現代陶芸、現代アート、現代美術ときどき美学

machromatic(総合芸術企業「マクロマティック」)代表 現代陶芸家、現代アート作家、現代美術家、美学者母(mama)の言論空間。

1978年生まれ。大阪府岸和田市出身。 mama、母、美学者 母。 現代美術作家として自らの作品制作を行うかたわら、アートディレクターとしても活発な活動を展開している。尊敬している芸術家はマルセル・デュシャン、村上隆、ピカソやウォーホール。 美学者母は作品制作とともに自身の作品を分析し文章化しインターネットで公開するスタイルを持っている。またアート界に止まらず時事問題や世界情勢など人間の抱える様々な問題を分析し、主にFacebook等で持論を展開している。しかし、過激な発言も多くユーザーからの批判も多いためブログやSNSで炎上することもしばしばである。これについては「20代の頃は個展をするなどをして自身を知ってもらおうとしていたが、アナログな方法では周知に限界があると感じた。誰もが使用できる平等性といったインターネットの特性に着目し、インターネットを使うことで自身を広め、より多くの繋がりを持とうとするようになった経緯がある。インターネットで自己を展開をするにあたりブログやSNSでエッジの効いた文章を書くのはキャラ作りの1つでもあるが、それはインターネットという社会が存在し、実社会ではないその社会(インターネット)上で個人が1人の人格を形成するがごとく存在していることに起因したものである。また、同時期(2010年頃)にアートにおけるインターネットの可能性を感じた。」と語っている。この頃より、インターネットを使った作品制作に力を入れ、数多く発表している。

アートとビジネスというと、これ非常に難しい問題であり、両立が困難であることが自明なのですね。それはアートが、超個人的な欲動であり、超個人的なニーズであるわけです。まぁある種の自慰行為。そしてビジネスというのは、あくまで対象者がおり、個人的な欲動を無視する ...

どうもぉ〜、狭山美学校フロント係の美学者母です。狭山美学校に電話いただければ、いつでもご対応いたします!!!「ざやばびがつごうです!!!」という事で、アート界隈ではよくある事を、改めて「キモチワルイ」と言いたくなって、この文章を書きますねっ。最近狭山美学 ...

「デリバティブアート宣言(芸術派生宣言)」もう芸術に実態は必要無いのである。それは美術において造形を否定する事に他なら無い。なぜ美術に造形が必要無いのだろうか、それは美術において造形が本質では無いからである。私たちは概念的差分により芸術を体験するのであっ ...

そもそも私には守るべきものが何もないわけですね。 これはとても自由です。 私はどこかの大学の教授でもなければ、 何かの権威者でもないわけです。 そういう意味で非常にニュートラルなわけです。 これはどこかの大学に所属している人間や、 どこかのコミュニティに属する ...

この文章を書く動機になったことがありまして、個人名を出すのは可哀想なのであれですが、大阪大学というまぁ頭のいい大学を出られて、建築関係でアートインキュベーターを名乗られている方。その方とfacebookで議論していたわけですが、あ〜まだこんな人いてるんだなぁ〜っ ...

そもそも僕の事を、 大きく勘違いしている人が多いので、 ここらできっちり修正しておこうと思い、 僕の生い立ちなどを書いてみようと思います。 普段なんとなく真面目で、 それっぽい事を書いているので、 えらく真面目な人間なのだろうと、 思われている僕なわけです。 し ...

皆さんこんにちわ!!!はいっどもっ、毎度おなじみ美学者母です。最近私が考えているキーワードといえば、「リフレーミング」です。これはトラウマ治療などでも使う手法で、EMDRでリフレーミングなどは有名になりました。しかし副作用などもあり、現在ではあまり使われてい ...

まずね、僕の本名、住所、電話番号、知りたければ、美学者母で検索すれば出てきますよwww逃げも隠れもしませんのでwwwそれで先ほど東京造形大学の教授と、Facebookで議論してたわけです。それが近畿大学の教授の、アートに対する無理解。というか、その東京造形大学の教授も ...

皆さまどうもです!!!最近は哲学書を読んだり、思考実験をしたりして過ごしております美学者母です。新作も今年中には発表しようと動いていますので、みなさま楽しみにしていてください。それで先ほどさらっと、ドイツの哲学者、マルクス・ガブリエルの、「なぜ世界は存在 ...

どうもぅ〜!!!狭山美学校フロント係の美学者母です。お電話でのご予約は私が受け付けます!!!ちなみに人生相談は別料金ですwwwコインチェック事件色々騒がしいですねぇ、個人的にはもうどうでもいいのですが、使命感という意味において、正しい情報を多くの人へ届けるべ ...

↑このページのトップヘ