アジアヌードル専科

アジア各国の麺料理を食べたり作ったり。基本、B級です。あ、麺料理以外もありますよ。

食は交わりて旨くなる。食文化のハイブリッドぶりにかけては世界屈指の、東南アジアのメシを食べちゃいますよ。

トムヤムラーメン@タイ

さて涼しくなってきたんで、
汁ものが美味くなってきました。
今日はタイの安心のブランド、
ヤムヤムのトムヤムラーメンです。

IMG_1413

トムヤムというとさっぱり目が多いんですが、
これはクリーミースープです。
同じトムヤムでもいろいろあるのです。

IMG_1419

中身はこんな感じ。
粉末と液体のダブルスープって、
もはや袋麺じゃ世界的な常識?

さっそく調理。
今回の具は ゆで卵に、
しいたけとキャベツにミニトマト。
そして自家栽培のバジルとパクチー。
やっぱ東南アジアはパクチーがないと締まりません。

IMG_1427

 スープ、けっこう濃厚です。
そして、かなり辛いです。
体が熱くなります。
IMG_1429

とはいえ、
日本のお店で食べるラーメンと比べるとあっさりです。
やっぱ今の日本のラーメンって、濃すぎるんですかね。

IMG_1431

麺は標準的ですかね。
アジアの麺を食べるたびに思うんですが、
日本の インスタントラーメンは、
麺がうますぎますよ。
まぁ、美味いのは大歓迎なんですが。

安心感のヤムヤムブランド、
おいしゅうございました。


ポークフォー@ベトナム

さてアジアの麺といえば、
最近はフォーが人気ですね。
あっさり味でカロリー低めとあって、
女子人気が高いとか。

DSCN0407

A-Oneのポークフォー。
カルディで購入。
中身はこんな感じ。
DSCN0409
なんと麺が別包装になっている!
海外のインスタント麺って、
輸送の過程で砕けちゃっていることが多いんですが、
これなら安心。
しかも薬味がたっぷり。
フォーってハーブががっつり入っていないと物足りないんですが、
これならあとからたさなくても大丈夫。
ハーブ類っていちいち買うの面倒だし、
日本じゃ高いしね。

麺を茹でてスープを溶いて出来上がり!
DSCN0427

具はもやしとベーコン、庭のバジルをちぎってポイ。
DSCN0429

バジルがなくても、
薬味が充実しているので、
十分に美味しいです。

麺の個別包装といい、
たっぷりの薬味といい、
ベトナムのインスタントも侮れません!

ミーゴレン@インドネシア

インドネシアの麺といえば、
やっぱりミーゴレンを思い浮かべる人が、
多いんじゃないですかね。

インスタントラーメンもしっかりありますよ。

インドミーの「ミーゴレンプダス」。
「プダス」はインドネシア語で「辛い」という意味です。
DSCN0339

中身はこんな感じ。
麺はオーソドックスな中華麺です。

DSCN0341

調味料が気合入っています。
粉末ダレにチリペッパー。
液体が2種に 、ガーリックなどの乾燥薬味。

DSCN0343

これは期待できそうです。

麺を3分茹でたら、
これらの調味料とよく混ぜます。
麺が縮れ麺なんで、
ちと混ぜにくいですね。

具は小松菜、豚ひき肉、もやしを塩コショウで炒め、
一緒に混ぜます。

上に砕いたピーナッツとバジル、干しエビ。
コリアンダーを乗せたかったけど、
自家栽培のものが猛暑のせいか枯れてしまいました。

それにしても東南アジア料理ってピーナッツをよく使いますよね。
タイのイサーン料理でよくありますが、
山間部で不足しがちなタンパク質を摂取する知恵なんですかね。
香りとクリスピー感が出て好きですけど。

さて出来上がり。
DSCN0352


けっこう具だくさんです。

DSCN0351

味が薄くなるかと思ったけど心配なし。
ガーリックを始めとするスパイス感が、
かなりありますよ。 
そしてけっこう辛い!
さすが「pedas」とパッケージに書いてあるだけあります。
でもこれ、かなり美味しいですよ。
具がなくても、いけるんじゃないかな。

ちなみに「pedas」じゃないミーゴレンもありますんで、
辛いのが苦手な人は、
そちらをどうぞ。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ