本書は、私のような未習、独習者にも優しい入門書。
漫画で楽しく流れを知る事が出来る。
しかし、本書単独ではマーチすら怪しいと思う。
飽くまで導入と、勉強と息抜きを兼ねる目的のものである。



本書は独学の私にとって、学習上の主柱となった。
(山川とか分からん…)
分かりやすい上に受験における勘所を的確に押さえている。
但し、読んで分かった気になるだけでは油断禁物。
きちんとアウトプットを伴ってこそ身になる事を忘れてはならない。



基本事項を手軽に基礎固め出来る問題集。
論述は少ないが、空所補充を中心に、時折問題形式を変えて来るのが有難い。
添削で有名なだけあり、特に文系のZ会は受験生の勘所を分かっていると思う。
上記三冊には本当に感謝してもしきれない…



Z会の『実力をつける日本史』は国立向きな印象がある一方、早稲田レベルのマニアックな知識を補充しつつ、早稲田の問題形式に慣れるには本書の方が向いているのではないかと思う。
正直に言うと近代史まで進める事が出来なかったし、結局早稲田は落ちてしまったのだが(笑)、試験本番も本書の問題に似た類題を幾つか見たものだ。



本書も、早慶レベルの知識を補充するのに利用した。
用語集の類いは大手各社が出しているが、本書は類書の中でも詳しいばかりか、早稲田は何やかんやここまでの知識を要求してくる。
受験生はしっかり、過去問と突き合わせた上で使う本を吟味しなければならない。
個人的にはレイアウトも使いやすく、飽きずに続けられた。

因みに私自身が読んだ本ではないが、巷で難問とされる類いの知識をカバーした本として以下のものが有名らしい。
時間があって日本史で稼ぎたい人にどうだろう。
詳説日本史研究
山川出版社
2017-08-31


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
_SL160_