CIMG0788
冬用自転車グローブを購入した。


今まで冬は手袋を二枚重ねで使っていたけど

一服休憩をする時などに脱いだり着けたりするのが面倒だった。

「だったら冬用の厚手のグローブを購入しよう」と思い至ったわけです。

最近は夜間ライドもやっているので、やはり厚手の冬用は用意しておきたかった。



CIMG0789
装着してみた。


Amazonで2399円(購入時)と低価格なわりにレビューが良かったのでポチった。

カラーも好み出し何より二枚重ねの煩わしさから開放されたのが嬉しい。

【Amazon】HIKING 自転車グローブ



CIMG0791
人差し指と親指の先には銀のコーティングがある。


これはグローブ装着時にもスマホのタッチが出来るための加工だ。

実際に試してみたけど、カメラアプリで写真を撮るくらいは問題なかった。

だけど、文字を入力するとなると脱いだ方が早く済むかな。



SnapCrab_No-0002
手のひらには衝撃吸収パッドが入っている。

だけど、元々生地が厚めだからパッドはなくても問題はなさそう。



SnapCrab_No-0001
生地は防水仕様になっている。

基本的に雨の日に乗る事はないけど、出先で降られた場合にあるに越した事はない。



SnapCrab_No-0000
保温性に優れた3層構造で防風・防水機能が備わっている。

この価格帯でこれだけの機能があれば文句はあるまい。


で、実際に使って見た感想を書いてみよう。

上で書いた事はメーカーの謳い文句なので、実際の体験に勝るものはない。


12月の朝の5〜8度くらいの気温では、指先に少し寒さを感じた。

だけど、走行には全く問題はないレベルだった。

日が昇ればむしろ手が暑いくらいなので、防寒性としては悪くない。

まだ試した事はないけど、5度以下の気温だと少しキツイかなと思った。


シフトチェンジなどの指周りの操作は、生地が厚い分モタつく感じがあった。

だけど、これは慣れの問題なので、乗り始めて数時間経てば感覚がつかめてくる。

何回か使って洗濯すれば生地も手に馴染んでくると思う。

実際、乗り始めの感覚と帰還前ではフィット感が変わった感覚があった。


防風対策のために表面の生地は硬めになっているけど

裏の生地は柔らかい毛生地なので保温性は高い。

先にも述べたけど日が昇ってくれば暑いくらいに感じた。

ただ、この価格帯なので熱を逃がす通気性は備わっていないと思う。


邀撃吸収パッドは生地が厚いのであってもなくても変わらない印象。

スマホ操作はカメラなどの単純操作であれば装着してても操作できる。

ただフリック操作には反応しなかったので文字入力は向いていない。


総括としては、この価格である事を考えると優秀だと思う。

早朝や夜間、標高の高い場所では正直不安は残るけど

朝に出発して夕方には帰還するプランなら問題はない。

より高い保温性や通気性を求めるなら、安心のパールイズミを選ぼう(高いけどね)。


そんなわけで、冬もガシガシ走りたいと思います!


【Amazon】HIKING 自転車グローブ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ