院試問題は二系統に別れます。
・出題者の先生の研究を元に作った問題やその場で考えさせる問題
・大抵の概説書に乗っている事柄を聞く問題

前者は、その先生の授業を出ている人が有利だし、別の本に乗っている説明が模範解答で無い可能性もあります。
「そういう事が聞きたいんじゃ無いんだよなあ…」
とか言われるかもしれません。

独断と偏見を基に、言語学、英語学、日本語学系院試の傾向を書きます。

筑波大学大学院
基礎知識を問う問題が多い。
社会言語学、応用言語学、意味論や統語論など幅広く出題される反面、選択問題で難問に保険をかけられる。

名古屋大学大学院
その場で考える問題が多く、結果が読めないため、受験はしない事に。
類型論や、社会言語学の実際の言語データを見て慣れを積むべきか…?

大阪大学大学院
英語がやや難しいが、言語学は割りとスタンダードな印象。
出題形式は筑波に似ている。
意味論、社会言語学、教育系が多い。

北海道大学大学院
その場で考える問題と知識問題が半々。
名古屋大同様、言語学は何を聞きたいのか分からない問題もあり、ちょっと恐い。
英語が出来るなら言語学より英語学で受けてはどうか。

京都大学大学院 文学研究科
歴史比較言語学のデータを見て考える問題には慣れが必要。
構造主義や初期生成文法など古典的著作の原典を知っているかが問われる。
言語学文学解題なども参照してはどうか。
合格者の数が、年度や前期・後期でガラッ変わるのが特徴。

京都大学大学院 総合人間
知識自体は、ここを目指す人には真新しくはないかもしれない。
が、その分レベルの高い受験者との競争を考えると、問題の形式、問い方に応じた答えが出来るかが重要なのではないか。

慶應義塾大学 SFC
今年度より、かの大堀氏が加わった。
出願時期が早い上に、推薦書が必要なので注意。
女性のキャリアとか答えの無いような問題(先生は解けるのか)を短い字数で書かせるなど、正直、謎が多い(笑)

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ