東京の平野部では桜はほとんど散ってしまった(4月17日時点)。


自分は毎年、桜ライドを堪能するのを春の楽しみにしていた。

だが、今年は足の怪我や休日にことごとく雨が降り、満開の桜ライドができなかった。

8〜9割がた散ってはしまったけど、それでも余韻でも味わおうと桜を見に行く事にした。

そしたら、思いもしない美しい光景に出会う事が出来た。



IMG_2178 - コピー
散った桜が川幅いっぱいに埋め尽くしており、まさに桜の川だ。


本来であれば散る前の満開の桜を堪能したかった。

けれども、これは散った時にしか見れない貴重な光景かもしれない。

川全体がこうなっているわけでなく、一部分だけが桜の絨毯になっていた。



IMG_2180 - コピー
パッと見だと道に見えるかもしれないけど、これは川なんだよね。

水の上なので当然歩けないんだけど、こんな道であれば歩いてみたくなる。

ちなみに、これはスマホで縦に撮影したんだけど、ブログだと縦の画像表示が小さくなる。

画像をクリックすると拡大するので、PCの場合は大きい画像の方が雰囲気が伝わると思う。



IMG_2184 - コピー
桜の絨毯の上で鳥さん(同胞)達が羽を休めている。

鳥さん達もコンクリの上で休むより、桜の絨毯で休んだ方が落ち着くのだろう。

川沿いの道から鳥さん達を見ていて、少しだけ羨ましい気分になってしまった。



IMG_2182 - コピー
僅かに残っている桜をパシャリ。

花が散った箇所からは早くも新緑の若葉が姿を覗かせている。

桜の花は確かに美しいけど、自分は新緑の生命力に溢れた葉桜も好きなんだよね。



IMG_2192 - コピー
遅咲きの桜は、まだ半分以上花が残っている。

標高の高い場所であれば4月の後半くらいまで桜は楽しめる。

だけど、東京平野部の桜はほぼ終わってしまったかな。



最後にツイッターに投稿した、桜のウォータースライダーの動画。


コンクリで護岸工事された川は味気なくて嫌いだ。

だけど、人工的な物質であっても、桜が散る時季は良い味を醸し出す。

散った花びらが滑る順番待ちをしているようで、見ていてとても癒された。


今年は思うように桜を満喫できなかったけど、最後に散り際の余韻を楽しめてよかった。

満開の桜満喫ライドは、また来年の楽しみに取っておこうと思う。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ