2017年03月25日

ダニエルズ先生のアドバイス(VDOT44)

さが桜マラソンが終わって6日経ちました。


水曜くらいからジョグを再開して、この週末は1時間半ほどのロングジョグをしようかな、と思っていたのですが、まったく走っていません。


実は左ふくらはぎを傷めてしまったようです。 正確な位置は左ふくらはぎのポコッと盛り上がったところの右側。 押さえると、打ち身のところを圧迫した時のような痛みを感じます。 また、体重をかけると、やはり痛みを感じます。 筋肉痛が消えてきた水曜日からこの場所の痛みに気づき、その後だんだん治まってきているのですが、今日の時点ではまだ完治していません。


野辺山が近づいてきているので、ここで足を落としてしまうとまずいなあ、とは思いますし、痛み自体は、たぶん走りながら治せるタイプのものだと思うのですが、少しでも痛いときに走るとフォームが崩れて別のところに故障が誘発される可能性が高いので、完全にランオフしています。 治るまで走るのは控えて、代わりにランジなどのユルい筋トレをやっておくつもりです。 野辺山、どうなるかな。。。


で、走れないので代わりに座学を。


多くの人が練習メニューを組み立てる時の基準にしているダニエルズ先生の本(ランニングフォーミュラ)に、VDOTというのが出てきます。 大雑把にいえば VDOT は直近のレース結果から推定される有酸素能力の指標のことで、VDOT の値ごとに適切な練習ペースを導きだすことができます(目標タイムから練習ペースを決めるのに使う人が多いけど、それはたぶん正しくない)


私はダニエルズ先生の本は参考程度にしか読んでいないのですが、 せっかく手元にあるので、VDOT 表だけはときどきチェックすることにしています。


今回のさが桜マラソンでフルのタイムが更新されたことにより、VDOT も更新されました。 短距離型のひとだとフルのタイムが変わっても VDOT は変わらないことがありますが、私はフルで測った VDOT が最も高いので、フルの記録が変わると VDOT もただちに変わるのです。


今回のフルのタイム3時間32分19秒に対応するVDOTは44です。 
(ちなみにハーフのタイムに対応する VDOT は43です)


このVDOTは練習ペースの設定のために使うものですから、さっそく各練習の推奨ペースを確認してみました。


◎ Tペース(20ー30分ペース走用)・・・キロ4分43秒


いやいやいや、ちょっと勘弁して下さい。
キロ4分43秒で20分も走ったら死んじゃいます。


◎ Iペース(インターバル用)・・・キロ4分16秒


ムリ。
こないだ1キロを4分14秒で走ったらあの世の入り口が見えましたよ。
1000m1本が限界です。 速すぎます。


◎ Rペース(レペティション用)・・・400mを98秒=キロ4分

無理無理無理。
適切か不適切か以前に、実施不可能です。


・・・


ダニエルズ先生、なかなか御無体なことをおっしゃいます。
このペース表は見なかったことにしておきます。


かわりに、同じくダニエルズ先生の「故障の疑いがあるときは休むべきである。たとえそれが本当には必要でなかったとしても、そのほうがよい」というアドバイスに従っておきます。 

madanemui42195 at 17:02|PermalinkComments(0)

2017年03月24日

北九州マラソンの記録証:フルの練習でフルを走る

家に帰ると、北九州マラソン2017の記録証が届いていました。

20170324194003

やはりラップが美しい。

・・・

この北九州マラソンの位置付けは「仕上げのロング走その1」というものでした。
(「仕上げのロング走その2」は3月4日の30キロ走です)

なんでも、本命レース3~5週間ほど前に「40キロ通過タイム=フルの目標ゴールタイムに近いペースでフルマラソンを走る」というのは、仕上げの練習として有効らしいのです(ここに書かれていた)。 そこで、さが桜の4週間前にあたる北九州マラソンでやってみたのです。

練習というからには、途中でつぶれたり、ゴールした時に精根尽き果てるほどに追い込んだりしてはいけないのです。 多少は余裕を残して最後まで走りきれないとダメなのです。 そういうわけで、後半に向けてすこーしずつペースアップして走れたことが、非常に満足だったのです。

もちろん、練習レースですから、その成否はあくまで本命レースでどれだけの結果が出るかで判断すべきです。 その本命レース、さが桜の結果は、十分満足のいくものでした。 この「フルマラソンという仕上げ練習」は、非常に効果があったのではないかな、と思っています。

4週間前の練習フル、次のシーズンもやってみようかなと思っています。
ただ難点は、適当な時期に適当なレースがないと出来ないことですね。
ひとりでやってもいいんだけど、レース以外で40キロ走は精神的負荷が大きい。


 



 

madanemui42195 at 20:24|PermalinkComments(2)日記 

2017年03月21日

ハーフの自己ベスト更新(ちょっとインチキ)

さが桜マラソンから2日経過しました。


激しい筋肉痛、継続中です。
というか、昨日より明らかに痛みが増しています。
昨日は痛くなかったふくらはぎにも痛みが出てきました。
今日は職場で2階から1階に行くとき、後ろ向きになって階段を降りました。
後ろ向きだと太ももなどが楽なんですよ。


夜は、痛みがこれ以上ひどくなると困るので銭湯で温冷交互浴をやってきました。
明日はラクになるといいなあ。


・・・


さが桜の自分のランナーズアップデートを見てて、ふとあることに気づきました。
改めて通過タイムを抜粋すると


 スタートロス  3分08秒
 中間点 1時間50分33秒
 ゴール 3時間35分27秒


となっており、所要時間であらわすと


 前半 1時間47分25秒
 後半 1時間44分54秒


です。

実は、これまでのハーフの自己ベストは昨秋の1時間46分(@綾照葉樹林マラソン)。
つまり、今回のさが桜後半のタイムは、ハーフの自己ベストです。

いえい。

※ 10年以上前に1時間34分で走ったことがあるけど、それはノーカウント


後半は1時間45分を切れているので、あとは前半を少し速くすれば3.5に届きます。
それが難しいんでしょうけどね~







madanemui42195 at 23:59|PermalinkComments(4)日記