aamall

2008年09月25日

地デジチューナー IO-DATA HVT-T100を使ってみた3

ワイドテレビなら、いいかも

地デジHVTT100-2

 この地デジチューナーは、アナログテレビのD端子に接続できることが売りである。我が家のTVのD端子は、まったく利用されないままだったので、そりゃいいや、と購入に踏み切った。なお、筆者も誤解していたが、D端子は、日本独自の規格で、Dは、デジタルの意味ではない。D端子は、アナログ信号の端子である。また、D端子用のケーブルは、別売となっている。

 さて、配線を終え放送局をスキャンするもまったく検出しない。家のUHFアンテナではダメなのかと疑ったが、結局B-CASカードが奥まで差し込まれていないことが原因だった。

 カードをしっかり差し込むと、スキャンが完了し、とりあえず全局映るようになった。しかし、画像は、小さくて、周辺が黒いままだ。そこで、TV側の設定をいろいろ変えてみると正常になった。もちろん横長のワイド放送である。ワイド画面ではない我が家のTVでは、当然上下が黒い帯となる。その分、映っている面積は小さく、人物も小さく映る。

 この地デジチューナーには、「画面にフィット」という機能がついているので、これをONにしてみた。画面いっぱいに大きく映るが、当然画像は、縦に引き伸ばされた形になる。なんともヘンな感じで見るに耐えない。

 一方、肝心の画質はどうだろう。たしかに物の輪郭ははっきりしている。しかし、だからといって決して見やすくはない。しかも色は不自然にカラフルだ。アナログテレビは、あくまでアナログ電波用に最適化されているということだろう。

 画面サイズ、画質、どちらも問題ありで、この地デジチューナーと我が家のアナログTVは、すこぶる相性が悪いようだ。結局、地デジチューナーを撤去して元に戻してしまった。アナログ放送が完全に終了したときに仕方なく使うことになるかもしれない。収穫は、現状のUHFアンテナで地デジが受信できることを確認できたことか。

地デジHVTT100-1

 ところで、別売のケーブルを使い、パソコン用ディスプレイにこの地デジチューナーを接続することができる。残念ながら我が家にパソコン用ディスプレイがないが20インチ程度なら3万円くらいで買えるから、それで自室にTVを設置できることになる。室内アンテナでいくつの放送局が受信できるかという問題もあるけど試してみる価値はあるかな〜? 筆者は、あまりTVを見ないというのに?



macwind at 16:35│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マサト   2009年12月01日 23:27
5 はじめまして、マサトと申します。うちもまったく同感です。それと、途中で画像が消えちゅう事があったので、最初は電波が弱いのかと思ったら、リコールがあったみたいですね。あとお伺いしたいのですが、リモコンの設定で、シャープのテレビには、番号いくつか分かりますか?説明書捨てられちゃたので、教えて欲しいのですが〜
2. Posted by macwind   2009年12月09日 13:49
ごめんなさい。すでに売却してしまいました。取扱説明書ならメーカーサイト↓からダウンロードできるようです。そのページでファームアップも出来ます。
http://www.iodata.jp/lib/product/h/2126.htm

コメントする

名前
URL
 
  絵文字