2007年05月29日

Paris, Je T'aime

さて、今まで見ている映画は、Hoax、Year of the dog、そして初日に見たSpider Man 3、Paris, je t'aime、Fractureです。

今日はParis , Jet'maimeです。これは昨日見た記憶の新しい映画。

18の5分ものの短編からなる1つの映画。ほんとは20の予定だったんだそうですが、2個は仕上がらなかったのか提出されなかったよう。

キャストを見ると結構有名なのはNick NolteとかNatalie PortmanとかMaggie GyllenhallとかJuliett Binocheとか。ああ、例のGaspard君(Hannibal raisingの)も出てました。

監督もFargoの監督とか色々有名どころが作ってます。

Parisで活動しているような、日本人の監督も出てたし。この監督はJulietteの作品だったけど、中々良かった。

カンヌ映画祭のOpening作品になったそうで、全部の映画の舞台はParisで違った場所で撮っているため、これもパリって感じの映像もあり、Parisらしいものもあり。

中にはなにこれ、と思うようなものもありましたが、全体的に映像が良かったのはやっぱり短編ゆえにシーンにこだわる事が出来たせいかも。

個人的に好きだったのはFargoの監督のCohen兄弟が作ったTuileriesと言う作品。出演は Steve Buscemi、他。

Place des Victoiresはジュリエット ビノーシュ。彼女やっぱり、良いなあと思ったのは短い映画での演技でもやっぱり上手さは一際分る感じ。

この映画はスワと言う日本人の監督。映像がきれいで良かった。

そして、悲し〜い。

ウイレム デフォーも出てます。

14ème Arrondissementはアメリカでフランス語を学んだアメリカ人の中年女性がパリでの出来事をフランス語で朗読していたのだけど、発音がおかしいのか小さい劇場で結構来ていたらしいフランス人の人たちに大うけしていた。

勿論、こっちには何がおかしいのか分るはずもなかったけど。

この女優、Margo MartindaleというMillion Dollar Babyにも出ていた、女優。


Quartier des Enfants Rougesはマギー ジレンホールが出てたけど彼女も上手い。

短いフィルムでも存在感があります。

Quais de Seineは中東の女の子に恋をする物語。新鮮で可愛かった〜。このLeïla Bekhtiという女優さん、美しかった。

Quartier Latinは離婚しそうな老夫婦の話で、Gena Rowlandsが出てます。あのGloriaは好きな映画ですけどね。

オスカーにノミネートされたらしいですね、この作品で。1980年の事です。

あんなカッコいいおばさんになりたいと思い続けてますが。

この夫婦も離婚していくのが残念なくらい面白いコンビだったんですけどね。


とにかく、びっくりするような有名な監督や俳優が1つのプロジェクトに参加するってちょっと面白いし。

5分間だけの映画だから、面白いと先が見たい〜と思ったりするのですが、まあ、そのもうちょっと見たい、と思うところが良いのかも知れません。

前述したように、映像美はやっぱりこだわりがありそう。

Parisの美しさが十分に表現されていて思わず、パリに行きた〜い、と思うような感じ。こういう映画はやっぱり大画面で見るものでしょう。

夫と二人、パリに行きたいねえ、と言ったものです。

実は6月から夏のクラスでまたフランス語を始める街猫。一応、French IIです。

夫は時間が出来たら二人でフランス語を勉強したいねえ、って。二人でやれば覚えも早いんじゃないかって。

しかし、既にスペイン語がちょっと話せる夫(いや、日本語のほうがスペイン語よりずっと上手いようですが)はきっとフランス語もすぐに上手くなりそう。

似たようなラテンの言葉ですから。

私はと言えばアメリカで外国語を習うとどちらかと言うといつも遅れ気味。

やっぱりこっちの人って西洋語の人達なので東洋人には西洋語修得はハンデが必要か。

とにかく、今度パリに行く時にはちょっとした買い物くらいフランス語でするのが夢です。


ヨーロッパの薫り高いこの映画、お勧めです。

Grade:A

人気blogランキング クリックしてね。

Paris Je T'aime


May 28, 2007 7:56pm (EDT)

machineko_nyc at 08:54│Comments(2)TrackBack(1)映画P | 映画−日本未公開

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【映画】パリ、ジュテーム  [ Lost in Australia ]   2007年06月11日 18:44
シェアブログ1571に投稿 ↑ シェアブログに投稿するために必要な表示です ちょっと長いけど 一編ずつは短いので 飽きずに観られるものの 観客を選ぶ作品。 というのも 1.物語にドラマ性 起伏を求めるヒト

この記事へのコメント

1. Posted by プリシラ   2007年06月11日 18:47
こんにちは 街猫さん。

ワタシもこれ 楽しみました。
途中で う〜む なんじゃこりゃ と思うものもあったりしましたが。

街猫さんは コーエン兄弟のお気に召されたんですね。
ワタシはどうもダメでした。
なんというか・・・ いかにも フランスフランスしてて。
それでいて 大御所 ジュリエット・ビノシュのはよかったりするんですが。

ともあれ 豪華な監督、キャストでこんなに楽しめるのは つくづくお得だと思います。
2. Posted by 街猫   2007年06月12日 09:03
プリシラさん、こんにちは。

ジュリエット ビノッシュ良かったですよね。ああいう悲しい系は何だかすごく上手いですね。

豪華キャスト、監督、同感です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔