ツーレポで未紹介の場所が、都心以外でまるで思い浮かばない。

なので、過去に走った場所に行こうと思い、どこにするか考えていた。

その結果、多摩湖と狭山湖に行く事にした。


自分は毎年冬になると、この場所に走りに行く。

狭山丘陵は雑木林が豊かなので、本来であれば紅葉シーズンがベストだ。

だけど、冬に行くのは空気が澄んだ日にしか見えない狭山湖からの富士山を眺めるためだ。

その富士山を眺められる確率が一番高いのは間違いなく冬なのである。



CIMG0299
周回コース手前の多摩湖サイクリングロード。


住宅区間の多摩湖サイクリングロードは西武線と平行しているので、とにかく歩行者が多い。

だけど、八坂駅を過ぎた一部区間で歩行者と自転車の区分が設けられていた。

ほんの一部区間とはいえ、こういう試みは素晴らしいと思う。



CIMG0300
多摩湖に到着!

どうせなら多摩湖周回のサイクリングロード経由で狭山湖に行く事にした。

ちなみに、多摩湖サイクリングロードのツーレポは以前やっているので、今回は簡易版。



CIMG0301
真っ赤な鹿島橋。

周回コースは半時計回りした方が狭山湖は近いけど

せっかく来たので遠回りに時計回りで進んでいる。



CIMG0302
多摩湖を周回しているんだけど、雑木林により湖は一部区間でしか見えない。



CIMG0303
ここで左の車道に出て狭山湖に向かう。



CIMG0314
狭山湖に到着!

肉眼では湖の先に大きな富士山が見えるんだけど

デジカメのズームなしでは彼方に小さくしか写らないんだよね。



CIMG0312
というわけで、デジカメをズーム。

幸いにもこの日は空気が澄んでいたの、稜線までクッキリと富士山が見えた。

寒い冬は自転車乗りにはキツイけど、これがあるからやめられないんだよね。



CIMG0313
なぜか金網が水の中にも続いている。

すぐに錆びてダメになりそうだけど、何か意味はあるのかな?



CIMG0308
富士山の眺望地点から少し場所を変えると奥多摩山系も眺望できる。



CIMG0309
奥の山並みの一番高くて尖っているのが大岳山だね。

大岳山は独特な形をしているから、遠くからでも存在が分かりやすい。

多摩サイの旧雑木林区間(現在では撤去)付近からでも眺める事ができる。



CIMG0315
狭山湖から多摩湖サイクリングロードに戻って来た。

見ての通り西武ドームの前を通過する。



CIMG0316
ここで右に曲がればスタート地点の多摩湖のストレート区間に戻れる。


ちなみに、左の車道を行けば荒幡富士周回コースなんてものもある。

多摩湖をグルグルと何度も周回すると飽きるので

気分転換に荒幡富士周回コースも含めてみてはいかがでしょう?



CIMG0318
今回は右に曲がり多摩湖のストレート区間に戻る事にした。

ズームなしの写真だと分かりにくいんだけど、この写真にも富士山が写っているのが分かるかな?



CIMG0317
デジカメをズームして多摩湖からの富士山を捉える。

狭山湖よりは小さいけど多摩湖からでも富士山が見える。

もちろん、ここも空気が澄んでいる日の限定なんだけど。


こんな感じで狭山湖&多摩湖の富士山眺望ライドは完了!

冬でも見えない日は多いけど、この日はバッチリと見えたので満足である。

冬の水辺は寒いけど、多摩湖と狭山湖に行くなら冬をオススメしますぞ。


それにしても、ツーレポのネタが残ってなくて困るよ。

こんな感じで過去に訪れた場所の簡易版でやるしかないかな・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ