こんなところへ行ってみたい

「こんなところへ行ってみたい ← webサイト」 年中旅行と遊ぶことを考えている 晩年はこんな人生で良いと思うが・・・ お金? そりゃあ無いよ でも、必要な時、必要なだけあれば良い 使いたい時、使う分があればよい、なんてね・・。 「人生常に前向きに、済んだ事は仕方ない」をモットーに 本格的に海外ロケを始める・・・ カメラを持ったら人生が変わる・を 地でいくような・・日常はロードバイクに填っています。

後期高齢になっても新たに学べ

iPhoneXを買った
僕じゃあない・・けど親切な僕は色々とやることが多くてテストも兼ねて

どうしても着信音に◯◯の音楽を入れたい
まあiPhoneを買ったら既存の着音では満足できなくて
好みの音楽を皆さん入れたいんですよね〜僕も当然入れていますが

Mac使いの僕は簡単にやっていました
Winは判りません・・・トホホ・・って言う状態で勉強です

グーグル先生のお世話になりながら色々やってみました

当の御本人はAppからDLしたり、保存したりとそれなりに頑張って
なのに一向に入っていない
やり方の手順が違って居ることを告げるんですが
「ほんなことは無い、ちゃんとやった!」の一点張りで
わからないまま、手順説明を読まないで先に進んでしまう
だから一向に出来ない、と言う結果を招く

兎に角この手の品物はコンマ一つ
スペースが半角かどうかで動かないのが常で
どんな人でも説明の手順を踏まないことには出来ないんです

あらゆる物を使ってテストに僕がやってみた
何でも良いからと「◯△」と名付けて着音に入れたのは良かったのですが
もう削除ができない、削除出来ないと言う話が多くて皆困っているようで

1アイチュン















iTunseを何回も試みるがどうしても駄目・・・

一旦バックアップやり直し
「ようこそiPhoneへ」の初期画面から再スタート

此れが又面倒な事になって、次々立ち上げるアプリがIDとパスを求めてくる
「Wallet」に入れてあるクレカなどは全部消えてしまって
戻せるものはすべて戻して、なのにですよ
iPhoneからの画像を取り込もうとプレビュー起動
画像の一部しか認識してこない、此れも格闘の末何とか復帰出来て

もうiPhone7に入っている着音そのまま入れっぱなしでホットキます
スマホ持ったら人それぞれにやりたいことも使うアプリも違ってくる
人様のアプリを自分のiPhoneで検証するというのはとても勉強になります

2チェン
















そこで気分転換です
自転車のチェーン交換をやってみた

こんなに簡単なの・・って言うくらいあっけなく終わった
気をつけることは、表裏と進行方向、これさえ確認すれば簡単

3SDカード
















ドラレコ用のマイクロSDカードが届いて

ドラレコ向けで重視すべきは「耐久性」と「信頼性」
買う際は、「High Endurance」の文字を目印にする
「High Endurance」とは、高い耐久性(高耐久)を意味する言葉
ドライブレコーダー向けのマイクロSDカードは、「High Endurance」シリーズ
製品パッケージに「High Endurance」の文字がプリントされており
ドライブレコーダーや監視カメラに最適なmicroSDカードらしいが

暑いから車に閉じこもってのカード初期化はその内やろう


開通前の道路

今朝もいつもと同じ時間に起きて
朝の間に走っておこうかな〜と腹ごしらえ、まずご飯
勿論顔も洗って歯も磨いたよ・・・

4:30amまだ暗いのでライト点灯でスタートです

1まだ暗い
















白山街道は既に24℃、 夜中も気温が下がっていないんですね

躊躇いなくバリケード突破、いかんいかん!良い子は真似をしないでね

2旧道
















下に今まで走っていた道が見えます、もうすぐこの道は閉鎖されます

3新道
















新しい道はこんなの、坂を上って下ってが無くなります
狭いカーブでオーバーランしてくる対向車、後方からピッタリ付く車
それらを気にしないで走られるのは有り難いのですが

4小野町
















途中には近い将来ダムで埋もれるであろう「小野町」の碑があって
下を覗くとかつての「小野町」が有るのか無いのか面影だけが
何年も経って忘れられた頃懐かしく思い出すんでしょうね

5神出川
















神出川「じんでがわと」読むそうです

6上から左
















下を見下ろすと今迄の道が、来た方を見ます

7上から右
















その先はこれ、この高低差がなくなりました

8又此処
















又来てしまったお馴染みの所、一気に下って

9通行止め
















末には行かないで途中を左折します、すると・・・
先日の災害の爪痕がまだ修復されていません

10滝波ダム
















途中を左折して「滝波ダム」に来て、ここから帰路につきます

本日の走行時間=2:36.18
本日の走行距離=62.62km
本日の平均速度=22.1km
本日の最高速度=46.6km
2018年走行距離=5496.3km
本日迄の総距離=66957km

やっぱり8:00amを過ぎた頃から暑さが増してきました
猛暑続き故にロングが難しいですね

国内正規品をゲット

僕の手元に届いたのは5年前の13年10月の事だった
「オークリー レーダーロックパス アジアンフィット サングラス oo9206-06」

1ミラー剥がれ
















5年近く使うとミラーもそこそこ剥がれてきて
延べ日数500日はゆうに太陽に晒されてきた勘定になる

オークリー、良いんですが高いんですよね〜
それだけに偽物が多いことでも有名で

「オークリーサングラス格安」でググってみるとその数半端ない
中には交換レンズが数枚付くなんて言うものもある始末で
オークリーが言うには交換レンズなんて付きません・・が本当らしい

この手の物は見る人が見るとすぐにバレるんですから辛いです
僕はもうそれなりの歳なんだから此処は本物でしょうね〜と
中にはオリンピック選手「小平奈緒、高木美帆モデル」を選ぶ人もいる
やっぱり高くても正規品ですよね〜

2欲しいのは此れ
















お気に入りを探してもやっぱり欲しいのは此れで
「レーダーロックパス アジアンフィット サングラス oo9206-06」なんです
最初使ったのが此れでとても気に入っています、だから今回も

でもブルー系の色も欲しいんですよね悩みは尽きないし

3届いた
















届きました

4欲しいのは此れ
















そりゃあもう、ミラーのレッドが眩しいです

5ブルー
















悩んでいても仕方ないよね、とブルーも選択して

6レッドとブルー
















同じミラーってどうなんだろうね〜

此れで80歳までの残り数年は大丈夫ですね

涼しい池田を二回り

魚見トンネル前の温度計、上った時は27℃、それが帰りには31℃
池田と言えどもこの時期は異常なくらい暑いんですね

魚見を下って味真野に入った頃には背中に照りつける太陽の暑さが半端ない
やっぱり暑かったよ、多少でも涼しいな〜と思えるんだから池田は良いよね

今日は5:00amスタートでした

1夜明け
















北日野の田園で昇ってくる太陽を「暑くなるんだろうな〜」と眺めつつ
あくまでもマイペースで魚見の坂を昇って、誰にも会いませんでした

2魚見
















トンネルを抜けたら一面のガス、ヒンヤリとした空気が気持ち良い
ガスで見通しの悪い中かずら橋まで走って一休みを決め込む

3川沿い
















冠峠への路線は渓流沿いの道でとても涼しいんです
ほとんど人通りがない、どころかたまに工事関係の車が通る程度で
この道はとても走りやすく、この暑い時期にはもってこいの道です

道すがら梅雨明けに似合う花
「ねむの木」薄いピンクの色を付けた花が目立ちます

4天池
















天池の看板をみて引き返し 「こってコテいけだ」に
美山に下りたら暑くなって大変だろうな〜戻ろう・・

魚見トンネルを抜けて味真野方面に下ります
下っている途中前からお二人さん「あきらさんご夫妻」が上ってこられて

止まってご挨拶だけの筈だった、なのに・・・
これで何度目・・今回も拉致されました 爆

トンネルを抜ける前に池田は涼しいから徘徊しても良いかな〜
そんな風に思ったんですがね、まさか本当に池田で距離を稼ぐとは

5南雲さん
















再び天池から更に冠トンネルの工事現場まで行くことにしました

6トンネル手前
















此処までと思ったのに、現場までと

7冠10
















これ以上先には行きません、この辺はパンクしそうな道ですね〜
Uターンして今日二度目の「こってコテいけだ」
此処でお別れです、あきらさんご夫妻は清水谷トンネルから
僕はもう一度魚見トンネルに、少しでも涼しい池田に居たいからね

本日の走行時間=5:15.38
本日の走行距離=115.04km
本日の平均速度=21.8km
本日の最高速度=46.9km
2018年走行距離=4971.72km
本日迄の総距離=66413km

味真野に入った頃には背中に照りつける太陽の暑さが半端なかった
あきらさんご夫妻のお蔭で今日も三桁走行が出来ました

ありがとうございました、又拉致されるかもね〜
午後からは蒸し暑さが強烈で、身の危険さえ感じるような暑さです
早立ち、早めの帰宅、これに限りますね

もっと早く見るべきだった

Di2導入からもう数年が経っている、と言うのに知らなかった
取説、と言っても薄っぺらい紙一枚、そこには書いてあるんです
「ACアダプター使用の場合は1.5時間、USBポート使用の場合は約3時間」と

僕なりに手持ちのACアダプターに接続して充電をやっていた
いつも3時間以上・・・4時間近く接続したままだったんですよ

今日E-tubeなるアプリを覗いてみた、その序の出来事だったんです
何気にシマノのサイトを覗いてみたら

1耐処方







充電は出来るんですよ
赤線を引いた部分の記述が気になって手持ちのACアダプターを見てみたら

2充電器
















その前に充電器ですよね、それも見てみた
INPUT 5V=1Aですね

3これは遅い
















で、手持ちACアダプターです
え〜古いんだね〜まさかの5V=0.7A そんな〜〜
そりゃあ時間かかる訳だね! と納得

シマノを疑うわけじゃあ無いが、この手のものは書いてある通り行かないし
3時間以上かかっても「そんなものか〜」くらいに思っていて

じゃあ最新のACアダプターを、いや!ちょっと待て

iPadの充電器でiPhoneを充電するとやたら早いんですよ

知る限り、アップル製品には取説がない
説明書を読まなくても使い方がわかるのがiPhone、iPadなどのアップル製品
iPadに付属のACアダプタでiPhoneを充電しても問題ない・・と言うことは

iPadに内蔵されている大容量バッテリーを高速充電するには
USBの規格を超えた電力が必要なんです

4アダプター
















iPadに付属するACアダプタは、電圧が5V、電流が2.1A
「電力=電圧×電流」ですから、このACアダプタは10.5Wの電力を供給できる

iPhone、電圧5V×電流1A=5W、10.5vs5=単純に2倍ですね

iPad付属のACアダプタ(10.5W)を使うと
iPhoneに付属のACアダプタ(5W)より速く充電が完了
これをDi2(5V=1A)の充電に、だったら取説通り1.5時間で充電完了は可能なわけだ

5テスト
















手始めに、テストも兼ねてライトの充電を試みています

何かにつけ取説なる面倒なものを見るのが嫌いでね
使って覚える、余程のことが無い限り見たことないし

ぼ〜っとしていないで、商品を入手したらしっかり取説を読もうよ・・・ね〜
2015年2月からアホなことをやっていました
僕の三年を返してくれ〜

暑いから・と

暑いからと言って走行距離が短い
じゃあ寒ければどうなんですか〜? 涼しかったらどうなんですか〜?

毎日本当に暑いんです、外で動くのはきついよね〜
と、言うことで今日も早立ちします、早く戻ってくる予定で出かけました

4:45am、白山方面に向かいますが、笠倉トンネルを抜けるまでライト点灯

1泰澄の道
















織田を走り抜け、いつものお気に入りの場所でストップ
気持ちの良い下りなので止まるのは勿体無いんですがね

2ノウゼンカズラ
















末への上り「ノウゼンカズラ」
今の時期この花が目立ちます、到るところで咲き誇っています

ブラブラと坂を上りながら考えた
最近100キロを超える走りをしていないな〜
暑さに言い訳を求め勝手にこのくらいで良いだろう・・と距離も短い

では寒かったら走るのか?
丁度よい気温、これっていつなのか、涼しかったら走るのか?
そんな事を自問自答しながら上りを喘いで

暑いけれど今日は曇り空、陽が照りつけていない分楽だろう
だったら三桁行こうかな〜なんて思ってね

3足湯
















時間外なので、朝風呂はいかんでしょう・・・先に進みます

4三国
















珍しく誰もいない「三国道の駅」トイレだけ拝借して

5丸岡城
















8:10am、丸岡に入って朝ご飯を食べて「丸岡城」で一旦停止

6並木道
















グリーンセンターの並木道でも一旦停止を決め込んで
朝倉道の駅に立ち寄り、この状態なら遅くとも11:00には戻られるな

本日の走行時間=5:08.25
本日の走行距離=120.19km
本日の平均速度=23.3km
本日の最高速度=50km
2018年走行距離=4856.68km
本日迄の総距離=66316km

晴れ予報が若干遅くなりました、照りつける前11:00am前には戻りました
蒸し暑くてべったり汗をかいて戻り水シャワーの気持ち良いこと

勝手にこのくらいで良いだろう・・と走行距離も短いと三桁が辛くなる
そんな身体になってしまうかもと、1周間振りの三桁走行を試みて
やっぱり辛かった、もう少し涼しかったらなんて言い訳は辞めておこう

先日teraさんが「トップチューブが・・・云々」と、同じく汗で際立つほどの痕が

70年程勘違いをしていた

正確には50年くらいと言った方が良いのかも

足のサイズなんですがね
長年25.5cmで典型的な甲高だんびろだと頑なに信じていた我が足

決まっていますね〜そのスタイル・・・
バイクは高級◯◯でウエアはバッチリ◯ソスで上下決めて
アイウエアは◯クリー・・・・足元を見れば、おお〜と思う形で決めて

そんな思いもあって一度シマノから離れてみたかった
格好だけに憧れて履いてみたかったシマノ以外のシューズ

それがね、指に血豆は出来るは節々の所が赤く腫れ上がって
痛いったらありゃあしない、3日で慣れるというが3日で嫌になった

今回はシマノからM番長さんが言うところの「浮気」そう、浮気しちゃったんです

でも「履きなれた靴」に戻ってきました
心配性な僕はそこらへんのスポーツ屋を、靴屋を何件もハシゴして

今迄の思い込みは何だったんだろう・・・
ところに寄っては採寸台に足を載せて長さ、ウイズを測る
所によってはコンピュータ診断で測ってもらって

1足型
















結果がこれ
左足は25cm 足幅は10.1cmでウイズはEE
右足は24.4cm 足幅が9.7cm ウイズはE

決して甲高でもだんびろでもない

数件でも同じことを言われた「アーチも綺麗で至って標準ですよ」

ほう〜今迄の靴選びは・・・目から鱗状態なれど長年の思いは変わらないし
そこで神経質な性格はシマノに電話まで掛けさせてしまった(苦笑なり)

シマノのお兄さん、シューズの購入店のお兄さんに色々アドバイスをもらって

2RC7
















届きました

今迄の2足はワイドを選んでいたのですが、今回はノーマルです
早速足入れの儀、ビックリしましたシマノのお兄さんが言った通り
「従来の靴とは根本的に作りが違いますので云々・・・」

なんとまあ、ここまでしっくり、ピッタリしている靴に出会えて喜んでいます
「カスタムフィットに準じます」というのはあながち間違っていないような

やっぱり僕はメイド・イン・ジャパンな足なんです、だから靴も信頼の

それに
BOAダイヤルを使ったシューズをお使いの皆さんご存知でしたか

信頼の「BOAダイヤル保証システム」

この保証もありがたいですね

ではクリートの取り付け、これで前回良かったのでこの手順に従います


目覚めが早くてね〜

寒かろうが暑かろうが、前日野暮用で寝るのが遅かろうが
大体目覚めは3:30~4:00、こんなのは羨ましくも何ともない事であって

新聞読んでもたもたしていても他にすることがない
ご飯の炊きあがり時間を早めにセットしてあったので朝ご飯を

5:45amにスタートして

朝練から戻ってこられたホシマルさんにすれ違いざまの「お早う〜」

1白山はモヤ
















白山街道はどうにか霧も晴れてきて、暑くなりそうですね

2解雷ゲ清水
















解雷ゲ清水で「米ノから上がって来るであろう」お方を待つが
待ち時間が長すぎて下っていると大工のMさんが上がってこられて
立ち話をしているとホシマル奥様が上がってこられて

そんな時「米ノから上がって来るであろう」M番長さんが

今朝の目的は本来3名のお方と・・でもお一人増えて得しました

糠から海岸線に出ます

3越前道の駅
















「道の駅越前」で1つぶやき

4呼鳥門
















人気の無い呼鳥門で2つぶやき

5三国道の駅
















道の駅三国で大勢の人がソフトクリームを舐めているのを横目にして
丸岡方面に向かうことをつぶやいて

6丸岡城
















ここで「DE ROSA」乗りのお兄さんと暫く話し込んで

朝倉道の駅で一休みして
teraさんのお宅を直撃、少し前に戻ったところだとか
相変わらず、油断も隙も無いです〜しっかり走っておられますね
ウカウカしていられないんですよ、距離が詰まってきます(爆)

オモテナシありがとうございました

本日の走行時間=5:36.11
本日の走行距離=131.57km
本日の平均速度=23.4km
本日の最高速度=48.6km
2018年走行距離=4239.09km
本日迄の総距離=65697km

今日もそうなんですが、これからの時期は早立ち、早めの帰宅
目覚めが早くてね〜昼過ぎに帰宅、涼しい間の行動に限りますね

久々のブログは愚痴や・・・

クリート位置を下げてみた

膝痛の原因は?
クリートの位置だけじゃない
原因として可能性が高いのが「ポジション」

膝痛の原因として一番に思い浮かぶであろう、クリート位置
実際にはポジションの次に考えられるもの・らしい

膝痛を起こさない正しいクリート位置
親指の付け根の膨らんだ部分と、小指の付け根の膨らんだ部分を
繋いだ線の中心部をクリートの中心にそして大切なのが、角度

今更何を・・・そんな声が聞こえてきそうな
でもこれは永遠の課題のように思います

先日来シューズで悩んで中敷きで悩んで
人様の意見を聞いて「中敷きの下に厚み2mmの中敷きを追加してみた

早速検証走行を試みた

1膝が痛い
















今までに感じたことのない痛み、すなわち画像と全く同じ所に痛み発生
しかも行儀よく左右の同じ所に痛みが発生して

うん!中敷きで足が高くなった分だけサドル調整かな〜?これ嫌だ!

で色々ググってみると、今更ながらの目からウロコ

クリートは前よりに付けるのか(浅い)後ろよりなのか(深い)

2母子球















「これが今までの拘りだった」
まずは母指球と小指球の位置を結んだラインと平行にクリートを

3湧泉
















湧泉の位置
中心位置(クリートにペダル軸のラインが書いてある)を湧泉の位置に合わせます
これが初めて知ったことなんです、皆さんは知っておられたんだろうな

4ペタル軸
















初めて確認をしてみたら、クリートにペタル軸のマークがありました
初めて知りましたこのマーク、皆さんは知っておられたんだろうな

5シューズ

















湧泉の位置を確認してクリートを取り付けてみました
結果今までよりクリートの位置が下に来て3mm程深くなりました

海外から学ぶ、本当のクリート位置

クリート位置の話、クリート位置は拇指球じゃなくて土踏まずの前側

クリートを前に付け浅いとケイデンスは上がって早く回せる
深いとケイデンスは落ちるが・・・云々と言われているが

次回この事を検証してみたいと思っています
アーレンキー持って走らないとね

一緒やいっしょ!って言う人が羨ましいです

迷って嶺南に、焼けちゃった

夏日になるようです、暑くなるようです

1朝は寒い
















6:05amに家をでました、う〜寒い! 

2少し休憩
















今庄越えて365スキー場への登り口、何時も休憩します
今日は写真だけ、この辺りで暖かくなってきました

行き先は「もんじゅ」です、足と相談して「立石岬」にも
敦賀に下りながら思った、帰りは此れ登るのか
嫌だな〜と下りながら思った

3佐田海岸
















関峠を走って
佐田の海岸線に出る手前を左折して知らない道に入ってみました
ぐるり回って同じ海岸線にでました

4水晶浜
















水晶浜までの海岸線は何時走っても(雨は駄目だよ)
何時来ても、とても気持の良いコースですね

5もんじゅ
















久しぶりの「もんじゅ」
水晶浜を走り抜け進んで「もんじゅ」に来ました
今年初めてです、又来るんだろうな〜
県外ナンバーの釣りをする人の車が多いです

馬背峠を越えたら分岐を左折して「敦賀原電」方面に

6色ヶ浜
















途中の「色ヶ浜」は晴れた日に見るべきですよね

7原電
















「敦賀原子力館」にお姉さんにお会いしに来たのですが

8原電休館
















あらら!「本日休館日」
綺麗なお姉さんに冷たいお水を貰うことは出来ませんでした

休館とあればやむを得ない、5キロ先の立石岬に行って、戻って

敦賀に戻ってお昼ごはんを食べることにします

なのに、又々あらら!

9パ軒休み
















ここもお休み
次に訪ねた某食堂は満席で時間待ち状態
こんな時のコンビニとばかり、ここでオニギリを買って
ぶら下げて少し走って甥っ子の家でお茶もらいながらお昼食べて

帰りは此れ登るのか、嫌だな〜と下りながら思った
その嫌な道を何とか上りきって

本日の走行時間=7:16.27
本日の走行距離=154.14km
本日の平均速度=21.5km
本日の最高速度=51.4km
2018年走行距離=2979.98km
本日迄の総距離=64335km

途中の道の温度計はそこら中で「30℃」表示
寒いのも嫌なんですが暑いのも嫌ですね〜

月別アーカイブ
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ