前回の続き


鎌倉探索を終え、本日のメインイベント

「鎌倉三大激坂」に挑む!


まずは「銭荒弁天前の激坂」に挑む。

その後は「亀ヶ谷坂切通し」を登って鎌倉街道へ。

最後は「明月院横の激坂」で締める。




PA0_0693
江ノ電の鎌倉駅がスタート地点。




PA0_0694
まずは駅前通を行く。




PA0_0695
法務局前の交差点を右折する。

右折後はそのまま道沿いに走る。




PA0_0696
本格峠越え第29弾「銭荒弁天前の激坂」



実はここ一度登っている。

初めて登った20%越えの激坂が銭洗弁天だ。

しかしその時は、源氏山(ピーク地点)から

弁天前まで下って、そこから登り始めた。

激坂は弁天の手前から続いているので

これでは完全制覇とはいえない。



激坂を前にすると自然と胸が高鳴る。

登る前なのに心拍は160を叩いている。

ちょっと落ち着いてから挑みたいところだが

大船で迷走して時間が押しているので構わず突っ込む!




PA0_0704
出し惜しみはしない。

しょっぱなからダンシングでグイグイ登る。




PA0_0703
弁天前を通過。ここが前回のスタート地点だ。

登って見ると弁天前までもなかなかの勾配であったが

この先は目に見えて勾配が増してくる。



銭洗弁天は鎌倉屈指の観光地だけあってギャラリーが多い。



「フフッ。ヤツらはこんな事を思っているに違いないぞ!」



「まさかこの激坂を自転車で!?」


「きっとあの人はプロの自転車乗りだわ!」


「アラ?良くみるとイケメンじゃない!?」


「きゃあ!ステキ!抱かれたい!」



このくだりも実に3回目である。

昔のネタをいつまでも使いまわすのもいかがなものか・・・。




PA0_0702
「くはぁ!やっぱキツイ!!」



前回も苦しんだが、やはり今回も苦しむ。

というか、全然進歩してないじゃないかwww




PA0_0701
あまりの勾配にブルバちゃんもつんのめる。




PA0_0700
もがけどもがけど激坂は続く・・・。

これまでの経験から推定しすると



最大勾配26%!



と言ったところか。

高幡不動や暁町より強敵だと思う。




PA0_0699
「ひぃ・・ひぃ・・ひぃ・・・!」



ピーク手前もかなりエグイ!

心拍計を確認したいがその余裕はない。

一度倒した相手に不覚をとってなるものか!




PA0_0697
ピーク地点!

今回も苦戦はしたが、何とかねじ伏せた。




PA0_0698
最大心拍数198!



ってか、死ぬぞ?自分www



しょっぱなから、思わぬ大苦戦を強いられた。

下りで写真を撮らなきゃならないので

クリートカバーを装着して歩いて下山する。

そもそもこの勾配を下りたくない。



その後、来た道を戻り再び駅前に戻る。

次なるターゲットは「亀ヶ谷坂切通し」だ。




PA0_0705
駅前から線路沿いを行く。




PA0_0706
横須賀線の高架をくぐる。




PA0_0707
次なるターゲットの標識を発見。

案内に従い左折する。




PA0_0708
この建物が目印だね。




PA0_0709
本格的な登りはこの先。

まずはゆったりとした勾配を行く。



写真にも写っているが前方のおばさん3人組とすれ違う。

すれ違いざまに自分を見て



「キツいぞぉ!キツいぞぉ!」



とつぶやいていた。



「フフッ。とりさんが激坂ハンターだと知らないんだな?」



ブルバちゃんも



「フフッ。無知っておめでたいことね!」



と失笑気味。




PA0_0710
「亀ヶ谷坂切通し」



その昔、あまりの急斜面にカメさんもひっくり返った

という事からこの名前がついたらしい。

時間が押しているので、すぐにスタートする。




PA0_0712
こんな感じの20%前後の真っ直ぐな道が続く。

登りはじめこそ急な勾配があったが

その後はごくごく普通の激坂レベル。




PA0_0713
ピーク地点。




PA0_0711
ピークから見た下り斜面はこんな感じ。



「なんだ。なんてことなかったな」



どんなもんかと思っていたが拍子抜けだ。

勾配もありきたりだし、なんと言っても距離が短い。

この程度では「本格峠越え」認定には至らない。




PA0_0714
反対斜面を下る。




PA0_0715
下り終わると建長寺付近の鎌倉街道に出る。

次なるターゲットは明月院横の激坂。

左折して北鎌倉駅方面へ。




PA0_0716
横須賀線の踏み切りの手前で右折する。




PA0_0717
明月院方面に進む。




PA0_0718
明月院

紫陽花で有名なお寺だが、そんな事はどうでも良い。




PA0_0719
明月院を通過して道沿いに進む。




PA0_0720
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!



いいね。ひと目で「それ」と分かる激坂ぶり。

ここは「鎌倉最強」という人もいる。

これは良い戦いを期待できそうだ。




PA0_0721
「明月院横の激坂」



スタート直後にいきなり激震部なので

ちょっと手前で加速してスタート!




PA0_0728
「ハァハァ!じ、実に香ばしい!」



スタート直後の勾配はかなりエグイ。

確かに最大勾配はここが最強かも。




PA0_0727
ブルバちゃんもこの有様だ。



しかし、スタート直後の加速で激震部は

シッティングのままアッサリと通過できる。




PA0_0726
激震部を過ぎると20%弱の勾配になる。

写真では結構キツそうにみえるけど

実際登って見ると以外に登りやすい印象。




PA0_0725
グイグイ登る。




PA0_0724
ピーク地点が見えた。




PA0_0722
制圧!!



ピーク地点からから制圧の一枚。

ここも距離が致命的に短い。

もがく前にゴールできるので

そんなに難易度は高くないと思われ。



ここも「本格峠越え」認定には至らず。

激坂といえど「もがき」が入らないと

本格峠越え認定にはふさわしくないかな。




PA0_0723
ピーク地点の脇に登山道。

個人的にはこっちの方が興味がそそられる。

一応舗装されているが、どこまで舗装されてるんだろう?




これで今回の「鎌倉三大激坂」は終了。

歯ごたえがあるのは銭洗弁天だけだったなぁ。

よって栄誉ある鎌倉最強は・・




銭洗弁天前に確定!




帰りは大船駅で観音様を拝んでいく。

ついでに行きで間違えたルートをおさらいしてみよう。




PA0_0729
大船駅西口

観音様を見るには西口が近い。




PA0_0730
観音様発見。

もっと真正面からのショットが欲しい。




PA0_0731
正面を捉えた。

ここでズームしてみよう!




PA0_0732
「ああっ女神さま!!」



するとブルバちゃん



「とりさん。これは女神さまじゃなくて観音様よ?」




「・・・・・・・・・・・・」




どうも最近、ボクらの関係が逆転している気がして思えない。

本来「ブルバちゃんがボケて、とりさんが突っ込む」

という関係ではなかったのだろうか?

ここは一度、お互いの役割分担を話し合う必要がありそうだ。




大船周辺は激坂もあるし、見所も多いので

一度ツーリングのコースを組んでみようかな。

アクセスはメンドイがじっくり走って見る価値はありそう。




PA0_0733
境川に戻ってきた。

境川CRってさぁ・・・



地味に長いよね(´Д`)




息はテンション高いし体力も余っているけど

帰りの境川は地味で何気にしんどい。




PA0_0734
自転車乗りの三種の神器「コーラ」。


水分補給、カロリー補給、リフレッシュ。

自転車乗りにコーラが嫌いなヤツはいない(と思う)。




PA0_0735
この日の走行距離は113.77キロ

通算走行距離は6255キロ






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ