津久井湖の名手橋の近くには、知る人ぞ知る通行止め区間がある。


入口は一般的な林道のゲートと違って厳重なガードで、かなりのガチ具合が伝わってくる。

廃道探索は自分の守備範囲ではないので、ゲート内に入りたいとは思わない。

だけど、「反対側はどうなっているのかな?」と前々から疑問に思っていた。

なので、今回は一般車道に迂回してゲートの入口と出口の様子をお伝えしよう。




今回のコース。

津久井湖観光センターから国道413号線を進む。

まずは津久井湖周回コースに利用する名手橋近くの通行止め区間の入口を見に行く。

その後は車道に戻って国道413号線と412号線から

県道513号線のゲートの出口部分の確認をする。



CIMG0367
本日の起点は国道413号線の津久井湖観光センター。

右手に見えるのが観光センターだけど、このまま国道413号線を進む。



CIMG0368
しばし、国道413号線を進む。

案内標識に「三ヶ木3キロ」の表示があるけど

津久井湖に架かる名手橋に行くには、その手前で脇に逸れる必要がある。



CIMG0392
ここが名手橋に通じる西メディカルセンター前交差点なので右折をする。


ここは三ヶ木交差点の手前に位置するんだけど

他に目印となるものが少ないので通過しないように注意。

写真には写っていないけど、すぐ先にセブンイレブンがありまする。



CIMG0393
右折して国道413号線を離れたら、この分岐で再び右折する。



CIMG0394
その後は道沿いに進むと津久井湖の端の部分に架かる名手橋に行き着く。

名手橋は車一台が通行する幅しかなく、独特の味を醸し出している吊り橋だ。

自分は「吊り橋萌え」の性質はないけど、ワイヤーには少し萌えてしまう。



CIMG0395
名手橋を通過して坂を上ると道が左右に分岐する。

右に進むと津久井湖周回コースで、左に進むと通行止めの区間の入口になる。



CIMG0396
このように「この先落石の為、全面通行禁止」の看板がある。

とりあえず、自分は中には入らずゲートの確認をするだけなので左に進む。



CIMG0397
まずはライトなガードが現れる。



CIMG0398
そのすぐ先に見るからにガチな通行止めゲートが現れる。


今まで色んなゲートを見てきたけど、これはかなりの本気具合が伝わってくる。

津久井湖周回コースは自転車乗りには定番コースなので

このゲートを見た事がある人は意外に多いんじゃないかな?

だけど、反対側(出口)がどうなっているのかは

ほとんど知られていないので今回のミッションとなったわけであります。



CIMG0400
一見すると厳重なゲートだけど、実は脇は甘かったりする。

どんなに厳重なゲートを設けても、脇がこれだとあまり意味がないような・・・。



CIMG0402
このゲートの先は落石多発で、かなりデンジャーなので決して中に入ってはいけませぬ。

廃道探索系のサイトでは入った人もいるらしいけど

内部は大規模崩落箇所が多数存在しており、かなり危険なようだ。



CIMG0399
というわけで、ゲートの手前から内部のガードレールを眺める。


この道は相模湖の手前で甲州街道に合流できる。

安全が確認されて開通されれば自転車には向いている道なんだけどねぇ・・・。

まぁ、雰囲気からして再びこの道が開通する事はなさそうだ。



CIMG0401
左手には津久井湖の端っ子部分が垣間見れる。

津久井湖はこの先で相模川になり相模湖へと続いている。



CIMG0369
来た道を戻り国道413号線の三ヶ木交差点までやって来た。

三ヶ木交差点を直進した先は412号線になるけど、気にしないでこのまま進もう。



CIMG0370
内郷小学校入口交差点を直進する。


ちなみに、ここを左折して坂を上り

迷路のような住宅街をウネウネと進むと寒沢の滝にアクセスできる。

寒沢の滝は過去に訪問しているけど、帰りに立ち寄る事にした。



CIMG0371
国道412号線の阿津交差点を右折して県道517号線に入る。

ここも何か目印になるものがないので通過しないように注意されたし。



CIMG0372
右折して国道412号線を離れたら、しばし道沿いに進む。

眼前の山には花粉様がたわわに実っておられる。

花粉症の自分には写真で見ているだけで鼻がムズムズしてくる。



CIMG0374
鳥居のような形をした個性的なトンネルを通過。



CIMG0375
トンネルを越えた先には立派な橋が架かっている。



CIMG0376
橋の下には津久井湖と相模湖を繋ぐ相模川が流れている。

津久井湖同様に水質は非常にアレである。

そういえば、相模川の源流って山中湖だったけか?



CIMG0377
案内標識によると、この先で交差点になるようだ。

右折した先には「この先通行止め」の表記があるけど

今回の目的は先ほどのゲートの出口(反対側)の確認なので右に進む。



CIMG0378
ここがその交差点なので右折をする。

ちなみに、左に進むと県道515号線で相模湖手前の甲州街道に合流できる。



CIMG0379
右折した先はアップダウンを繰り返す道になる。



CIMG0381
民家が点在する集落を抜けると林道風の道になる。

まぁ、この先でまた集落エリアになるんだけどね。



CIMG0382
再び現れた集落エリアからは、なかなか良い景色が望める。



CIMG0384
その先で再び林道風の道になった。



CIMG0387
道路脇にハ寂れた警笛鳴らせの標識。

この道を通るのは地元住民くらいだから、放置モードが漂っている。



CIMG0385
やがて反対側のゲートが姿を現す。

予想はしていたけど、こちらもかなりの厳重具合ですな。

まぁ、それだけこの通行止め区間は危険度が高いのであろう。



CIMG0386
ゲートの隙間からデジカメをズームしてみたけど、荒れ放題になっている。

廃道マニアは興味をそそるのかもしれないけど、自分はその手の趣味はないのでここで撤退。

前々から気になっていた、津久井湖側のゲートの反対側が確認できたのでそれで満足。



CIMG0389
帰りは先ほどの内郷小学校入口交差点から寒沢の滝に寄り道をした。

興味がある人は過去にツーレポを書いているので、そちらを参照あれ。


【車道から徒歩1分】津久井湖から寒沢の滝へ!(前編)
【車道から徒歩1分】津久井湖から寒沢の滝へ!(後編)



CIMG0390
寒沢の滝はこのように非常にショボイ滝だったりする。


訪問したのが2月初旬の厳冬期だったので

アイスフォールが見れるかと密かに期待したけど凍っておりませんでした。

だけど、滝周辺の寒沢川の水は非常に清涼なので心地よい(寒いけどね)。

こんな感じで本日もミッションは全て完了!


この日の走行距離は、84.02キロ

通算走行距離は、23860キロ


まぁ、今回はツーレポというよりかは完全に個人的な興味であります。

当初の予定では10枚ほど写真を撮って適当な記事にするつもりだったんだけど

実際に訪問したら写真を多く撮ったので、ツーレポもどきという形になった。

ネタ不足は深刻なので、今後もこういった個人的な興味系の記事が増えるかと思われます^^;

津久井湖周辺に立ち寄る機会があったら、寒沢の滝くらいはチェックしてみてはいかがでしょう?


ロードバイクのハウツー本「ロードバイク入門の入門」と
メンテナンス本の「ロードバイク基礎メンテナンス」です。
Kindleアプリをインストールすればスマホで閲覧できます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ