今回は埼玉県所沢市の荒幡富士へ行こう。


NHKのこころ旅で荒幡富士の存在を知って色々と調べていたら

周辺には山口城址や八国山緑地など見所が多い事を知った。

それらは多摩湖近くの西武園周辺に固まっているので全て堪能しよう。



arahata-fuji1
今回のコース。


前編では多摩湖を起点に、まずは山口城址を目指す。

その後は一度来た道を戻り、西武遊園地を半時計回りに進み八国山緑地へ。

後編では八国山緑地から西武園ゴルフ場沿いに進んで荒幡富士に行く。



CIMG1315
本日の起点は多摩湖。

多摩湖畔沿いにサイクリングロードがある事から

東京近郊のサイクリストにとっては馴染みのある場所だ。



CIMG1316
多摩湖を西武園のある埼玉方面に進んで行く。



CIMG1317
湖畔沿いからは西武ドームが見える。

多摩湖サイクリングロードは、西武ドームの正面を通過するけど今回はスルー。



CIMG1318
右手に西武園遊園地のジェットコースターが見える。

このまま真っ直ぐに進んで行けば、サイクリングロード沿いから車道に出れる。



CIMG1319
左にある道が多摩湖サイクリングロードで、その右隣に車道がある。

車止めの隙間から車道に出て左に進もう。



CIMG1320
車道に出て左に進むと、すぐに三叉路になるので右折(直進)する。

目印は左奥に見えるコンビニのサンクスだ。



CIMG1321
三叉路を右折して道沿いに進むと急な下り坂になる。

狭山丘陵地帯だけあって、この周辺は起伏がある場所が多い。



CIMG1342
山口城址通りの案内標識がある。

このまま通りを進んで行けば踏切りの先で交差点があり、そこが山口城址だ。



CIMG1322
踏切りの手前で柳瀬川を渡る。

だけど、この場所からだと草が生い茂っており水が確認できないね。



CIMG1323
柳瀬川を渡った先に西部狭山線の踏切り。


この踏切りの先の右側が山口城址になっている。

このまま真っ直ぐ行けばすぐに山口城址前交差点になるけど

踏切り側から山口城址を見たいので、まずは右側に進む事にした。



CIMG1324
車道から離れ右側に進み、レールの先に見える盛り土が山口城址の土塁だ。



CIMG1325
すぐ後ろには柳瀬川が流れている。

山口城は土塁に加えて、この柳瀬川が敵の侵入を防ぐ自然の堀という役割を果たしていた。



CIMG1326
踏切りを越えて反対側から土塁を眺める。



CIMG1327
歩道を進んで行くと道沿いに土塁が続いている。



CIMG1328
土塁の先で山口城址前交差点になる。



CIMG1331
山口城址に到着!

・・・というか、本当にここが城址なのか!?

今まで色んな城址を訪ねてきたが、この扱いの酷さは呆気に取られるものがある。



CIMG1332
看板群の中に申し訳なさそうに山口城址の石碑が建っている。

この石碑がなければ、誰もここが城址だとは思わないであろう。


一応、山口城址の歴史を完結に紹介しておこう。

山口城は平安時代末期に山口家継によって築城されたとされている。

一度は落城して改修をされたが、後に城郭としての機能を根古屋城に移した。

その後、1590年に小田原征伐で敗戦して廃城になった。



CIMG1340
 看板郡の奥の土塁の中に謎の石場がある。

これは何を意味しているのだろうか? 



CIMG1333
発掘調査当時の写真がある。


発掘当時の写真では何もないけど、近くに西部狭山線の下山口駅があり

線路に並走するように車道が通っているという好立地から

2000年に山口城跡地は商業地として開発される事になった。



CIMG1341
前述の通り山口城は後に根古屋城に機能を移すのだけど

その根古屋城址は、この近くの狭山湖の湖畔沿いに存在している。

ただ、普段は立入禁止の場所にあり、たまに行われる一般公開の時にしか見学はできない。



CIMG1336
山口城址の敷地の大半は、現在では洋服の大型店の店舗になっている。

歴史的遺構ではあるけど、商業地として優れた立地という事もあり

保存するというのは現実問題なかなか難しい実情があるのであろう。



CIMG1339
現在では城址を伺わせる物は土塁と看板だけしか残っていない。

まぁ、平安時代末期の中世城郭で土塁が現存しているだけでも価値はあると思うけど。



CIMG1337
洋服店の駐車場からも土塁が確認できる。


日本人は城好きだと思うんだけど、中世城郭に対する認知度は極めて低い。

築城が平安時代で裏付ける資料も乏しい状況では、自然とそうなってしまうのだろう。

まぁ、個人的には土塁フェチなので、それなりには楽しめたかな。



CIMG1343
山口城址を跡にして来た道を戻る。

行きは下りだったので帰りはエッチラホッチラと坂を上る必要がある。



CIMG1344
コンビニのサンクス前の分岐まで戻って来た。

ここを左折して次なる目的地の八国山緑地を目指す。



CIMG1345
この写真の左側が西武園遊園地になっている。

ここからは、しばし西武園遊園地に沿って進んで行く。



CIMG1346
木の葉が邪魔して見にくいけど、ジェットコースターのレールが見える。

だけど、この写真だと「ジンギ好きン 祝・1周年」の方が目立っているね(苦笑)



CIMG1347
西武園遊園地の入場ゲート。



CIMG1348
その先にはカラフルな観覧車。

この観覧車は多摩湖畔沿いからも眺望できるシンボル的存在。



CIMG1349
緩やかな上り坂を進んで行く。



CIMG1350
西武園競輪場の屋根が見える。

遊園地に競輪場にゴルフ場と色々揃ってますなぁ。



CIMG1351
その近くにある西武園駅を上から眺める。

車道沿いからだと反対車線なので見にくいので、脇道に逸れて写真に撮った。



CIMG1352
再び車道に戻るとT字路になるので左折しよう。



CIMG1353
T字路を左折すると、すぐに右側に小さな脇道がある。

この脇道が八国山緑地の入口に通じるので右折しよう。



CIMG1354
脇道を右折して道沿いに進む。



CIMG1362
右手にはキレイな芝生が広がっている。



CIMG1355
八国山緑地に到着!



CIMG1356
八国山緑地の看板。


スタジオジブリのとなりのトトロは、この狭山丘陵が舞台だ。

物語の中でサツキとメイのお母さんが入院している七国山病院というのが出てくる。

真偽のほどは不明だけど、八国山緑地が影響を与えたのかもしれないね。



CIMG1361
緑地内は自転車の通行自体は禁止されていないようだけど

「やさしい運転お願いします」との看板が設置されている。

元々、緑地内で乗るつもりはないので押し歩きで見学をする事にした。



CIMG1360
八国山緑地内部の様子。

未舗装時だけど遊歩道の右側が東京で、左側が埼玉と県境になっている。



CIMG1359
緑地内は雑木林が広がっており非常に雰囲気が良い。

狭山丘陵といえば、この雑木林こそが代名詞だよね。


さて。無事に八国山緑地までやってきた所で前編はここまで。

後編では西武園ゴルフ場の敷地沿いに進んで荒幡富士まで行く。

その後はさらにゴルフ場沿いに進んで、先程のコンビニのサンクス前で一周してゴールとなる。


それでは次回更新をお楽しみに!


「東京から箱根まで自転車で走る! &箱根周辺ポタリング」と
「茨城県(つくば・土浦周辺)自転車の旅」です。
ブログ完全非公開の電子書籍版限定の内容になっています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ