第4回リハビリライド。


今回は黒目川と落合川CRを走り、東京の名湧水57選の竹林公園と南沢湧水郡に行こう。

その後は小金井街道で小金井公園に立ち寄って軽くポタリングする事にした。

勘の良い読者諸氏ならお気づきかもしれないけど、このコースは以前に紹介済みだ。


【参考リンク】黒目川・落合川CRで南沢湧水地へ

ただ、前回は南沢湧水郡のみで竹林公園の湧水は訪れなかった。

なので、今回は竹林公園の様子をお伝えして、その後は小金井公園にも立ち寄ってみる。




今回のコース。

小金井街道沿いの黒目川CRの起点から落合川CRへ。

落合川沿いにある竹林公園と南沢湧水郡に立ち寄って再び小金井街道に戻る。

その後は小金井街道を4キロ弱ほど進み小金井公園に立ち寄る。



CIMG0653
そんなわけで、サクッと黒目川CRの起点までやって来た。

実際に走ったのは約1週間前なので、遅咲きの桜はまだかろうじて咲いていた。



CIMG0654
お馴染み(?)の「黒目川・落合川ジョギング・ウォーキングコース」



CIMG0656
案内看板に記載されている竹林公園と南沢湧水郡に立ち寄る。

ちなみに、このコースは以前にNHK BSの「こころ旅」でも紹介された場所だ。

放送では清瀬を出発して、黒目川の中ほど辺りから川沿いに合流して南沢湧水郡までが紹介された。



CIMG0658
黒目川は住宅街の中を流れる川だけど水質はなかなかのものだ。



CIMG0660
「あっ!」という間に黒目川と落合川の合流地点までやって来た。

詳しいレポートは既に書いているので、今回はあくまでも簡潔という名の手抜き路線なのだ。



CIMG0663
今度は落合川沿いを進む。

落合川も黒目川同様に水質が良くて走っていて気分がよろしい。



CIMG0664
この写真の場所で左折して川沿いから離れる。

目印は写真だと分かりにくいけど、木製で「車止め」と書かれている二本の車止めの手前だ。

写真は撮らなかったけど西武池袋線の高架の下をくぐった先に位置している。



CIMG0665
左折後は道沿いに進んで、この写真の場所で再び左折する。



CIMG0666
ひっそりと竹林公園の案内が出ている。



CIMG0667
左折した先はダートになるのでクリートカバーを着用して歩いて進む。

案内看板には「あと80m」と書いてあったけど、実際には20mほどだった。



CIMG0668
東京の名湧水57選の竹林公園の湧水郡に到着!


実は去年から自分の中で「湧水ブーム」が起こっておりまして。

長期冬眠前に訪れた場所などを含めて57選を結構訪れていたりするのだ。

本格的なツーレポはまだ書くのがダルイけど、気が向いた時にでも更新していこうかと思う。



CIMG0669
住宅地の中とは思えない清涼感が素晴らしい。

一度でもこの雰囲気に魅せられてしまうと湧水マニアになってしまうわけですよ。

まぁ、実際に訪れてみると57選でもハズレは結構あるんだけど、ここはなかなかポイント高いかな。



CIMG0670
「も、萌える!!」


この透明な水はたまらないっすよ!

季節的にちょっと早いけど、靴を脱いで足だけ水に浸かる水遊びを堪能しておいた。

一応、写真も撮ったけど汚い足だったので掲載は自粛しておきますの(笑)



CIMG0671
「竹林公園の湧水点」の看板。



CIMG0672
看板の矢印の下の様子はこんな感じ。

この場所のもう少し左に水がこんこんと湧き出ている場所があった。

なので、「そっちが湧水点では?」と思ったが看板にケチを付けるのはやめておこう。



CIMG0678
こんな具合に水路が続いている。



CIMG0675
通称「ドレミファ橋」がある。



CIMG0677
その先には名前の通り竹林になっている。

この竹林エリアはグルッと周回コースになっているようだが

クリートカバーなのでこれ以上進むのはやめておいた。



CIMG0680
竹林公園を後にして落合川に戻って来た。



CIMG0681
今度は南沢緑地の湧水郡に到着。

途中で右左折ポイントはあるけど、前述の通り既に紹介済みなので全て省略!



CIMG0684
緑地内部は雑木林が広がっている。



CIMG0682
こころ旅では、この木製ベンチで火野正平さんがお便りを読んだ。

ここに腰掛けて手紙を読めば、あなたもプチ正平さん気分が味わえること間違いなし!

南沢緑地もテレビの効果なのか、人で賑わっていたのでさっさと退散することにした。



CIMG0687
再び落合川沿いを進むと落合橋で小金井街道に合流する。

この写真から見て左側に進んで、次なる目的地の小金井公園に行く。



CIMG0689
落合橋から小金井街道までは4キロ弱という所。

だた、小金井街道は一部車道が狭い区間もあるので注意されたし。



CIMG0690
小金井公園に到着!



CIMG0697
以前にフラッと立ち寄った事があるんだけど、予想より遥かに広大な敷地で驚いた。

公園内部を一通り探索しただけで、10キロ弱ほど走っていたほどだ。

全てを紹介しているとキリがないので、ピークをとうに過ぎて8割がた散った桜を中心に紹介しましょう。



CIMG0692
こんな具合にピークは過ぎております。

今年の桜ライドは満開時に行えなかったのが残念で仕方ない。



CIMG0693
ピークは過ぎたけど花見客は沢山いた。

写真はなるべく人が少ない場所を狙って撮っているけど、公園内部は大混雑でカオス状態だった。

おそらく、満開時だったらとてもじゃないけど自転車で走る余裕はないかと思われる。



CIMG0695
遅咲きの木に残っていた桜の花。

もう少し早く来れなかったのが悔やまれるけど、そうなればさらにカオス状態だったわけで。



CIMG0698
ここも満開だったら、さぞキレイだったのであろう。

だが、とりさんは混雑が大嫌いなので来年以降、満開時に訪れる事はないだろう。



CIMG0699
花はほとんど散っているけど、ここにも桜の木の下に沿うように多くの花見客がいる。


「結局、花が見たいんじゃなくて外で酒を呑みたいだけでは?」


・・・などと無粋な事はいってはなりません。



CIMG0702
広大な広場(二重表現?)

本当にこの公園は贅沢すぎるくらいに土地が広い。



CIMG0704
サイクリングセンター入口。

1周2キロほどのサイクリングコースと自転車の貸し出しを行っている。

基本的には子供が練習用に使うコースなので、ロードで走るような場所じゃないんだけどね。



CIMG0705
だけど、せっかくなので走る大人気ないとり氏。



CIMG0706
コース脇には標識も設置されている。

繁忙期だったけど雑木林エリアは人も少なくて、そこそこ快適だった。



CIMG0710
この桜は遅咲きなのかまだ花がだいぶ残っている。



CIMG0713
桜以外にも色とりどりの花が咲いている。

このブログはどうも最近、お花系ブログになりつつあるような気がするぞ・・・。



CIMG0714
公園の入口付近にはSLが展示されている。

とりさんは鉄ちゃんのケがあるけど、SLには全く興味ありませぬ。



CIMG0700
公園の真ん中辺りには「江戸東京たてもの園」という施設がある。

その敷地内に昔の路面電車があったのでズームしてパシャリ。

江戸東京たてもの園は入場料がかかるので、ワタクシったら外から眺めるケチな男なのです。



CIMG0701
敷地内部にはレトロな町並みが再現されている。

レトロ系に興味があるリッチマンは入場料を払って見学されたし。


・・・さて。こんな感じで第4回リハビリライドは完了!

小金井公園は繁忙期はカオスだけど、平日であれば空いているのでそちらの方がオススメかな。

内部をゆるポタして広大な芝生の上で寝っころがると気持ち良いと思う。


黒目川と落合川は道幅が狭いので決して自転車で飛ばすような場所ではない。

だけど、どちらの川も水質が良いし、竹林公園と南沢湧水郡とセットで訪れれば楽しさ倍増!

特に夏場の暑い時季は、清涼な湧水は最高に相性が良くて癒されると思うよ。

読者諸氏の皆さまも湧水の魅力に取り憑かれてみてはいかが?


ロードバイクのハウツー本「ロードバイク入門の入門」と
メンテナンス本の「ロードバイク基礎メンテナンス」です。
Kindleアプリでスマホ、kindle for PCならパソコンで閲覧可能です

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ