2012年01月30日

冬の畑

 CA3I0006














   1月30日



  今年になって、雪は降るものの

  ほとんど積もらず もう1月も半ばを過ぎたころ、

  畑の雪もほとんど融けたので 
 
  冬野菜を取りに出かけました。

  CA3I0001







  ねぎや大根、にんじん、白菜、ブロッコリー

  キャベツ、カブなど、また雪が降り積もり、

  雪を掻き分けて収穫するよりは、今のうちに

  収穫しておいて、家の近くに保存しておく。

 CA3I0005CA3I0004


  にんじん






  白菜やキャベツは、一番下の葉を

  少し残しておいて、春に出てくる菜花を食べられるようにする。


CA3I0003CA3I0002  

  






  ブロッコリーも春に脇芽が出てくると、

  小さなブロッコリーがいくつも食べれるので

  大事に残しておく。


  大根、にんじんは かなり小さいけど、

  とてもおいしい。

  雪にあたったからか、ニンジンなんかは

  砂糖がかかっているのかな と思うほどに甘い。

  そして 食べて、どこまで噛んでいっても

  雑味がなく、味が曲がらない。


  
  春にさみしいから、すこしづつ残しておこう!






  
  

  
  今年はあまり雪がなかったな〜

  なんて、冬がもうすぐ終わるかのような

  そんな感じがしていたら すごい寒波がきました。





  これからが本番だぞ! とでも言うような
  
  雪の降り方、積もり方です!


  景色からほとんど雪が消えていましたが

  1〜2日で60cmほど一気に積もり、

 CA3I0011








  気がつけば一週間ほどで1mを越している!


  ほんとによくふるな〜



  この寒波がくるまえは

  「天気予報では大雪になっているが
   本当につもるだろうか?」

  とみんなで疑っていたが、しっかりどっさりと積もった(笑)

  CA3I0015









  屋根雪の重みで 家の中の建具が動かない場所が出てきた。

CA3I0017CA3I0013










  そろそろ屋根雪も降ろさなければならないな〜

  

  トタンや波板の屋根では

  雪がある程度の重さになったら 滑って落ちていく。

CA3I0014








  落ちていくけど そこに溜まり

  雪は屋根とくっつきだす。


  CA3I0012









  不思議にロール状になった!

  はじめてみるな〜


  

  雪遊びはとても楽しい。

  

  子供たちにカマクラを作ったり、

  雪かきの雪をどっさりためて、3mほどの

  滑り台を作ったり、

  新雪をスコップできれいに切り出し、

  台所、テーブル、椅子、などを作って遊ぶ。



  でも、連日の雪かき、おなかいっぱいです(笑)


  
  

  雪が降らないと 夏に田んぼの水が

  足りなくなる。

  だから雪はとても重要。

  稲の害虫や、猪、鹿、猿なんかも

  淘汰される。



  大雪になったらなったで、

  あーうー言って、

  降らなきゃふらないで、

  あーうー。


  そういったものを雪がどんどんと

  真っ白にしていく。


  痛いほどの静寂と

  少し怖さを含む

  神秘的な美しさで 真っ白な世界をつくっていく。




  この雪で淘汰されないのは 人間だけだろう。





  今夜も静かに 雪が降り続いています。






  

  CA3I0018
























Posted by made_in_earth_8 at 22:44│Comments(0)TrackBack(0) H24年 田畑 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/made_in_earth_8/52245122