東北大院生の備忘録

よろづの言の葉を種として

カテゴリ: 大学院入試

予想というより私の「思い付き」問題ですが…
我ながら悪くない出来だと思います(笑)

大学院受験生にも、センター試験を受ける高校生に負けず、一層のご活躍を期待しています。

小問 以下の用語を、適宜具体例も挙げて説明せよ
言語学(英語学含む)
metonymy, Grimm's Law, 逆成(back formation), クレオール(creole)、選択制限(selectional restriction)、含意的普遍性、基本色彩語

日本語学(国語学)
方言周圏論、国語国字問題、ハ行点呼音

大問(院試の大問を作る頭が無いので中問ですが…)
・日本語の格助詞「より」の意味・用法を、具体例を挙げて説明せよ。

・unlockableという単語に関し、単語の構造に着目し、考えられる二通りの意味について説明せよ。
また、unfriendlyという語の考えられる構造について述べよ。

・英語を公用語とする多(複)言語国家の例を挙げ、英語とそれ以外の言語の使われ方について知るところを述べよ。

・英語のrの調音において、唇の丸めと後舌の盛り上がりを伴う理由を考えよ。

・以下のテペワ語のデータを基に、この言語における「Aが埋まる」「BがAを閉める」「Aが変わっている」にあたる表現を作れ。
aknu:-y(Aが埋まっている)
ma:knu:-y(BがAを埋める)
lakcahu-y(Aが閉まっている)
talakcahu-y(Aが閉まる)
tapasa-y(Aが変わる)
ma:pasa-y(BがAを変える)
出典は、リンゼイ・J・ウェイリー『言語類型論入門』 の12章より、一部表現を改めた所がある。

※上記は当ブログ管理人の独断と偏見により作成され、実際の出題を保証するものではありません。
どっかで出ないかな…

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

試験対策編
・過去問を見て分野の偏りを調べる
当たり前。特に英語は英作文の有無を知っておく。

・院試の傾向や難易度が似た大学の編入試験の問題を見る
案外盲点?自大学のものは先生も簡単には被らせないだろうが、分野に共通した定番ネタはある。

・研究計画書の書式が分からない
…がんばれ(笑)
取り敢えず、受験の有無関係なく他大のを見てみては?

面接編
・研究計画、卒論の概要、主要参考文献、研究の意義を押さえる。
当たり前田の…

・専任教員に英米人がいる場合、英語での質疑もあり得る
自分は併願先で不意打ち食らった…

・研究計画は、「多い」と言われた場合と「少ない」と言われた場合の返答を用意しておく

・他大学進学の場合、自大学を選らばなかった理由も

試験当日編
・学部入試と異なり、普段の授業のレポートに近い部分もあり、記述量も評価され得る。
十分論じたと思っても、余白がある限り何かしらのネタを放り込んでおこう。

・学部入試のように解答欄が設けられていない場合もあり、自分で記述量を調節しなければならない。
大問の数と予想される量を概算しよう。

・一つの問題に悩みすぎない。
解答欄が予め設けられていないタイプの場合、後で思い付いた場合のために、何行かスペースを空けておいてから次の問題に入ろう。
自分は最初の慶應入試でやらかした…

・出題者の趣味を考慮せよ
キーワードや分野のから、誰が出題者かを予想する。
そして、出題者の趣味から外れた解答を避ける。
言語学は学派の争いが激しい。
認知の先生が出した問題でツリーを書いたりした場合、十中八九問われた事に答えていない。

・先生に失礼な事を言わない、しない
これ、実は難しいです。
別に似非マナー講師の言っているような話ではありません。
ちょっと長くなります。

卒論程度であれば、先行研究のまとめと感想だけでも、単位だけは来ます。
しかし、基本的には、特に進学を志す人は何かしらの新規性のあることを、考えたり行ったりしてきたはずです。
卒論以外にも、沢山思う事はあるでしょう。

すると、自力があって、先人のやってきたものへの粗が見えてくる段階だと思います
(寧ろそうであって欲しい)

ぶっちゃけ偏見ですが、東大や早慶の優秀な学生は自己顕示欲が高く、自尊心が強いです。
さらに、理系は学部在学中に研究室に入るなど、上が見えやすい環境ですが、文系はそうではない。

だから、面接なり何か書くものなりに、思う存分爆発させてしまいかねないと思うのです。
同じ専攻の中に認知と生成の先生がいる中で、「生成文法の人はこんな事やってないですよ!(ドヤア)」みたいな、T大のN先生が言っているような事を、言いかねない。

まだ学生という立場をわきまえ、自分の今の限界を見極めた振る舞いと言動を心がけましょう。

*当ブログの内容は、飽くまで個人の経験や予測に基づき、大学の公的な見解とは異なる場合があります。
…こういう注意書き、一度書いて見たかった(笑)

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

認知言語学者のO氏曰く、欧米の大学は問題演習を重んじている。

大学院入試対策に関しても、自分で問題を解いてみる経験は大切である。
出来れば、解答も欲しい。

そういう要望に答えてくれる書籍を紹介する。

日英語対照による英語学概論
西光 義弘
くろしお出版
1999-01-05


日英語比較を通じて言語学の全体的な話題に触れる概説書。
教示用解説が別売であるので、必要なら各自入手されたし。



Q&A形式なので、同シリーズの別の本も含め論述対策になるかもしれない。
知識としては大変易しいが、身近な現象に寄せて考える点は院試っぽいかも。



一問一答形式なので論述問題には向かないかもしれないが、用語の意味を答えさせる問題は院試問題の定番である。
類書より新しいという点は好評価。



Language Filesの日本語訳(但し部分訳)。
口の構えから音を当てさせる問題は理不尽な所もあろうが、実際の分析の雰囲気を掴むのにも良いのではないか。
概説書にも関わらず洋書は厚く、神経言語学や、ややマイナー言語の例など結構込み入った話題にも踏み込んでくるので驚く。
有名な本なので、もしかすると非公式に原書英語版の解答を作っている人がいるかも…



音声データの記述を見て音素や異音の条件を道程する問題は慣れが必要だが、生成文法のU氏は自身のHPにて力を測る手段として有用と述べている。
回答別売。
統語論は流石に古いかもしれないが。

言語における意味
アラン・クルーズ
東京電機大学出版局
2012-12-10


意味論と語用論の概説書。
著者は語彙意味論の人で、オリジナリティある研究で知られている。
形式意味論の初歩にも1章を割いているのが稀有である。
訳者によるサポートページもある。

他に、『月刊言語』のジュニア問題や大問題集も有用である。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
_SL160_

院試英語には、二パターンあります。
・その専攻の専門分野の文章
・その専攻と必ずしも関係無い一般的なテーマ

後者は、文学専攻や哲学専攻、心理学専攻など複数の専攻の共通試験として課される場合でしょう。
慶應の文学研究科ではマイクロプラスチックの話が出ました。

よく院試問題集へのアマゾンレビューで
「こんな本を利用するくらいなら専門分野の洋書を~」
と言う人がいますが、一般的な参考書を利用するにもメリットはあるのです。

一方、その分野特有の術語もあり、勘が良い人は分かるでしょうが、限られた時間と情報の中で断定をするのは恐いです。
その分野の洋書、一般的な参考書の両方を使うのが効果的なのではないでしょうか?

加えて、英作文の有無を早い段階から調べておくと良い。
メジャーな専門用語、それに自分の卒論の概要と研究計画くらいは英語で書けるようにしておきましょう。

単語はあまり難しく無い傾向が強いが、学校文法を越えていて、正直どう読めば良いか分からない文章もありました。

学習辞典に載っていない単語や熟語も出るので、文脈に沿って未知語を類推する力も必要です。

大学入試に比べ問題や科目が少ない分、ある意味、相性や「運」で決まる部分も否定出来ないと思います。

詳解 大学院への英語
高橋 勢史
東京図書
2017-06-08


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ストレスにはいくつかの反応がありますよね。
・憂鬱でダルい
・カリカリ、イライラする

私は最近、後者を経験してきましたが、ネットで見聞きしてセージのハーブティーを試してみたら、幾分マシになった気がします。
20190505_150140
(緑茶ではない…)
アマゾンで業務用セージが500円で売ってて、普通のお茶と同様に急須に入れて飲むだけです。

即効性はありませんが、ジワジワと身体の電源がオフになっていく気がします。
ストレスにはセージがオススメ!

スマホやディスプレイの見すぎで身体が強張った時にもどうぞ。
民間語源では「ソーセージ」の語源と言われるそうです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ