前回の続き

CIMG0854
海沢三滝めぐりで三ツ釜の滝をあとにして、次のネジレノ滝を目指している。

ネジレノ滝を堪能したらラストの大滝で三滝めぐりを締めるのだ。



CIMG0855
木橋を渡ると、その先に分岐が現れる。



CIMG0856
道しるべによると、左に進むとネジレノ滝に通じるようだ。

やはり先ほどの小さな滝はネジレノ滝ではなかったみたいだね。



CIMG0857
分岐を左折した後は、しばし下りが続く。

山路では登りよりも下りの方が滑りやすく危険なので注意しよう。



CIMG0859
下り終わると沢に出る。

ここがネジレノ滝なのかな?

とりあえず石の上を渡って正面からのショットを押さえよう。



CIMG0858
正面からのショット。

うーん・・・。これは滝というよりかは、ただの小さな淵だね。

しかも、全然ネジレていないし。



CIMG0864
だけど、道しるべには確かにネジレノ滝の表記がある。

うーむ・・・。これは一体どういう事なんだろう??



CIMG0865
まさか、沢の横にある道とは到底いえないような、この場所を行けというのだろうか・・・。

だけど他にそれらしい場所は見当たらないので、とりあえず進んでみよう。



CIMG0863
巨大な岩を乗り越える。

本当にこんな場所の先に滝があるのだろうか・・・。



CIMG0862
岩を乗り越えた先からは歩きやすい道になった。

ここまで来ると、奥の方から水が叩きつけられる轟音が響き渡っているのを感じる事ができる。

「この先に滝は存在している!」と確信を抱いた。



CIMG0860
ネジレノ滝に到着!!


なるほど、確かにネジレておるわい。

写真だとショボイ滝に見えるけど落差が約11mあるので、生で見るとかなりの迫力だ。

案内がちょっと分かりにくいので戸惑ったけど無事に2つめの滝に到達できた。



CIMG0861
ネジレノ滝の滝壺。

いっそ滝壺にダイブしたい気分だけど、この先に大滝があるので自粛しておいた。

泳ぐにはちょうど良い感じの水深なんだけどね。



CIMG0866
分岐からネジレノ滝までは結構下ったので今度は登る。



CIMG0867
なおも登る・・・。

下りよりも足元は安定しているけど、かなりの急坂なのでやっぱりキツイっす。



CIMG0868
ようやくネジレノ滝への分岐まで戻って来た。

ネジレノ滝側から見て、この分岐を左折して大滝を目指そう。



CIMG0870
ちゃんと道しるべが設置されているので安心されたし。

まだ山歩きには慣れていないので、こういう案内は素直にありがたいよ。



CIMG0871
残す滝は大滝のみだが、やはり道は険しい。

ネジレノ滝から分岐までの道が急坂だったので、まだ呼吸が整っていない。



CIMG0872
「ロープ入りまーす!」


もはや完全にガチ登山だ。ウチは一応、自転車ブログなんだけど・・・。

「ロープや鎖場では、腕の力に頼らずにあくまでも足をメインにして登って行くのが正解」

・・・という事をNHK BSの「実践!にっぽん百名山」で学んだのでそれに従う。

というか、このロープは老朽化が激しいので全体重を預けるのはリスクが高すぎる。



CIMG0873
無事に岩場を通過したけど、その先にも荒れた道が続いている。

路面もウェットなので慎重に一歩一歩進んで行く。



CIMG0874
また岩場が現れた。


これは登る時はいいけど、帰りの下りは絶対に滑るな。

案の定、帰りはちょっとした滑り台状態になってしまったわけで。

というか、こういう場所にこそロープを設けるべきなんじゃないか?



CIMG0875
とりあえず平坦で歩きやすい道になった。

海沢園地からずっと歩きっぱなしなので、どこかで軽く休憩を入れたいなぁ。



CIMG0876
また分岐が現れた。



CIMG0877
大滝に行くには分岐を左に進むようだ。

真っ直ぐ進むと大岳山(悪路)に通じるらしい。

というか、ここまでも充分に悪路だと思うんだけどね。



CIMG0897
海沢園地にあった地図によると、大岳山方面はベテラン向けの登山道のようだ。

今回の目的は大岳山ではなく海沢三滝なので、ここは素直に左折する事にした。



CIMG0878
分岐を左折すると開けたエリアになる。


海沢園地を出発した時はまるで空腹感がなかったけど、今は猛烈にお腹が空いている。

改めて山路は予想以上にエネルギーを消耗するものだと実感した。

持参したエナジーバーをかじり、ボトルで喉も潤して小休止をする。



CIMG0879
小休止を終えて、いよいよラストの大滝を目指して再出発。



CIMG0881
キノコを発見。

スーパー・マリオ氏が見たら、さぞかし大喜びであろう。

だが、マリオ氏でもルイージ氏でもない、とりさんは素通りをする。



CIMG0882
細い道を進んで行く。



CIMG0883
ネジレノ滝と同様に大滝へのアクセスも下りが続く。

下った分は帰りは登らないといけないんだよなぁ・・・。



CIMG0884
前方に大滝が見えた!

目標物を捉えると一気にテンションが高まる。



CIMG0888
大滝に到着!!


うおーーーっ! スゲー迫力だぁ!

これだけ離れた場所にいても水しぶきが飛んでくる。

大滝は落差約23mなので、最後に一番迫力のある滝に出会えるという心憎い演出だ。



CIMG0892
滝が流れ落ちている箇所をズーム。



CIMG0887
今度は中腹をズーム。

細かい水しぶきが舞っていて神秘的な雰囲気を醸し出している。



CIMG0886
滝壺の様子。

うん。水量も豊富で素晴らしいよ。



CIMG0890
大滝の真下からのショットを押さえたかったんだけど

滝壺周辺の水深は深いのでこれ以上の接近は諦めた。

ハーフのレーパンならまだしも、ロングのレーパンでびしょ濡れになるのはちょっとイヤだ。

実は帰りは輪行で逃げようとか企んでいるわけでして。



CIMG0894
ちなみに4つ目の不動の滝に行くには、大滝の崖っぷちをよじ登るか

この写真の左斜面の崖をよじ登る必要がある。


しっかりとしたロッククライミングの技術と経験を持っている人が

ちゃんとした装備の元で行わないと確実に大きな事故になる。

ハッキリいって一般人にはムリなので無茶はせずに素直にここで引き返そう。

とりさん的には、大滝の迫力が想像以上だったので既に大満足だ。


ちなみに、海沢園地から大滝まで片道で約50分かかった。

写真を撮りながら進んだとはいえ結構時間を食ってしまった。

駐輪中のブルバちゃんも気になるので帰路に着こう。



CIMG0895
その後、無事に海沢園地まで戻って来た。


帰りは下り基調だったので20分で戻れたけど

ウェットな路面に苦しみシューズは泥だらけになってしまった。

ここはなるべくなら、路面が乾いている時に訪れた方がいいかもしれない。



CIMG0904
帰りは青梅駅から輪行で逃げる事にしましたのよ(笑)


慣れない山歩きで既に疲労困憊でありまして。

ちゃんとその事を想定して輪行道具は持参しておいたのだ。

なんにせよ、「文明の力バンザイ!」なわけであります。



CIMG0907
青梅はレトロタウン政策を打ち出しているだけあって駅舎も木造になっている。


奥多摩駅から輪行する手もあるんだけど

青梅線は奥多摩〜青梅間の運行本数が少ないし、お値段も少々高めだ。

青梅街道は奥多摩から青梅までは約20キロ下り基調なので

クールダウンの意味も含めて青梅駅までは自走で戻って来た。


この日の走行距離は、90.35キロ

通算走行距離は、18202キロ


今回はビギナーには、ややハードモードだったけど

海沢三滝はどの滝も迫力満点で苦労しただけの価値はあった。

今までは舗装された道にしか興味がなかったけどオフロードの世界も楽しいなぁ。

見方を変えるだけで世界はまるで変わってくる。

皆さんもチャリキング(自転車&ハイキング)を楽しんでみてはいかがだろうか?


過去のツーレポの集大成「マッキータウンぶっく」シリーズ。
1はツーリング&ポタリング、2はヒルクライム&激坂という構成です。
3と4ではブログ未公開の限定ツーレポも収録してます。
Kindleアプリをインストールすればスマホで閲覧できます。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ