初売りの帰りにアン様が、「消えた遊園地」が近くにあると曰う。 廃墟マニアの私としても、非常に興味を惹かれるところ。
大きな地図で見る 確かにナビで見ると、北上川の中州に怪しげな道路が引き込まれている。 これは行って見るべきでしょ(^^)。 中州は、住宅街から急に川面に向かって落ち込んだ 崖のような道路の先にある。 さていよいよ上陸。 サニーランドへ渡る橋(写真は中州側から撮影) ヘロヘロの欄干のない橋が、中州まで延びている。 橋の状態よりも気になるのは、「轍」。 住宅街の生活道路並みに車が行き来した跡がある。 中州に人が住んでいる?。 ドキドキしながら橋を渡り終えると「関係者以外立ち入り禁止」の看板。 やっぱりね。看板手前の場所に車を捨てて見える範囲を眺めさせていただく。

橋を渡った目の前に、突如第一の廃墟物件が。 サニーランド蛇の島 コンクリの階段、四角い壁。 これはもしかしてプールの跡? 詳細マップを見ても
大きな地図で見る この形で水面の表記。(右は北上川) 確かにプールの様子。 雪に覆われたプール跡は、危険が伴うと思われるので これ以上の侵入は控えます。 廃墟はどうやら奥にもありそう。 凍り付いた雪道を奥へと進む。 やはり道路には延々続く轍。 人と出会わないことだけを祈る。 しばらく進むと右手奥に驚きの建物が! 20090102200055.jpg 洋館!? ズームアップすると 20090102221507[1] 確かに立派な洋館だ。 数々の廃墟HPで見てきたような光景が目の前に!!。 我々兄弟は息をのんで、洋館に近づく。 が。 その思いは一気にかき消された。 洋館から聞こえる「犬」の鳴き声。 それも一匹や二匹の声ではない。 大量かつ大小様々な種類の犬たちの鳴き声が聞こえてくる。 飼われているのか、勝手に繁殖しているのか。 とにかくこれ以上近づいてはいけないと察知した我々は 車へ戻り、即座に中州を後にした。 この洋館、やっぱり気になる。 帰りがけ、俯瞰で洋館を見てみようと、崖上の道路から見える位置を探す。 ・・・しかし、全く見えない。 自然のバリケードに囲まれて、その姿を見ることが出来ないのだ。 辛うじて 20090102200057.jpg 葉っぱが落ちた木のスキマから、屋根の一部を見ることが出来るだけ。 完全に周りの空間から隔絶されているこの一画。 近所の人でも、この洋館の存在を知らない人もいるのでは?。 帰宅後この洋館を含む遊園地について検索すると 『サニーランド蛇の島』 という私設遊園地が存在していたのだそうです。 あのプールはやはり遊園地の遊具施設の一部で 洋館は管理事務所兼、レストランとして使われていた様子。 洋館については 「盛岡市のブルー・シャトウ」←こちらのHPで詳細が紹介されていますので参照のこと。 しかし、なぜ この遊園地はたったの『三年』で閉鎖になったのか。 各HPを見ても「諸般の事情」とか、曖昧な理由しか挙げられていません。 ・・・・・・ これは、地元の古い人からアン様が仕入れてきた話なので 裏付けは全くありません。 子供達が遊ぶ遊具。 その中の一つに、鎖がウインチで引かれる動作をする物があった。 (資料が無いので、何の遊具かは不明。ゴンドラの様な物か。) 楽しくて、はしゃぐ子供達。 その中の一人が、機械部分をのぞき込んだ。 その瞬間、鎖が首に巻き付き・・・・ どうやら、身体と首が離れる最悪の事故が起きてしまった。 らしい。 あくまで「らしい」という地元の噂に過ぎませんが、 僅か三年で閉鎖されるには十分過ぎる理由ですねぇ(>_<)。 旧川○デパートの屋上遊園地閉鎖の理由も 観覧車からの転落事故と聞いていますし・・・。