現代陶芸、現代アート、現代美術ときどき美学

machromatic(総合芸術企業「マクロマティック」)代表 現代陶芸家、現代アート作家、現代美術家、美学者母(mama)の言論空間。

1978年生まれ。大阪府岸和田市出身。 mama、母、美学者 母。 現代美術作家として自らの作品制作を行うかたわら、アートディレクターとしても活発な活動を展開している。尊敬している芸術家はマルセル・デュシャン、村上隆、ピカソやウォーホール。 美学者母は作品制作とともに自身の作品を分析し文章化しインターネットで公開するスタイルを持っている。またアート界に止まらず時事問題や世界情勢など人間の抱える様々な問題を分析し、主にFacebook等で持論を展開している。しかし、過激な発言も多くユーザーからの批判も多いためブログやSNSで炎上することもしばしばである。これについては「20代の頃は個展をするなどをして自身を知ってもらおうとしていたが、アナログな方法では周知に限界があると感じた。誰もが使用できる平等性といったインターネットの特性に着目し、インターネットを使うことで自身を広め、より多くの繋がりを持とうとするようになった経緯がある。インターネットで自己を展開をするにあたりブログやSNSでエッジの効いた文章を書くのはキャラ作りの1つでもあるが、それはインターネットという社会が存在し、実社会ではないその社会(インターネット)上で個人が1人の人格を形成するがごとく存在していることに起因したものである。また、同時期(2010年頃)にアートにおけるインターネットの可能性を感じた。」と語っている。この頃より、インターネットを使った作品制作に力を入れ、数多く発表している。

さてお盆も終わりましたね、 皆様どうお過ごしでしょうか。 私はと言いますと、 民宿狭山美学校がお盆はほぼ満室で、 その上価値研究の方も進めておりまして、 文章を書く機会が少し減っている次第です。 価値というものを研究していきますと、 世の中そのものの仕組みがく ...

さて皆さんはITという言葉、は現代では当たり前に理解できる、そういう言葉になっています。IT( information technology)、すなわち情報技術です。これは今から20年位前に、ADSLの登場などで臨界点を超え、爆発的に普及しました。つまり技術的特異点として、インターネット ...

皆様どもっ!!!おひさしぶりーふ!!!毎年この時期に、研究対象を増やすタイミングで、その研究対象のフィールドワークなどで、色々と時間を使っていました。昨年はARやVR、人工知能などを、研究対象に組み込みましたが、今年は、価値、お金、経済、資本、などなど、それ ...

私が以前から述べていることですが、あらゆるものが個人化する。この現象は現在少しづつ現れています。そもそも価値とはなんなのでしょうか、例えば精神的な幸福、承認欲求が満たされる環境、これらは目に見えない価値です。それとは逆にお金や貴金属など、非常に身近でわか ...

最近アート界隈で賑わっている話題が、 写実絵画の活況です。 アート業界が盛り上がる事はとてもいい事だと思う反面、 このアートのムーブメントが、 ドメスティックな事が非常に問題です。 つまり、 世界のグローバルスタンダードなアートとは、 まったくリンクしていない ...

なんだかんだと言いまして、僕はストリートアートあがりの、アウトサイダーという立ち位置、その上で芸術や美術の研究をしているので、大山エンリコイサムの虚言について、しっかりと言説しておかなければなりません。それで僕は何者かって話からですが、そもそも1980年代に ...

この題目www結構アート界の中ではタブーで、特に日本ではデッサン信仰というか、アートが成立する事と、デッサンが上手い事がなぜか同義にされている。この点について、あまりにも誰も触れない、これは日本のアートの問題でもあり、さらに芸大や美大の受験制度にも問題がある ...

僕がクリエイター、つまり創造者になろうと本気で思ったのは、17歳の頃、スケートボードPLANBのビデオで、ルイアームストロングのバックミュージックで、スケートしていたロドニーミューレンに衝撃を受けてからだ。そして10代後半、下手くそながらもスケートボードを始め、真 ...

最近何かと話題な「働き方」、日本も高度経済成長が終わり、「仕事」の意味が大きく変化し、その上で「働き方」というものが、人間が生きていく上での大きな問題になってきています。では「仕事」とは一体なんでしょうか、そもそも「仕事」とは、「生きて行く為」に「仕事」 ...

皆様お久しぶりーふ!!!この4月から、本格的に狭山美学校を始動させまして、民宿に関しては、2016年の6月頃から、民宿、アート、美学というコンセプトで、少しづつ運用はしていたのですが、この4月からはもう少しシステマティックに運用し、本腰を入れていく事になり、なか ...

↑このページのトップヘ