

見たことのない美しい光景の中で
弾かせて頂きました。

後半のプログラムは、
アンネゾフィームターさん✨
との共演。

子供の頃、私が自らの意思で
買ったレコード2枚目が、
グラモフォンのLP。

アンネゾフィームターのソロと
リッカルドムーティ指揮の
モーツァルト協奏曲集でした。

小学生の頃の憧れの、
遠い遠い存在だったアーティストと
共演出来たこと、
音や姿勢やお人柄に
直接触れられたこと、
望外の幸せでした!

自由自在な音楽。
一音一音に確固たる信念や
生命が宿っており、
弾くたびに色彩が変化する。

言葉では言い表せませんが、
憧れの人は
憧れのヴァイオリンを奏でて
下さいました。


オケのみんなで写真を
お願いしに行ったら、
“1人ずつ撮りましょうよ!”と
仰って下さったムター様と。

FullSizeRender


過去には、
マエストロムーティとも、東京春祭で
共演させて頂きましたが、
何もかも、
小澤征爾先生のお導きに
依るもの。

小澤先生には、いつも
感謝しかありません。

この後半のプログラムには、
天皇皇后両陛下のご来場を賜りました。

ムターさんが、
レセプションでのスピーチで

天皇皇后のご臨席はこの上ない
光栄だけれども、
自分にとって1番の事は
マエストロとの共演。
セイジは、自分にとって
“音楽界のエンペラーだ”

と仰っておられました。
カラヤンの子供である私達だけど、
セイジの事は、演奏だけでなく、
その人間性の素晴らしさを
ずっと尊敬して来た、と。

そのお言葉の数々にも
感銘を受けました✨

ファーストヴァイオリンの
私から小澤先生の指揮を見上げた
視界の中に、両陛下とムター様✨✨✨ 

なによりも、
最高の音楽。

奇跡の様な瞬間に感動し、
感謝で胸がいっぱいになりました。



そして、先週は京都に通い、
週末はステキなサロンコンサートでの
室内楽に参加しました。

練習後に少し寄り道して、
清水寺などに行きました。

生の今年の1文字が
御本堂にありました。

IMG_7060

災害の多い1年。
災転じて福と成す
と、なりますように(祈)。


ステキなお仲間との室内楽、
やはり愉しいです💕
ハイドンの弦楽四重奏や
モーツァルトのクラリネット五重奏。
セカンドヴァイオリンの
色々な可能性を
勉強している最中ですが、
毎回さまざまな発見があります。

オーケストラや室内楽やソロなど、
それぞれの形態や場所で
役割が異なりますが、
その、それぞれを、
ようやく少し愉しめるように
なって来たような気がします🎶

寒い冬の中ですが、 
ホットな音楽の
時を過ごしました!


みなさま、
素敵なクリスマス🎄🎅を
お過ごし下さい❄️



machiko_shimada at 23:07|PermalinkComments(2) 出演コンサート 

December 01, 2018

紅葉


12月、もう師走です。

ここ数日、とても良いお天気で
気持ちよくお散歩が出来ました。

IMG_6926


なんと、美しい銀杏の木。
陽に当たってキラキラの
黄色が眩しい。

そして、移りゆく色々。


FullSizeRender

街中にいながら
見事な紅葉を楽しみました。

FullSizeRender



でも、12月ですよね!?
遅い紅葉🍁を
ゆっくり愛でる今日この頃です。

四季の移り変わりの模様が、
変わっていくように、
時代もどんどん流れて
行きます。

平成もあと5ヶ月…。

散りゆく落ち葉を眺め、
1日1日を大切にしたい気持ちに
なりました。

明日からは
東京で音楽三昧です🎶






machiko_shimada at 00:04|PermalinkComments(0) 日記 
              
Archives