先日、出先でパンクをした。


「あー、もう。めんどくさいなぁ」と思いながら修理を開始。

チューブ交換をしてタイヤを貫通したガラスを取除き、携帯ポンプをセット・・・しようとした。

だが、ポンプの口がチューブのバルブを一向に噛んでくれない。


「バルブが壊れているのかなぁ」と思い2本目のチューブに交換をした。

だが、それでもポンプの口がバルブを噛んでくれない。

この時になってようやく、携帯ポンプが壊れている事実に気付いたのであった・・・。


パンクとは3年以上無縁だったので、まさかポンプの故障には気付かなかった。

というか、ポンプが壊れるという発想自体持っていなかった。

たかがパンクごときで帰宅難民になる恐怖に襲われるとは思いもしなかったよ。


何度もトライした結果、強引にバルブを噛ませることには成功。

しかし、空気圧が一定水準を超えるとポンプのホースから空気が抜けていく音がする。

どうやらポンプの口だけではなく、ホース部分もダメになっていたようで・・・。


スマホで検索したら幸いにも5キロほど先にサイクルベースがあったので

とりあえずは乗れる空気圧を確保してなんとかたどり着く事に成功。

いやー。この時はあさひさんが神様のように思えましたよ(せめてものお礼にチューブ購入)。



CIMG0794
というわけで、帰宅後に携帯ポンプを速攻でポチる。


RANIACOというメーカーでAmazonで2000円前後と安価。

だけど、レビューは良かったので物は試しという気持ちで購入。

Raniaco ミニ携帯ポンプ 米式/仏式バルブ対応



CIMG0800
長さは約19センチと携帯ポンプとしては非常にコンパクト。

重量は160gと軽いわりに、耐圧力は260PSIとパワフル。

自分はウェストポーチに入れているけど全く余裕だった。



CIMG0798
ホースをセットするとこんな感じ。

ポンプの中にホースは収納できないけど、この価格帯なら文句はない。



CIMG0795
付属品。

ボトルケージにセットするためのアタッチメントや

用途はないと思うけどボールに空気を入れるためのピン針もついている(使わないけどね)。



CIMG0796
ご丁寧な事にパッチとヤスリまで付属しております。

紙のヤスリは濡れると柔らかくなるけど、アルミ板のヤスリは案外使えそう。



CIMG0801
ポンプをバルブにセットした様子。

直付けタイプのポンプだと、ポンピングの時にバルブの付け根を痛めやすい。

だけど、ホースで噛ませるタイプだと、そのリスクは軽減されるのでオススメ。


試しにポンピングして見たけど、携帯ポンプにも関わらずアッサリと7気圧以上入った。

以前使っていたのは5000円近くしたけど、7気圧まで入れるのが大変だった。

携帯ポンプのいつの間にか大幅に進化していて驚いたよ。

この性能で2000円前後というコスパには脱帽です。


今回の経験を元に道具類も定期的に点検しないとダメだと実感した。

いざ使おうと思った時に壊れていたとなると、かなり笑えない事を身を持って体験しました(苦笑)。

というか、今までずっと壊れたポンプを持って走っていたのかと思うと恐ろしいね。


皆様も一度、ポンプの点検作業をオススメします。



Raniaco ミニ携帯ポンプ 米式/仏式バルブ対応


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   人気ブログランキングへ