足のヒビの回復直後に再び足を捻り、約6週間のブランクができてしまった。

その後に復帰したけど、乗車後に軽い痛みが再発してまた2週間のブランク。

そして、1週間前に再々復帰で埼玉県新座市の妙音沢に行った。


幸いにも、その後に痛みが出る事はなかったので自転車に乗る事にした。

といっても、まだリハビリ期間で100キロ越えのライドには不安がある。

「往復80〜90キロくらいで適当な場所はないかなぁ」と考えた結果

久々に大黒ふ頭に行って海風に吹かれてみる事にした。

本当は山がいいんだけど、奥多摩か檜原まで行くには足にまだ不安があるものでして。



CIMG0448
というわけで、サクッと大黒ふ頭にやって来た。

ちなみに、バックに見えるのはベイブリッジであります。

大黒ふ頭は「マッキータウンぶっく3」の未公開ツーレポにて詳細を書いている。

なので、今回もアクセスなどは全て省略の簡易版レポであります。


ちなみに、Kindle Unlimited(読み放題プログラム)を利用すれば

ワタクシの著書全作が月額980円で読み放題となってます。

30日間の無料体験もできるので、期間内に解約すれば無料で読めまする(宣伝)



CIMG0447
大黒ふ頭といえばジャンクション萌えの方々には聖地となっている。

残念ながら、とりさんはジャンクションには萌えない性質なんだよね。



CIMG0451
大黒ふ頭はベイブリッジを真下から眺める事ができる。

ベイブリッジを走る車からは見る事ができない橋の裏の様子を堪能できます。

「橋の裏萌え」の性質がある人には、たまらないと思いますぞ(いるのか?)



CIMG0452
知る人ぞ知る横浜が誇るゴージャス廃墟のスカイウォーク。


ベイブリッジの裏に設けられた遊歩道を進んでカフェなどがある

展望スペースに行ける施設だったけど現在では閉鎖となっている。

そもそも、大黒ふ頭に多くの観光客が訪れるとは思えないんだけど

どういう経緯でこんな金のかかった施設を作ろうとしたのだろうか?



CIMG0453
スカイウォークから大黒海づり公園に移動した。


スカイウォークは前述の通り閉鎖されたので

大黒ふ頭の観光客向けの施設は現在は海づり公園だけである。

ちなみに、公園内は自転車の乗り入れは禁止されているので

どこかに駐輪するか押し歩きで進みましょう。



CIMG0454
海づり公園にある古墳風の展望台。

せっかくなので上って見ましょうか。



CIMG0455
展望台からの眺め。

予想はしていたけど高さがないので、正直微妙な光景である。



CIMG0456
海沿いには広めの遊歩道が設けられている。

展望台よりこっちの方が海を間近に感じる事ができる。

ちなみに、海づり公園だけどこの遊歩道沿いでの釣りは禁止となっている。



CIMG0459
ふ頭だけあって海にはタンカーの姿を多く見かける。


写真だと雰囲気が伝わりにくいけど、肉眼だと結構な大きさだったりする。

まぁ、自分には「船萌え」の性質もないんだけどね。

ただ、海上保安庁の巡視船には少し反応してしまう。



CIMG0458
デジカメをズームすると海の向こうに、うっすらと陸地が見える。

この界隈の地理には疎いけど、あれは千葉県になるのかな?



CIMG0460
海づり公園には何故か池もある。

「池では釣をしないでください」とあるけど、そもそもここに魚はいないと思うぞ。

看板があるくらいなので、中には物好きな釣り師もいるのであろう。


・・・と、こんな感じで簡易レポは完了。

写真を撮る枚数が少ないとやっぱ楽でいいわ。

再々復帰から3度目のライドなので、まだ脚は戻らないけど焦らずにやって行きます。


東京ももう時期、梅雨に入るのでそれまでに少しでも乗るようにしたい。

暑い日が続くけど風と一体になる感覚は、やっぱり気持ちがいいもんだ。

怪我している時は味わえなかった分、最近のリハビリライドはとても楽しめている。

問題は「行きたい!」と思える場所が全く思い浮かばないことなんだけどね(苦笑)


過去のツーレポをまとめた「マッキータウンぶっく1〜3」
Kindle Unlimitedで、対象のkindle本12万冊が月額980円で読み放題。
自著10冊も全てが対象です。まずは30日の無料体験版から

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ