び・ふうSTYLE

ぷちシルバ-世代の日常を楽しく書く

P4030740

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


      シトシトと桜雨が降る。春の雨は静かにしっとり染みてくる。でも、ほ  

     ら、  一片も落ちる事もなく枝に華やぎを与えている。強くて綺麗。母  

     親 業もそ んな風でありたいと思うのだけど・・・。

P4020720 昨日のレンギョウは穏やかだった。

フワリふわふわ・・・。

チェロの表情もヤンチャっぽい。


P4020726そして・・・、ここで逃げたんだ!!

もう、超嬉しそうなお顔してママの横を

通り過ぎて行った。びっくりしたんだか

らねぇ。


P4030744 翌日の水仙は雨に濡れていた。春の

風は暖かかったり冷たかったり、季節

の変わり目って忙しいね。


P4020736チェロとソナタの仲良し喧嘩。

本気なのか?

ふざけているのか?


P4020737ニャ~~ン。

ソナタが逃げる。チェロがガブ!!


P4020738もう・・・

チェロ兄ちゃん、痛いよー!!

でも、面白かったけど・・・。


P4020739チッ!!

ソナタに逃げられた。

水飲もうっと。


P4020721この季節はいろんな花がいろんな色で

春を楽しませてくれる。何処へ行っても

違う風が吹くし、歩いた分だけ春気分。





P4020735

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   春眠暁を覚えず。寝ぼけニャンコのお顔は・・・とっても平和。

   まぁるく、生きていきたい。

桜が咲きましたねぇ。

P4010706 古墳公園の桜は満開でした。本当に綺

麗だったよ。チェロの背景・・・。

今が盛りの花たち。


DSC_0610 これは携帯で撮った写真です。思わず皆にしら

せたくなるような光景。早速ラインで送りました

たよ。チェロのお顔がちょっと・・・イヤイヤして

るなぁ。もっと、良いお顔してくれないかしら。


DSC_0614 う~~ん。これは良いお顔です。モクレンと

桜のベストコラボ。可愛い!!

寒さなんて微塵も感じない。良い天気だし、

どこに行ってもふんわり、春の香りが漂って

くるから、お散歩が楽しい。


P4010717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は水仙とのコラボ。これも良いねぇ。実はチェロ・・・2メートル以上の高さの塀に登っているのです。でも、大丈夫。坂道だからね。もう少し歩けば低くなるよ。ここは、子どもたち3人が卒業した小学校です。この桜を見るたびに、それぞれの入学式を思い出します。


P3290694

毎日が春発見のお散歩。

つくしも見つけました。いつの間にか

土にも緑が増えました。


P3290692

線路の脇には・・・スイトピーではなく

菜の花です。電車が来ないうちに・・・。


P4010696

桜咲く。

良い響きです。

我が家にももうすぐ、

春がやってきそう・・・。


家に帰れば、仲良しワンニャンの何とも言えない穏やかな姿。

P4010699 甘えン坊ソナタはチェロ兄ちゃんの

お布団が大好き。

チェロは・・・もう、重たいぞぉ~!!


朝6時前からソナタはママの足元から手をいれて・・・なんと!!引っ掻いて起こしにくるのだ。もう、おかげでママの足は傷だらけになってます。

でも、そこも又、憎めない可愛さ。蹴っ飛ばせば来なくなるよ・・・とは家族の体験談。でも、出来ないんだなぁ。毎日、傷が増えてます。

 

P4010701


 

 


春爛漫。桜は盛大。

ウキウキしながら過ごしています。ジローマルの反抗期も小休止。

ママの心にもやっと春休みが訪れています。

ジローマルが祖母ちゃん宅に御泊りに行って、静かな夜。大学生2人とチェロ散歩に行った。夕飯食べた後位から静かさを実感。最近はジローマルの反抗期で家の中がギクシャクしていたけれど、いないとなると気が抜ける。これがワンクッションになって治まってくれればいいのだけどなぁ・・・。

P3280681 公園には草花が咲き始めている。そう

いえば、家の近くの桜が5~6輪咲い

いた。開花です。いよいよですねぇ。


P3280685やっと・・・だねぇ・なんて、ハナコと春を

実感。寒かったよね。今年の冬は。

いろいろあったしね・・。雪も降ったし。


全て、過去形になった。どんなに寒くてもいいんだよ。雪が溶けて春になったんなら・・・。一日、一日が成長の中学生だから、ジローマルの成長の過程に暗い時期があっても不思議なことじゃぁないんだよね。一気に大人になるのなら、激しい変化があるのも、むしろ自然な流れなのかもしれないなぁ。ジローマルの一日が、大人になった人の1年分あるのだとしたら、今の状況も納得できなくはない。

 

P3280683

 

 

 

 

ふっと、訪れた静かな時間だから、日々追われていた喧騒を冷静に受け止められるのかもしれない。そんな時間を過ごしていた。

提出しなければならなかった書類も終了し送封したし、少しだけ心に余裕ができているのかもしれないなぁ。何て言っても、ジローマルは歳の離れた3番目で、自他共に認める・・・可愛がり・・・過ぎたくらいにして育てた子。心配で、心配で・・・・大事に大事にしてきた。親離れも激しいパフォーマンスが必要なのかもしれません。



P3280691

ママの顔を見ると・・・こうなっちゃう仔がいます。どうしてなんだか、ひっくり返ってニィ~~~って、甘えた声を出してずっとこの格好でいます。

甘えん坊は、ワンコもニャンコも・・・反抗期も、可愛い物です。

このページのトップヘ