CIMG0406
どうも、とりどす。足の怪我の続報をば。

ちなみに、上の画像は今使っている湿布薬です。

特に意味はないけど、記事を書くにあたって画像があった方が見栄えがいいもので。


先週の水曜の帰りに整形外科に行きました。

前回行った時はレントゲンの患部をズームをせずに

全体像を看ただけで「明確なヒビや折れはない」との診断でした。

なので、「内科では患部をズームすると微妙な線があり、それがヒビとの判断でした」

という事を伝えて、患部をズームした上での再診断をお願いしました。

すると・・・


「内科のセンセイじゃねぇ(苦笑)」


というボヤキが返ってきまして。

「アンタはズームすらしなかったじゃん!」というツッコミは胸にしまっておきました。

というわけで、一応はレントゲンで患部のズームをしてくれました。

といっても、大きなズームでじっくり看たという感じではなく

チャチャとズームして、サッと看ただけなので自分的には不完全燃焼感が残ったわけで。


だけど、一応は専門分野のプロなので、丁寧ではないにしても目は確かだと信じようと思います。

その結果、やはり明確なヒビや折れは確認できないという結論に至りました。

その時点で怪我から約3週間で、歩くたびに痛みが起こるという状態でした。


「捻挫なら3週間経っても歩く時に痛みが残るものなのかなぁ」

という疑問はありましたが、「もうしばらくは安静にしてね」

という事だったので、そこから1週間弱はバスを利用して極力歩かないようにしました。


当初、内科と接骨院の診断では「全治1ヶ月。早ければ3週間」という診断でしたが

ヒビなのか捻挫なのかは最後まで不明でしたが、ほぼ1ヶ月が経ちました。

現在では歩く時の痛みはほとんどなくなりました。

ただ、大きく加重したり負荷をかけると、まだかすかに痛みは残っているかな。


怪我をしてからは毎日、駅までバスを利用していましたが

今日は行きと帰りで15分ほど駅まで歩きましたが問題はなかったです。

100%ではないにしろ、ほぼほぼ回復したといってもいいかと思います。


今年は桜の開花が例年より遅いので、絶望的だった桜ライドにギリギリ間に合いそうです。

完全に諦めていただけに、これは素直に嬉しいなぁ・・・と。

ただ、無理をして悪化させてはいけないので、状況を上手く見て判断しようと思います。

去年は体調不良で5ヵ月半自転車に乗れない状態がありましたが

この乗れない1ヶ月は自分にとってとても長い時間に感じました。


だけど、ようやく自転車に乗れる日が間近に迫っています。

といっても、ツーレポのネタになる場所はもう残っていないんですが

久々に風と一体感になれる感覚が味わえると思うと嬉しいですね。


なんというか、怪我をして日常の当たり前のありがたさに気付いた感じかな。

というわけで、次の休みが待ち遠しい状態です。

心配して下さった皆様には心から感謝申し上げたいと思います!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ