現代陶芸、現代アート、現代美術ときどき美学

machromatic(総合芸術企業「マクロマティック」)代表 現代陶芸家、現代アート作家、現代美術家、美学者母(mama)の言論空間。

1978年生まれ。大阪府岸和田市出身。 mama、母、美学者 母。 現代美術作家として自らの作品制作を行うかたわら、アートディレクターとしても活発な活動を展開している。尊敬している芸術家はマルセル・デュシャン、村上隆、ピカソやウォーホール。 美学者母は作品制作とともに自身の作品を分析し文章化しインターネットで公開するスタイルを持っている。またアート界に止まらず時事問題や世界情勢など人間の抱える様々な問題を分析し、主にFacebook等で持論を展開している。しかし、過激な発言も多くユーザーからの批判も多いためブログやSNSで炎上することもしばしばである。これについては「20代の頃は個展をするなどをして自身を知ってもらおうとしていたが、アナログな方法では周知に限界があると感じた。誰もが使用できる平等性といったインターネットの特性に着目し、インターネットを使うことで自身を広め、より多くの繋がりを持とうとするようになった経緯がある。インターネットで自己を展開をするにあたりブログやSNSでエッジの効いた文章を書くのはキャラ作りの1つでもあるが、それはインターネットという社会が存在し、実社会ではないその社会(インターネット)上で個人が1人の人格を形成するがごとく存在していることに起因したものである。また、同時期(2010年頃)にアートにおけるインターネットの可能性を感じた。」と語っている。この頃より、インターネットを使った作品制作に力を入れ、数多く発表している。

昨日会田誠のセクハラ問題の文章を書きまして、色々と反響が大きかったわけです。そこにはまず、芸術とは?美術とは?アートとは?という教養や知性の無さを上げて、訴えた人の批判をしたわけです。しかし本当の意味で、一番悪いのは。。。京都造形芸術大学でしょ!!!って ...

えっと、先日から会田誠さんの、セクハラ問題で色々騒がしいのですが、私もニュースで断片的にしか認識していませんが、そのニュースで報道されている事、後は会田誠さんのツイッターの情報なども合わせて、私なりの見解を述べさせていただきます。まずアートとは何なのか? ...

どうも、まいどおおきに美学者母です。2月に暗号資産に再参入したこと、その暗号資産がNEMであることも、以前に書かせていただいたのですが、今回は哲学者大和と、私、美学者母が大阪府大阪狭山市で運営している、民宿「狭山美学校」の支払いに、NEMを導入しました事をご報告 ...

どうもぉ〜!!!地主の家系では無い美学者母ですwwという事で、前回の言説でも述べた様に、暗号資産へ再参入したわけですが、前回は「ある暗号資産」を購入したと、暗号資産の具体名は書かなかったのですが、私が購入した暗号資産はNEMです。実は私NEMについては、かなり色 ...

えっとですね、人間生きていますと、どうしても嫌いな相手、ウマが合わないというのは、日常的にあるものです。当然その逆で、私の事を嫌いだという人も沢山いますし、私とウマが合わないと思っている人も、沢山いるでしょう。しかし社会に生きていれば、その様な嫌いな相手 ...

皆さんどうも!!!現在絶賛低迷中であり、今後消えてゴミになりそうな勢いの仮想通貨www2017年5月に仮想通貨FX取引を開始して、2017年年末の暴落時に空売りし、少しだけ利益を上げてから撤退しました。この仮想通貨相場のフィールドワークは、「価値の原理」の研究の一環と ...

↑このページのトップヘ