今年も北海道から虫歯予防したいの歯科衛生士さんが
うどんハウスに来てくれました。
丁度一年前に健診を受けた子供達との嬉しい再会です。
前回の健診効果か歯磨きが良くできていて皆んな合格点をもらえました。

最後にみんなで、歯について勉強会をしました。


また一年後の再会を約束して、
歯磨き頑張ると笑顔で、終了しました。
来年がとても楽しみです。

10年前のJICAシニアボランティアでの派遣先より
健康フェアのご招待をいただきました。
カンボジアで初めて看護部をつくり、看護の力を
認めていただき、管理者会議での発言権を得られたのは、
院長の管理手腕の発揮に敬意を表し、感謝しています。

タイの看護大学への進学支援など
看護の基礎を築き、多くのリーダー達が誕生しました。
今は韓国の支援にシフトしていますが、
医療  看護の現場の皆さまの意識の高さ、スキルの確実さに
感動しました。
その変化に私のモチベーションも更に上がりました。
ご招待ありがとうございました。

年末の出勤時異様な臭いと共にゴミの散乱が
2メートル間隔くらいに盛り上げられていました。驚きました。
未だ分別ゴミの習慣が無いので生ゴミは、すざましい状況になります。
この写真は日常的の光景です。ゴミ集積場は見当たりません。
気温が高いし、野良犬も来るので環境問題となっています。

この年末ゴミ収集会社職員のストライキあり以下の状況でした。


新聞報道によれば、清掃員に対する回答として
給料に9ドルの加算がありましたとのことでした。
クリーナーのサラリーは
昼間     127,5ドル      夜間    152,5ドル
これに端を発して
プノンペンの環境問題は以前と比較すると格段に向上していますが、
市民の意識改革もまだまだ必要と思います。と同時に官民一体での
取り組みを多くの分野で早急に対策必要と思いました。
という私が何ができるかと思いました。
小学校での衛生教育にゴミ問題を含めた環境教育の
取り組みを強化したいと思っています。



↑このページのトップヘ