March 10, 2005

渡邉孝夫さん

5c192173.jpg

その気でことにあたれば、
人間はかなりのことができるものです



 多目的スペース
   「紅梅」オーナー(79歳)

 まちらく倶楽部では、この3月から毎月一回、津のまちにかかわっている人であれば誰でも集える場「まちらく交差点」を実施します。津のまちなかで60人くらいの人が集まっても大丈夫な会場をと白羽の矢を立てたのが、かつての銭湯=「紅梅」でした。紅梅のオーナーである渡邉孝夫さんは、観世流の能に造詣が深く能舞台もお持ちです。  続きを読む
Posted by machiraku at 21:22

February 10, 2005

杉田憲司さん

メンズショップ「マルスギ」(61歳)

44 夢工房の落合悦子さんからご紹介いただいたのは、メンズショップ「マルスギ」のオーナーである杉田憲司さんです。津市大門商店街のダイタテ駐車場から東へ少し下ったところにある、五階建てのビルの一、二階がお店です。杉田さんは合気道の師範でもあり、週に三回(火・金・日曜日の午後八時〜九時半)、お店のあるビルの三階にある道場で、指導をされておられます。
 ご趣味でも「夢追人」という骨董の同好会や「津我楽多倶楽部」というリサイクルの会をされておられ、お仲間と大門の骨董市やフリーマーケット、高虎楽座などにも出店されています。

   ★   ★   ★

▼子どもの頃から働いていました

 私の店「マルスギ」は父が昭和二三年に創業しました。最初はいろいろな商品を浅く広く取り扱う、俗にいうところの「よろずやさん」でした。
  続きを読む
Posted by machiraku at 16:08

December 07, 2004

吉村英夫さん 

65288895.jpg
三重大学・愛知淑徳大学講師 
映画評論家 (64歳)


 津大門シネマの谷口嘉吉さんからのリレーのバトンは吉村英夫さんに渡されました。以前は津東高校で国語の教鞭をとられていましたが、現在は映画評論家として活躍される一方で三重大学と愛知淑徳大学で映画の授業をされていらっしゃいます。

★ ★ ★

 津で生まれ、疎開で久居に移り、30年後にまた津にもどってきて、それからずっと津から出たことがありません。引っ越す気にならない理由の一つは言葉の問題です。われわれは津(つう)と二音で発音しますが、外へ出ると「つ」と単音になるでしょ。三重県も「み」から「え」で音程が下がって「み\え県」となるところを、外に行くと平板に「み−え県」と言う。県外へ出ても言葉をなおす気ィにはなりません。でも津弁で話すと劣等感を感じてしまいます。それがかなわんので、三重県の外で暮らす気にはなれやんのです。
  続きを読む
Posted by machiraku at 22:23

December 01, 2004

落合悦子さん 

草月流生け花教室「夢工房」主宰
接遇インストラクター  (60歳)

ochi1 以前から私が懇意にしていただいている元教員で作家の竹内令さんに、リレーインタビューのことをご相談して、紹介していただいたのが、落合悦子さんです。落合さんは草月流の生け花を教えていらっしゃいます。教室の名前は夢工房。ご自宅の裏に二年前に建てられた教室は、窓が大きく天井の高い、ログハウス風のシャレた建物です。合唱が好きで津文化協会の会報を担当されていらっしゃると竹内さんからうかがっていました。

★ ★ ★

 薬品会社で受付事務をしていました。40歳くらいの時、会社でビジネスマナーの研修があったんです。インストラクターの方が、「これからの時代は医療従事者もマナーを身につける必要がある。患者さんに上からものを言うような姿勢では生き残れなくなっていく。だからマナーを教える『接遇(せつぐう)インストラクター』を養成したいと考えているんだけれども、落合さんもやってみませんか?」と言われました。

  続きを読む
Posted by machiraku at 22:11

November 28, 2004

谷口嘉吉さん

「津シネマ・フレンズ」代表・
津大門シネマ
支配人 (73歳)

(大門シネマの前で)
m1 谷口嘉吉さんが代表をされている津シネマ・フレンズは、30年近く続いている市民の手による映画の自主上映サークルです。私が谷口さんにはじめてお会いしたのは、NASAの研究員ホーマー=ヒッカム=ジュニアの自伝の映画化作品「遠い空の向こうに」を津シネマ・フレンズで上映されたときでした。それ以来、すっかりご無沙汰していたのですが、津のまちなかでリレーインタビューするのではあれば、まもなく一周年をむかえる津大門シネマの話もうかがいたいと思い、まっさきに電話をしていました。

★ ★ ★

 津という街は格好を気にする人が多いというか、文化的な水準にはこだわりがある街なんやと思います。
 今は駐車場になってますが、以前ジャスコがあったでしょ。その前は中日会館やった。中日デパートなんて言うてましたが、木造2階のベニヤ張りみたいな建物に、いくつも店が入っていて、その中に四百席の映画館もありましてね。支配人をしてたんです。一時は満員電車みたいにドアが閉まらないくらい入っていたんですが、テレビが普及してくると「こりゃダメだ」と思いました。で、上司に提案したんですよ。「映画はもうダメですから、売り場にしたほうがいいですよ」ってね。自分で自分の首をしめたようなもんです。  続きを読む
Posted by machiraku at 23:10