東北大院生の備忘録

よろづの言の葉を種として

2019年07月

画像は牡蠣なんですが…
20190625_201448

でも、この牡蠣の味噌焼きも美味しかったです!

仙台のホヤは、関東のホヤより上だと思います。

そしてさらに、仙台のホヤの中でもこの店のホヤ酢は抜けていると思います!

仙台駅地下の松島という店なんですが、味の割に値段は比較的リーズナブルだと思うので、機会があれば是非!

人によっては生臭さが気になるかもしれませんが、生牡蠣が好きな人は気に入るんじゃないでしょうか?

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

20190720_114010

若菜ちゃんとバカンス…という現実逃避。
オルタナティブガールズ3周年、おめでとう!

ホーム画面に若菜が加わって嬉しい限りです。
自分は若菜推しだけど正直強くない…のに、最近割りとプッシュされててヘイト集めてないか心配です。
20190721_142324

てか、水鉄砲難しい。
スワイプだと三面までしかクリア出来ない。

アイス食ってるのに水かけるの気が引けるんですが(笑)

そして、ベルルのスキルが詩音と被ってるのに課金してしまった、バカス。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

私は学部一二年の頃、慢性的な肩こりに悩まされていました。

学部二年の頃、少し筋トレに挑戦してみたのですが、その頃から肩こりが緩和されてきた気がします。

運動部ではありませんから、ベースの筋力が乏しいため、最初は2リットルボトルをダンベル代わりにしていました。

お勧めの筋トレ方法は、シュラッグとリアレイズです。

手にボトルを持って腕をだらんとさげ、そのまま肩を上げ下げするのです。
僧帽筋が鍛えられます。

次に、立ったまま上体を前に90度倒し、肩甲骨を意識しながら、持ち上げます。

デスクワークをしていると、猫背のみならず、肩が内側に縮こまりやすいらしいので、それを正すのに役立つかもしれません。
気が向いたら試してみて下さい(笑)

背筋とスクワットもgood。
にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

大学受験生は透視図か、やって思考訓練までが最大で、そこから先の本には手を出さない方が良いでしょう。

○英文読解の透視図
特殊構文の問題が豊富で、標準的な本を仕上げた後の補完につなげやすい。
個人的には、初見でオロオロしがちな修飾関係のまどろっこしい奴らに対する考え方が掴めたのはうれしい。
京大以外は不要とか言われるが、なんだかんだこの程度は文系旧帝、早慶も出してくると思う。

○思考訓練の場としての英文解釈
序盤は案外平易だが、半ばから難易度が上がる。
私が本書を読んだのは大学入学後だからだろうか、「活字が細かい!」という指摘にはこんなもんかと思う。
解説が詳しいのも嬉しい。
訳語の日本語が(古めかしいのは別にして)日本語としておかしいのが少ないのも好評価。
書き言葉も変化はあるが口語に比べれば緩やかであり、文系は古い文書を読む機会もあるため、英文が古いという批判は必ずしも欠点ではないと思う。

○新々英文解釈研究
思考訓練よりも英語として古いんじゃないだろうか、と思う言い回しが散見される。
ナンチャラ構文というような大きい構造よりも、もっと細かい成句的な表現(something of~とか)を集めた感じ。
一つの表現に対して「こんなバリエーションもありますよ~」的に用法の広がりを紹介してるのが面白い。
新書の英単語の語法紹介で本書が引用されていたことがある。

○マスター英文解釈
特殊構文を多数揃えた問題集。
asの表現だけ、よくもまあここまで集めたものだ…
古い、現行の入試に合っているか極めて疑問である。
解説は丁寧ではない。
たまに、訳の日本語が古く感じる。

○英語のしくみと訳し方
とっつきやすそうなタイトルに対し、内容は割とヘビーである。
最初に名詞構文を出すあたりに本書の性格が表れていると思う。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

院試英語には、二パターンあります。
・その専攻の専門分野の文章
・その専攻と必ずしも関係無い一般的なテーマ

後者は、文学専攻や哲学専攻、心理学専攻など複数の専攻の共通試験として課される場合でしょう。
慶應の文学研究科ではマイクロプラスチックの話が出ました。

よく院試問題集へのアマゾンレビューで
「こんな本を利用するくらいなら専門分野の洋書を~」
と言う人がいますが、一般的な参考書を利用するにもメリットはあるのです。

一方、その分野特有の術語もあり、勘が良い人は分かるでしょうが、限られた時間と情報の中で断定をするのは恐いです。
その分野の洋書、一般的な参考書の両方を使うのが効果的なのではないでしょうか?

加えて、英作文の有無を早い段階から調べておくと良い。
メジャーな専門用語、それに自分の卒論の概要と研究計画くらいは英語で書けるようにしておきましょう。

単語はあまり難しく無い傾向が強いが、学校文法を越えていて、正直どう読めば良いか分からない文章もありました。

学習辞典に載っていない単語や熟語も出るので、文脈に沿って未知語を類推する力も必要です。

大学入試に比べ問題や科目が少ない分、ある意味、相性や「運」で決まる部分も否定出来ないと思います。

詳解 大学院への英語
高橋 勢史
東京図書
2017-06-08


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ