f6f8eac3.jpg@公開日誌 ウェブ暦:090217.02

 現在の各Webブラウザ陣営は、JavaScriptエンジンの高速化競争の感を呈している。その実行性能や処理速度がブラウザの評価、ひいてはシェアに繋がるからだ。

 『Firefox』、『Safari』、『Google Chrome』など各陣営も次期バージョンへのJavaScriptエンジン実装を加速させている。

 そうした中、ノルウェーの『Opera』も先週になりJavaScriptエンジン「Carakan」を発表し、このブラウザ高速化競争に参入してきた。

 各々のブラウザ陣営では、ベンチマークテストを発表しその処理速度の向上にしのぎを削っている。

 こうした背景には、Flashや各種プラグインあるいはAjaxなど、様々な技術による多様な表現を実現するRIA(Rich Internet Application)コンテンツの増大が上げられる。

 その一方で、高速化ではなく、インターフェイスやUXによるブラウザ開発という方向性もある。

 例えば、Firefoxのアドオンで有名な『Cooliris』、Amazon用検索エンジン『Amaznode』などの新しいブラウザ体験である。

 今回紹介する『SpaceTime3D』は、3Dインターフェイスによるブラウザである。

 3Dブラウザは、今回が初めてというわけではない。

 2005年8月、NTTソフトウェアがエンタープライズ向けに『SpaceBrowser』をリリース、2007年には、ユビキタスエンターテインメントが『サイトスニーカー2007(β)』を発表した。

 サイトで見る限り、『SpaceTime3D』はそのインターフェイスは、先日紹介した検索エンジン『Searchme』と同様にカバーフローに似ている。

 「Coming soon!」とあり、正式にはリリースされていないようである。

 Beta版は、Mac & Windowsが用意されるらしく、入手するにはeメールで事前に申し込むようになっている

 当然ながら、こちらも日本語対応はしていない。

 ただ、実際にリリースされたら、是非試してみたいものである。

▼ フリーの 3Dブラウザ『SpaceTime 1.0』がリリース
http://japan.internet.com/webtech/20080110/11.html

▼ 『SpaceTime3D』
http://www.spacetime.com/

▼『SpaceBrowser』
http://www.ntts.co.jp/products/spacebrowser/

▼『サイトスニーカー2007(β)』
http://sitesneaker.onosendai.jp/

【おすすめブログ】
▼ 未来系検索エンジン『Searchme』

http://blog.livedoor.jp/macumeld/archives/719213.html

▼ Amazon商品情報の視覚化(1)
http://blog.livedoor.jp/macumeld/archives/553193.html

▼ 気持ちいい使い心地!『Cooliris』
http://blog.livedoor.jp/macumeld/archives/721959.html