マッキータウンぶろぐ 〜東京近郊自転車コースガイド〜

CIMG0403
いきなりですが・・・


足の骨にヒビが入りました(´;ω;`)


昨日、階段を降りる時に足を踏み外しまして、足の横から着地して強く捻りまして。

以前も同じ事をやったので、「すぐに痛みが引くだろうと」楽観をしておりました。

しかし、時間が経っても痛みは引かず一晩寝ても元に戻らなかった。


というわけで、接骨院に行ってきたんですが

レントゲンの結果、脚にヒビが入っている事が判明しました。

といっても、見て分かるような明らかな亀裂が入っているわけではなく

ヒビとも取れるし、そうじゃないとも見えるという微妙な具合だったんですが

協議(?)の結果「これはヒビだね」という結論になりました。


なので、骨折のようにギプスで固めるほどではなく

テーピングでガッチリと固定するという処置になりました。

1年位前にも同じ事をやったんだけど、その時は1日ほどで痛みが引いたんだよね。

だけど、どうもその時にもヒビが入っていたようで、いびつな形で骨がくっ付いてたらしい。

今回はそのいびつにくっ付いた部分が再発して、悪さをしているという診断でした。


全治は4週間ほどという診断なので、自転車は当面禁止です。

待ちに待った桜ライドが目前に迫っているのに無念で仕方ありませぬ。

今年は海軍道路の桜並木と、新種の桜である妙音旗桜を見に行くつもりだったのに・・・。

それに、一ヶ月近く自転車に乗れないとストレスの発散ができない。


だけど、それ以上に厄介なのが日常の生活なんだよね。

風呂に入る時はテーピングをした足を濡らさないようにするのはもちろん

毎日、駅から10分ほど歩かないといけないので、それがどうなるか・・・。

まぁ、体を動かす仕事ではないのが唯一の救いという感じかな。


自転車に乗れないとブログの更新ネタも生まれないので

放置モードに拍車がかかると思いますがご了承くださいませ。


あー。早く直して自転車に乗りたいよう!!


だけど、しばらくは治療に専念いたします・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ 

ついこないだ年が明けたと思ったら、早いものでもう3月である。

あと一ヶ月もすれば4月になり桜のシーズンになる。

というわけで、これまで訪問した場所の中から、選りすぐりの桜の名所を紹介しよう。



CIMG0603
まずは東京編として、多摩センター駅から永山駅に沿うように流れる乞田川沿いの桜並木。

ここは川の両端に長い桜並木が続くので、なかなかの絶景が堪能できる。



CIMG0604
乞田川沿いには遊歩道があるので、より近くに桜を感じられる。

だけど、シーズンには歩行者で大混雑するので、自転車は脇の車道に出た方がよさそう。



CIMG0693
続いては小金井公園の桜。

小金井公園は広大な敷地を誇っており、至る所に桜が植えられている。



CIMG0710
あまりに広いので徒歩だと公園を隅々まで探索すると半日がかりになる。


だけど、自転車でゆるポタモードなら探索にはもってこいだ。

欠点としては桜シーズンの小金井公園は多くの花見客でごった返す。

公園内の道はどこも人だらけなので、超スロー走行でも人の多さに疲れがたまるかな。



CIMG2402
東京都大田区の桜坂。

福山雅治の桜坂の舞台となった場所で、ファンには聖地巡礼スポットである。



CIMG2405
桜坂は訪問したのが葉桜の頃だったので、開花シーズンに一度訪問してみたい。


坂自体は短く勾配も緩いので、自転車でも鼻歌交じりに登れるレベル。

周辺は23区の住宅街なので、やはりシーズンには混雑が予想されそう。

過去にツーレポを書いているので、興味があったら参照ください。

田園調布湧水めぐり&桜坂(後編)



CIMG0614
続いて神奈川編として瀬谷区の海軍道路の桜並木。


ここは約4キロもの距離に渡って道路の両端に桜並木が続く。

しかも、どの駅からも歩くと距離があり、周囲はべ軍施設という事も影響しているのか

関東でも屈指の桜の名所にも関わらず花見客が少ないのがポイントだ。



CIMG0631
歩道も歩行者・自転車スペースが設けられており、かなり広めになっている。


車道は狭く交通量も多いので、歩道をのんびりと流すのがオススメ。

この場所は自分が特にお気に入りの場所であり、毎年桜のシーズンには訪れる。

道路のバイパス工事で一部区間の桜が伐採されてしまったけど

それを差し引いてもここを上回る桜の名所は多くは存在しないだろう。

過去にレポートを書いているので、興味があったら参照下され。

【絶景】海軍道路の絶景桜並木



CIMG1077
小田急線の新百合ヶ丘駅から柿生駅に沿うように流れる麻生川の桜並木も有名だ。



CIMG1082
ここも数キロに渡って川の両端に桜並木が続く。

欠点としてはシーズンには出店が並ぶほど多くの見物客が訪れる。

なので、朝の早い時間などでないと、自転車での走行は難しくなる。



CIMG2027
相模線の寒川駅から続く、現在では廃線となった西寒川支線の遊歩道。

遊歩道の途中には一ノ宮公園があり、当時のレールの脇には桜並木が続く。



CIMG2043
ここは春に訪問した事はないんだけど、廃線跡のレールと桜という異次元のギャップが楽しめる。


廃線跡が大好物の自分としては、それと同時に桜も堪能できてしまう。

廃線跡でノスタルジックな気分に浸りながら桜を楽しむなんてオツではないだろうか。

過去にツーレポを書いているので興味がある人は参照ください。

相模線西寒川支線廃線跡探索(後編)



CIMG2028
ちなみに、一ノ宮公園はネコさんたちの住処にもなっているニャー。



CIMG1060
相鉄線の二俣川駅近くにある万騎が原公園(こども自然公園)。


園内には「桜山」と呼ばれる場所があり、約1000本の桜が植えられているようだ。

園内は原則、自転車の走行が禁止なので、押し歩きか駐輪の必要があるけど

約1000本の桜山は圧巻の光景が堪能できるであろう。

ただ、ここも有名な桜の観光スポットなので、シーズンには大混雑になるようだ。

境川CRから万騎が原公園(大池公園)へ!(後編)



CIMG1939
最後に埼玉県編として新座市の妙音沢にある妙音沢旗桜。



CIMG1938
日本の名水百選の妙音沢の脇にある、この小さな木が妙音沢旗桜だ。


パッと見だと何がすごいのか分からないと思うんだけど

この桜は平成14年に日本花の会の調査により新種の桜という事が判明した。

旗弁が多いもので5枚程度あり、白い花びらが二重についているように見えるのが特徴。

他では味わえないたった一本の新種の桜に思いを馳せるというのも悪くないと思う。


妙音沢についてはマッキータウンぶっく6の未公開ツーレポで紹介をしている。

Kindle Unlimited(読み放題プログラム)でも、読めるので興味があったら読んでくだされ。


・・・と、こんな感じが自分のオススメの桜の見所スポットの一覧だ。

どこも甲乙つけがたいので、ひとシーズンで全てまわるのは難しいのが悩み所。

自分も今年はどこで桜ライドをするか今から悩んでいる。

イチオシは海軍道路だけど、西寒川支線や妙音沢旗桜も捨てがたい。


皆さんも桜ライドの参考にしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ 

津久井湖の名手橋の近くには、知る人ぞ知る通行止め区間がある。


入口は一般的な林道のゲートと違って厳重なガードで、かなりのガチ具合が伝わってくる。

廃道探索は自分の守備範囲ではないので、ゲート内に入りたいとは思わない。

だけど、「反対側はどうなっているのかな?」と前々から疑問に思っていた。

なので、今回は一般車道に迂回してゲートの入口と出口の様子をお伝えしよう。




今回のコース。

津久井湖観光センターから国道413号線を進む。

まずは津久井湖周回コースに利用する名手橋近くの通行止め区間の入口を見に行く。

その後は車道に戻って国道413号線と412号線から

県道513号線のゲートの出口部分の確認をする。



CIMG0367
本日の起点は国道413号線の津久井湖観光センター。

右手に見えるのが観光センターだけど、このまま国道413号線を進む。



CIMG0368
しばし、国道413号線を進む。

案内標識に「三ヶ木3キロ」の表示があるけど

津久井湖に架かる名手橋に行くには、その手前で脇に逸れる必要がある。



CIMG0392
ここが名手橋に通じる西メディカルセンター前交差点なので右折をする。


ここは三ヶ木交差点の手前に位置するんだけど

他に目印となるものが少ないので通過しないように注意。

写真には写っていないけど、すぐ先にセブンイレブンがありまする。



CIMG0393
右折して国道413号線を離れたら、この分岐で再び右折する。



CIMG0394
その後は道沿いに進むと津久井湖の端の部分に架かる名手橋に行き着く。

名手橋は車一台が通行する幅しかなく、独特の味を醸し出している吊り橋だ。

自分は「吊り橋萌え」の性質はないけど、ワイヤーには少し萌えてしまう。



CIMG0395
名手橋を通過して坂を上ると道が左右に分岐する。

右に進むと津久井湖周回コースで、左に進むと通行止めの区間の入口になる。



CIMG0396
このように「この先落石の為、全面通行禁止」の看板がある。

とりあえず、自分は中には入らずゲートの確認をするだけなので左に進む。



CIMG0397
まずはライトなガードが現れる。



CIMG0398
そのすぐ先に見るからにガチな通行止めゲートが現れる。


今まで色んなゲートを見てきたけど、これはかなりの本気具合が伝わってくる。

津久井湖周回コースは自転車乗りには定番コースなので

このゲートを見た事がある人は意外に多いんじゃないかな?

だけど、反対側(出口)がどうなっているのかは

ほとんど知られていないので今回のミッションとなったわけであります。



CIMG0400
一見すると厳重なゲートだけど、実は脇は甘かったりする。

どんなに厳重なゲートを設けても、脇がこれだとあまり意味がないような・・・。



CIMG0402
このゲートの先は落石多発で、かなりデンジャーなので決して中に入ってはいけませぬ。

廃道探索系のサイトでは入った人もいるらしいけど

内部は大規模崩落箇所が多数存在しており、かなり危険なようだ。



CIMG0399
というわけで、ゲートの手前から内部のガードレールを眺める。


この道は相模湖の手前で甲州街道に合流できる。

安全が確認されて開通されれば自転車には向いている道なんだけどねぇ・・・。

まぁ、雰囲気からして再びこの道が開通する事はなさそうだ。



CIMG0401
左手には津久井湖の端っ子部分が垣間見れる。

津久井湖はこの先で相模川になり相模湖へと続いている。



CIMG0369
来た道を戻り国道413号線の三ヶ木交差点までやって来た。

三ヶ木交差点を直進した先は412号線になるけど、気にしないでこのまま進もう。



CIMG0370
内郷小学校入口交差点を直進する。


ちなみに、ここを左折して坂を上り

迷路のような住宅街をウネウネと進むと寒沢の滝にアクセスできる。

寒沢の滝は過去に訪問しているけど、帰りに立ち寄る事にした。



CIMG0371
国道412号線の阿津交差点を右折して県道517号線に入る。

ここも何か目印になるものがないので通過しないように注意されたし。



CIMG0372
右折して国道412号線を離れたら、しばし道沿いに進む。

眼前の山には花粉様がたわわに実っておられる。

花粉症の自分には写真で見ているだけで鼻がムズムズしてくる。



CIMG0374
鳥居のような形をした個性的なトンネルを通過。



CIMG0375
トンネルを越えた先には立派な橋が架かっている。



CIMG0376
橋の下には津久井湖と相模湖を繋ぐ相模川が流れている。

津久井湖同様に水質は非常にアレである。

そういえば、相模川の源流って山中湖だったけか?



CIMG0377
案内標識によると、この先で交差点になるようだ。

右折した先には「この先通行止め」の表記があるけど

今回の目的は先ほどのゲートの出口(反対側)の確認なので右に進む。



CIMG0378
ここがその交差点なので右折をする。

ちなみに、左に進むと県道515号線で相模湖手前の甲州街道に合流できる。



CIMG0379
右折した先はアップダウンを繰り返す道になる。



CIMG0381
民家が点在する集落を抜けると林道風の道になる。

まぁ、この先でまた集落エリアになるんだけどね。



CIMG0382
再び現れた集落エリアからは、なかなか良い景色が望める。



CIMG0384
その先で再び林道風の道になった。



CIMG0387
道路脇にハ寂れた警笛鳴らせの標識。

この道を通るのは地元住民くらいだから、放置モードが漂っている。



CIMG0385
やがて反対側のゲートが姿を現す。

予想はしていたけど、こちらもかなりの厳重具合ですな。

まぁ、それだけこの通行止め区間は危険度が高いのであろう。



CIMG0386
ゲートの隙間からデジカメをズームしてみたけど、荒れ放題になっている。

廃道マニアは興味をそそるのかもしれないけど、自分はその手の趣味はないのでここで撤退。

前々から気になっていた、津久井湖側のゲートの反対側が確認できたのでそれで満足。



CIMG0389
帰りは先ほどの内郷小学校入口交差点から寒沢の滝に寄り道をした。

興味がある人は過去にツーレポを書いているので、そちらを参照あれ。


【車道から徒歩1分】津久井湖から寒沢の滝へ!(前編)
【車道から徒歩1分】津久井湖から寒沢の滝へ!(後編)



CIMG0390
寒沢の滝はこのように非常にショボイ滝だったりする。


訪問したのが2月初旬の厳冬期だったので

アイスフォールが見れるかと密かに期待したけど凍っておりませんでした。

だけど、滝周辺の寒沢川の水は非常に清涼なので心地よい(寒いけどね)。

こんな感じで本日もミッションは全て完了!


この日の走行距離は、84.02キロ

通算走行距離は、23860キロ


まぁ、今回はツーレポというよりかは完全に個人的な興味であります。

当初の予定では10枚ほど写真を撮って適当な記事にするつもりだったんだけど

実際に訪問したら写真を多く撮ったので、ツーレポもどきという形になった。

ネタ不足は深刻なので、今後もこういった個人的な興味系の記事が増えるかと思われます^^;

津久井湖周辺に立ち寄る機会があったら、寒沢の滝くらいはチェックしてみてはいかがでしょう?


ロードバイクのハウツー本「ロードバイク入門の入門」と
メンテナンス本の「ロードバイク基礎メンテナンス」です。
Kindleアプリをインストールすればスマホで閲覧できます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ 

このページのトップヘ