インターネット大会「イッシュファイナル」に参加してきました。ルールは6世代で新登場のポケモンとメガストーンの使用が禁止のトリプルバトルで、フェアリーの追加や技の仕様変更などはあれ5世代トリプルに近い環境だと思います。なぜダークホール禁止にしなかった。

戦績は29-10でレートは最終最高ともに1750くらい 反省会記事です。

パーティ


この画像便利過ぎるし毎回使わせて欲しい

 ニョロトノ:控えめCS
 ルンパッパ:控えめ 雨下で意地スカーフランド抜き、バコウ込みアローのブレバ耐え(流用)、残りC
 クレセリア: 生意気HD 最遅
 ヒードラン: 冷静HC
 トゲキッス: 控えめ 最速バンギ抜き、キリキザンの持ち物なしアイアンヘッド耐え、残りC
 モロバレル:生意気HD 最遅












構築の経緯

 このルールのトップメタはエルテラドーブルだと思っていたので、安直に以前の記事の流用でスカーフトノ+ルンパッパ。今思えばこれがこの記事が反省会になった原因その1。次に大会で上位を狙うのに必要なのは命中安定全体技によるイージーウィン性能だと思っているので、雨で重い草タイプを焼き払える噴火ドランを採用。トリル役兼日本晴れ要員兼バレル対策の神秘の守り要員としてクレセリア、相手のトリル対策にモロバレルが入ってきて、最後に雨ミラーとかバンギとかに(たぶん)強いフェアリー打点として眼鏡キッスを加えて完成。


個別解説

 ニョロトノ
 流用。波乗りで味方のヒードランを2回倒した。パーティにドラゴンへの打点が足りていないので結構冷凍ビームを撃った。

 ルンパッパ
 流用その2。今回はアローがいないのできゅうこんを持たせた。C1段階上昇雨ねっとうはさすがに強かった。

 ヒードラン
 借りものの噴火個体。最遅なのでクレセリアとのS関係がだいぶ怪しかったがそれでも強かった。カロスマークのありがたみを知った。持ち物はドランミラーで気休めになるシュカ。不意の不一致地震も耐えて偉かった。

 クレセリア
 ダクホ対策のラム神秘だったが先発に出さなかったので対策になってなかった。が、いばるとか冷凍ビームの凍りとかを防いだので偉かった。噴火ドランが使えるルールということでチョッキ持ちが増えると予想しショック採用。ギフトとかにも刺さって強かった。

 モロバレル
 トリル対策に採用。まもるを切ってヘドロ爆弾なのはフェアリーやルンパッパに撃つため。思ったより撃ったしなぜか結構いた草食マリルリにドヤ顔で撃ち込んだ。まもるだったら勝ってた試合とヘド爆だったから勝った試合は同じくらい。噴火ドランを気にして持ち物はオッカ。

 トゲキッス
 ニンフィアがいないからこそフェアリー打点が強いのではないかと思い採用。本当は強運の方がいいのだろうが育成が面倒だったのでてんのめぐみ。エアスラでトリルを止める犯罪ムーブをかまして勝利に貢献してくれたので正解だった(?)。技は一致技2つに対角のバンギキザンドランを狙撃するためのはどうだん(1回も使わなかった)と叩き相手やドランの噴火を通したいときに役立つかもしれないこのゆびとまれ(こっちは使った)


 反省

・威嚇もフェイントもよこどりもワイドガードもない。正気か?
・出会うエルフーンがみんな日本晴れ持ってた。メタ読みが甘かった。
・↑のせいで叩きメタったはずなのにめっちゃ負けてやる気が消えた。メンタルが弱かった。
・天候の管理がすごくすごく難しかった。仕方ない。
・パーティに特殊打点しかないので光の壁とかラッキーがきつくて仕方ない(光の壁には当たらなかった。ラッキーは滅びの歌で倒した)
・考察の時間が足りなかった。


 次の大会はカロスローテでしょうか?普通のローテレートと変わらないけど。サンムーンにもトリプルバトルがあるといいですね。ここまでお読みいただきありがとうございました。何かあればTwitter(@madanai208)まで。