□ 題名:NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター グラン・ステージ 『エル・アルコン―鷹―』~青池保子原作「エル・アルコン―鷹―」「七つの海七つの空」より~
□ 公演期間・場所: 2007年11月2日(金)~12月15日(土)・宝塚大劇場
□ スタッフ: 原作:青池保子(プリンセス・コミックス)。 脚本・演出/齋藤吉正。
□ 組・主な出演者: 星組・安蘭けい、遠野あすか。

主な配役  
ティリアン・パーシモン 安蘭 けい 
ギルダ・ラバンヌ 遠野 あすか 
ルミナス・レッド・ベネディクト 柚希 礼音


□ あらすじ: (宝塚歌劇団HPより)
 「エロイカより愛をこめて」(月刊プリンセス連載)で知られる少女漫画界の重鎮・青池保子氏の代表作である、二つの海洋活劇ロマン「エル・アルコン―鷹―」「七つの海七つの空」(秋田書店刊)をもとに構成したミュージカル。野望のためにイギリス海軍士官の名を捨てスペインに亡命した青年、彼に復讐を誓うイギリス海賊、この二人の男性を軸に、フランスの女海賊との恋を織り込んだ愛憎劇。音楽スタッフには、映画「ゲド戦記」の音楽で有名な寺嶋民哉氏が参加。寺嶋氏による主題歌をはじめとする十数曲の楽曲が、作品をよりドラマティックに彩ります。


□ 感想: 全国ツアーでの再演が期待される本作品。安蘭けいさんが次々と女を手にかける、という噂だけで、ストーリーなどは全く予備知識なしに見てみました。


誰が誰で、誰が誰と何の理由で敵対して戦っているのか、全然理解できないまま舞台は音速で進み、「女は抱かれていればいい」まで来てしまいました。ギャーッッッッッ!!!!!
しかし、宝塚歌劇ファンたる者、こんなことで動じていてはいけません。
これは一体どういうこと? 
でも、どこかで見たことがあるような?
そう、「花吹雪 恋吹雪 2000年星組」と「ヴィンターガルテン 2002年星組」そのものではありませんか!
というわけで、ネットで調べますと、やはり「「花吹雪 恋吹雪 2000年星組」と同じで、全然内容がわからないけれど、面白いからそのまま見続けるように」という助言をなさっている方がいらっしゃり、安心して見続けたのでした。


観客に考える暇を与えるようじゃあ、齋藤吉正先生のあの頃の作品とは言えませんね。誰が誰だかわからなくても、宝塚歌劇の観客は、女も男も安蘭けいさんに抱かれていればいいのです。


というわけで、本作品が礼真琴さん主演で上演されるその日まで、お芝居を理解して楽しみたい方は予習を怠りなく、礼真琴さんにただ抱かれたい方は何も考えずに、お待ちください!


□ 勝手に評価: ☆☆☆ 全然わからなくても心配しないでください
 
 
*** 参 考 *** (特設コンテンツのHPページより
http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/07/star_takarazuka_elhalcon/special/index.html

 16世紀後半。ヨーロッパの海はスペイン、イギリス、フランスが覇権を争い、度重なる戦いを繰り広げていた。
その頃、イギリスの名門貴族の御曹司ティリアン・パーシモンは、24歳の若さでイギリス海軍の大佐となっていた。彼の生い立ちは複雑なものだった。ティリアンの母イザベラはイギリス人のエドリントンと結婚しティリアンを儲けたが、その風貌は黒髪に南欧独特の彫りの深い顔立ち。エドリントンは妻を疑い息子に辛く当たった。ティリアンに父親以上の情愛をもって接したのが、ジェラード・ペルーであった。ティリアンは海軍士官である彼の話を聞く度に、大海原への夢を抱かずにはいられなかった。

  そんなある日、ティリアンは追っ手からジェラードを救い逃がす。ジェラードはスペインのスパイであり、母国に亡命したのだった。敵国のスパイを逃がしたティリアンにエドリントンは激昂し争いになるが、その時の傷がもとで死ぬ。そして母と息子はパーシモン卿の邸に向かうことになるのだった。ここでティリアンは冷徹な道を歩み始める。海軍士官学校を優秀な成績で卒業し、海軍に入隊、異例の速さで艦長にまで上り詰める。スペインに亡命し、世界に冠たる無敵艦隊を率いて、イギリスを撃破し、世界の七つの海を 制覇することこそ彼の夢であったのだ。

  ティリアンは商人のコールサックを利用して、武器、弾薬、スペインとの情報交換を行っていた。そんな闇取引が暴かれそうになる。だが彼は冷静に事を進めた。プリマス一の大商人グレゴリーにスペインからの偽造の密書を忍ばせ、計画的に摘発したのだった。市民から尊敬された大商人は、謀反の罪を着せられ死刑となる。グレゴリーの一人息子ルミナス・レッド・ベネディクトは父の無念を晴らす決意をする。

  ティリアンのスペインへの亡命は間近に迫っていたが、一人の女が大西洋への行く手を阻む。貴族の称号を持つフランスの女海賊ギルダ・ラバンヌ。ティリアンとギルダは互いに尊重しあう、ライバル同士であった。二人の船は激突する。敗れたギルダをティリアンは抱きしめた。ギルダもティリアンを愛した。だが彼にとっての女は、己の野望への踏み台でしかなかったのだ。ティリアンの船は進路をスペインへと向けた。そこに一隻の船が現われる。ルミナス率いる海賊船であった。予期せぬ海賊の襲撃に怯むティリアン達に援軍が。スペインの無敵艦隊であった。ルミナスの復讐は、あと一歩及ばなかった。

  ルミナスは、ティリアンとの再会に備え、海賊仲間キャプテン・ブラックの力を借りて、その時を待つ。ティリアンは己の夢…「七つの海の制覇」に向け、着実に力を蓄えていた。黒く艶やかな長髪を海原に翻し、大海原を颯爽と進むその姿は“鷹”に似て、ティリアンは「エル・アルコン-鷹-」と呼ばれた。そして自ら設計した旗艦「エル・アルコン」に乗り込み、世界に冠たる無敵艦隊を率いて大海原を翔けるが……。




宝塚歌劇団 ブログランキングへ