今回は相模湖にあるレトロゲームセンター群を紹介しよう。


相模湖公園内には現在では中々お目にかかれない

レトロなゲームセンターの密集地帯がある。

基本的に自分は昭和の匂いが漂うレトロが好きなので訪ねてみる事にした。




今回のコース。

目的のレトロゲームセンター群はJR中央本線の相模湖駅からすぐ近く。

歩いてでもすぐたどり着ける程度の距離に位置している。



CIMG0677
スタート地点のガラス張りの相模湖駅。

コースガイドを書くまでもないけど、一応形式的にアクセスを紹介して行こう。



CIMG0678
駅前ロータリーから相模湖駅入口交差点を直進する。

ちなみに横切っている道路は甲州街道(国道20号線)だ。



CIMG0679
駅前交差点を直進して坂を下り終わると

相模湖公園の看板があるのでこの先で右折する。



CIMG0680
相模湖公園入口。

レトロゲームセンター群は、この公園内部にある。



CIMG0681
公園内部を進んで行く。

ただ、ここで注意点がある。



CIMG0682
この先は自転車の乗り入れは禁止となっている。

なので、手前の駐輪所を使うか自転車は押し歩きで進みましょう。



CIMG0684
この辺りはカヤックの練習ポイントで、この日も多くのカヤッカー(?)がいた。

ちなみに、この場所は出川哲朗の「充電させてもらえませんか?」でも登場した。



CIMG0685
カヤックエリアを通過して、なおも先に進んで行く。



CIMG0687
すると観光客向けの商店エリアになる。

目的のレトロゲームセンター群はこの場所だ。



CIMG0688
内部はゲームセンターになっており、それとは別にカヌー乗り場もやっている。



CIMG0689
早速中に入ると昭和の匂いが漂うゲーム機が多く設置されている。

最近の近代的なゲームセンターよりも、こういう雰囲気の方が落ち着いてしまう。

子供の頃はこういう場所に来ると胸躍る気分になったものだ。



CIMG0690
懐かしのTV番組「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー」で

人気を博した「イライラ棒」を模したゲーム機。



CIMG0691
謎の玉入れゲームと、昔は定番だったF1ゲーム。

最近のレースゲームは画面がリアルすぎるけど

昔はこういうスーファミレベルの画面が定番だったよね。



CIMG0692
ドリームチャンスというなぞめいたネーミングのゲームと射撃ゲーム。

どっちも初めて見たけど、なんだか懐かしくなるのは何故だろう。


CIMG0693
パチンコとしゃべりオーム。



CIMG0694
自動向けのペンギンとお馬さんが動くやつ。

今ではほぼ絶滅したけど、かつてはデパートの屋上にこういうのがあったよね。



CIMG0695
白バイとタクシーとジャンボフレンド。

ジャンボフレンドは藤子・F・不二雄の知られざる名作である「ポコニャン」だ。



CIMG0697
これはかなり有名なワニワニパニック。

一時期はどこのゲームセンターにもあるド定番だったが

現在では滅多にお目にかかれなくなってしまった。



CIMG0698
バスケットゲーム。



CIMG0700
カプコン座名人会とももたろう。



CIMG0702
お菓子取りゲーム。

これは近代的な機種に姿を変えて現在でも存在している。



CIMG0703
モグラ退治。

昭和のオーラ全開のモグラ叩きゲームだ。



CIMG0704
国盗合戦。

世代的にやった事はないけど、この名前は聞いた事がある。



CIMG0705
ナロディーショット。

ネーミングは色々存在しているけど、コイン弾きゲームは小学生の頃にはよくあった。

ちなみに、とり氏の地元では「やまびこ」という名前のコイン弾きがあった。



CIMG0701
ゲームセンターの奥からボート乗り場に行けるようになっている。

現実的には単価の小さいゲーム機より、こちらの方が本業なのだろう。



CIMG0706
この通りには他にもいくつかのレトロゲームセンターがある。



CIMG0720
ゲームセンター以外にも射的店も存在している。



CIMG0729
「1発の玉で2コ3コおちる」

「初めての方でもかんたんに落ち×」



・・・うん。とても突っ込みどころが多いね。

1発の玉で2コ3コは「どんなゴルゴ13だよ?」となるし

「落ち×」のところは店のセンスを感じる。



CIMG0721
とても魅力的な景品が揃えられている。

上の段の招き猫はコルクで落とすのは物理的に不可能ではなかろうか。

仮に落ちたとしても割れないものか心配である。



CIMG0719
ゲームセンター、ピンポン、無料休憩所、渡船と幅広いラインナップ。

このエリアの店は基本的にゲームコーナーよりもボート乗り場が本業だと思われる。



CIMG0727
懐かしのエアーホッケー台とアンパンマンとばいきんマンの天敵コンビ。

エアーホッケーは現在でも存在しているけど、かつては夢中になったものだ。

最近のはパックが5個くらいまとめて出てくるけど、やはり定番は1個で勝負だよね。



CIMG0728
ここら辺のゲームは現在でもありそうかな。

UFOキャッチャーは年季が入っているけど

奥にあるボートのゲームなんかはわりと最近の物っぽい。



CIMG0724
レトロゲームセンターエリアを抜けると相模湖公園の端っこになる。

この辺りは定食屋や土産物屋になっている。



CIMG0725
子供の頃には良く見かけた、わたがし製造機。

というか、わたがし機は普通に現在でも需要ありそうな気がするんだけどね。



CIMG0726
「新鋭わた菓子自動販売機」


・・・うむ。見るからに時代の先端を行く新鋭感が漂っている。



CIMG0723
レトロ探索を終えて相模湖を眺めながら小休止。


レトロ好きな自分としては、現在では数少ないこういう場所は大満足である。

公園内部は自転車の乗り入れができないけど、押し歩きでも見に来た価値があった。

定食屋や土産物屋で補給もできるので、相模湖に来たら立ち寄ってみてはいかがでしょう?


「ロードバイク入門の入門」と 「ロードバイク基礎メンテナンス」です。
Kindle Unlimitedで、対象のkindle本12万冊が月額980円で読み放題。
自著10冊も全てが対象です。まずは30日の無料体験版から

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ