ommwriter_logo@公開日誌 ウェブ暦:091208.02

最近のデスクトップPCは年々大画面化しつつある。

ビジネスにおいてだけではなく、家庭ユーザーの液晶でも17インチが一番多いというアンケート調査を2年ほど前に見た

そうした大きな画面で仕事やブログなど、文章(文書)に集中しようと思った時、横にチラチラ見えるアイコンが気になって集中できないことがある。

そうした人たち向けに書くことに集中するためか、“フルスクリーンエディタ”が最近は多い

そうしたアプリは、いくつかのIT系情報サイトやブログでも紹介されているし、Windows、DOS-V用ではいくつかあるようだ。代表的なところでは、「WriteRoom」がある。

多くのフルスクリーンエディタは、やはり背景が黒のものばかり(「WriteRoom」は変更可)。

今回知った「Ommwriter」(β)はMac専用(現時点)で、フルスクリーン(背景)が真っ白心地よい環境音楽のようなサウンドまでデフォルトで用意されている。しかも、現在は無料で日本語でも利用できる。

但し、Mac OS 10.5以上が必要となる。

最初「Omniwriter?」(米Omni Group)と勘違いしたら「Ommwriter」だった(実に紛らわしい)。

さて、「Ommwriter」は、文章を書くエリアを自由に設定できるし、「Save as .txt(保存)」するとデフォルトでMac専用エディ「テキストエディット」ファイルとして保存される。

もちろん、そのファイルを、私必須のエディタ「iText/iText Express」で、開いたり保存し直すこともできる。

なお、Mac、Windows、Linuxという方々には「JDarkRoom」がある。

またシンプルで目立つアイコンは、Dockに入れても一目瞭然だ。


▼20インチ以上の液晶ディスプレイ利用者が増加——自宅のパソコンに関する調査

http://japan.internet.com/research/20091117/1.html

▼霊感の世界にいざなうエディタ、Ommwriter
http://lifehacking.jp/2009/11/ommwriter/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Lifehackingjp+(Lifehacking.jp)&utm_content=Google+International

▼物書きのための集中できるテキストエディタ「Ommwriter」
http://www.moongift.jp/2009/11/ommwriter/

▼やわらかで静かな空間で文章を書く場所。OMMWRITER。
http://vanillate.org/archives/704

▼書き物に没頭できるようなシンプルな見た目とBGMまで用意してくれたフルスクリーンテキストエディタ『OmmWriter』
http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-2585.html

▼美しいワープロ - Ommwriter
http://d.hatena.ne.jp/KZR/20091207/p1

▼WriteRoom書斎のような静かでシンプルなエディタ
http://vanillate.org/archives/434

▼やっと揃ったWriteRoomでウハウハ同期生活は、Automatorで。
http://krkaoru.blogspot.com/2009/11/writeroomautomator.html

▼シンプルでフルスクリーン表示できるテキストエディタ『JDarkRoom』
http://veadardiary.blog29.fc2.com/blog-entry-1633.html

※ 「Bianchi」のソーシャルWebアクティビティ一覧はこちらから
〓 macume's FriendFeed 〓
http://friendfeed.com/macume
尚、携帯アクセスは『Bmail』(左カラム上)、「QRコード」(左カラム下)から

【おすすめブログ】
(1)Mac専用なだけではない。国産フリーエディタ「iText/iText Express」が、この上もなく重宝な「5つの理由」

http://blog.livedoor.jp/macumeld/archives/1010223.html

(2)Macユーザーにお薦めの原稿用紙フリーソフト
http://blog.livedoor.jp/macumeld/archives/670475.html

(3)ブログの更新頻度を高めてくれる「ScribeFire Blog Editor」ーー国産のブログでも利用できる
http://blog.livedoor.jp/macumeld/archives/930972.html